みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

年金定期便の見込み額の疑問についてご教示ください

 はじめまして、お世話になります。
自営業、55歳、男性です。

将来、受給するはずの年金に対し不安があり、ご相談申し上げます。
 将来(今のところ?65歳で)受け取るであろう年金見込み額の適正について伺います。
1978年に高校卒業し就職、2015年の現在まで37年間(内、厚生年金約33年、国民年金約4年)
ひと月の滞納もなく納付してきました。
 年金定期便による内容ですと2015年2月時点での
総納付額\13,809,066円 、年金見込み月額\180,675円となっていました。
この総納付額にはもちろん、事業所負担分1/2は含まれていません。
(事業主負担分1/2を含めると\27,618,132-という計算になると思います)

ここ10数年、諸般の事由により国民年金未納や無年金が社会問題になっております。
20歳~60歳まで国民の義務である国民年金(現在、月額1万数千円程度)を納付した場合に
将来(現在で65歳から)受け取れる税込み見込み年金額は月額6万数千円?とのこと。
私は18歳~23歳(厚生年金)、23歳~26歳(国民年金)、26歳~現在55歳(厚生年金)と納め、
ここ15年(40歳~)は毎月5万5千円(会社負担分を加算すると月11万円)納付しております。

 超少子高齢化時代で年々、社会保障費の増大、労働生産人口(加入者)の減少は理解しています。
この先も見直しの度、定年延長や年金受給年齢の引上げ、受給年金額の引下げも検討されるでしょう。
私自身も本来なら、まだ最低10年(恐らく定年が延長し65歳まで)は厚生年金を納付しなければならず、
事業主負担分と合わせ、毎月11万×12ヵ月=年130万円強×10年=1,300万円強を納めただけの
受給額の伸びが期待できないと考えています。
また現在、国民年金(月額)のおよそ6~7倍(事業者負担分と合わせて)納付している割合に対し、
将来受け取る年金額(税込)の伸び率が国民年金満額と比較し、少ないのでは?と感じております。
(生活保護と比較し国民年金が低いのも疑問ですが…)

 2度ほど社会保険事務所にも出向き年金不安に対する相談をしましたが納得できる回答が得られませんでした。
国の台所事情や助け合い精神云々もある程度、理解しているつもりですが、自身に貯蓄のない老後の不安から
(お恥ずかしいですが、二人の子育てと家賃や生活費でなかなか貯蓄まで余裕がありませんでした)
出来れば社会保険を脱退し、厚生年金⇒国民年金に切り替えたいと考えています。
そうすれば現状では1万数千円程度を60歳までの納付義務となります。
 (その差額分をタンス預金に回し、少しでも老後のための蓄えにしたいと考えています)
国で定めた納付期間(25年)は裕に超えており、受給資格はあると思っています。
 現在(55歳)と現在から60歳まで国民年金に切り替え加入した場合、65歳まで厚生年金に継続加入した場合の
年金受給見込み額を教示いただけないでしょうか?(PCが苦手で、ねんきんネットで試算方法が?のため)
社保庁でおっしゃる納めただけのメリット…は無い様な気がします、どこかのラインで頭打ちとなるのでは?
まとまりのない長文になりすみません、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-03-30 14:32:14

QNo.8945732

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

現在61才、本来なら60才から厚生年金(¥6万)と厚生年金基金(¥7万)を受給される予定でした、あなたと同様年金メリットが無いと感じ厚生年金受給開始と同時に国民年金も65才を待たず61才から早期受給始めました、年金相談窓口では国民年金は早くもらうとこんなに損だ絶対に損だということばかり、おおよそ70歳まで生きてやっとトントン、それ以後が逆転です、65才まで年金制度破たんの恐怖と戦いながらあと4年生きるつもりなどさらさら有りません早く出せと窓口に申請いたしました、半年早く生まれた人は60才で厚生年金が支給され、この1年分が¥156万です、たった6か月違いで1年間支給をずらされ、しかもおまけにその1年の間に厚生年金基金そのものが解散と云う名の破たんをさせられ、厚生年金本体部分のみの¥6万強の支給の身になりました、年金基金部分¥7万は一か月分すらもらうこともなくゼロとなりました、年金相談窓口では年金基金は別組織の民間組織なのでこちらとは無関係ですということでした、入社時は60歳支給開始という約束で30年給与天引きされ続け、いざ貰う段なったら無情にも支給開始は61才です、しかも厚生年金基金そのものが消滅したので、あなたへは本体部分だけの支給です、年金基金分は支給ゼロ、年金基金部分は取られ損となりました、こんなひどい仕打ちを受けた私に、絶対に安心と繰り返す窓口、絶対なんて世の中には存在しない、そんなわけで厚生年金支給開始と同時に国民年金も繰り上げての受給です、質問の回答としては不満足でしょうが、年金窓口など国民の不安解消にはなりません。

投稿日時 - 2015-04-17 21:39:15

お礼

同意です。
私世代の受給開始年齢はおそらく68~70歳程度になるのでは?と兼ねてから考えています。
18歳から50年間(事業所負担分1/2を含め4千万円以上)納めて1度も受け取れない可能性
(既に破綻しているが制度の破綻・廃止若しくは死亡)もあり、受給出来ても生活保護費に毛の(Ry…。
保険事務所の対応も逃げ腰及び腰の感が否めず、不信感と疑念が沸いております。
国も最後は「ごめんなさい」で終わるのでは?と疑ってもおり、此方には相談というよりも
愚痴・不満を聞いて頂き、疑問提起することにより社保に対し同様な疑念を抱いていらっしゃる
方々に色々ご教示いただき、不公平の是正につながってもらえたらと考えています。

本当に必要な方には無論、生活保護も必要ですが不正受給者が国民年金満額受給者を上回る受給額、
且つ医療費無料等々…国は取れるところ、取りやすいところから獲るのでしょうが、議員定数や報酬の
削減‥自らの身は切らずに正直者がバカを見てゴネた者が得をする世の中には絶対にしたくありません。
もう、年金は結構なので今までの納付額をお返し願いたい思いです。

貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-20 09:15:57

ANo.3

年金に関しては、公務員やサラリーマンに比べ、自営業の方は恵まれていません。
愚痴やお悩みはもっともなことです。
年金事務所に相談にいかれたらよいでしょう。

投稿日時 - 2015-04-09 09:33:44

お礼

お返事遅くなり申し訳ありませんでした。

年金事務所へは2度ほど相談に参りましたが納得できる回答は得られませんでした。
(どちらかというとのらりくらり曖昧なイメージです)

今年と一昨年の年金定期便の内訳です。

25/1/11時点での保険料納付額 ¥12,541,920- 
65歳受取見込み額 基礎年金含む ¥2,207,800-

27/1/13時点での保険料納付額 ¥13,809,066-
65歳受取見込み額 基礎年金含む ¥2,168,100-

保険料は毎年上がり続け、受給額は減り続け、受給年齢も上がると思っています。
あまり健康でないため一度も頂けない可能性もあります…(苦笑)

社会生活ではモラル・マナー・ルールは必須であると理解してますが、
真面目な正直者が損をする社会にならないことを望みます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-04-17 09:46:41

>現在(55歳)と現在から60歳まで国民年金に切り替え加入した場合

定期便の年金額は60歳まで厚生年金に引き続き加入した場合の年金額です。
したがって、老齢厚生年金は5年分年金額が減少します。(年額216万円から推定196万円に)
老齢基礎年金は定期便の通りで変わりません。(納付月数変わらず)

>65歳まで厚生年金に継続加入した場合の年金受給見込み額を教示いただけないでしょうか?

老齢基礎年金は増えません。(480月を超えるため)
老齢厚生年金(報酬比例部分)は推定20万円増えます。
60歳以降の厚生年金加入はあまりメリットありません。(国の政策は払ってもらいたい)

>社保庁でおっしゃる納めただけのメリット…は無い様な気がします。

長生きすればもとはとれます。長生きしましょう。

投稿日時 - 2015-03-30 16:22:01

お礼

健康で長生きしたいものです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-03-31 17:43:36

年金は,給料によって違ってきますので,同じ加入期間でも給料によって

貰う金額が違ってきます。

疑問があるなら,年金事務所に行って相談してください。

回答にならなくてすみません。

投稿日時 - 2015-03-30 16:11:52

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-03-31 17:46:00

あなたにオススメの質問