みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

希硫酸と反応して、ガラスに付着してとれない物質は?

私が調べた時、そんな痕は無かったのですが、ディーラーの工場長(テクニカルアドバイザー)から、はじめは、フロントガラスとサイドガラス2枚にバッテリー液が付着してて、ガラスが溶けて窪んでいたので3枚を交換したと説明されたのですが、希硫酸でそんな事は起こらないと反論すると、今度は、自動車のフロントガラスに、バッテリー液の希硫酸が付着して、そこにあった何らかの汚れと化学反応が起こり、ガラス表面に、その反応でできた物質がこびりつき、洗剤を使用してもとれなかったから交換した。ガラスメーカーに確認して、溶けていたのは間違いだったと説明されたのですが、どんな汚れ物質が付いてたら、そんな事が起こるのでしょうか?ちなみに、車はエクストレイルのディーゼルです。

投稿日時 - 2014-07-29 15:30:32

QNo.8696884

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

まず、硫酸ではガラスは溶かせないでしょうね。希硫酸でも濃硫酸でも、です。

あとは、表面に付着したゴミ、油分、フィルムといった有機物との反応かなぁ。
希硫酸の状態では反応しませんが、希硫酸は放置すると蒸発・濃縮して濃硫酸になりますから、それがゴミや油分と反応すると、それらを炭化させてしまうかもしれない。
炭化したら、確かに洗剤などでは落ちないかもしれません。
(コンロまわりの焦げつきが状態として近い。)
(砂糖と濃硫酸の反応→https://www.youtube.com/watch?v=smBLofbHD4g
ただこれは、最初に書いたように、希硫酸(バッテリー液)が濃縮して濃硫酸になることが必須であり、付着したまま長時間放置しないと起こりえません。
バッテリー液の硫酸濃度はやく40%だそうですが、このレベルから蒸発濃縮して濃硫酸(約90%以上)になるには、秒の単位では明らかに足りないでしょう。
 第一、バッテリー液ひっかけたらすぐにでも拭くか、洗い流すのが通常の対応かと。放置するという行動自体が不自然。

工場内などで空気中に舞いあがった鉄粉と反応すれば硫酸鉄が生成するかもしれませんが、これは水に溶けるため、こびりつく、ということはないように思います。

以上、参考まで。

投稿日時 - 2014-07-29 18:47:23

お礼

ご回答下さり、ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-30 09:36:43

ANo.2

>裁判は、負けました。

ありゃりゃ。

>そういう物質もあるってもいいのです、ただ、その物質が、自然界に沢山存在してて、溶けた様に見える無色透明に近い物質なのか?

洗剤でも取れない、と言うなら、水拭きした時だけ見える「水垢」でしょうか?

ガラス表面に付いた油膜が原因で、一部分だけ水垢が付く事もあります。

お風呂場にある鏡に、うろこ状の白い汚れが付いていて、洗剤で擦っても何しても取れないってのがありますよね?

「ガラス表面に付いて、洗剤じゃ取れない」と言うと、風呂場の鏡と同じ「水垢」しか考えられません。

今の時代、現代の雨水って、酸性雨やPM2.5で「かなり汚れてる」ので、水垢も付き易いと思います。

硫酸や王水などの酸も、ガラス瓶で保管するので、酸じゃガラスは溶けません。

ガラスを溶かせるのは「フッ化水素酸」か「苛性ソーダ」くらいです。それも「溶ける」というにはゆっくり過ぎる「目に見えない変化」しか起きません。

因みに、ガラスは「固体じゃない」ので「溶ける」は誤りです。

実は、ガラスって「粘性が固体くらいに高い液体」なんですよ(「勇者の剣を弾くくらいの超堅いスライム」に近いです)

ガラスを何十年も置いておくと、だんだん「流れて下の方に溜まって来る」のです。

投稿日時 - 2014-07-29 17:06:57

お礼

再度、ご回答下さり、ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-30 09:38:43

ANo.1

裁判、大変ですねえ。まだ判決は出てないんですね。

>ガラス表面に、その反応でできた物質がこびりつき、洗剤を使用してもとれなかったから交換した。

裁判では、それを貴方が立証する必要はありません。

貴方は、答弁書で「そういう物質があるなら、実験などで、それを証明しろ。証明できなければ、その主張は認めない」って答弁すれば良いです。

それに「ありますよ」って、ここで回答を得たら、どうするつもりだったんですか?「確かにそういう物質があります。そちらの主張を認めます」と言う答弁書でも書くんでしょうか?

なので、そういう物質が存在するかどうか貴方が証明する必要は無いし、無いものは証明が出来ません。

たとえ、そういう物質があったとしても、貴方は「その事実を隠し通す」しかないですよ?

裁判に行き詰って、思考、答弁の方向性を見失っているように見受けられます。

一度、法律の専門家にアドバイスを貰った方が良いでしょう。

今のうちに、見失った方向性を取り戻さないと、貴方は99%敗訴するでしょう。

投稿日時 - 2014-07-29 15:47:00

お礼

回答、ありがとうございます。

裁判は、負けました。

正しいか、間違いか、化学的な知識として知りたいだけです。

そういう物質もあるってもいいのです、ただ、その物質が、自然界に沢山存在してて、溶けた様に見える無色透明に近い物質なのか?とか…ただそれだけです。

投稿日時 - 2014-07-29 16:18:59

あなたにオススメの質問