みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

年収450万で同棲生活

よろしくお願いします。
私は30歳の会社員です。
会社は全国に支店がある一部上場の建設会社です。決して高給取りではないですが安定しているとは思います。
現在の年収は残業代などを除いて、450万程度です。月の手取りで言えば、おおよそ20万+残業代です。
残業代などの不確定な要素はなるべく除いおきます。

現在、遠距離恋愛で北海道に彼女がおります。定職にはついておらず、バイト等で実家暮らし。
1年半付き合っております。
彼女いるというのが理由ではないですが、来年の春に念願叶い、北海道へ転勤できることになりそうです。
これを機に今後は同棲していこうと考えています。
もちろん将来的には結婚を視野に。

今まで会社の独身寮で家賃はほとんどかかりませんでした。
結婚すれば、家賃補助が出ますが、独身で家を借りた場合は家賃補助は出ません。
それでも2人で暮らして行きたいと考えています。
彼女のバイト代等を合わせていくとおおよそ月々25万で家を借り、生活していくことになると思います。
今まであまり貯蓄してきていません。少しではありますが、100万程度です。
どのような生活を送っていけるでしょうか?
いろいろ調べてみましたが、おそらくは貯蓄しながらでもそれ程苦労せずに生活していけるのではと思います。
アドバイス等よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-10-27 10:04:46

QNo.8804502

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

並に暮らせると思いますよ。

ただ、結婚についてよく話し合ってから同棲を決めた方がいいかと思います。全国の転勤について行くつもりがあるのか、環境に順応できる女性なのか?
いくつの彼女かわかりませんが、実家にいてバイト暮らしって、甘やかされているかなーと思うので、結婚後、ご自身への負担が大きくなる可能性もありますよ。

ちなみに私も同じ会社なんじゃないかっていうくらい条件の同じ会社に勤めていて、同じ会社の人と結婚しました。が、子供が生まれてから転勤について行くのはキツかったです。将来のことをしっかり話し合って決めてくださいね。

投稿日時 - 2014-11-02 20:24:28

ANo.8

2人の金銭感覚をよく話し合って、お互いによく理解し、今後の生活設計をした方がいいです。

理由は、
まずあなたが残業代を込みで計算すればおそらく500万位の収入があるにもかかわらず、ほとんど貯金をしていないこと。
彼女が実家暮らしで定職についていないこと。

金銭的に堅実な人ならば、軽く2000万以上の貯蓄をしているでしょう。
残業代や家賃分だけを貯金してもそれなりの貯金は残っていると思います。
いったいどういう消費生活をしていたのか?と思いますが、
衣食、遊びすべてにおいて、使いたいだけ使う生活に慣れてしまっていると思います。

彼女はバイト代をいくらかでも実家に入れて、貯金をしているでしょうか?
節約・貯金をしているとすると、あなたの使い放題の金銭感覚に強く異議を唱えるでしょう。

もし、彼女も自分の収入が「全部お小遣い」なら、彼女も貯蓄、節約精神がないということです。

北海道でも都市部で25万で2人が暮らすならば、それなりに節約しなければならないでしょう。

これまでの、「全部小遣い」の金銭感覚をよほどの覚悟をもって変えないと、ストレスがたまり、ケンカの原因になります。
あなたはこれまで、月35万以上使っていたし、彼女もバイト代5万が小遣いだったなら、2人ともかなりの我慢をしなければなりません。

ちゃんと話し合い納得した将来設計を持っていないと、同棲はただ「我慢する生活」としか感じられなくなるでしょう。
そうなると、お互いに相手のお金の使い方を「ムダ」と攻撃するようになります。
挙句の果てが、「たいした稼ぎもないくせに」といったカネで人間の価値を測るようになります。
そして、「1人で暮らした方がマシ」、「実家にいる方がよかった」という気持ちになりかねません。

「貧乏は愛を殺す」といいます。
あなたにとって、「月25万で家賃を払って2人で暮らす」というのは十分に「貧乏暮らし」だと思います。

「愛があれば、なんだって乗り越えられるさ」の美しいワナにはまらないように、十分な話し合い、検討をすべきです。

自分が何を捨てなければならないか、それを捨てることに耐えられるか、と自分を問い詰めたほうがいいです。
あなたは月2万か3万の小遣いで我慢できるかどうか、よく考えてください。というより我慢しなければならないのです。

おそらく、一番いいのは、同棲ではなく、さっさと入籍し、住宅ローンを組んで家を購入し、子供を持ってしまうことです。
そうすれば、言い訳も逃げようもなく、浪費癖は直さざるをえなくなります。
そこまで自分を追い込んだ方がむしろ楽ではないかと思います。

投稿日時 - 2014-10-27 11:39:27

お礼

ご回答ありがとうございます。
自分への甘さ、言われて改めて感じます。
独身で自分のためだけにお金を使ってきた。使えるお金に余裕があり、遊んでいたことは確かです。

奨学金の返済、建築士の予備校代、車のローンなどはありましたが、それでも定期預金していれば、2000万は到底無理ですが、それなりの貯蓄はあったのかと思います。
遠距離を始めて月に最低一回は神奈川と札幌を行き来している現在でも今までの生活を見直すことで、少しずつでも貯蓄できている。
今までいかに好き勝手やってきたのかと後悔しています。
おっしゃる通りです。

外食を控え、飲みに行く回数もめっきり減りました。というより減らしました。
平日は難しいですが、週末は自炊するようにしました。
平日は難しいと言っている時点でまだまだ甘いのかもしれない。
いや、甘いのでしょうね。
本当に無駄の多い、無駄だらけの生活をしてきたと思います。
最後に述べていただいた、自分を追い込むこと。私は間違いなく自分に甘いと思います。
彼女と出会い遠距離で会える時間、会うための交際費を確保するしていく中で気づかされました。
金銭感覚が麻痺していた。
結婚した同期や友達が小遣い3万だのという会話を聞きます。
実際にそれで財布を別にしたり試してみて、普通にできました。
追い込めばいくらでも追い込めると思いました。
もっと自分に厳しくならなければなりませんね。
こんなんじゃ、彼女のことを幸せになんてできませんね。

彼女さんはバイト代の内毎月3万家にいれているそうです。
貯蓄とはいえ、貯蓄できているわけではないので、彼女も甘いのかもしれません。

今後話し合ってみます。
同棲して生活するのか、さっさと入籍してしまうか。

相談してよかったです。
ご意見本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-28 14:18:27

ANo.7

年収450万で独身寮に住んでて 貯金が100万は少なすぎますね^^;
いったい 何に使ってたのでしょう?
ちょっと彼女さんに引き締めてもらわないと(笑)

北海道に住むということで いろいろと今までの生活と変わるでしょうから 最初はお金がかかると思いますが インフラ整備の仕事は残業も多いですし 計画を立てていけばなんとかやっていけるとは思います。

どのような生活を送るかは 彼女さんと相談したほうがいいですよ
彼女さんがお弁当を作ってくれる人なのか?食事をちゃんと作ってくれる人なのか?ということで 随分違ってきますから。

自分たちの生活だけでなく これからの未来のこともありますから 定期貯金しながら 楽しむ費用 生活の費用 車代保険代など 割り振っていくしかないですよね。
なんでも節約しようと思えば 節約できるものですが それとは別に楽しむための費用 というのも必ず項目の中に必要だと思います。
窮屈に生活しては 結婚前に破綻してしまうかもしれませんから。

なるべく彼女さんのバイト代を生活費に回さないようにしてあげるといいと思いますよ。
普段節約していても 楽しむための費用 余裕をもてるように がんばってみてください。
あなたのおこずかいが随分減ると思いますが(笑) 大丈夫ですか?
早めに結婚して 家賃補助を受けたほうがいいと思います^^

投稿日時 - 2014-10-27 11:16:46

お礼

回答ありがとうございます。
他の回答でも指摘をいただいき、自分でも感じておりました。
貯蓄少ないです。
奨学金の返済、建築士の予備校代、生活で必須だった車のローンなどがかさんでいました。
今はまっさらな状態です。
車もなく、維持費もなしです。
それでも定期預金した上で生活していればよかったと後悔です。
彼女さんに引き締めてもらいます。

昼の昼食代とか抑えようと思えば可能だとも最近感じます。
小遣い3万からスタートでしょうか?
今、私にとって1番大切な人のためなら何でもと思っています。
それで小遣い減るのは構いません。

生活してく上で節約していこうというのも大切ですが、何にお金を費やすか!ということも大切なことだと教えていただきました。
ありがとうございます。
相談して行くことは必要不可欠ですね。窮屈な生活はしたくありませんし。

正直、仕事のことでも悩みました。転職も考えましたが、窮屈な生活をしたくないという思いで転職という考えは捨てました。
転勤で札幌に来られるというのに窮屈な生活を送っては本末転倒だ。

貯蓄なのか車なのか娯楽費用か、それこそ子供が何人でそれにはどれだけ養育費が将来的にかかる?などなど考えることはいっぱいですね。
自分の考えての甘さに気づかされるばかり。
相談してよかったと本当に思います。

私の思いの大前提ですが、彼女さんには窮屈な思いをして欲しくない。
彼女さんのしている生活が窮屈になるようなことは絶対にしたくない。
バイト代も出来る限りは彼女さんの元にある物としていきたいと思います。

やはり早く結婚するべきなのでしょうかと思います。

参考になります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-27 16:03:18

ANo.6

>どのような生活を送っていけるでしょうか?

夢のような生活が待っていますよ (^_^)v

北海道のどこに住むんですか?

札幌市以外なら2LDKの家に、5万円以下で住めますよ
野菜も安いし
札幌でも5万円からありますし

25万もあれば、毎日ビールが飲めます。

東京だと25万円でも厳しいので、3日に一度の発泡酒でしょ?

投稿日時 - 2014-10-27 11:01:11

お礼

回答ありがとうございます。
一緒に暮らしていく、まさに私の夢です。
住むのは札幌です。
家賃は5万程度で考えています。

札幌に帰ってきて大学の友達と飲みに行ったりすると、改めて思いますが、安いと思いますよ。
東京では家賃等高いですから、25万ってのはキツイのかもしれませんね。
一人暮らしならまだしも、二人で暮らしていこうとすると難しいかもしれません。

ちなみに私も彼女さんもお酒弱いです笑
たまに一杯マッタリとがちょうどいいですね。
希望の持てる意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-28 01:03:52

ANo.5

そうですね、何を苦労と思うかによりますけど、
外食(呑み含む)や衣服を最小限に抑える努力が出来れば大丈夫かと。

勤務地を札幌とした場合、2DK程度の間取りの相場は4万~6万。
取りあえず5万円で探すとして。

水道光熱費で2万~3万。※冬場
通信費を1.5万円(2台分)。
食費は何とか3万くらいで。
その他雑費を含めて毎月の生活費が15万円程度。

結婚したいなら毎月5万円くらいは貯金したいので、
残りは5万円。

場所柄、車は必須かと思いますので、
その維持費も計算しないとですね。
軽だとしても35万くらいはかかります。
これを等分して3万円。

という訳で、洋服材や遊興費に使えそうなお金は2万円です。

早く結婚して家賃を補助してもらいましょう。

投稿日時 - 2014-10-27 10:45:46

お礼

回答ありがとうございます。
1番いいのは早く結婚して家賃補助や扶養手当が得られる環境にすることだと思います。
ご指摘の通り家賃はおよそ5万程度、貯蓄は毎月5万程度で考えておりました。
場所柄もご指摘の通りです。
車は必須かと思います。ですがローンを組んでまで高い車は買わないつもりです。
それでも駐車料金毎月15000程度は見込んで、車検や車税、ガソリン代も考えていかなければなりませんね。

本州での生活よりも増となるのが光熱費てしょうか。
他でいただいた回答でもありましたが、やはり食費などを抑えていくことが重要かなと思いました。
参考になります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-27 12:02:16

ANo.4

食費が大きなカギを握ると思います。
その辺の事は彼女さんと話されたことあるのかな?
完全に自炊できればいいですが、他の新たな支出にも
対応できそうですが、そうでないなら…(~o~)

投稿日時 - 2014-10-27 10:42:05

お礼

回答ありがとうございます。
私自信、社会人になってから自炊してきていなかったのでそこも懸念しておりましたが、彼女さんは料理できる人です。今時珍しいのが手間をかければ服まで作れる。
意外に女子力高い方です(笑)
一般的には定職についていないというのはマイナスであると思います。
彼女自身後ろめたさがあるそうです。
彼女からすれば、定職に就いて安定している面も私と付き合っている理由です。
そういう人ですので、私は定職についていなくても将来考えられる、支えあっていけるのではと思っています。
私も最近は料理できるようになろうと思いまして、週末は自炊するようにしています。
やってみると意外楽しいもので続けていけると思います。
いかがでしょうか?

投稿日時 - 2014-10-27 11:52:37

ANo.3

年収的には無駄遣いしなければ夫婦で生活出来るレベルはあるでしょうから、特に問題はないかと思いますよ。

一つ気になるのは、彼女が正社員でないことでしょうか。経済的なこともそうですが、理由も非常に気になるところです。もし家に一銭も入れず、家事も何もせず、稼いだ金を全部小遣いに使ってるとかであれば上手く行かない可能性もあるかもしれません。

あと、初期費用として敷金礼金、家具や家電、カーテンや什器等は当然必要ですが、いざという時のための貯蓄も生活費の3カ月分以上は常に置いておきましょう(目的が決まっている貯蓄とは別に)。縁起でもないですが、同棲が上手く行かなかった時に狭い部屋に引っ越す時の初期費用にもなります(社宅に入るなら問題なし?)。
更には今までより掛かる家賃の増額分があっても、家計的に問題ないかも計算しておきます。これでも必要な貯蓄が出来ないといけませんので。ちなみにこの貯蓄については、予想される大きな出費に対して時期と金額を試算すれば、毎月貯めないといけない金額は計算出来ます。これは項目毎に分けて行い、例えば今必要なものは結婚費用とかになるでしょうか。

投稿日時 - 2014-10-27 10:34:18

お礼

ご回答ありがとうございます。
自分の年収で生活していけることがわかり少し安心できました。
ただ、だからと言っておごるのはいけないとは思います。
気をつけます。

彼女自身そこは気にしております。
家には月に3万入れています。
バイト代のうち服とかアクセサリーに使うお金の割合はすごく低いです。
やりたいこと、役者をしてるのですがそれに費やしています。
服とかシマムラとかユニクロ利用多いです。
お金の大切さは分かっているのではと思います。
高い?プレゼント(1,2万)した日には説教されますから(笑)

初期費用ですが、家賃の6ヶ月分くらいをみています。

最近は友達の結婚でしたり、突発的な出費か目立つので、その辺りも多少予測が必要かな?と。

あとは当面の目標である結婚に向けて貯蓄が課題だと思います。

参考になります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-27 12:59:01

ANo.2

ちょいと難しいのでは?
そもそもなんでっけど
>月の手取りで言えば、おおよそ20万+残業代です。
この収入で
>今まで会社の独身寮で家賃はほとんどかかりませんでした。
家賃を考慮せんと
>今まであまり貯蓄してきていません。少しではありますが、100万程度です。
銭を使い切る生活をしとったんですよな。
あんさん、北海道と言えど「家賃は月5万円程度」は要りまっせ!
それを「20万円から捻出」なんでっか?
幾ら彼女のバイト代を合算出来ると言えど
あんさんは「手元にある銭を使い切る生活者」なんでっせ!
その方が「5万円も余分に捻出」できるんでっか?
悪いことは言いまへん。とっとと結婚しなはれ!

投稿日時 - 2014-10-27 10:25:32

お礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り貯蓄は少ないと思います。
私は3人兄弟の長男で、大学卒です。
入社して6年半になります。
社会人になってから奨学金の返済、建築士取得のための予備校代、現在は神奈川在住ですが、埼玉や茨城におりまして、車が必要な生活てしたので車の所持でした。
今は奨学金の返済等全て終えまして、ローンはゼロです。車も売りまして、基本的に生活にかかるお金は最低限ですと、光熱費や食費等になりました。
1年半付き合ってまして、月に1度は神奈川から札幌へ。
なかなか貯蓄できてこれませんでした。
もちろんやり方次第であるのは確かで定期預金した上での生活を送ればもっと貯まっていたと思います。
後悔先に立たずです。

家賃は今までかかった神奈川ー札幌間の航空運賃や交際費が当てられると思います。5万近くかかってきましたので。
100万の内半分は遠距離しながら貯めたものです。実質ボーナス貯蓄して貯めたに近いです。

早く結婚したいものです。

投稿日時 - 2014-10-27 12:39:03

ANo.1

彼女さんとの同棲生活、楽しみですね。
そして、それを金銭的にもしっかりと考えようとしているのは素晴らしいですね。
北海道のどこかに寄りますが、家賃は大きな支出ですよね。
2人で済むということなのでワンルームとはいかないでしょうし、家賃補助も出ないということなので。
それをクリアできれば、収支はそんなに悪くないと思います。
しかし、今後ご結婚、もしかしたらお子さんの誕生というライフイベントも待っていると思います。
そのためには貯金はあればあるほど安心です。
毎月の収入の中から、結婚資金や子育て資金を考えながらということがあるので、どのような結婚式や子育て(国公立で行くのか私立に行かせるのか)など、お金のかかる部分を彼女さんと確認しながら、今後の生活の基準を立てていくのがよいかなと思いました。
ご参考までにどうぞ。

投稿日時 - 2014-10-27 10:22:40

お礼

回答ありがとうございます。
本当に楽しみです。

場合は北海道札幌市です。
これから彼女さんと話して、相談することはとても重要だと再認識できました。

結婚資金、子供の養育費ももっと調べて、考えていかなくてはと思います。

参考になります。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-10-27 12:46:23

あなたにオススメの質問