みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当のうつ病?

うつ病、と診断されて精神科に通院しています。これで二度目の発病です。
一度目と二度目のあいだは確かに元気で、今のように死にたいと、死ぬことばかり考えたりしていませんでした。
習い事に通ったり、今思うと楽しくて仕方ない時間だったと思います。

その前、一度目のうつ病のときは、自殺未遂をしました。結局はODだったのですが当時はODと言う言葉も知らず、本当に死ねると思って薬を飲みました。
そのときも、その日まで会社に通勤していました。
今も会社は辞めてしまいましたが、仕事はしています。
主治医にも「そんなに辛くてよく仕事ができるね」と言われます。
私は仕事を休むことができません。
17歳とき、初めてバイトを始めてからずっとです。
それが良いことではないと思いますが、熱があっても、なんでも出勤します。
でも、本でもネットでもうつ病が重症化すると会社に行けなくなると書いてあります。私は行けなくなること、仕事ができなくなることはない気がしています。
以前と同じパフォーマンスでできるわけではないので、それが良いことではないと認識はしています。だから、会社は辞めてフリーランスの仕事をしています。
毎日、死にたくて仕方なくて、よく眠れなくて、病院にいけばうつ病だと言われて薬を処方される。
この異常に死にたい感じは前の自分とは違うので何かの異常があるとは思う。
でも、、、なんというか、、、。甘えているだけなんじゃないか?と思うんです。
私はうつ病を装って甘えているだけかも、と。なので仕事をちゃんとしなきゃ。仕事を、ちゃんとして税金を納めて自分の暮らしを自分のお金ですれば甘えていることにはならないはず。
自殺が未遂で終わったあとの、苦しい世界はよく知っています。
だから現状では今が1番いい。
そう思っています。
本当のうつ病ってきっともっともっと苦しいんですよね?

投稿日時 - 2014-09-02 09:36:45

QNo.8739337

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> 考え方を変えれば回復していきますよね。

残念ながら、考え方が変わるとともに行為も変わらねば、何時も同じ処を片足だけを動かして前に進むのと同じです。
「過去と他人は変えられない。変えることが駅るのは自分の事だけ」が心理学が教える真理です。
他人に相談して得られるものは「解答」ではなく、「ヒント」です。
人は他人が教えてくれた「正解」には不満を持ちますが、自分で出す答えには納得が出来ます。
友人にも教えられないことが両手の指の数以上あるのに、「正解」など出せますか?
カウンセラーに聞いても同じです。

友達から「ヒントを貰う」か、「自分で考える力を貰う」のが「相談」ではないでしょうか。
答えを出せない問題の苦しみに、悩んでいたら「統合失調症」に成ってしまいます。
本当に苦しいことなら、ウツ病ではなくなりますよ。

今は少し遠くでしょうが、光が見えているのでしょうね。
賢明なあなたなら、幸せへの道を歩き始めたと思います。幸せに成って下さい。

投稿日時 - 2014-09-07 03:36:26

お礼

ありがとうございます。
答えの出ないことを考え続けて、本当に苦しいです。

投稿日時 - 2014-09-15 16:53:04

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

ちょっとお待ちなさい。あなたはすごいですよ。うつ病で、働きながら。実は私も10年間、休職もありましたが、働きながら通院しています。這い蹲り、鞭打って働きました。生活のため、今は寛解状態です。
どんなに悪くても基本、体を引きずって働きました。うつ病にはいろいろあります。人により違います。
一度目のうつ病と二度目のうつ病の間が元気だった、とありますが、双極性2型を疑ってみましょう。私も4回の再発をしましたが、其の間は元気で、完璧な勤務と職務をこなしました。当時はよくなったのだと思っていましたが、あの谷間が躁状態だったのです。それがわからず、長期のうつ病に至りました。その谷間ではODでしにかけました。

投稿日時 - 2014-09-03 19:24:39

お礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなってごめんなさい。
双極性2型を調べてみようと思います。

投稿日時 - 2014-09-06 16:38:55

ANo.5

物事を難しく考え過ぎているように感じました。うつ病と診断されたのなら、うつ病なんですよ。誤診は何%かの確率であるでしょうけど、それを言ったらキリがないように思います。

症状の軽重もあるでしょうし、働けていても不思議はありません。ちなみに私はうつ病、パニック障害を患いましたが、ほとんど休まず仕事をしてました。

私の場合は借金があったので休めなかったというのもありますが、そういう色々な条件も病気に影響しますね。

私は薬だけでは治らないと考えてます。物事の捉え方(認知の歪み)がストレスを生んで精神疾患になると考えてますので物事の捉え方を是正する事で治ると思ってますし、実際に寛解してます。
臨床心理学などを勉強される事をお勧めします。

投稿日時 - 2014-09-03 06:13:37

お礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなってごめんなさい。
心理学についていろいろと学んでみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-09-06 16:37:41

うつ病と診断された方は、双極性障害の可能性も視野にいれてほしいと思います。

薬が違ってきますからね。

実際にうつ病と診断された方の何%かは双極性障害だったそうです。

光トポグラフィーは診断補助の役割としてしか考えられていませんが、今年度から保険適応になりましたし、一度検査するのも良いかもしれません。
うつ病と双極性障害では異なる波形を示しますので判別できます。
もし検査される場合は、その病院が光トポグラフィーに保険を適応しているか確認なさって下さいね。


双極性障害の方は病識が薄いです。自分は病気ではないと思ってしまいます。
病気を比べるのはおかしな話ですが、ずっとうつ状態の続くうつ病よりも見た目は元気そうに見えるかもしれませんね。

しかし躁や軽躁とうつを繰り返すのですからとても大変な病気だと思います。
僕は統合失調症なので双極性障害の方の苦しみは正直いって分かりません。どの病気も辛くて苦しいものだとは想像します。


仕事をするのはとても立派なことですよ。
それ以前に、病気をきちんと治すのが急務ではないでしょうか。

投稿日時 - 2014-09-02 16:37:09

お礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなってごめんなさい。
双極性障害については考えたこともありませんでした。
調べてみたいと思います。

投稿日時 - 2014-09-06 16:35:43

ANo.3

お礼ありがとうございます。

傲慢なのではないですよ。
疲弊してしまってるんです。
希望が見えない状態なんです。

それって、気楽に考えるような状態ではないのですよ。
原因となるものを少しでも回避できれば、いくらか回復には向かうと思います。
原因をお話しいただければ何か助言できることもあるかもしれません。
確約できませんが・・・

現状が一番いいと思うのであれば、もう少しだけ勇気を出して、心を落ち着けることを
心がけてみてください。

散歩やアロマ、なんでもいいです。
次につながる何かを探してみませんか?

投稿日時 - 2014-09-02 15:49:43

お礼

ずっと昔の出来事が影響して、今もできないことがたくさんあります。なんとか越えなくてはと思いますが、難しいです。
お礼が遅くなってごめんなさい。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-09-06 16:33:22

ANo.2

どの様な悩みごとも解決の方法があるものですよ。
ウツ病の第一にしなければいけないことは、悩み事は友達や医者に相談することです。
解決できない問題だと決めていると、統合失調症に進んでしまいます。

あなたが、死にたいとは本気で考えているのでないなら「私は死なない!ウツの言い成りには成らない!」と呟き続けて下さい。
仕事の最中も「必ず良くなる!元気に成る!」と呟いて下さい。

あなたの悩みが鋭角に出来たら、それから、甘えなのか、ウツ病が最もっち辛くなるのかの話も出来ますね。
幸せ感の少し消えていたのがウツ病だとすれば、統合失調症が一番幸せ感の無い病状だと思って下さい。
まだ出来ることがあるのでしたら、幸せも少しはあるのでしょう。

食べて行く為に仕事に就き、通勤の途中で、電車や自動車に飛び込むことばかり考えて居る人もいました。
たった一日の仕事が、何度も変わりました。
それでも繰り返しながらでも、身体を動かすことで、仕事が出来るような元気が戻って来ました。

以前とは違う考え方、以前とは違う行為が出来る様になれば、ウツ病も改善出来ますよ。

投稿日時 - 2014-09-02 14:17:14

お礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなって申し訳ありません。
私が持つ問題は、どうしても友人などには相談できません。医師には話したことがありますが、解決はできませんでした。
でも、おっしゃるとおり、考え方を変えれば回復していきますよね。

投稿日時 - 2014-09-06 16:31:17

ANo.1

emma-koさん、おはようございます。
欝の状態でのお仕事、大変ですよね。

うつと診断されるような大きな悩みをお持ちなのではないですか?
パフォーマンスが落ちるのはうつのせいともいえますし、処方されている薬のせいともいえます。
うつの薬は抗うつ薬のように気持ちを上げる薬もあれば、不安、不眠などから落ち着かせるために安定剤が処方されているかと思います。
安定剤は眠気や筋弛緩の作用があるものもありますから。
集中できなくなることもあります。

emma-koさんは十分がんばっておられると思います。

苦しさは人それぞれ違うから私は違うんだ、甘えてるんだと思う必要はないですよ。
ただ、うつになった原因が解決しないと楽な気持ちにはなれないかと思います。

投稿日時 - 2014-09-02 10:45:47

お礼

ありがとうございます。
原因というか、悩みというか、そういうものは確かにあるのですが、解決することはどうしてもできませんでした。
おっしゃる通り薬のせいでぼーっとする感覚は確かにいつもあります。
自殺したい、という強い衝動より、一日も早く終わってほしい、それが今日でありますように、という祈るような気持ちです。
生きたいと思ってもそれが不可能な人がいるなかで、傲慢ですね。でも止まらないんです。

投稿日時 - 2014-09-02 12:36:32

あなたにオススメの質問