みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英国4協会の実力差

英国4協会のワールドカップ出場は以下の通り


イングランド:14回

スコットランド:8回
(1998年フランス大会以降なし)

ウェールズ:1回
(1958年のみ)

北アイルランド:3回
(1986年メキシコ大会以降なし)


なぜ実力差がついてしまったのか?

投稿日時 - 2014-09-13 20:30:49

QNo.8753253

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

元々、そんな実力差でしたよ。

1980年代まで100年間行われていた4協会対抗戦である、British Home Championship(日本ではブリティッシュ インターナショナルと呼ぶことが多い。Home & Awayではなく、交互に対戦)の優勝回数は

54 England(including 20 shared)
41 Scotland(including 17 shared)
12 Wales(including 5 shared)
8 Ireland/Northern Ireland(including 5 shared)

http://en.wikipedia.org/wiki/British_Home_Championship

イングランドの力が伸びたのと、ウェールズが相対的に低下したのですが、やはり、リーグの興隆とそれによる財政力の強化がキーとなるのだと思います。

Welsh Premier Leagueって、数千人規模の開催です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

カーディフやスウォンジーといったウェールズの強豪チームはイングランドのリーグに加盟しています。で、ウェールズ選手は少ない

アイルランドはアソシエーションの強力なコンペティターとしてラグビーユニオンとGAAによるゲーリックフットボールがあり、アソシエーションのリーグは動員では三番手です。

投稿日時 - 2014-09-13 20:59:43

お礼

財政力の差は大きいようで…。

投稿日時 - 2014-09-16 14:39:57

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問