みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドライバーイップスについて

ゴルフ歴20年 スコアは100前後の者です
よく動画でトップから切り返しできないイップスはあるのですが、自分の場合テークバックの始動ができないパターンです。思いあたる節、述べてみます

始動は左肩を押し込んであげる(身体の回転で上げるとクラブがインサイドに引きすぎてしまう)
コースよりも練習で出る頻度が高い
素振りではまったくでない(球があれば確実)
ひどいときは10球目くらいから出る
例えば140球あるとして100球目からは出ない時もある
脚を揃えて打つとでない
始動の時右股関節が右にスエーしてしまう(この時固まる)
どちらかと言えば長いクラブより短い方が出やすい

明らかにすんなり体重移動ができないのが原因だと思うのですがなかなか治りません
ちなみにパットでは出たことがありません
ツライです。同じ様な症状で悩んで克服された方、普通に始動できてる方もアドバイス頂けたらありがたいです。

投稿日時 - 2015-01-25 19:56:42

QNo.8903831

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

イップスとはそもそも技術の問題ではなく、気持ちである場合の呼称でしょう。

イップスとまでは言わないですが、アドレスからスムーズにテークバックに入れない時はあります。
またそのようなときにプロに「アドレスで考えすぎてます。」などと指摘されることもあります。
おそらく普通の人は見ていてもわからないのでしょうが、いつも見ているプロだから気づくのでしょう。

知っている範囲で酷いイップスの場合は、本当にそこで身体が固まって停まってしまいます。
対策としては、「身体を止めないでテークバックに入る」
ワッグルをしたり足踏みをしたりしながらそのままテークバックを始めてしまう。
もちろんテークバックが雑になってトップが一定しないなどの弊害もあるとは思います。

他には、「テークバックは考えずにトップを作ることだけを考える」
おそらく質問者さんはテークバックでどこから動かすとかどこを動かさないとかいろいろと考えながら始動するのだと思います。
そこを意識から外して「トップはこういう形」とだけ考えてアドレスからトップの形だけを作ることを考えます。
もちろんこれも弊害はあるとは思います。

余談ですが、プロから言われたのですが「小さなミスはすぐに考えて修正したほうが良いが、信じられないミスが出たときはミスを忘れた方がいい」とのことです。
ちょっと薄かったちょっとダフった、多少左右に曲げたなどはすぐに考えて修正したほうがいいけど、
空振りしたチョロしたなど滅多に出ないようなミスは何かの異常と捉えてリセットしたほうが簡単に直るということなのでしょう。

もちろんゴルフは「考えるスポーツ」ではありますが、「考え過ぎ」は禁物と思います。

投稿日時 - 2015-01-26 09:04:07

お礼

早速の回答ありがとうございます。
アドレスで考えすぎるんでしょうね。テークバックしてトップまでがすべてと思ってますから(ダウンは操作できない)
ワッグルやら足踏みとかフォワードプレス色々やったんですが、固まっちゃいます(笑)

テークバックが雑になってトップが一定しないなどの弊害もあるとは思います
まさにその通りです。
今考えているのはハーフまで(通常1秒くらいですが)2秒くらいかけてゆっくり上げてみようかなと思います。同じ感覚で上げられる時もあるんだから精神的なことかもわかりません^^;

投稿日時 - 2015-01-26 18:43:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

こんにちは。
始動時に重心が浮いてしまうのかもしれません。普通にアドレスして、クラブヘッドを飛球線上でボールから50センチ後方に置き構えます。最初から少し左肩が入った(テークバックのうちテークウエイが完了した)状態ですが、ここからしばらく打球練習して見て下さい。
ここからの始動であればスエーすることはないと思うのですが・・・

投稿日時 - 2015-01-26 07:54:33

お礼

早速の回答ありがとうございます。練習場で試してみます。

投稿日時 - 2015-01-26 18:29:15

あなたにオススメの質問