みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産の手続き中に、援助の金は

破産開始決定を受けて、5年後に支払われる予定の退職金の8分の1相当額を、破産管財人に返済中(月5万、ボーナス時40万×2)の55歳地方公務員、シングルファザーです。あと約1年半で払いきるつもりでいます。「免責」はその後になるように思われます。

そこで、最近になって遠い親族が私の事情を知り○百万なら用意できる、という話をいただきました。
その人は「退職金で返済しろ」等の条件はまだ何も付けてはいないのですが、返さなくてもよいとは言わないと思います、常識的に。

質問は、現状でその○百万円の援助(たぶん貸付)を受けてもよいのでしょうか、ということです。

18の娘が、就職で遠隔地に勤務先が決まる可能性が高く、本人は転居して一人暮らしをするつもりになっています、その引っ越し費用、そして私もできれば近くに転居したいと考えておりますが、援助の金をそれらの費用に充当するといった我儘はいかがなものでしょうか。

援助を受けられたとしても、その金は当然に管財人への支払いに充てられると考えておいたほうがよいのでしょうか。

勝手な質問で恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2015-04-04 22:29:04

QNo.8949275

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まずはかりに援助の金がうけれたとしたら、その援助してくれた人も債権者にあげなければ、万が一管財人に見つかったとき債権者隠しで免責不許可事項にあたる可能性があります。親戚も債権者にあげなければなりません。ある意味見つかっらなければという考えも出てきますが、おすすめできません。そこで質問者様がとる道はまずは退職金相当額は、ご自分ではらいきることです。それが済んでから行動をとることをおすすめします。ちなみに自己破産申請中は引っ越しも裁判所や管財人に許可が必要です。。。早く一段落することを祈ってます。

投稿日時 - 2015-04-23 21:38:42

お礼

懇切丁寧な回答、ありがとうございます。
そうですね。バレなきゃいいだろう、なんて考えは捨てようと思いました。
自己破産がちゃんと成立するまでは、おかしなことをするのはやめようと思います。

投稿日時 - 2015-04-25 17:38:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問