みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

防衛省採用試験案内のハガキについて

先日、防衛省採用試験案内のはがきが自宅に届きました。
内容を読み、防衛大学校に一般で受験しようと思ったのですが、往復はがきの欄に不明な点があります。はがきの表面の最下欄に「学校名」と書かれた欄があって、その説明として
「在校されている学校に対して自衛官募集・自衛隊に関する案内を行うために使用します。」と書かれているのですが、これは現在在校している学校に自分が防衛大に受験しようとしているということが報告されてしまうということでしょうか?
現在在校している学校には、受験しようとしていることは知られたくはありません。現在の学校では成績が決して良好というわけではないので、お世話になっている先生方に受験を止められたりされたくありません。
平々凡々とした学業成績でありますが、防衛省に勤務することに夢を抱いています。分不相応なことを申し上げておりますが、この決心にゆらぎはありません。
ご存知の方はご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-07-19 23:31:10

QNo.8684940

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.3 補足

防衛省の職員も自衛官にも「定年」があります。

高校の先生も同様です。

高校の先生なら、OBで非常勤講師や常勤講師として働いてもらうことができます。

ですが、自衛官の仕事では「アルバイト」のような制度がありません。

退職していく人がいる以上、新しい人を採用していかなければなりません。

実は、お手元に届いたハガキは、現在、高校3年生の年齢の方すべてに送られています。

住民基本台帳というのが市役所(区役所)にあり、それを閲覧して防衛省の予算から郵便料金を払って出しています。

学校名を書いてもらえると、あなた以外の生徒にも自衛官に関心を持っている生徒がいるかもしれない。

興味を示した生徒の在学している高校へ赴き、進路担当の先生などに自衛官(防衛省の職員を含む)のPRをしたいのです。

あちこちの高校を行くよりも、希望者がひとりでもいる高校へ行ったほうが確率が高いと思うからでしょう。

それに、進路担当の先生も何年も同じでいるわけではなく、転勤もあれば、交替もあるでしょう。

新米の進路担当者に自衛官になる道を説明したいからです。

勉強はできても経済的に恵まれない生徒もいるはずです。

その点、自衛官ですと、防衛医科大学校(医師、看護師)もあります。

そいった事情もありますので、質問者さんが危惧されているようなことはありません。

どうぞ、ご安心ください。

投稿日時 - 2014-07-20 21:44:58

お礼

「進路担当の先生などに自衛官(防衛省の職員を含む)のPR」が目的だったのですか。
そのような理由なら、安心しました。
的確なご説明をありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-21 02:10:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

防衛省から採用試験の案内のハガキが届いたからといって、全員が返事を出さないでしょう。

あなたが、「防衛大学校」に興味を示したからと言って、

「なぜ、防衛省があなたの高校の先生にそのことを伝える必要があるのでしょうか?」。

防衛省の職員や自衛官は、公務員です。

公務員には、守秘義務といって「職務上知りえた秘密を他人に漏らしてはいけない」と法律で規定されています。


国家公務員法 第100条
(秘密を守る義務)
第百条  職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。
○2  法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発表するには、所轄庁の長(退職者については、その退職した官職又はこれに相当する官職の所轄庁の長)の許可を要する。
○3  前項の許可は、法律又は政令の定める条件及び手続に係る場合を除いては、これを拒むことができない。
○4  前三項の規定は、人事院で扱われる調査又は審理の際人事院から求められる情報に関しては、これを適用しない。何人も、人事院の権限によつて行われる調査又は審理に際して、秘密の又は公表を制限された情報を陳述し又は証言することを人事院から求められた場合には、何人からも許可を受ける必要がない。人事院が正式に要求した情報について、人事院に対して、陳述及び証言を行わなかつた者は、この法律の罰則の適用を受けなければならない。
○5  前項の規定は、第十八条の四の規定により権限の委任を受けた再就職等監視委員会が行う調査について準用する。この場合において、同項中「人事院」とあるのは「再就職等監視委員会」と、「調査又は審理」とあるのは「調査」と読み替えるものとする。

参考URL:http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/03.html

投稿日時 - 2014-07-20 20:54:38

お礼

視野に入っていなかった内容まで、教えていただいてありがとうございます。
おかげで心配していた問題が解けました

投稿日時 - 2014-07-21 02:00:42

ANo.2

防衛大学校のOBです。
昔と違い、推薦入試とかできたので、一般受験で
合格するのは難しくなってきています。学校に
知られずに受験したいのならば近くの募集事務所で
広報官に相談してみてください。
募集事務所の所在地は自衛官募集のHPで調べる
ことができます。
但し、一次試験に合格した場合は書類が必要なので、
高校に内緒のままという訳にはいきません。

尚、防衛大学校は真に念じれば奇跡が起きて入校
できる学校です。私を見てください。娘も見てください。
フツーに考えれば現役合格なぞできないはずですが
入れましたからね。もっとも、防衛大学校はとても
アカデミックなところで、勉強、勉強、また勉強の日々
です。だから、入ってからが大変ですけどね。
でも、日本の将来の安全と平和、国民の生命と権利は
あなた方の双肩にかかっています。頑張って合格して
くださいね。

投稿日時 - 2014-07-20 20:52:46

お礼

経験者のご意見をありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-21 02:06:03

ANo.1

防衛大学、多分、日本で一番入学試験が難しい学校。防衛大学不合格でも、東京大学へ現役で入学試験合格なんてざらにいます。

がんばってください。

投稿日時 - 2014-07-20 10:45:10

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2014-07-21 01:57:13

あなたにオススメの質問