みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

和訳お願いします。

I feel as if I were walking a tightrope one hundred feet over a circus audience and suddenly the rope is showing signs of breaking, and I get up from my seat and begin to shout once more the first words I can think of to communicate my terrible fear, and once more the usher comes hurrying down the aisle flashing his searchlight, and the old lady pleads with me, and the shocked audience has turned to stare at me, and I keep shouting: "What are they doing? Don't they know what they are doing? Why doesn't my mother go after my father and beg him not to be angry? If she does not do that, what will she do? Doesn't my father know what he is doing?" But the usher has seized my arm, and is dragging me away, and as he does so, he says: "What are you doing? Don't you know you can't do things like this, you can't do whatever you want to do,even if other people aren't about?You will be sorry if you don't do what you should do.You can't carry on like this,it isn't right,you will find that out soon enough,everything you do matters too much,''and as he said that,dragging me through the lobby of the theater into the cold light,I woke up into the bleak winter morning of my twenty-first birthday,the window-sill with its lip of snow,and the morning already begun.

投稿日時 - 2014-12-19 23:41:37

QNo.8864107

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

私は、あたかもサーカスの観客の頭上100フィートの張り綱を歩いていて、ロープが突然切れる合図を示しているように感じる。それでまた私は座席から飛び起きて、このひどい恐怖感を伝えるのに考え得る最初の言葉を叫び始める。するとまた案内人が、サーチライトをつけて急いで通路を降りて私のところに来る。老婦人が私に(静まるよう)嘆願し、衝撃を受けた観客は向きを変えて私を凝視するが、私は叫び続ける。「彼らは何をしているんだ? 彼らは自分が何をしているか分かっていないんだろうか? 母はなぜ父を追いかけて、怒らないように頼まないんだろうか? 彼女は、もしそうしないのなら、どうする気なんだろう? 父は、自分で何をしているか分かっていないんだろうか?」

しかし、案内人は私の腕をつかみ、外側に引きずり出す。そして、そうしながら言う。「あなたは何をしているんですか? こんな事をしちゃいけないってことが分からないんですか? たとえ他の人々がいなくても、したいことを何でもしちゃいけないんですよ、分からないんですか? するべきことをしないと後悔しますよ。こんなことをし続けちゃダメですよ。まともなことじゃないです。そのくらいすぐに分かるでしょう、あなたのすることは全て大問題なんですよ」。そして、彼はこう言いながら、劇場のロビーを通って冷たい光の中(戸外)にまで私を引きずって行った。私は、21回目の誕生日の寒々しい冬の朝に目を覚ました。窓縁にはまだ雪が着いていたが、すでに朝が始まっていた。

※面白いお話を楽しませていただきました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-20 17:24:33