みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

セラミック(もしかしたらメタルセラミック)でも金属アレルギーがでますか?

現在海外に住んでいますがもうすぐ日本一時帰国の予定があり、金属アレルギーのパッチテストを受けたいと思っています。
と言いますのは、数年前手や足に湿疹ができ、皮膚科では汗庖(掌蹠膿疱症と同じようなものでしょうか)と診断されました。
思い返すと、確かその年に銀歯などを5本程セラミックに詰め替えていて、歯の充填物と金属アレルギーとの関連性が気になりました。
調べてみると、セラミックにもオールセラミックとメタルセラミックがあるようで、恐らく私のはメタルセラミックの可能性が高いです。
メタルセラミックでも金属アレルギーは起きるのでしょうか。(起きるとは思うのですが、「セラミックだから」と安心してました)
また、メタルセラミックに使用される金属は何なのでしょうか。
もしもメタルセラミックの金属にアレルギーがある場合、まず金属のパッチテストから他の充填物への詰め替えが必要になると思うのですが、日数は全部でどのくらいみておいたほうが良いでしょうか。
一時帰国の期間は3週間ですが、それで間に合わない場合は、日にちの変更を考えています。
また、メタルセラミックに変わるものとして何が良いと思われるか教えてください。
宜しくお願いします

投稿日時 - 2004-05-27 00:28:32

QNo.871725

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#1です。お礼ありがとうございます^^

http://www.inou.jp/sinryo.html
こちらで少しだけでしたが、どういったものかわかりました。
皮膚疾患は似た症状のものが多いですから一緒とは限らないのですが、掌蹠膿胞症と似たところがありますね。
(水虫と誤診される方も多いとよく聞きます)

さて、ちょっとですが関係者に聞いてみました。
硬質レジン~メタルボンドまで金属を使用するもの、金属を使用しないものと両方出来るようです。
ただ、金属がない場合はその分強度が劣りますから、その点が短所というかんじらしいです。
(この硬質レジン~メタルボンドまでの間に先日ちょっと触れた「エステニア」というものがあります)

で、技巧物作成の期間ですが、24時間あれば作れることは作れる・・・ということでした。
が、睡眠時間というものもありますし^^;、ひとつの技巧物を作成するとまではいかないでしょうから、24時間というのは無理でしょう^^;

普通の歯科で普通に予約を取るときも「じゃぁ、来週も今週と同じで○曜日に来院してください(予約を取りました)」って大体は言います。
技巧物もその1週間後に出来ていたりします。
(もちろん、その技巧物を作成するまで治療が必要な場合はその分期間がかかると思います)

質問者さんは今、口内にある義歯を金属を全く使用しない義歯にしたいということでしょうから、期間は短くて済む可能性もありますね。
でも、自分では気付かないうちに「治療しないといけないところがある」ということも考えておいたほうがいいと思います。
こればかりは専門の方に見ていただかないとね^^;;;

そこで思ったのですが、以前通っていた歯科医院であるならば、帰国前に連絡して準備をしてもらう・・・ということも可能なのでは?・・・と。
(カルテは基本的に5年間保管です)
いろいろなことを想定してみるといいですよ^^
初めて行く歯科医院でも事前に連絡してみるとか。
医院によってはきちんとしてくれるところがあると思いますが。

>メタルセラミックに使用される金属は何なのでしょうか
一概には言えないようです。 金属アレルギーの方で反応が出なかった金属を選んで技巧物を作成するということもあるようです。
前の方も言われているように、金、銀、プラチナ(これは高価なので使用する人は少ないみたいですが^^;)、パラジウム・・・このあたりがよく聞く金属ですね。
20年ほど前ですが、水銀も使用していた頃もあると思います。(今はないと思いますが)
歯科で使用するものは限られてくると思います。
その中で過去は使用していたけど、医療の発展とともに使用しなくなってる金属もあると思います。
(歯茎と歯の境目の部分、そこの歯茎をキュッと下に押してみると金属が見えたりしますよ^^;また、年齢とともに歯茎が下がってきたら土台の金属が見えるようになったり)

パッチテストですが、出来ればいろいろな種類の金属でしたほうがいいとは思います。
生活の中で金属はありとあらゆる所にあります。口内だけを気にしても他のところで反応が出ることも考慮したほうがいいのでは?と。
(例えば、義歯に金属を使用しなかったら金属を口にすることないということではないんです。それはステンレス製、シルバー製、銅製などのスプーン、フォークなどになりますね)
私自身は真夏(数日後にはお盆)にパッチテストしました^^; 本当にお風呂に入りたくて、背中に貼っていたので下半身は湯船に浸かって、背中以外の上半身は拭いてました^^;(我慢できなくて)
そのときの数は20種類まではいかなかったと思います。

また長くなりました^^; 素人の回答ですが・・・ご了承ください。

参考URL:http://www.inou.jp/sinryo.html

投稿日時 - 2004-05-27 21:50:50

お礼

早速の回答ありがとうございます。
歯茎が下がってきたら金属が見える。そういえば、最近年のせいなのか、歯ブラシを強くしてしまったのか、ちょっと歯茎がさがってきたような。
パッチテストを真夏にされたとのことですが、汗をかいたことでテストに影響はなかったのですよね。
私はあせもができやすいので心配だったのですが、一時帰国を伸ばして8月頃帰り、ゆっくり治療をしても良いかなとも考えました。
私は花粉やハウスダストなどアレルギーが色々あるので、もっと色々な検査をして(金属の検査は経験がないです)おいた方が良いですね。
とにかく心配症なので。
関係者の方にお話していただいたり、ネットで調べていただいたりと本当に有り難うございます。

投稿日時 - 2004-05-28 00:36:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

うわぁ~、誤解されることを書いてしまいました。
>以前通っていた歯科医院であるならば、帰国前に連絡して準備をしてもらう・・・ということも可能なのでは?・・・と。

ここの「準備」は誤解を受けやすかったです><
技巧物を作ってもらっておくとも取れますよね><
(技巧物は前もって作ってもらうことなど出来ないです)
そうではなくて、例えば簡単なことでは、「帰国前に予約を入れておく」とか、以前通った医院ならカルテを見てもらって質問者さんの口内を思い出してもらっておくとか・・・そういったことです。失礼しました。
でも、良かったです。専門家の方から回答があって^^
少しでも良くなることを願って^^ #1でした。

投稿日時 - 2004-05-28 00:29:18

お礼

「準備」は「予約」なのですね。わかりました。わざわざすみません。自分以外の人にこんなに情報をいただいて助けていただけるなんて、嬉しかったです。
住んでいるイギリスでは病院の制度も違い無料ですが、その代わり緊急でない限りは日本のようにすぐお医者さんにかかるのは無理、しかも歯医者は酷いレベルです。私費の歯医者でも虫歯があるかのチェックと小さい虫歯ひとつで10万円以上とられたりします。
とにかく日本に帰ったら病院まわりです。自分の満足いくように色々調べて、治療して帰りたいと思います。

投稿日時 - 2004-05-28 01:00:19

ANo.4

いますでに、金属を使わない歯を入れようと考えていらっしゃるのなら、パッチテストは行わずに治療に入っても問題ないと思います。

パッチテストは平行してお受けになればよろしいのでは?

歯の根っこに金属の芯が立ててある場合、撤去してから約3~5日で芯ができあがってきます。そしてその日に新しい歯型を取って、オールセラミックなら前述した日数で、ハイブリッド(エステニアとかグラディアとかアートグラスとか色々)なら最短2日最長7日ぐらいでしょうか。

詰め物ぐらいなら一日でできますが、被せとなるとやはり日数は必要でしょう。

歯の根っこに異常がなければ、最短3回の治療で済むこともありますが、4回5回は通院が必要ではないでしょうか。

詰めたら3週間で治療できる可能性はありますが、1ヶ月は見ておいた方がいいのでは。

また、歯の部位によってもハイブリッドがいい場合と、セラミックがいい場合と、症例によって色々あります。

今から歯科医院に相談して、あらかじめ歯を作っておくという事は絶対不可能ですが、メールなどで詳しい部位や入っている詰め物の形など詳細に相談してすぐに治療に入る段取りをする事はできると思います。

投稿日時 - 2004-05-27 23:02:25

お礼

ありがとうございます。
パッチテストと並行して、というのはいいアイデアです。
思い付きませんでした。
被せるものは日数がかかるのですね。被せるもので5本、詰め物で3つくらいあります。
歯磨きはきちんとやっている方だと歯医者さんには言われたのですが、やはり子どもの頃にきちんとしてないといけませんね。
治療の日数も詳しく書いていただき、ありがとうございます。
昔からかかっている歯科医院ともキチンと連絡をとるようにします。

投稿日時 - 2004-05-28 00:44:18

ANo.2

こんにちは。

>セラミックにもオールセラミックとメタルセラミックがあるようで
ありますね。金属の上にセラミックを盛ってあるもの(メタルボンドって言います)と、オールセラミックと。

>メタルセラミックでも金属アレルギーは起きるのでしょうか
金属を使っている以上、アレルギーになる可能性はあります。

>メタルセラミックに使用される金属は何なのでしょうか
種類はいろいろあります。ニッケルであったり、金やプラチナや色々な貴金属の含有量の比率によって数種類あります。

>まず金属のパッチテストから他の充填物への詰め替えが必要になると思うのですが、日数は全部でどのくらいみておいたほうが良いでしょうか。

パッチテストの日数はわかりませんが、オールセラミックの製作日数は5本ならだいたい10日から15日の余裕が欲しいところでしょうか。かなり急いで7日で仕上がりますが、失敗した場合のリスクを考えると不可能と言いたいところです。

>メタルセラミックに変わるものとして何が良いと思われるか教えてください

金属を全く使用しないものなら、オールセラミック、ハイブリッドレジンになってきます。

投稿日時 - 2004-05-27 18:11:47

お礼

回答ありがとうございます。
メタルセラミックでもアレルギーになる可能性はあるんですね。「私のは殆どセラミックだから」とずっと思ってたのでショックでしたが、わかって良かったです。

東京の歯科大学病院で「歯科アレルギー科」を見つけ、そこで金属パッチテストを受けようと思っています。
そこでは17種類(歯科充填物に使われるとされるもの全ての金属)ではなく、口の中を見て、それで何種類か選ぶそうです。
ただ、考えたのですが、メタルセラミックの場合は外側でなく中が金属なので見てもわからないだろうし、chiezou-yonのおっしゃるように種類が色々あるとなると、どのようにしてパッチテストの金属を決めるのでしょうか。
ちょっと不安です。

投稿日時 - 2004-05-27 19:00:49

ANo.1

汗庖とは乾癬のことかな?違うものかな?^^;

んっと、本題へ^^;
セラミック(土台が金属のもの)で歯茎が黒ずんでくることが多いようです。(このことを○○っていいましたが、名前を忘れてしまいました^^;)
この黒ずむということは金属の影響があるということになります。
ですから、金属アレルギーの方だと皆さんとまでは言い切れないですが、症状が出る人もいることと思います。

オールセラミック(全く金属を使用していないもの)があるのでそれになるのかなぁ?と思いますが、これに関しては歯科医という専門ではないのですべて(他にあるかどうか)は詳しくわかりません。(すいません)
(エステニアというものがそうなのかも?ぐらいしか知識がないです^^;)

ところで、「一時帰国の期間は3週間」これは難しいかと思います。
義歯(オールセラミックなど)を技工士の方に作ってもらう期間も必要ですから、記載にある「5本ほど」になると厳しいかな?と。
少しネットで調べてみましたが、最低2ヶ月とかの記載しか見つからなかったです。
でも、すべての歯科医がネットに載せている訳ではないので。
病院によってはしてくれるところがあるかも?しれないです。

金属のパッチテストですが、これだけで最低丸2日は入浴禁止となる可能性があります。
(いろいろやり方があるようで、私の場合は背中にいっぱい貼り付けられました)

この程度しかわかりませんが。掌蹠膿胞症患者より
歯科医の方が見てくれることを願います。
(期待させるような回答でしたら申し訳ないです)

投稿日時 - 2004-05-27 01:36:45

お礼

汗庖(カンポウ)、ポウの漢字が正しいかわかりませんが、乾癬とは違うもののようです。
皮膚科を何軒も周りましたが、「水虫」を言われることもありました。
でも自分で調べてみると、掌蹠膿疱症が一番近いかなと思います。
オールセラミックスへ入れ替える日数、2ヶ月。。。どうしよう。
この日数をネットで調べていただいたとのこと、わざわざありがとうございます。
パッチテストの入浴禁止は辛そうですね。
夏にパッチテストだと、特に。
回答有り難うございます。

投稿日時 - 2004-05-27 18:48:17

あなたにオススメの質問