みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Fedora Core インストールディスクについて

 昔のPCで使用していないものがあるので、
 Linuxの勉強がてらFedora Core 1をインストールしてみようと思っています。
 
 インストール用のディスクを作成し、DVD-ROMドライブへディスクを入れてCDブートで立ち上げると以下のエラーがでて先へ進めずに困っております。

Boot from ATAPI CD-ROM: 
ISOLINUX 2.06 2003-08-22 isolinux:Disk error 01, AX=4293,9F

 自分なりに色々とやってみたのでやってみたことなどを書いておきます。

 PCはけっこう昔のショップオリジナルのPCで、
  AOpenのマザーボード、CPU Celeron433MHz
  HDD×2(プライマリのマスター・スレイブ)
  DVD-ROM Drive×1(セカンダリマスター)
 
 という構成で、BIOSではドライブは全て認識されているようです。

 OSは当時Windows98が入っており、それをFDISKで初期化したので現在はからっぽです。


 インストールディスクは、別のWindows PCを使って作成しました。
 MD5sumチェックできたisoをイメージとして焼きました。
 また、何度か別の媒体(メーカー違いのものを使用)で焼きなおしてもみましたが、結果は同じでした。 
 
 ためしに別のインストールディスクなどを使ってみようと、日経Linux付属のFedora Core2のインストールDVD-ROMをブートしようとしたときも似たようなエラーがでました。(バージョンや日付らしき数値などが違うものの、isolinux disk error ...)

 ちなみに、Windows98のインストールディスクではブートできました。

 このマシンでFedora Coreのインストールディスクを起動するには何かが足りないのでしょうか?
 
 どなたか、ご教授ください。

投稿日時 - 2004-06-13 12:24:03

QNo.890526

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まだFedoraCoreでは試したこと無いのですが、
RedHat系を、CDROMの無い古いPCやノートPCにインストールするときは、

起動用フロッピーディスクを作成して、

(1)FTPサイトからネットワークインストールしたり、

(2)あらかじめハードディスクのvfat領域にISOイメージファイルを配置しておいて
ハードディスクからインストールしたりしました。

imagesディレクトリ配下に
bootdisk.img
drvnet.img
pcmciadd.img
など、それぞれ用の起動FDイメージファイルがあります。

それをFDに焼くコマンドは、dosutilsディレクトリにある
rawrite.exeコマンドを利用します。

この手の方法も一度試してみてはいかがでしょう?

投稿日時 - 2004-06-13 17:33:27

補足

 お礼を記入した後だったので補足に記入します。

 xjdさんのアドバイスをヒントに一つ思いついたアイデアを実行し、なんとかFedora Core 1をインストールすることができました。

 メインで使用している別機のHDDをすべて外し、FedoraをインストールするHDDのみを接続。
 そちらのマシンでは問題なくインストールディスクが起動できたのでインストール後にHDDを取り外して"昔のPC"に取り付けなおす。

 苦労しましたが、とりあえずインストールできました。ありがとうございました。
 

投稿日時 - 2004-06-13 22:35:52

お礼

再びの回答ありがとうございます。

なるほど、CDブートがだめなら他のインストール方法という手があるんですね。

そういえば私も以前にWindowsNTですがHDDに無理やり設置してインストールしたことがありました。

メインで使っているWindows機のFDDがなぜか以前から反応しないので、なんとかそれを直すか新しいものを買うか、もしくは問題の機械とメインの機械をばらしてHDDにファイルを配置するか、これらの方法を一度試してみます。

今回の一件のために、土日で何度もPCを解体して疲れてしまったので、CDの方の原因も調べながらトライしてみます。

参考になりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-06-13 18:17:19

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

isoイメージファイルを1つのファイルとしてCDに焼いたようですね。そうではなくて、「isoイメージからCDを作成する」ようなオプションで焼いてみてください。ちゃんと焼けているとCDの中に1つのファイルじゃなくて、幾つかのディレクトリができているはずです。

参考URL:http://www.redhat.com/archives/fedora-list/2004-January/msg00085.html

投稿日時 - 2004-06-13 16:21:29

お礼

 回答ありがとうございます。
 
 質問文にも書かせていただきましたが、isoファイルはきちんとイメージとして焼いています。
 Windows のPCなどからディスクを参照すると複数のディレクトリとファイルができあがっています。 

 それでもメディアとの相性を疑って別のメーカーのメディアを使ったりもしてみたのですがうまくいきませんでした。
 
 しかも、日経Linuxの付録DVD-ROMでもだめだったのでディスクというよりはハードとLinuxの相性なのかと疑っているのですが、原因も対策もさっぱりでして…。

 何か他に対策をご存知でしたら是非アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2004-06-13 16:36:30

ANo.1

xjd

>PCはけっこう昔のショップオリジナルのPC
古いPCの場合、インストール時に相性が悪くて不具合が出ることはよくあります。

RedHat系はCDROMからブートするときに、
boot:linux xxxxxxxx
のようにブートオプションを指定することができます。

付録 H. 追加のブートオプション
http://www.redhat.co.jp/manual/Doc9/rhl-ig-x86-ja-9/ch-bootopts.html

USB・apm(電源制御)・DMAを無効にする、などで解決した事例はたくさんあります。

また、F2~F4キーのHELPにも、フレームバッファを無効にする・noprobe、などの
起動オプションが説明されています。

GUIの起動あたりで不具合がでるなら、テキストモードでインストールすることも
有効です。
boot: linux text

それから、マザーボードの型番が書いていないのですが、その型番でネット検索
などすれば、同じ現象が解決できたような事例が見つかる場合もよくあります。

投稿日時 - 2004-06-13 13:02:59

お礼

回答ありがとうございます。

やはりPCとの相性が悪いのでしょうか。

実はLinuxを使うのは今回がはじめてでして、
ブートオプション等についてまだ理解ができておらず、指定する場所がイマイチよくわかりません。

現在、BIOS等の起動画面後、質問文のエラーが出た後は一切入力を受け付けなくなってしまいます。

インストールディスク自体が起動していないような状況でして…。

BIOS設定は分からないなりに色々と設定値を変更してみてはいるのですがあいかわらずの状況です。
(アドバイスいただいたapmの設定場所だけはわかったのでやってみたのですが..)

マザーの型番ですが、なんとか調べたところ、おそらく AOpen の MX3ZA だと判明しました
 
早速調べてみたのですが、今のところは Red Hat 5.0が動作したらしいという外国語サイトが検索にHITする程度しか調べ切れていません…。

さらにアドバイスがいただけるようでしたら何卒よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2004-06-13 14:31:30

あなたにオススメの質問