みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不合理な事実を前提とした契約は有効でしょうか?

私は、ある出版社と契約の履行を巡って揉めています。消費者契約法に基づいて契約の無効を訴えようと考えています。果たして、その訴えが認められるものかどうかについて皆さんのご意見をお聞かせください。

私が主張する契約無効の根拠は、以下の通りです。

その1 出版社が主張する覚書の解釈が合理性を欠く。不合理な解釈を前提にしているため無効である。

その2 出版社が著者の問い合わせに対して虚偽の説明をした。

(補足 その1) 出版社は、700部が採算ラインであることを理由としてそこに至らなかった売り上げの時に売れ残った本の買取りを要求しました。出版の契約を結ぶ時、そのことは合意しました。しかし、売れ残った場合の買取り部数についての解釈が出版社と私では食い違っていました。そのことを私は、売れ残った本の買取りを求められたときに気付きました。

私は、出版社に対して私の解釈の正当性を訴えました。しかし、出版社は、私が異を唱えたことを不合理であるとして非難しました。つまり、出版社の解釈こそが正しいという訳です。

しかし、出版社の解釈では不合理なところが生じます。それは、300部売れた場合に最高の収益となり、その後どんなに売れても収益は増えません。増えないところか逆に減少します。

これでは出版社が本を売ろうと努力するはずはありません。売れない方が出版社は、本を倉庫から出して発送する手間が省けます。売れなくてもその分は著者が買い取る訳ですので、出版社は損をしません。

出版社が私の解釈に基づく買取り金額を要求したのなら私は、何もためらうことなくその支払い要求に応じていました。しかし、出版社は、私の解釈を否定しました。そして、出版社の解釈が正しいと主張しました。私はそのことがどうにも納得できません。

(補足 その2) 添付した図表は、販売による収益よりも著者の買取りによる収益の方が大きいケースを想定しています。

販売による収益と著者の買取りによる収益が同じだった場合には、300部を超えてどんなに売れても出版社の収益はまったく変わりません。

著者が売れ残りを買い取るのは、売れなかった場合の出版社のリスクを補填するためです。出版社の解釈はその点で矛盾します。

(補足 その3) 300部を超えてどんなに売れても出版社の収益は増えない(逆に減少する)のに、担当者は「そんなことはありません。売れれば売れるほど弊社の収益は増えます」と説明しました。これが嘘であることは添付した図表から明白です。

その他にも虚偽と思える説明は多々あるのですが、それについては立証することはできません。

投稿日時 - 2014-09-18 10:19:06

QNo.8758794

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

出版社と著作者ですから事業行為での契約なので消費者契約法の適用は難しいでしょう。

契約で自己の解釈など意味を持ちません、なぜその場で問題提起し双方の解釈を摺り合わせるべきでしょう。

そもそも出版社が売れると思った本ならそんな契約はしません。
それにはっきり言って素人が自己満足で書いた本がそう簡単に売れるものでは有りません。

道楽なんだからそのくらいの金を負担して迷惑がられても知人に配るしか有りません。

もちろんそり以上の裁判費用を掛けて訴訟するのも趣味としてはありだと思いますが。

投稿日時 - 2014-09-18 10:35:03

補足

売れるはずがないというのはわかっていました。
有名な作家の書いた本でも売れないのに無名の著者の本が売れるはずはありません。
自己満足のための出版でした。

投稿日時 - 2014-09-18 10:37:45

お礼

質問を一部書き直して再投稿します。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-18 10:38:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問