みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ジグキャスターMX 96MHにルビアス3012H

ジグキャスターMX 96MHの程度の良い中古が安くて衝動買いしました。
合わせるリールを持っていません。

そこでラテオ100MLに使っているルビアス3012Hを、巻いてあるPEラインごと持ってこようと思います。ラインはベイジギングの1.2号です。26lbあるのでサーフで使う分には問題ないと思っています。狙う魚もよくてハマチ程度です。200m巻いてあれば十分だと思っています。
ラテオ100MLには11カルディア2506を持ってきます。
こちらは使えるだろうと思っています。

実際、使える使えないは別として何回かは使ってみます。
また、使いづらいことはあっても使えないことはないと思っています。
ただ、実際組み合わせている人が多くて、感想もよいものが多いなら、新たにリールは買い足さずそのままで行こうと思っています。カルディアも再利用できるしいいことづくめなのですが、問題がもしあるとしたらどんなところか経験豊富な諸先輩方にお伺いしたいです。

投稿日時 - 2014-09-06 04:16:28

QNo.8743998

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ルビアス3012Hを発売当初よりサーフゲームに使用していますが、使うジグの重さ
又、アクションによっては剛性不足で早めにガタが出てくる可能性もあります。

ルビアス3012Hはサーフゲームや磯のヒラなどを対象に比較的大きめの(13~15cm位)ミノーや
1オンス前後のヘビーシンキングミノーなどのキャスティング&リトリーブをメインに
設計がされていて、重めのジグなどによる急激なアクションの負荷には弱い面があります。

まずスプールがエアスプールですから基本的に樹脂製ですからアルミスプールに比べて
シャフトへの取り付け強度が弱い面があり、50g以上などのジグの急なシャクリをすると
ベールから直角に急激な負荷が掛かり、次第にスプールガタだ出だす可能性があります。

それと重めのジグなどの負荷に関してはボディもザイオンですから、メタルボディに比べて
メインギヤの支持強度が低いので、ずっと重めのジグで使用していると回転ガタも早めに出てくるでしょう。

ですから普通ジギング専用リールはメタルボディやアルミボディにアルミスプールが常になっています。

もしルビアス3012Hをジギングで使うなら、サーフからのライトショアジギングで10~10.6ft位の
ライトショアジギングロッドに25g~35g前後の比較的軽めのジグで、ボトムからの軽いトゥィッチを
加えながらのなめらかなアクションでしたら問題なく使用できますね。

もしジグキャスターで50g以上のジグの大きめのシャクリによるジギングをしようと思ったら
やはりブラストかセルテートなどのメタルボディーのリールの方が長く使えるでしょうね。

ジグが50g以下で激しいアクションもなく、着底後のファーストリトリーブだけでも
やはりキャスティングの際もスプールには大きな負荷が掛かりますから、せめてスプールだけでも
アルミスプールに換えておくと耐久性は結構アップしますね。

フリームスの3520スプールなどでしたら5000円以下ですから、この辺でも良いかと思います。

ラテオにカルディア2506は全く問題ありませんね。

投稿日時 - 2014-09-08 12:43:10

お礼

やはり剛性ですよね。心配なのは。新たに買うなら3000番はないので、そうするとセルテートもないですし、価格の面でブラスト一択になります。上は買えません。ブラストの評判どうでしょうか? シマノのリールになってしまいますが、バイオマスターと価格帯が一緒です。ただ、バイオマスターほど糸巻き量いらない感じがしています。

投稿日時 - 2014-09-09 01:09:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問