みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

集団ストーカー

集団ストーカーと呼ばれている、被害者の皆様が訴えておられる組織犯罪における
『電磁波を使ってのステルス型の連続暴行傷害』につきまして、
patentcom様の御見解です。  被害者の皆様は、どう思われますか?

防衛省情報本部電波部と公安警察組織との『人事』の癒着により、
警察組織は、自衛隊の情報機関の組織犯行にはノータッチらしいです。

防衛省情報本部電波部は、パッシブ・センサーとアクティブ・センサーを担当しており、
アクティブ・センサーの一種である、ターゲットを人間に設定した自動追尾レーダーでターゲットの頭の位置を計測・捕捉して、ターゲットの頭に正確にパルス波形のマイクロ波を照射して・・・・・


日本最大の犯罪組織は、暴力団でなく、
陸上自衛隊調査部調査課などのスパイ部隊である。

スパイ部隊は、防衛省設置法、自衛隊法の権限を逸脱して、
電波兵器から電波を発射して、国民を攻撃している。

一般社会に、電波兵器を秘密にしていることもあり、
医者は電波兵器に起因する症状であることが分からず、病気で処理される。


一部の被害者が警察署に被害相談に行っても、
警察署の警官は、そもそも自衛隊の犯罪を摘発する意思がない。


自衛隊の駐屯地、基地には、電波兵器が設置されているので、
電波兵器を押収すればよいのだが、警察は初めから摘発する意思がないのである。


警察が摘発しないことが分かっているので、自衛隊の秘密部隊はいくらでも
電波兵器を悪用し、多数の国民を拷問しても、暗殺しても平気である。


国家犯罪をしても、警察が摘発しない無法地帯が自衛隊の秘密部隊である。
自衛隊は機密保持が厳しい仕事であり、特に、情報科は機密保持が厳しい。


25万人近い自衛隊員の2割が情報科に勤務していると仮定すると、
5万人が関与しており、自衛隊情報科は極めて巨大な犯罪組織に成長している。


帝国陸軍は昭和16年頃から陸軍登戸研究所(神奈川県川崎市多摩区登戸)で
電波兵器の研究開発を開始した。

最新の電波兵器は、米国陸軍が2006年12月に情報公開した「一部の非殺傷性兵器の生体効果」という文書で明らかにされている。


この報告書には、
1電磁波パルスを人体に向けて発射して、人体を加熱する電波兵器(4~8ページ)
2電磁波パルスを頭部に向けて発射して、頭部に直接、音声を送信する電波兵器(8~10ページ)
3電磁波パルスを頭部に向けて発射して、テンカンを起こす電波兵器(10~14ページ)
4耳に聞こえない低周波音を頭部に発射して、めまいを起こす音響兵器(14~17ページ)が機密解除されている。


これらの電波兵器は基本的にはレーダーであり、
レーダー用送信機から指向性電磁波パルスを発射している。

レーダーなので、人、特に頭部の位置を計測し、
頭部に向けて電磁波パルスを発射させて、命中させる。

電磁波パルスは秒速30万キロの速度で直進し、
人間が歩いたり、列車に乗る速度と比べものにならないほど、速い。

レーダーが発射するパルスは、建物の壁、ガラスに限られず、
人間の皮膚、筋肉、骨なども透過する。



(1)加熱兵器

人体を加熱する電波兵器では、脳を44℃にまで加熱すると人を殺すことができます。

医師は、電波兵器が使われたことを疑わず簡単に完全犯罪を遂行することができます。

通常は、人体の皮膚でなく、深部を41℃にまで加熱することにより、

内蔵などにダメージを与えることなく非殺傷性兵器として用いられるとされています。

インフルエンザなどにより高熱を出したときと異なり、

人体の加熱が、人間の行動パターンに影響を与えることが分かっています。

人体が加熱されたとき、人間はおとなしくなることが多いのですが、イライラする人もいます。

高熱のときは身体がだるくなりますが、それと近似しておとなしくなるのでしょう。

また、夏、冷房がないところでは、イライラしやすくなりますが、

身体が加熱されて体温が上昇しても、イライラしやすくなります。




(2) 音声送信兵器

レーダーが発射するマイクロ波パルスが頭部に当たったとき、音として聞こえる現象があり、この現象はマイクロ波聴覚効果といいます。

パルス波形のマイクロ波は、人間の聴覚を刺激するという現象があるのです。

第二次世界大戦中に欧米のレーダー技師が発見しています。

コーネル大学、アラン・フレイ教授が1962年に応用生理学ジャーナルにマイクロ波聴覚効果の論文を発表しました。

その後、別の研究者が同様の研究を行い、マイクロ波聴覚効果を確認するとともに、
マイクロ波聴覚効果は内耳の蝸牛が関与していることを動物実験で明らかにしました。

内耳の蝸牛は、蝸牛の振動を電気信号に変換する器官であり、
この電気信号は神経を経由して、脳に伝わり、脳で音を認識します。

通常の音は鼓膜の振動が内耳の蝸牛に伝わり、蝸牛で電気信号に変換されます。
一方、マイクロ波聴覚効果では、脳の振動が内耳の蝸牛で電気信号に変換され、鼓膜は振動しません。


防衛省 技術研究本部 先進技術推進センターが、
「技本判ifの世界(先進技術が開く新たな戦い方)」という文書、15ページで、
テレパシー装置を開発したことに言及していることを指摘します。

この文書は、防衛省の下記サイトで全世界に公表されています。

http://www.mod.go.jp/trdi/research/dts2011.files/low_pdf/R5-2.pdf




(3) テンカン兵器


電波兵器を使って、テンカンを起こせるということです。

自衛隊がこれらの電波兵器を使って組織犯罪をしているのですが、

電波兵器は一般に知られていないので、完全犯罪になっています。

防衛省情報本部は年間490億円前後の予算があり、日本全国にレーダー網を張りめぐらしています。

平成24年度予算のように、情報本部とは別途1000億円前後の金額で、無線設備を更新しています。

1台2~3億円のテレパシー装置を100台、購入して、合計200~300億円を支出することは十分に可能です。

投稿日時 - 2015-04-26 20:23:34

QNo.8964042

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

オウム真理教が代表例じゃね。(´・ω・`)何人も拉致して殺してる。

投稿日時 - 2015-04-26 20:48:10

補足

防衛省情報本部電波部と公安警察組織との『人事』の癒着により、
警察組織は、自衛隊の情報機関の組織犯行にはノータッチらしいです。

防衛省情報本部電波部は、パッシブ・センサーとアクティブ・センサーを担当しており、
アクティブ・センサーの一種である、ターゲットを人間に設定した自動追尾レーダーで
ターゲットの頭の位置を計測・捕捉して、ターゲットの頭に正確にパルス波形のマイクロ波を照射して、反射波から脳波を検出して、特殊なコンピュータで脳波から『思考』を解読しているそうです。

いわゆる思考盗聴(解読)は可能らしいです。

つまり、このやり方で諜報活動、兼、人体実験をしているらしいです。

ただ、一般人をターゲットにしてのステルス(マイクロ波)型の連続暴行傷害の組織犯行の
中核組織が、防衛省情報本部電波部および陸上自衛隊調査部調査課であると『仮定』しても、
軍隊内の諜報機関組織の暴走だけではNWOの実現には繋がらないのです。

やはり、アメリカのようにNWOに向けての機密の国家プロジェクトとして
『グローバルジャスティスプログラム』のような、
それの一環としてのプログラムに基ずいての、各機関および、それらの下部組織社会総連携
で取り組んでいるプログラム活動の一環が『ギャングストーキング活動』でなければ
説明がつかないのです。


私のケースを御覧ください。

あきらかな【馬鹿】が私の住居のぐるり4件のアジトの2階に800万円相当の
アメリカのミリメトリックス社の軍用タイプのパッシブミリメーターウエイブイメージャーを
少なくとも1台ずつ『常設』して、ステルス型の24時間連続暴行傷害のスナイパースコープとして使い続けて、もう15年以上も経過させて来ているのです。

馬鹿が24時間私みたいなゴミをつけ狙ってまで『これだけ!』して来ているのですよ。
あきらかに馬鹿には『金』が支給されて来ていますよ。
馬鹿でもタダで15年以上も『これだけ!』やってあそびませんから。

・・・・・・・・・・部外者の日本人社会の皆様・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2015-04-26 22:31:11

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-26 22:42:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>集団ストーカーと呼ばれている、被害者の皆様が訴えておられる組織犯罪における
>『電磁波を使ってのステルス型の連続暴行傷害』につきまして、
>patentcom様の御見解です。  被害者の皆様は、どう思われますか?

この質問に対する回答が抜けていました。

電磁波などを使った危害は、現在の科学でも可能なので可能性はあると思いますが、
思考盗聴危害は、私が受けた危害から考えるとドラッグと仄めかしによるトリックだと考えています。
下記のリンク先を参考にして下さい。


思考盗聴は、危険ドラッグを使ったトリック
http://www.geocities.jp/souka_higaisya/higai021.html

参考URL:http://www.geocities.jp/souka_higaisya/higai021.html

投稿日時 - 2015-04-29 06:56:05

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-29 13:57:47

ANo.4

創価学会の集団ストーカーは、何の罪も無い個人に対して逆恨みだけで危害を続けているキチガイ集団です。

しかも、創価学会の池田大作や幹部達は麻薬ビジネスにまで手を染めています。
無間地獄落ち確定のキチガイ謗法集団、それが創価学会の実態です。


創価学会の麻薬ビジネス
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

慧妙紙:1995.1.1号 互いに絶賛し合い固く握手を交わす二人、
パナマの麻薬王ノリエガ将軍と池田大作氏

創価学会の麻薬ビジネス
なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!
その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!
その事実はCIAが察知。
米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

参考URL:http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

投稿日時 - 2015-04-28 18:45:28

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-29 03:37:54

ANo.3

知恵袋で実用化もされてない特許(しかもアメリカの特許が書式さえ通っていれば精査せず通していたザル時代のもの)を
根拠に電磁波犯罪があると訴えるpatentcomさんの意見ですか。

>自動追尾レーダー
電磁波のお勉強をしましょうね、としか。
大型のものを対象にしてすら、「複数のレーダーの情報を同期して」やっと位置情報を得られます。
間に遮蔽物が多すぎますし建物の壁などを「透過」など不可能です。
氏はそれだけの出力がある、としてますが、その間に何か入り込んだ時に影響が多大になることついては黙殺してます。

その他、一部正しい情報を拾いつつも大部分は都合のいい情報の抜粋で固めたものを論拠にしている妄想です。

投稿日時 - 2015-04-27 22:52:01

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-28 00:30:45

ANo.2

僕が知っているのは、創価学会員による集団ストーキングです。
その他の事例は知りません。
「創価の犯罪を隠蔽するための『陽動作戦』ではないか・・・」という思いもあります。
創価は、おぞましい集団です。
創価の仏は、死んでいます。
集団ストーキングをしている学会員も、創価がまともな集団だとは思っていないでしょう。
異常な集団だと知っていながら、そんな集団に属しなければならない・・・。
学会員は、虚しい存在です。

投稿日時 - 2015-04-26 21:38:02

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-27 05:24:15

あなたにオススメの質問