みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

このまま「アベノミクス」を続け子供の世代の日本は?

経済には素人の者です。
私は専業主婦です。よろしくお願いします。

でも、食料品の買い物に行けば、確実に物価が上がっています。
「インフレ」はしているんでしょう。
5%の時に「税込み価格」でガマンしていたスーパーが
8%になって、その「税込み価格」に8%付けてきますから・・・

でも、公務員の旦那の給料は止まったまま。

だから、
自然と、安く手頃な物に切り替えて、「生活防衛」してます。

ただでさえ忙しいのに、さらに年末に「選挙」って?!
結局、「アベノミクス追認選挙」ですよね。

いいんですよ。
野党が、それへの「代替案」すら出せないですから。
あと、2年、3年、「アベノミクス」を続けるしか、私たちに選択肢は無いですね。

「財政出動」とか、難しいことは全く理解していません。

ただ、1日10分ほど新聞を読めば、経済欄だけでも読めば、
トコトン進む「円安」で、大手メーカーは最高益で、中小企業はバタバタと。

極めつけは、「10%にするする経済ブレーン」集めておいて、
GNP速報値が2四半期連続「マイナス」になると、顔色変えて「引き延ばし」。

日本の国債が、格下げとかになっていますが、まだ影響は無いですか?

私たちの40代の世代は、70年代も80年代もバブルも少し経験しているから、
8%が10%になって、それで、この国の「社会保障体制」が維持できるなら我慢します。

問題は自分の子供たちの世代に「ツケ」が確実に残されるようで、
日銀も、総理の経済ブレーンも、民間の経済学者も、

「この国を背負って、何やってんだ!あんたら!」

って言いたい気分で満々です・・・・・・

いったい?「経済学者」って、どこまで経済を見通せるのですか?
1ヶ月先のGNP値も「マイナス1.9%」なのに「2%プラス成長」と言う人が大半でしたね。

選挙に目を転じれば、
首相は、やたら「デフレ脱却してます!」「このまま物価は上昇します!」と連呼。

私は増税反対論者じゃありません。

でも、根本は「少子高齢化」「社会保障費の財源が無い・出来ない・増税できない」

ちょっと「株価」が上がったり、「円安」になったりで、根本問題が解決できるのですか??


60年代までの「戦後復興期」は知りませんが、
70年、80年代の「高度成長期」を子供ながらに体験した私は、

「ライジング・サン!」という標語が虚しいです。

ああいう、60・70・80年代の「経済的に」良い時代は、
もう、私たちの子供たちには体験させてやれないんですよね??

長々と愚痴のようになってしまい、申し訳ありませんでした。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

子供ができ、子育てに追われ、
「その子の将来の社会がどうなるのか?」

ただ、それだけが不安でたまらないのです。

どうか、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-12-10 00:04:17

QNo.8853106

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

個人的な持論を少々。

デフレは先進文明の宿命でもあります。
商品はほとんどすべて、時代とともに生産効率があがります。
ロボットによる低コストの大量生産、さらにネットの普及などで価格情報が透明化され、低価格競争に歯止めがかかりません。

一方、機械による生産効率が向上するほど、人が不要になります。
モノがあふれ、生活が豊かになるほど、失業率も増加します。

後進国も時代とともに発展しますから、競争はより激化します。
さまざまな分野で収益を確保するのが難しくなります。

そこへきて、食生活の向上、医療技術の進歩にともなう、寿命の高齢化。
一方、核家族化や不景気などによる少子化。
若者へのしかかる税金は膨らみます。

ですから、先進国では、だいたい同じような悩みをかかえています。
そして、その特効薬を見出した国はどこにもありません。

そういう視点で現状をみれば、どんなやり方をしても、劇的な景気回復などありえません。
円高を是正し、株価を上げることに成功しただけでも、アベノミクスはよくやってるという考え方もできます。
ベストかどうかは確信ありませんが、ベターな手法であるのは間違いないでしょう。


ところで、高度経済成長の好景気時代がどれほどよかったかといえば、微妙と思います。
池上彰さんもおっしゃってますが、「昔はよかったというけど、どれほどよかったのか?」

インフラ不十分で死亡事故が今の数倍だった道路事情。
定期的に泥をかき出さないと詰まってしまい、悪臭を放つ下水路。
浄水設備が整っておらず、排水垂れ流しの川や、工場の煙や排気ガスで曇る町。

家屋は隙間だらけでネズミやゴキブリやノミがあふれ、ハエとり粘着シートが必須、トイレは汲み取り式。
追い炊き風呂で水を何度も使い回し、シャワーもなく、家族が浸かったお湯で頭を洗う。
重く吸い込みの悪い掃除機、二層式の洗濯機、小さく画像の悪いブラウン管テレビ。
赤ちゃんや介護用の紙おむつもほとんど普及しておらず。
今なら簡単に治る病気も、死に直結したり・・・

食べ物だって、今みたいにおいしいものがあふれてはいませんでした。
レンジでチンもできなかったし、レトルト食品も限られてました。
80年代はかなり減りましたが、70年代には、子供に服も買ってやれず、日々の食事にも欠くような貧乏家族が珍しくありませんでした。

と、いろいろ考えると、今の日本でいったい何が不満なのか、分からなくなる時があります。
不景気だと嘆いている人たちも、ぜいたくさえしなければ生活に心配のない人ばかりでしょう。

「今の子供にいい時代の経験をさせてやれない」というのも、はたしてどうでしょう。
私が子供だった60~70年代は、ちょっとした外食もごちそうでした。
それに比べて今の子供は、おじいちゃんおばあちゃん、さらにおじさんやおばさんからプレゼントをもらい、外食など当たり前、動物園や水族館や遊園地めぐりなど、これでもかというほどサービスづくめです。

人間と言うのは、生活がぜいたくになるほど不満のレベルもぜいたくになります。
暮らしが良くなるほど、精神的に貧しくなるのかもしれません。
今の子供がこれほど豊かなのに、大人が心配するのは、大人の精神に問題があるのかも。

質問者さんのおっしゃることは、私も共感していることなのですが、よくよく考えますと杞憂に思えたりします。

まとまりなく、長くなってしまい、もうしわけありません。

投稿日時 - 2014-12-16 15:01:52

ANo.17

今までの物価が下げすぎだと思います。どう考えてもこの10年間の物価下落は異常です。

私はアベノミクスがむちゃくちゃうまくいってるとは思いませんし、消費税による財政再建にも反対ですが、デフレ脱却の政策は間違っていないと思います。

80年代を生きてこられたのでしたら、80年代後半の吉野家の牛丼並盛は370円だったことを覚えておられるのではないですか。今回の値上げで380円になって皆大騒ぎしていますが、どだい300円と言うのが安すぎるのです。

1979年に販売された初代ウォークマンの価格は39000円。今なら1万円台が普通でしょう。

80年代の日米間の航空運賃は往復で40~50万円くらいだったと思います。今HISに行けばいくらで買えるか・・。

物価高、物価高と言ってるけど、バブルがはじける前の価格を皆覚えていて言ってるのでしょうか?

子供さんのことを考えるのでしたら、本当に怖いのはデフレです。なぜなら、デフレで勝つ企業とは、人を使い捨てにする企業だからです。限界まで働かせてへとへとにさせて、それでやめてくれたら儲けもの。次の年にはもっと安い初任給で新たな新人を雇えば良いのです。人を育てるなどと言う感覚は企業から消滅してしまいます。人間なんて使い捨てと言うのがデフレ下の企業活動の実態です。

例外があります。年金生活者と公務員。これらの人たちは、確かにデフレに強い。どれだけ物価が下がっても、給料も年金も下がることはないからです。

でも、今は公務員が大人気です。お子さんも無事公務員になれるとは限りませんよ。民間に就職すると、商品の価格が安くなることと、給料が下がることは同時に起こるのだと言うことが実感できます。

80年代はインフレの時代であり、同時に若者の時代でした。本当に80年代に戻ってほしいのなら、私はデフレ撲滅を歓迎するべきだと思います。

投稿日時 - 2014-12-12 00:22:04

なんで、誰もクーデターおこさないんだろ。
今の時代、殺人はしなくても、下ろすことはできそう。
選挙やっても、無意味な気がします。

国民の生の意見を元に、政党が選挙するっていうのもいいかも。

政党が掲げるものではないので、国民の意見も反映されると思うのですが。

投稿日時 - 2014-12-11 18:21:28

ANo.15

いろいろと安倍首相を守ろうとする意見がネットにはあふれていますが、基本的には、「大観」で見ているあなたのご指摘が一番正しい感じがします。
素人だからこその大観です。

私も素人で、ここで質問していろいろ言われましたが、どうもみんな良く分かっていない人が多いようですよ。

細かく株が上がったとか、円がどうとか言われていますが、彼らは結構大局を見ていないんですよね。
彼らは、株高にするのも、円高にするのも、それが最終目的で、それを達成して喜んでいる感じがします。日本全体がよどんでいても。


今の政治って、素人目に見て、全部を子供達の世代に押しつける政策をしているのは間違いないですよね。
高齢化、そして補償費拡大という未来のために、消費増税して年金受け取り年齢をどんどん後退、保険料の自己負担を段階的に国民負担にしていく。

これだけの政策を見ても、明らかに間違った政策をしていることが分かります。

全部を国民から徴収し、消費を冷やしながら、補償費を減らしていく。
明らかにジリ貧です。どう考えてもジリ貧です。間違いなくジリ貧です。

お金持ちの人が自民党という選挙団体を応援しているようですが、一番笑えるのは、庶民から財を引き上げると、消費が冷え込んで、結局お金持ちの人も小さなお金持ちに目減りしていくんですよね。或いは、お金持ちの状態が維持できなくなり、庶民に落ちる。

彼らは格差が広がってうれしいのかも知れませんが、日本全体のパイも減らしていく政治なので・・・

自分で自分の首を絞めているわけで、そしてそれを行っている今の政治を必死にかばおうとしていることが滑稽すぎます。

おかしいんですよね・・・
お金持ちといっても、企業などに携わる社長とか役員とかオーナーたちではなく、どうも経営とはあまり関係がない単純に親の資産を受け継いでいるだけの○○な気がしてならないんですよ。
間違っていることは間違っていると認めないと・・・ほんと老害以外の何者でもないです。認めない売国症候群です。

モノ売ってたら、今の状態では不味いことぐらい分かります。金持ちとはいえ、経営はチキンレース状態ですよね・・・
誰かが日本のために動かなければならないんだけど、誰もその一歩を踏み出せない。


このまま行けば、絶対間違いなく訪れることが決定しているのが、高齢化です。
これだけは不都合だろうと何だろうと事実です。

この決定事項に対し、消費税増税で対応した政治。これが安倍自民がやった政治です。民主が決めたと言うより、三党合意で決めたのを、そのまま実行しちゃったわけです。
かすかに回避してくれるかなって期待がちょっとだけあったのですが、やっぱり無理でしたね。8%の時の話ですが・・・

たいしたことなくはないです。消費税増税やっちゃったわ~って感じです。
日本を目減りさせる政治がいよいよはじまった感じです。
弱国弱兵を進める、売国行為と同レベルの代物ですよ。

日本全体のパイを他国からもぎ取る政治に変換していかないといけない今の状態で、「保守」とか言ってかっこつけている場合じゃないですよ。

投稿日時 - 2014-12-11 08:28:56

ANo.14

訂正リンク

なんで今増税なんでしょうか?
経済の側面では安部政権を評価してる立場なんですが、景気が軌道に乗りそうで、その前に増税する意味が良く分かりません
http://okwave.jp/qa/q8815692/a24492139.html



増税を強行しようとした財務省の横暴を非難すべきでは
http://okwave.jp/qa/q8845878/a24574064.html


消費増税によって自殺する国民が増えるそうですが
http://okwave.jp/qa/q8840626.html


★GDPマイナスで・・・
やっぱり、解散・総選挙以外の選択肢はないのですか?・・・・・・・・
安倍のミクス失敗をごまかすために?・・・・・・・・・・・

http://okwave.jp/qa/q8828349.html


増税推進派の言っていたことは全部嘘でしたよね
http://okwave.jp/qa/q8822328.html

全部嘘でしたよね・・・嘘だけじゃすまねーよ
政府を地獄に誘導する 御用学者のせいだ 責任取らせろ


年金の運営に、160兆円以上を国内外の投機注ぎ込む
http://okwave.jp/qa/q8843670.html

投稿日時 - 2014-12-10 21:44:33

ANo.13

★回答 (6ヶ月ぐらいの短期)

当面は大丈夫  日本沈没は回避された
安倍が消費税8%に凍結したから
その後はまだ不明
3パーセントで失敗したわけだから
その分国民にもどせばOK
戻し方は 補正予算で行うしかないだろう

画像の表のとうりである

・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★回答 (1年~2年)


むしろ 消費税10%で 経済再度低迷のほうが可能性大だ

GDPのデカイ 国では消費税は禁じ手であると言われる 
アメリカは導入してない

アメリカはナゼ消費税を許さないのか?米国が消費税を憎む理由
https://www.youtube.com/watch?v=h9EmClRROYQ

【宍戸駿太郎氏】消費増税は精神分裂!
https://www.youtube.com/watch?v=VGvScVwh4NA
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shavetail1/20120712/20120712081535.jpg
計量経済学者によると 消費税10パーセントは 1年目までもつが ↑2年目以降大変なことになることが明らかだ。


・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★回答 原因解説

では なぜそうなるか?

基本的に 財務省 御用学者 債権アナリストは 自分の利権で働く 性質 習性があるのだよ
国民経済景気=株屋≠債権屋=御用学者=TV 新聞=財務省  という仕組みで誘導される
債権屋は 消費税で デフレになるとお得になる仕組み

これが根本原因 みんな自分の利権で動いてる

経済は素人の者にはわかりにくい

自分で個人投資家となり 会社に投資(株など)してれば わかってくるものである
自腹だから学習するわけである

よって 経済問題の前に

その原因になってる 人たちが 安倍政権のもとで
白日のもとにあぶりだされ
削除されていくかどうか を観測すれば
あなたの将来はわかるわけです

その原因になってる ダニが 安倍政権のもとで削除されればいいわけ
ああいう、60・70・80年代の「経済的に」良い時代を
また、体験できるでしょう


<日本国民経済に たかるダニとは?>

安倍政権における
経済政策を変質させ デフレ回帰させる人たちです
アベノミクスに関係ない政策の
消費税8%で利権を 得る人たちです

よって 安倍の経済政策は 2014年4月以降 失敗となりました

原因をごまかす 奴が うじょうじょいますが

あなたが自分で学習すれば 正しい解答に行き着けるでしょう
新聞見てもわかりませんよ
自分で調べることが重要です

そのクズ ダニは 以下で確認できます

<ベストアンサー集>

なんで今増税なんでしょうか?
経済の側面では安部政権を評価してる立場なんですが、景気が軌道に乗りそうで、その前に増税する意味が良く分かりません
http://okwave.jp/qa/q8815692/a24492139.html



増税を強行しようとした財務省の横暴を非難すべきでは
http://okwave.jp/qa/q8845878/a24574064.html


消費増税によって自殺する国民が増えるそうですが
http://okwave.jp/qa/q8840626.html


★GDPマイナスで・・・
やっぱり、解散・総選挙以外の選択肢はないのですか?・・・・・・・・
安倍のミクス失敗をごまかすために?・・・・・・・・・・・

http://okwave.jp/qa/q8828349.html


増税推進派の言っていたことは全部嘘でしたよね
http://okwave.jp/qa/q8822328.htmlhttp://okwave.jp/qa/q8843670.html
全部嘘でしたよね・・・嘘だけじゃすまねーよ
政府を地獄に誘導する 御用学者のせいだ 責任取らせろ


年金の運営に、160兆円以上を国内外の投機注ぎ込む
http://okwave.jp/qa/q8843670.html


日本の不況の元凶
http://okwave.jp/qa/q8536491.html

・・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2014-12-10 21:36:03

ANo.12

経済システムを変えた方が良いとおもいますね。昔の日本は違いました。敗戦後の日本のシステムは、中央銀行1局集中にされ、お金の回りが悪くなったのです。金貸しを作る為と理解してます。デスティニーの為ですね。全て東京から出ますから、中々地方に回らない仕組みになり、人口も東京に集まり、流す形で時間がかかるのです。藩札文化の時の方がタイムリーに地方も豊かだった借金で苦しむ人も少なく殺される事もなかったと思うのです。また、戻して国内為替でコントロールして借金をなくせばいいように思いますが、デスティニーで殺そうとしている人達が騙してくるでしょう。

投稿日時 - 2014-12-10 20:45:20

ANo.11

 アベノミクスは、成功すれば確かに経済再建ですが、その成功の可能性は現在かなり低くなりました。
 多分、来年春以降、(現在の物価は、まだ嵐の前の静けさです。)長期の物価上昇が続き、経済再建という話は吹き飛ぶ可能性が高くなりました。

アベノミクスとは・・・
 第一の矢・第二の矢・第三の矢を続けざまに実施することで、実体経済を回復させる。というプランで、効果が表れるのに最低二年くらいかかる第三の矢の効果が出るまで、第一の矢と第二の矢で「時間稼ぎ」・「成長に向けた環境整備」を行おうとするものでした。

・第一の矢
 円安(=輸入品の価格上昇)による金持ち層の輸入高級品の先買い、消費税アップによる庶民の先買いによって、需要の先食いにより消費を増大して、一時的に景気が良いように演出する。
 円安により、株価が上がったように見える効果を利用して、景気回復しているように見せかけることで、国民がお金を使う気分にさせる。
(日本の大企業は世界を舞台に経済活動しており、東京・ロンドン・ニューヨークに株式を上場している。
 1ドル=80円の時、ニューヨークで150ドルの日本の会社の株は、東京で12,000円
  それが
 1ドル=120円になれば、ニューヨークで150ドルのままでも、東京では18,000円になります。)
 会社の世界的な評価は同じままで、円での表示だけが50%変わる形。
 これは、早晩、日本の物価が50%程度上がることを意味する。

・第二の矢
 国家予算で公共工事を行い、消費を刺激する。
 しかし、現実には、公共工事を行う建設業者の能力以上の公共工事量を実施しようとしたため、資材・建設労働者の不足によって、工事費が急激に値上がりして、予算が不足して工事が始められなかったことで、消費の刺激が遅れた。お金を投資した割に、予定の工事量は行われていおらず、公共工事による景気刺激の限界が明瞭になった。

・第三の矢
 規制緩和・制度改革によって、民間企業の投資促進を図る。
 しかし、官僚の抵抗や、安倍首相自身の愛国教育へ向けた教育改革・特定秘密保護法・憲法解釈変更による集団的自衛権などの審議を優先させる政治方針によって、第一の矢・第二の矢の効果が薄れる二年が経っても第三の矢は法制化・実施されておらず、更に年末解散・総選挙により二カ月以上の遅れがでてしまった。


 アベノミクスが失敗した場合、円安が更に進んで物価が相当上がります。
 もし、物価が2倍になれば、賃金も1.8倍くらいになると思いますが、個人所得控除がスライドされなければ所得税が賃金アップ以上に上がるので、実質1.7倍くらいになるかもしれません。
 年金額も少しは上がるでしょうが、給与所得者の所得額アップ率以下にならざるを得ないでしょう。
 貯金の価値は、金額は同じでも、実質は半額に目減りします。

 いいことと言えば、子供たちの負担になる日本国政府の借金1000兆円も、実質はその半分に目減りします。
 多分、財務省はインフレにして国債を実質的に目減りさせるのが目的で、インフレターゲットを固持しているように思われます。
(2%のインフレは、1000兆円の2%=20兆円の強制徴税を意味します。消費税2%は6兆円ほどですから、それよりはるかに大きな金額です。)


 付記 アメリカのインフレ政策と日本のインフレ政策の違い
1、アメリカ
 大量にアメリカ国債を持っているのは、中国・日本・アラブ産油国です。
 ですから、アメリカのインフレは、外国から強制的に寄付金をアメリカ政府に納めさせる性格を持っています。この寄付を原資にして、アメリカ経済は復活しつつあります。また、アメリカの人口は毎年1%増加(=生活レベルが同じなら1%経済成長)していることも重要な要素です。

2、日本
 大量に日本国債を持っているのは、日本国民です。
 ですから、日本のインフレは、日本国民に対する強制徴税の性格があります。
 また人口減少社会になっている日本の個人所得の総額は、生活レベルが同じなら毎年1%縮小していることも見逃せません。

投稿日時 - 2014-12-10 13:14:38

ANo.10

消費税増税はアベノミクスではないのですけど、、、。

民主党の野田政権時代に消費税増税法案を提出し、当時野党だった自民党も容認した、それだけですよ。

で、アベノミクスという言葉は嘘くさくて好きではないのですが、安倍政権が狙ってるデフレ脱却は日本の将来を明るくしますよ。
なんせ、20年間ものデフレ基調で、日本経済は将来の期待を持てない状態になってしまいましたが、デフレを脱却すれば、最終的には給料や、最低賃金も上がりますので、若い人や、非正規労働の人にも将来にたいして少しでも希望をもてるようになります。

ただ、収入が無くて、貯金の取り崩しで生きている老人どもにはインフレは厳しいですよね。
「老人が幸せなデフレ経済」から「若者が幸せなインフレ経済」に戻そうというのが阿部さんの経済政策だと思いますね。

投稿日時 - 2014-12-10 11:44:34

ANo.9

アベノミクスは3本の矢などと言うから紛らわしいので、所詮は大幅金融緩和によるインフレ政策によるデフレからの脱却です。無限に金融緩和できるのではなく、次にやることは出口戦略の金融引き締めです。米国はリーマンショックからの脱出で早い時期に金融緩和を行い、現在は景気回復したので金融引き締めに入っています。米国の金利が高くなるのでドルが高くなっているのです。いずれ日本も米国のようになるので心配はいりません。
アベノミクスがインフレ政策であるなら、ライジングサンはインフレ政策で生まれたのです。バブル時代は不動産が値上がりして庶民は家が持てないと言われました。経済を少し先読みするとお金が儲かりますよ。

投稿日時 - 2014-12-10 10:45:55

ANo.8

きっと、旦那さんが働かない人は、窓際族なのでしょう。
来年あたりは、肩叩かれるかも知れませんね。

働き者や、優秀な社員は、バンバン給与上がっていますよ。
最低賃金も上がったので、、旦那さんの会社も来年の春闘で上げるんじゃないでしょうか?
そうでなければ、藤堂組合に力が無いか、または個人事業主なのではないでしょうか?

なんでもかんでもアベノミクスのせいではありません。

まず。アベノミクスのせいにしたいのなら、2年前にアベノミクス発表した際に株でも買っておけばよかったのです。
それすらしていないのに、濡れ手で粟的に、旦那さんの給与が上がったりはしませんよ。

子供が大人になる頃には、きっと初任給は今より確実に上がっているでしょう。

投稿日時 - 2014-12-10 10:34:09

ANo.7

Q、「アベノミクス」を続けた後の子供の世代の日本は?
A、膨大な財政赤字と戦うことになることは間違いありません。

この数年の間に父の兄弟姉妹とその連れ合いが相次いで他界。

>預貯金8000万円の相続で相当に揉めたとよ。

聞けば、今の80代、90代の年金は私らの1.5倍。ですから、長生きすれば預貯金は増える一方。そういう親たちの年金を支えてきたのが私ら団塊の世代。そして、私らの年金を支えてくれているのが質問者世代。

>おい、何とかこの薬を整理・整頓しないと・・・。

妻の母を面倒みて、今は我が母の介護の真っ最中。加えて、私自身が腫瘍マーカーの数値の高騰で薬を手放せない日々。とにもかくにも、病院通いとは薬を仕入れに出かけるようなもの。これじゃー、社会保障費も高騰する一方。この問題の根っこには、薬を大量に出さないと病院の経営が成り立たないという現行医療制度の問題点があります。そういう問題点のツケも含めて、私らの年金を支えてくれているのが質問者世代。

>ちょっと「株価」が上がったりや円安で、根本問題が解決できるのですか?

このツケの世代送り構造がある限り、多分、根本解決はできないと思いますよ。

【ポスト・アベノミクスの悲劇と子供達世代】

恐らくですが、数年後にはアベノミクスの副作用が表面化し、「あの時、なぜに拍手喝采をしたのか?」と幾ばくかの国民は悔やむことになります。でも、そういう紆余曲折を経つつも子供達世代の未来は明るいと思いますよ。

1、子供達の教育は大学まで無料とすべし。
2、もって、知的先端産業の牽引国として日本を再生すべし。
3、それが達成される過渡期はツケに耐えて我慢。

やがて、こういう国民的合意が形成されるでしょう。

1、集団的自衛権に代わって非軍事友好機構が浮上。
2、もって、知的先端産業を輸出する環境を整備。

となると、外交も現状の鷹派路線を否定することになるでしょう。

子供たち世代は、馬鹿じゃーありませんよ。彼らは彼らの未来を彼らなりに切り拓きますよ。私らに出来ることは、「多少の時代の雨風にも耐えて雄々しく生きる力を有した子供たち」を育てるのみ。そうすりゃ、彼らは、きっと今日とは次元の違う新しい日本を作りますよ。

と、私は思います。

投稿日時 - 2014-12-10 10:05:44

ANo.6

"ただ、1日10分ほど新聞を読めば、経済欄だけでも読めば、
トコトン進む「円安」で、大手メーカーは最高益で、中小企業はバタバタと。"

それは新聞の書き方に問題があるのです。
中小企業は大手の下請けをやっています。
大手メーカーが儲かれば、中小企業にも仕事が
回って来て、儲かる理屈です。
ただ、大手に比べてタイムラグがある、という
だけです。


”日本の国債が、格下げとかになっていますが、まだ影響は無いですか?”
    ↑
国債が信用できない、ということは利率を高く
しないと国債が売れない、ということです。
ギリシアなどは二桁になりました。
日本国債の利率をみる限りでは影響は無いとみて良いでしょう。
10年もので0,4%ですからね。
いかに信用があるか判るというものです。
尚、格付け会社の格付けなど信用できないことは
リーマンショックで明らかになっています。


”いったい?「経済学者」って、どこまで経済を見通せるのですか?”
     ↑
ノーベル経済学賞を受賞した
マイロン・ショールズとロバートマートン
が経営者になったLTCMというヘッジファンドの
会社は空前の赤字を出して倒産しています。
経済学者など全く信用できません。

ジョーンロビンソンはこう言っています。
「経済学を学ぶ目的は、経済学者に瞞されない
 ようにするためである」

ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマンも
次のように言っています。
「経済学者は無能と加害者であり続けた」


”でも、根本は「少子高齢化」「社会保障費の財源が無い・出来ない・増税できない」”
     ↑
政治の根本は国際的生存競争で生き残る
ことです。


”ちょっと「株価」が上がったり、「円安」になったりで、
 根本問題が解決できるのですか??”
     ↑
経済さえよくなれば、多くの政治問題は解決できます。
財政赤字、自殺、失業、生活保護なども減ります。
その為には、株価が上がった方がよいし、円安の
方が都合がよいのです。


”ああいう、60・70・80年代の「経済的に」良い時代は、
もう、私たちの子供たちには体験させてやれないんですよね??”
    ↑
将来のことなど誰にも判りません。
ただ言えるのは、このチャンスを逃したら、失われた20年が
30年、50年になるかも、ということです。
その先は途上国です。
途上国になったら福祉だ社会保障だ、なんて
言っていられなくなります。
そのことだけは覚えておくべきでしょう。


”子供ができ、子育てに追われ、
「その子の将来の社会がどうなるのか?」
ただ、それだけが不安でたまらないのです。”
    ↑
親がやることは、不安がることではありません。
どんな世になってもたくましくやっていけるだけの
スキルと根性を子供にたたき込むことです。

投稿日時 - 2014-12-10 07:03:20

ANo.5

心配ないですよ。
いわゆる、アベノミクス(政策)は
民主党政権時の治療、手術のようなモノです。
変化させるきっかけの手段です

今後、その時の状況に合わせて
対応・対処していけば良いだけで
それに見合う政策を出すでしょう。期待を込めてですが。
なので、アベノミクスを続けることもないと感じています。
アベノミクスを続けるしかない。これは
まだ、治療中・手術中だから。

消費税増税には、
将来、今のこどもたちの負担の軽減の一因も。

投稿日時 - 2014-12-10 05:58:47

ANo.4

追伸。

子育てが不安であれば、外国に移住することをオススメします。
ひょっとしたら、安倍政権で転換されるかもしれませんが、今のところ少子高齢化は避けられない状態。
例えアベノミクスが最大限に成功しても、今後高齢世代を養うために、若者の負担は上がるばかりなのです。

但し、どの国に移住するかは、じっくり検討して下さい。
とりあえず、中国と韓国は、数十年の差があるだけで日本と全く同じ状況ですので、選択肢からは外すべきでしょう。

投稿日時 - 2014-12-10 05:31:55

ANo.3

人は都合の悪かったことを、忘れる生き物です。(苦笑)

質問者さんの言う「(19)60・70・80年代」は、景気は上向きでしたが、同時に物価も激しく上がっていた頃。
過去2年のスパンで見れば、実は今と傾向としては変わっていないのです。

まあ、アベノミクスが最大限にうまくいけば、これからまた景気がよくなり給料も好転していくでしょう。
しかしそれと並行して、ガソリン代や電気料金、食費、さらには土地の値段も上がり、過去と似た状況になっていくでしょう。

まあ今の状況にブーブー文句を垂れている人は、過去の黄金期にも「物価が高い」と同じように不満だらけだったと私は思うのですが、違ってますか?(苦笑)

投稿日時 - 2014-12-10 05:14:15

ANo.2

物価は上がっています。現在、3%(うち3%上がった消費税分が日銀試算で2%)で、消費税分なしで、2%が公約ですから、現在の1%物価上昇は低すぎることになります。

>結局、「アベノミクス追認選挙」ですよね。いいんですよ。野党が、それへの「代替案」すら出せないですから。

「アベノミクス追認選挙」、まさにそうですね。でも良くないです。この選挙で自民が勝てば、景気条項を付けないことに国民は同意したとして、景気が悪くても、10%増税を強行する危険性があるのです。

野党は景気が悪かったら増税をしないという景気条項をつけるべきだ、とか、10%凍結とか、5%に戻せ(社民)とかいっています。こういう野党を応援するのも一趣でしょう。

私は、前から5%に戻せと主張しています。

アメリカでは、大規模金融緩和をし、かつ、増税を極力我慢したために、非常によく経済が回復し、財政赤字は減る方向にあります。
―――
消費税増税は必要ではありません。むしろ、今はやってはいけません。国の借金は減るどころか、消費税が増税されれば、景気が腰折れして、一般税収が全体としては減り、国の借金は増えると考えられます。http://okwave.jp/qa/q8116825.html 安倍氏の決断した8%への消費税増税の動機としては、私は以下の可能性が高いと思っています。

★(1)高所得者には多くの政治家も含まれますが、消費税増税で高所得者に負担となる所得税アップが抑えられる。 >>> 安倍首相とその一族、自民党議員には税的に有利。民主党議員にも有利。増税法案(停止可能だが)は民主の立案ですでに成立しているので、このチャンスは絶対に逃したくない。
★(2)大新聞社も大企業も、自社への近視眼的な利益誘導を目的としている。>>> 消費税増税で法人税アップ抑制、大企業からの大新聞社への広告料アップ 、、、しかし結局は景気が腰折れして、大新聞社も大企業も損するのです。http://okwave.jp/qa/q8237521.htmlまた、大新聞社はゆくゆく10%になった場合、5%の軽減税率を財務省にお願いする予定らしい。
★(3)一見、財務省はまじめに借金を減らそうと努力しているように見えますが、これまでの消費税アップの結果からすると、とんでもない偽善、大ウソです。>>> 財務省が執拗なまでに消費税増税を訴える理由は、「法人税」や消費税の軽減税率の設定を通じて各業界団体に強大な権限を確保できるからです。特に財務省の官僚というのは、国家国民の利益など微塵も考えていません。http://rh-guide.com/tokusyu/syohizei_usotuki1.html

それぞれの利益や権益に向けて、財務省、大企業、大新聞社、政治家が大暴走で、とんでもない話ですが、これらの組織をよーーーく監視して、その偽善、利己主義、大きな誤りを指摘しておくことが肝要です。
 さらにいえば、多数の経済オンチの日本国民は「消費税が増税されれば、景気が腰折れして、税収が減り、国の借金は増える」という実例をよくお勉強しなければなりません。

投稿日時 - 2014-12-10 03:41:11

ANo.1

 先の事は分からないので、その時に柔軟に対応できる人間に育てるしかないかと。

 国債の信用が下がっても、ほとんど日銀が買ってるので問題ないのでは。。。
 株は外国人投資家が多いので、円安でたくさん買ってるケースが多いかと。
 ドルベースにしたら、価格は以前とほとんど変わってない気がします。

 80年代が良かったというのは幻想で、その頃も財政赤字は膨れ上がっていたのです(まぁ、今ほどではないですが)。
 今より収入が低かったのに、ほとんど国産だったので何でも高かったですよ。
 年功序列で、給料は毎年5千円から1万円くらいベースアップしていきましたが、物価はそれ以上に上がっていったので、全然生活がラクにならなかったですね(ただ希望はありました)。

 デフレの方が、モノがどんどん安くなっていったので、給料変わらなくても、生活がどんどんラクになって行くなぁというのは実感できました(将来は不透明で、漠然とした不安はありますが)。

投稿日時 - 2014-12-10 00:48:15

お礼

>先の事は分からないので、その時に柔軟に対応できる人間に育てるしかないかと。

そうですね・・・
20年先なんて誰も分かりませんからね・・・

ありがとうございました。m(_ _"m)

投稿日時 - 2014-12-11 05:16:15

あなたにオススメの質問