みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

土木の施工管理とは、やはりドカタなんでしょうか?

この質問は多分に失礼な内容を含んだ内容になりますので
そこはご了承ください

土木の施工管理とは、やはりドカタなんでしょうか?

私は現在、ある建設会社で土木工事の現場代理人として働いている
のですが正直言って仕事にいいイメージがもてません。

というのも私の親や兄弟、親戚、大学時代の友人の多くは公務員か日本を代表する
メーカーや商社、またはそれらに準ずる企業で働いている人たちが多くいます。
しかし、僕は県内ではそこそこの知名度はあっても全国ではまったく知名度のない建設会社で働いています。

いうなれば、僕だけが落ちぶれてしまっている状況です。そのためか、たまに会うと「ドカタ」、「努力しない人間の末路」として嘲笑われています。

当然言い返したいのですが、彼らはみな大学時代、または高校時代から目標をたてしっかり努力し打ち込んできたため、今の企業に入っています。
しかし、私は大学はマーチだったのですが、そこでニートのような生活をしてたため就活に失敗し、今の会社に拾ってもらったような形です。ある意味自業自得です。

そのため、自分の仕事に対しどうしてもポジティブになれません。
もしかしたら、僕は世間では高卒、下手すれば中卒と思われているのだろうかと思ってしまいます。そうだとしたら悔しくてたまりません。何のために高校のとき必死で
勉強し、大学までいったのか分からなくなります。

なんとかしてこの環境から脱却し、建設機器や資材を扱う会社か大手、中堅ゼネコンへ行きたいです。当然上手くいくなんて考えてませんが、何もせずにいるのは耐えられません

ただ、今の仕事をすぐに辞めようとは思いません。
新卒で入った会社ですし福利厚生も、大手と比べると劣りますが、しっかりしています。
なので最低でも3年か5年は働き、きちんと結果を出し、資格も取ろうと思っています。

ただ、知識の一環、または覚悟として「代理人はドカタなのかそれとも違うのか」をはっきり知っておきたいと思っています。
僕個人は「代理人は、1部の大手に勤めている人は除き、原則ドカタ」と思っています。

代理人は結局ドカタでしょうか?

忌憚のない意見をお願いします。
特に、建設業の大手商社やスーパーゼネコン、中堅ゼネコンで働いている人がいましたら
ぜひ、意見をお願いします。

投稿日時 - 2015-03-05 23:37:22

QNo.8929962

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

設計事務所で働くものです。

施工管理をする現場代理人と、ドカタ(現場の作業員)はまったく別物です。
現場の作業員をまとめ、工事をうまく進めてくためには有能な現場代理人が
必要不可欠です。尊敬できる現場代理人の人はたくさんいます。

仕事内容は多岐に渡り、常にコミュニケーション力がもとめられるため、
向き不向きはあると思います。大変な仕事です。
でも「「努力しない人間の末路」として嘲笑われ」るような仕事では決してありません。

すぐにやめようと思っていないのであれば誇りをもって経験を積んでください。

投稿日時 - 2015-03-06 13:28:37

No4さんの言う事も解かるが 土木工事現場では 作業の人数の多さと同じ服装なので解り易くヘルメットで階級(現場監督とか・・)を決めているのです・・

そうしないと アルバイトや昨日今日入ったばかりの従業員に色々聞いても判らない・・

現場監督とかなら 例えば「これは何処に持って行けば良いか とか 次は何をしたら良いかとか 指示を仰ぐ事が出来るので」

No4さんの言ってる差別とは違い  単に上司は誰かが解かる様にヘルメットで分けているのです・・



(色んな会社からの出向なので 一つの会社じゃ無い人達との共同作業なので 知らない会社の人も混じってるので・・・)

投稿日時 - 2015-03-06 12:57:43

ANo.4

失礼な内容というか差別的な意味で用語を使っていますね。

美輪明宏が「エンヤコーラ、いまも聞こえる」というあれをイメージされていますか。

あれはあの時代のものであって、今どき越中ふんどしやぼろぼろの作業着で危険な作業をする人間はいません。
息子が目をそむけて知らないふりをするということもありません。

ヘルメット着用は義務であり、安全靴、安全帯で身を包みます。

それと、地面を均すとか穴を掘るという仕事は今機械でやりますので、掛け声をかけながら大勢で重石をどかんと落とすような作業自体がありません。

業務自体がないのかというとそれはあります。作業方法が進化しているだけです。

私はIT業なんですが、ドカタということばをプログラム仕事に対して使ったりします。
実際に手を動かして、体力で仕事をすることをそう呼んだりするのです。

講習会なんかの会場をつくるとき、設営の作業を「ドカタはおれにまかせろ」なんていいます。

管理仕事なのか現場仕事なのか、を言うときに「それはドカタ仕事のほう?」と質問したりします。

バーベキューとか、集まって娯楽をするときに、「ドカタのほうはやる」と言って芋をむいたり玉ねぎを切ったりします。

これらは全然ドカタという言葉に差別感を持たないから言えることです。
もし差別感があったら、「おまえドカタのほうやってくれ」と言われただけで大喧嘩です。そんなことは私の業界ではない。

あなたの質問で気になっているのはこの差別意識です。
努力しない人間の末路? そりゃなんですか。
実際にドカタ仕事をしている人間がこれを聞いたらどう思いますか。自分なりに努力をし、けんめいにやっているのですよ。

努力しない人間の末路はどう考えても乞食じゃないですか。何もしないから人の恵みをあてにして生きるしかない。

ドカタは命をかけてますよ。どうかすると死にますからね。

現場監督のほうが偉いという錯覚があるんじゃないでしょうか。
そう思うなら現場監督ひとりで全工事を担当してくれ、と私はいいたいですね。

大手ゼネコンには現場仕事はないとでもいいたいのですか。

薄っぺらいエリート指向に固まっていると、誰も相手にしなくなりますよ。

投稿日時 - 2015-03-06 10:23:44

ANo.3

施工管理とは一般的に 「現場監督 」、ドカタとは 「現場作業員 」ですよ。
管理者は現場に出入りする為に服装こそ作業員と変わりありませんが、作業は指示と各作業員間のパイプ役や、管轄機関への届け出作業ですよね?
別物ですよ。

向き ・不向きはありますが、ドカタから施工管理者へは簡単になれませんが、その逆は簡単です。

全体のさぎぃおうをより効率的に進めるには、優秀な管理者が必要です。
自信を持って下さい。

投稿日時 - 2015-03-06 07:59:16

一応 これ・・https://okwave.jp/qa/q4781710.html

投稿日時 - 2015-03-06 01:38:20

ヘルメットの色や模様で階級分けしてるから どのヘルメットを被ってるかで判断出来ますよ・・・

投稿日時 - 2015-03-06 01:31:50

あなたにオススメの質問