みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

夏目漱石 「こころ」

夏目漱石「こころ」の「下 先生と遺書」のNo.28、29について質問です。

(1)先生はなぜKを海に突き落とそうとしたのか

(2)Kは神経衰弱から回復した。その落ち着いた様子のKは先生にどのように 影響したか

なるべく詳しくお願いします。

投稿日時 - 2014-11-23 22:36:26

QNo.8835023

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

漱石の「こころ」は、文学でありながら難解な哲学を論じています。
相当深く読み返さなければ、理解困難な記述が随所にあります。
先生は奥さんが仕向けたお嬢さんとの結婚に、次第に心を傾けて行きます。深くは自覚しないままに。
自身がKの為を思って奥さんの反対を押し切って、友人である彼と同居を始めました。
やがて先生は、Kもお嬢さんに心を寄せているのではないか、奥さんとお嬢さんも、そのような気持ちになっては居まいかと、疑心暗鬼に落ちたようです。
一連の経過を経て、先生は密かに念願していたお嬢さんと結ばれます。(恋の鞘当てから?)Kは壮絶な自殺を果たし、やがて先生もその後を追うことになるという、暗い結末で終わります。
そこへの伏線として、(1)、(2)が埋め込まれているのでしょう。
人の心という難題、取り組んだ漱石も偉大ですが、この作品の全てを読み解くことが出来る人も偉大です。
最初に主人公として登場したかに見える「私」が、「先生の遺書」では、何故か第三者。不思議な作法です。
小生などにはとてもとても理解が及びません。

投稿日時 - 2014-11-25 16:28:40

あなたにオススメの質問