みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうしても気になってしまう浅田真央さんの去就。

タイトルは、どうしても気になってしまう浅田真央さんの去就…なのですが、なぜ気になってしまうか、と言うと、せっかく盛り上がってきたフィギュアスケートなのに、現在の女子選手が非常に層が薄くなっていることを不安に思っているからです(あくまでもファンの心理として)。

まもなく世界選手権ですし、次の五輪までを占うスタートとなる重要な時期に、やはり、現在の選手たちの現状では心もとない…と思うのです。
宮原知子選手の表現はまだ若いのにとても気品がありますし、本郷理華選手はスタイルも良く優雅で、演技そのものはまだ未熟さがありますが大器の予感がします。また、村上佳菜子選手はそろそろ厳しいかと思うものの、他の2人にはないジャンプの切れ味はとても魅力的です。
それにジュニアやノービスでも、次回五輪を考えると、本田真凛選手…ではなく、個人的には樋口新葉選手がジャンプのキレ、高さ、表現の洗練度といいイチ押しです(本田真凛選手はアイドル的には人気があると思いますが、女子選手特有の成長段階における肉体の変化で、今よりジャンプが劣化しそうな気が…)。

…が、やはり、そういった有望な選手たちがいながら、やはり、浅田真央さんの持っていた輝きにはおよばない、と思ってしまったりします。
バンクーバー五輪以前まで、浅田真央さんの演技にはまったく興味がなかったのですが、トリプルアクセル以外の部分がむしろ表現的に独自性があり優れていて、そういった選手(必殺ジャンプを持ってて、なおかつ演技も秀逸)はこれまで日本にいなかったように思います。
もっとも、伊藤みどりさんなども、実際には3アクセル以外に演技も十分に評価されていた、と、採点上では実績があったりするのですが…。


浅田真央さんが競技者として復帰したとしても、次回五輪まで、というほどの期待はしていません。
ですが、やはり、彼女の演技はソチ五輪ですべて完成されたとは思いません。技巧的な意味ではなく、演技全体の完成度として、彼女の新しい回答(演技)を見てみたいと思いますし、また、彼女ほど知名度のある選手があんまり長く現役で居過ぎるともは老害となりそうなものの、ある種、ジャンプという技巧にばかり頼らずとも通用するベテランらしい演技を身を持って体現してこそ、後進となる選手がより一層成長するようにも思っています。




…と、前置きばかりが長くなってしまいましたが、やはり気になるのは今シーズンになった新たに行われたルール改正。

ざっくり言うと、
1. ボーカル入りの曲の導入
2. 演技開始までの時間短縮
3. 同種類のジャンプの回数制限(2回転ジャンプは同一種類につき2回まで)
4. ジャンプのエッジエラーの厳格化(減点幅の増加)
5. フリープログラムでのステップの順序が自由に
6. スピンのジャッジの厳格化
…です。

1、2、5ははっきり言ってどうでもいいと思います。
ボーカル入りの曲だと言語の問題や曲の解釈の幅が狭まるなどはあるかもしれませんが、女子選手にはあまりいないですが、男子選手やペアなどは、ロックテイストの曲などが使いやすくなったり、選曲の幅は増えますね。
また、競技開始までの時間短縮は、精神を集中させる時間が少なくなるなど言われますが、しかし、おそらくテレビ放映や競技および会場運営の都合とは言え、たとえば陸上のフライング失格のルール改正ほどは影響がないでしょう。そしてステップは、むしろ好意的な、プログラムそのもののバリエーションを増させ、選手の個性を引き出しやすくなるかと思います。

ただし、6のスピンは、厳格な規制のように見えて、実際には得点をとるためにビールマンなどの難しいポジションを無理に行い怪我をする選手が多い、などもあるため、正確なポジションで正確な回数のスピンを行う、という採点上の趣旨に立ち返っての、良い方向(高難度ではなく質の高いスピン、または個性的なスピンの増加)につながるかもしれません。

しかし、ジャンプに関しての3と4は影響が大きいように思います。
フィギュアスケートにおけるエッジの正確な使い分けは基本中の基本として大事なのだと思いますが、技術が確かなトップ選手…と言われていても、ちょくちょくエッジエラーは犯しています。
ロシアのリプニツカヤ選手はしょっちゅうルッツジャンプかフリップジャンプのどちらかがエッジエラーでしたし、過去にキムヨナさんもフリップが常にエラー、という時期がありました。また浅田真央さんはルッツにエラーがつくため、ソチシーズン以前は数年間ルッツを封印していました。
また、ジャンプの種類につき回数が制限される、というのも、単独2A、2A-3T、2A-2T-2loなどの構成では2Aが3回になってしまうのでダメですし、3F-3T(失敗で2Tになる)、2A-2T-2lo、3T(これも失敗で2Tになる)というのもアウトだったりします。
「確かな技術を持っている選手であれば影響がない」と表向きにはそうなっていますが、結果としては、2Aもしくは2Tなどの、コンビネーションジャンプに絡めやすいジャンプが制限対象としてターゲットにされているように思います。


そんなこんなで、今後はどの選手がトップを牽引するのか、実際にはわからない状況のように思います。
「勝ち目がないから引退」というのもスポーツ選手の引き際として有りはアリですが、それでもなお、浅田真央さんと現在の選手たちの比較が、現行のルール改正のうえで一度は観てみたい、と思ってしまいます。



…というわけで、ほとんど言い尽くしてしまっている感もあります(笑)が、あくまでもファン心理として、ルール改正やタイトル通りの浅田真央さんの去就など、みなさまのお考えを聞かせていただければ、と思います。

投稿日時 - 2015-03-02 03:35:45

QNo.8927525

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

彼女ほどの天才はそうやたらとは出ないかもしれませんが、あの荒川静香が急に金メダルを取って有名になったように日本の女子フィギュアは層が厚いですからいつどんな選手が浮上するかわかりません。それに期待しましょう。

投稿日時 - 2015-03-02 05:43:22

補足

「日本の女子フィギュアは層が厚い」という部分で、「本当にそうなのかな?」と改めて考えてみたところ、以外にも今後飛躍しそうな有力選手はけっこういますね。浅田真央さんばかりに気を取られてしまっていましたが、たとえ彼女が現役続行したところで、ともすれば彼女でさえもうかうかしていられない状況が、もうすでにできあがっているようにも思えました。
そういった選手層の厚さを改めて考えさせていただくことができましたので、ベストアンサーとさせていただきます。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-03-03 18:17:51

お礼

私も、荒川さんがトリノ五輪で優勝した際は本当に驚きました。ドイツ・ドルトムントの世界選手権での荒川さんの演技は素晴らしかったですが、そのときと比べると、トリノの荒川さんは体力的にもピークを過ぎている感がありましたし…
ですが、荒川さんと言えば、たとえば同世代で村主章枝さんや恩田美栄さんがいたり、ライバルの存在がかなり大きかったのでは、と思います。
層の厚さで言えば、近年の浅田真央さんの状況とそれほど変わらない…とも思うのですが、もしかしたら、層は同じくらいでも、最近の選手達の雰囲気はなんだか仲が良い、という感じでライバル的な対抗心もあまりないように思います。荒川さんと村主さんは不仲説が囁かれるほど、同じ日程では強化合宿に参加しない、などなど、徹底して別の環境で育成されてきたように思いますし、結果として実績では荒川さんが勝りましたが、そういった国内での「ライバル」をちゃんと意識する環境というのも、層の厚さの中に必要なのかもしれませんね。

ファン的な老婆心としては、まだジュニア世代ですが、樋口新葉選手と本田真凛選手あたりは、どちらも天才と言われているものの、なんだか仲が悪そうな感じがするので、新たなライバル物語として期待してしまいます。笑

投稿日時 - 2015-03-02 17:01:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

今、女子にはこれと言った頭一つとびぬけている選手がいないので浅田さんを引きずってしまうのではないでしょうか。
でも、層が厚い薄いは長いスパンで見ればしょうがないことですので、今の選手たちの成長を待ちたいと思います。

投稿日時 - 2015-03-02 15:03:34

お礼

ふと考えてみたのですが、層が厚い、薄いで言えば、浅田真央さんがいたときも果たして層が厚かったのか…と思ってみると、もしかしたらそうではなかったのかも、と思ったりしました。
浅田真央さんはトップクラスだったと思いますが、その他の選手と言えば、安藤美姫さんは世界選手権の優勝経験はあるものの、鈴木明子さんあたりなど、トップレベルではあるけれど国際大会で優勝するにはあと一歩、という感じだったようにも。
荒川静香さんがトリノ五輪で優勝したシーズンも、たしかに村主章枝さんや中野友加里さんなど素晴らしい選手でしたが、常勝するような選手とは言い難いところもありましたね。
ご回答を受けて考えたのですが、層の厚さで考えると、頭一つ抜けた選手、というのがいないだけで、実際には現在、層が薄いわけではないのかも…と思いました。

本郷梨華選手を2012-13年シーズンに初めてみたとき、これまでの日本の選手にはない、ヨーロッパ的な雰囲気を感じましたし、ジュニアの樋口新葉選手などにも期待しています。
あたまひとつ抜けて、とはまだいかないまでも、彼女たちには浅田真央さんになかった魅力もありそうですし、スケートファンとして今後も応援を続けていきたいと思いました。

投稿日時 - 2015-03-02 16:39:46

ANo.5

楽しくスケートをしてほしいと思うので、競技にはこだわらないでほしいですね。
やっぱり真央ちゃんはスマイルが似合いますから。
心から笑って滑れるところで滑ってほしいです。

投稿日時 - 2015-03-02 12:37:01

お礼

浅田真央さんの笑顔は可愛らしいですよね。
まだ荒川静香さんなどが現役だった頃、はじめて浅田真央さんの演技を見たとき、ハツラツとした表情で演じているところに未来を予感させましたし、また、バンクーバーやソチなどの大会での悲壮感のある表情や、演技後にこぼした涙など、彼女自身のファンでない人でも心打たれるものだったと思います。
思えば、ここ数年の女子フィギュアは、浅田真央さんの少女から大人の女性への成長物語が中心軸になっていたように感じます。ソチでの涙を見てしまうと、少女であったころは笑顔ばかりだったけれど、大人になってからは憂いばかり、と思えてしまい、なんとか、現役生活を笑顔で終わらせてほしいな、と思ってしまいます…。

投稿日時 - 2015-03-02 16:45:48

ANo.4

ルール変更などは割によくあることなので、しょうがないと思います。
浅田選手にとっては、一番は選手としてのモチベーションを大会に出るまでに持って行けるかどうかだと思います。
トップレベルの選手になると、技術力もありますが、最後は精神的な部分も大きくなるとお思いますので。

投稿日時 - 2015-03-02 11:16:36

お礼

アイスショーなどを行うプロスケーターの場合だと、ある意味でビジネスになってくるので、本当にやりたいことや追及したいこと以外に、お客さんなどの求める演技に応えていかなければいけないところがあると思います。
トリプルアクセルにこだわり続けたり、高難度なプログラムに挑戦し続けた浅田真央さんの場合、ある意味でプロとして活動するところに、個人的なモチベーションを持ちにくいのかもしれませんね。
そしてまた今後も競技者としてしばらく現役を続けるにも、身体的な部分で今まで通りとも言えないわけで、これもまた、モチベーションを維持しづらいのでしょう。

投稿日時 - 2015-03-02 16:52:43

ANo.2

やっぱりモチベーションの問題があるんじゃないでしょうか。
サッカーの長友選手などにも言えることだと思うのですが、何か目標があるからこそ頑張れると思うのです。
でも次のW杯を目指すとなると年齢的に厳しくなってくる。そうなると何を支えにやればいいのかわからなくなってしまい悩んでしまう。
プロ選手は所属チーム等で結果を出す事も当座の目標となりますが、浅田選手はそうではないので、どうしてもオリンピックか世界選手権以外の目標を見つけられないのではいでしょうか。
モチベーションがないまま競技を続けるのは辛いことだと思います。

私はもう苦しみ続けて涙ばかりの浅田選手は本当に気の毒で・・・
浅田選手ならプロに転向しても十分やっていけると思いますし、ファンの方々も演技を観続けられるので良いことじゃないかなと思うのですが。・・・どうでしょう?

投稿日時 - 2015-03-02 05:40:48

お礼

長友選手もすばらしいですね。
身体的にはサッカーをするうえでそれほど恵まれていたわけではないですが、プレースタイルでそれを乗り越えて活躍している長友選手は、賞賛に値します。
ですが、サッカー選手も最近は世代交代が早いですし、また日本代表などとなると、監督との相性、他のプレーヤーとのコンビネーションなども問題になるので、国際大会を狙うチームに参加できるのか否か、年齢的な部分も含めて難しいのでしょうね。

ただ、そのように考えた時、浅田真央さんはフィギュアスケートの日本代表というチームとしては、まだ必要な存在なのではないか、と思うのです。
今の他の選手が脆弱なわけではないですが、ずっと日本を牽引してきた浅田真央さんが抜けて、なんとなく今の選手達には心の支えがない、という感じに思えてしまいます。

浅田真央さんはプロとしても、人気も知名度も十分にあるでしょう。
ただ、彼女のカリスマ性は、もしかしたら指導者などとしても有用なのかもしれませんね。
今度はチームジャパンのエースではなく指導者として若手を引っ張って五輪や世界選手権に挑戦する、そんな浅田真央さんもあってもいいのかな、などと思います。

投稿日時 - 2015-03-02 17:08:34

≧(´▽`)≦アハハハ 千代の富士の引退の「体力の限界」って言ったのを思い出した(#^.^#)

世代交代は必ず来るのです・・・

ファンなら その事を喜んであげるべきなのです・・・

投稿日時 - 2015-03-02 03:43:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

千代の富士引退、そうです、印象的でしたね。
今でも当時の千代の富士は角界一のイケメンだと思いますし、今の九重親方としての姿もキリリとして風格がありますしね。それに娘さん(次女)もモデルで美女ですね。


私が浅田真央さんのファンとして個人的に思うことは、彼女の引退はもっと早く、ソチ以前でよかったのでは?とも思っています。
逆に彼女が気になりだしたのは、バンクーバー以後、もはや全盛期のジャンプではないのに、そこまで彼女がフィギュアスケートに固執しているように思えるところに、彼女のスケートに対しての熱意のようなものを感じたためで、ファン歴としては浅い方です。

ただ、フィギュアスケートへの私個人の思いが溢れすぎて質問そのものが説明不足になってしまったのですが、この質問のファン、という言葉の意図として、浅田真央さんではなく、フィギュアスケート全体を意味していたりします。
ですので、ここまで浅田真央さんの影響が大きい(と個人的に思っている)状況下で、彼女の去就が後進の選手にどのように影響するのか、と考えていたりします。

投稿日時 - 2015-03-02 04:16:17

あなたにオススメの質問