みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オーディオや音楽鑑賞は趣味じゃない

そのようなことを言われました。

私よりもだいぶ年上の仕事関係の人たちと雑談で趣味の話がでました。
たいていはスポーツをたまにやっている程度で、彼らは趣味らしい趣味はありません。
窓際にミニトマトを植えて、成長を眺めている程度です。
それにたいして、私は安いシステムながら「オーディオ」と
「音楽鑑賞」っという立派な趣味があります。

しかし、「オーディオは趣味じゃない」っと言われました。
彼らが若いころにオーディオブームがあったっという話をしてましたが、
それも趣味ではなかったといいます。
機械を買いそろえるだけ。っと思っているふしがあります。
反論をしたところで、マニアの心境は理解されないだろう。
っと思いました。


そして、「音楽鑑賞も趣味じゃない」っと言われてしまいました。
CDを買って聴いているだけで趣味になるなら、車の中で音楽を聴いている人は、
みんな趣味が音楽鑑賞になる。ということでした。

私は、数年前ですでに1000枚以上のCDをもっており、
それから買い続けておりますので1200枚以上はあると思います。
そして、毎日「4時間」は聴いています。
ここまで音楽に情熱を持っていれば、立派な趣味ではないでしょうか?

「楽器を演奏をしているなら話は別だけど」みたいなことを言われました。

アホかクソじじい、てめぇのトマトいじりよりマシだろ。っと思いながら、
ニコニコと聞いていた私は、彼らよりも大人だと思いました。

完全に質問ではなくて愚痴ですが・・・どう思いますか?
オーディオって世間からあまり理解されないと思いませんか?

投稿日時 - 2014-07-15 20:32:09

QNo.8679591

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

家庭菜園とオーディオが比較されているようですが、私も自作でアンプからスピーカー、プレーヤー、チューナーなど一通り作ってきました。
野菜は今はさつまいもを数百本、スイカを数十個という単位で作っています。
でも野菜は家の仕事で趣味という感じはしないですね。植えたりとったりするとき楽しいと思いますが、これからの真夏の草取りは苦行です。
一方オーディオは50年も続いている「趣味」です。どんな仕事の忙しい時でもこれを辞めることはありませんでした。ただ会社内でも同じ趣味で会話ができる人は滅多にいなくて、そういう意味では孤独な趣味でした。
でも趣味というのは誰に何を言われようと自分が好きで打ち込めるものだから趣味なのではないでしょうか。もちろんある程度のお金はかかりますが、どんな趣味でもお金のかかるものはかかるので、例えば釣りは高い竿を持っているだけだから趣味ではないというのは通じないでしょう。
私はそういう批判をする人は本当に自分で好きな趣味を持たないかわいそうな人だと思います。
趣味は他人に理解されるかどうかは関係ありません。どんな辛い時でも、忙しい時でもそれに没頭できてある程度長続きしていれば立派な趣味だと思いますよ。それがあるというのは素晴らしい人生だと思います。
それにしても失礼な人、というよりは無知な人たちですね。

投稿日時 - 2014-07-16 18:46:40

補足

本当に誤解させて申し訳ないですが、家庭菜園と比べておりません。私の質問の書き方が本当にダメだったと反省しております。
私と会話したおじさんのトマトの話を言っているだけで、家庭菜園との比較ではありません。
本当に誤解を招く文章をかいて申し訳ないと思っております。

ところで、趣味の話にもどります。
確かに自分が好きで没頭できるのであればそれは趣味ですよね。私もそう思います。そしてそれを批判することはないっと思っております。
釣りが趣味だというと、たまに「魚を買ったほうが安い」っとチャカす人がいます。冗談だとわかりますが、言われた方があまり気分は良くないだろうなと思います。

趣味があるって素晴らし人生ですよね。
私も一生オーディオを続けたいなぁっと思っております。

投稿日時 - 2014-07-16 21:28:16

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 21:28:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(26)

NO.19 54歳 男性

NO.22様 フォローありがとうございます

書き込みした内容は質問者様をけなすのではなく、オーディオを趣味じゃないと

話しをした人に違うジャンルの趣味を説明しても話しが合わないですよねと

書いたつもりですが、ちょっとした受取方で随分違った解釈になりますね(笑)

まあ、これがメールでの解釈の違いで喧嘩になると聞きますが

この様な事なんですね

私はトマト作りもオーディオも好きなので、人の趣味を認めないとの考えは

ありません

要は自分が楽しければ良いと思います

人が好きで行っている事を認めないと言う考えの人とは距離を置くのが良いですよね

同じ様な趣味の人と話が出来れば、尚盛り上がりますよね~

投稿日時 - 2014-07-17 22:26:26

補足

回答に過敏になっておりました。申し訳ありません。

たしかに同じ趣味の人と話ができれば盛り上がります。
しかし、同じ趣味を持っているかどうかは話をしてみないとわからない場合が多いですよね。
オーディオを誰にも言わないでひっそりっとやっている方がいます。私が「オーディオが好きだ」っと言うことで、「じつは俺も・・・」っという方も稀にいます。
そして、できれば「オーディオ好きになってもらいたい」っという気持ちもあります(笑)

投稿日時 - 2014-07-18 00:04:12

お礼

また回答してくれるとは思っていませんでした。
直接謝罪できてうれしいです。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-18 00:05:10

ANo.25

現在は物が溢れるていて.何かしたいと思えばすぐ出来る時代です。

私達育つた時代何にも無い時代です。

夏はク-ラも無い 冷蔵庫も無いTVも無い.扇風機やラジオも限られた家だけ。

私もラジオ聞きたくて、中学3年の時にキツトの五球ス-パ-組みました。

当時の金で3.800円 62年前。

当時のの人たちは.自分で作くて.音楽を楽しみ,ラジオからアンプの自作と進みました。

その当時横浜に「ジャズ喫茶ちぐさ」がありましてジャズの魅力ひかれて,高1の時にアンプ作りました。

日本のミュジシャンは皆「ちぐさ」のレ-コド聞いて勉強してスタ-になり活躍。

当時はジャズ喫茶多く有り.皆な音楽鑑賞が楽しみの一つでした。

FM東海が(現在のFM東京)が開通して.音楽ブ-ムになり.エ-ヤ-チエックしました。

カセツトデッキ-の始まり。

こうゆう背景で音楽が趣味なつた方がいます。

投稿日時 - 2014-07-17 11:22:19

補足

育った環境も影響するかもしれませんね。
私が学生の頃は、高校の入学祝いは「コンポ」がとても多かったです。しかしそのコンポは「家電」扱いでした。街の小さな電気屋さんにも置いていました。
しかし、本格的?なオーディオ製品になると、家電とは違う扱いをされていましたね。

回答者様の回答を読んでいると、音楽鑑賞やオーディオが趣味っというのは、贅沢なことなのだと思いました。

投稿日時 - 2014-07-17 14:50:36

お礼

貴重な話ですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-17 14:51:07

ANo.24

いやぁ、窓際で育てている Tomato の成長を見守るのも、数多くの CD を貯めるのに安価な Audio 機器で済ませざるを得ない環境で Audio を楽しむのも、共に立派な趣味だと思うので静観していたのですが、楽しく読ませていただいています(^_^;)。

「機械を買い揃えるだけで、趣味ではない」というものは Audio に限らず、色々とあります。

現代ならば Digi'Came' (Digital Camera) がそうではないかと思いますよ。

Camera には SLR (Single Lens Reflection:一眼レフ) と呼ばれる Lens 交換式の Camera があるのですが、SLR Camera を所有している人の中には Camera が (或いは写真撮影も) 趣味ではなく、単に Boom に絆されて「金があるから買った」という人もかなりいます。

数十年前、35mm Film Camera の時代にもありました。

SLR Camera は撮影対象に合わせた Lens に交換してナンボのものであり、そのための知識や経験を積む学習量がハンパではないのですが、「SLR Camera を使いさえすれば Pro' 並の写真が撮れる」と思って購入し、Lens を交換すれば色合いや暈け具合、遠近感といった写真写りが大きく変わるものなのに「写真は実際に見えているものをそのまま写し取るもの、原音ならぬ現実に忠実なものが理想」といった幻想を抱いて初めから付いてくる Lens のみを付けたまま Full Auto で撮るだけ……結果「Com'Digi' (Compact Digi'Came') や Smart Phone で充分じゃないの?」という写真しか撮らない人にとって SLR Camera は宝の持ち腐れであり、数年で箪笥の肥やしになってしまうのですから Camera も写真も「趣味」ではありませんよね。

そんな感じで Audio 機器を揃えてしまったものの、特に音楽を聴くわけでもなく、単なる調度品と化してしまい、今では捨てるに捨てられない粗大ゴミと化している人にとっては窓際の Tomato を眺める方が有意義なのかも知れませんね(^_^;)。

既に回答にもありましたが、趣味には他の人には理解できない奇抜な趣味もたくさんあるものです。

かく言う私も Audio 以外に SLR Digi'Came' やら鉄っちゃんならぬヒコーキちゃん (飛行機好き) やら何やら、色々と趣味があるのですが、米国で暮らしていた頃には人には言わぬ (言ったのは 1 人の友人にだけ) 趣味がありました。

窓の外に 1 階の屋根が張り出している 2 階の寝室から屋根の上に小鳥の餌を撒いて小鳥を呼んで楽しんでいたのですが……巣から落ちた小雀を助けて飛べるようになるまで育てて放してやったら窓辺に遊びに来て手から餌を啄む雀になりました(^_^;)……実は小鳥の餌だけでなく、窓の横にこっそり Milk を入れた Cup を置いて毎日 Milkを取り替えていました(汗)。

小鳥は Milk なんて飲みませんよ(^_^;)……これは米国 (英語圏、源は Ireland の Celt 民話) では Pooka と呼ばれる妖精に対する風習です。

我が家に遊びに来る友人達や大家も小鳥に餌をやっていることには気付いて「良い趣味ですね」と言ってくれたものの Milk を入れた Cup を目にしても何なのか判らずに話題にはしませんでした。……でも 1 人だけ「これって妖精への Gift だよね」と言った友人がいて、そいつとはその後、妖精の寓話を調べたり Native American (Indian) の歴史を調べる友人になりましたね。

別に宗教的な信仰心からやっていたわけではなく、そうすることが小鳥の餌やりと一緒に何か心を暖かくするものになっており、他人には理解できないことでしょうが、本人は好きでやっていることですので立派な趣味の 1 つですね。……ちなみに帰国した現在はやっていません(^_^;)。

そう言えば 1 軒の家を 4 人で Share して住んでいた頃、同居人の 1 人である Ireland 系米国人は階段にこっそり 1 cent 玉を置いていましたね……如何にも Pocket から零してそのままにしていたふうを装っていましたが、あれも「Pooka への Gift」風習の 1 つです。……彼はそう言わなかったので私はそれを追求せずにそっとしておきましたが……。

あぁ……小鳥と言えば、帰国して Mansion 住まいになった頃、怪我した鳩を助けて放してやったら仲間を連れて遊びに来るようになったのには閉口しましたね。……不思議なことに私が居る部屋の方にちゃんと集まって羽根を休めるんです……南側の Living に居ようと北側の寝室に居ようと壁を隔てて私の気配を感じ取っているようでしたね。……北側通路が私の室の外だけ糞だらけになってしまうのには閉口しました(笑)。……何度か目覚まし時計代わりに騒いでくれて、出勤に遅刻せずに済んだことがありますので、鳩の恩返しを受けたとも言えるのですが(^_^;)。

……転居してからは鳥を手懐けてはいません(^_^;)。


趣味というものは、その人の感性を豊かにするものであって他人と比較したり競うものではないと思っていますので、自分の趣味を理解できない人がどれ程いようと気に留めることはありません。

品評会や競技といった「他人と競って比較する」場がある趣味に於いても「他人よりも秀でていなければそれをやる価値はない」というものはなく、「それを続けることが楽しい」から続けるものでしょう。

まぁ「誰も気付くめぇ」と思っていた「Pooka への Milk」を一見して看破してみせた者がいたのには驚きましたし、嬉しかったですね。……当然「オタク」仲間になりました(笑)。

Audio は iPhone や Smart Phone、Analog 時代は Radi'Cassette や Walkman といった Pure Audio とは異なる方向にも裾野が広がっている世界ですし、Boom に乗って Audio 趣味を持てない人まで高額の機器を買いそろえたりする世界でもあるのですが、そんな裾野や Boom のない趣味の世界に較べればオタク仲間を星の数ほど得られる世界ですよ!

そもそも、この BBS (Bulletin Board System) もそうした Audio 趣味の人達が集まっている Site ですし……。

素敵な Audio Life を(^_^)/

投稿日時 - 2014-07-17 01:51:51

補足

回答者様にしかわからないような行動を一発で見抜くなんてすごい人がいるんですね。

趣味とは人と競い合うものではないですね。そう思います。
競い合う趣味でも、楽しいから続ける。っと
いうのもまさにその通りだと思います。

静観していてどうでしたか。
お見苦しいところ満載だったと思います。

no.19様には申し訳ないと思っています。

投稿日時 - 2014-07-17 07:23:07

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-17 07:23:34

ANo.23

度々失礼します。

no. 22さんに賛成!
no. 19さんは、批判しているというより、

興味のない人に分かってもらおうとしても、なかなか難しいし、もどかしい。
そんな思いをするくらいなら、話しのわかる人を見つけて、楽しく話したほうがいい。

ということかな、と思います。

会社で話をしなくてはならない状況もあるでしょうけど、そこでは理解されない趣味ならば、表面的なことばかりいっておけばいいんですよ~。


オーディオが趣味だけど、と話して批判されたら、そうですかね~楽しいですけどね~でサラリと流してしまったりするのもいいかもしれません。

わかる人には深く話せばいいんです。
それが楽です。


趣味全般に言えることですけど、何かを趣味にしている人は、そうでない人より、そのことに精通しています。
経験値が高いのです。

経験値が高いと、それまで見えない部分が見えたりもします。


だから音楽鑑賞にしても、趣味で楽器をやっている人にしても、
おそらくプロには敵わないはずです。
プロは仕事でやっているので、趣味でやっている人より精通しているはずだからです。

もちろんどれほど好きかという、好き具合、は比べられませんけどね。


あなたは、そのトマトを育てるのが趣味の方よりは、オーディオや音楽鑑賞をすることに、長けているといえます。

反対に、トマトを育てることに関しては、その人のほうが、あなたよりは長けています。

それだけ経験値が違いますからね。


だから似たジャンルの趣味で、話せる相手を探したほうが、楽しいと思います。

中には、何でも興味を持って話を聞ける人もいますから、そういう人と話しても楽しいでしょう。

趣味というのは、わかる人にはわかる、言い換えれば、わからない人にはわからないものですから、
自分が好きならそれでいい、という気分で、しかしそのことに誇りを持ちつつ、大切になさって欲しいです。

投稿日時 - 2014-07-16 23:37:02

補足

私が間違っておりました。申し訳ないと思っております。
同じ境遇で理解していただいた方にとんでもない失言をしてしまいました。

回答者様のおっしゃるとおりです。

投稿日時 - 2014-07-16 23:46:33

お礼

間違いを指摘してくださりありがというございます。

投稿日時 - 2014-07-16 23:46:50

ANo.22

No.19の方は、あなたを批判しているのではなく、あなたと同じ経験をしているからだと思いますよ・・・

投稿日時 - 2014-07-16 23:20:55

補足

なるほど・・・。
読み直すとそうなのかな。っと思うような内容ですね。

だとしたら、私はとんでもなく失礼なことを書いてしまいました。

TXV12003様の補足欄を使わせてもらって非常に申し訳ないですが、謝罪させてください。

「申し訳ありません。私の解釈が間違っていたようです。非常に不快な思いになったと思います。すいませんでした。人生の大先輩にとんでもない失言でした。申し訳ございませんでした。」

投稿日時 - 2014-07-16 23:41:40

お礼

私に謝罪の場を設けてくださりありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 23:42:10

ANo.21

音楽鑑賞のたとえ話…
そんなこといったら、ドライブもテレビをみることも、趣味にはなり得ませんよねぇ…

車で通勤する人もみんなドライブが趣味になってしまいますし、
朝ニュースを見る人はみんな、テレビをみることが趣味になってしまいます。

趣味っていうのは、そのもの・ことに趣を感じる…
要するに、それが好きかどうか、ですよね。

車で音楽かける人が、ただ垂れ流しで聞いていて、別に好きでも何でも無かったら、その音楽は音楽でもなんでもないものです。

耳を傾けて初めて音楽です。
(…と私は思いますが、美学的な話?になると思うので、それは人それぞれ考えがあるかと思います)

もっと細かくいうと、そのことが好きで、かつ、それのための時間を割くかどうかが、趣味になるかどうかの分かれ道かな?と思います。

ドライブも、通勤なら車を運転すること以外に目的があるし、テレビをみるにしても、ニュースだけなら、世の中の情報を知るために見る、つまり目的があります。

でもドライブやテレビ、音楽鑑賞が趣味だという人は、
それのために時間をつくりますよね。

そして、満足するためには、他に目的はなく、そのこと自体で完結します。

ドライブで海に、というのでも、目的地は海なだけで、おそらく車を運転することが楽しいのであって、走る道や目的地は、あくまで付属的なものでしょう。

テレビも、音楽鑑賞も同じだと思います。


ところで、人の趣味をけなすのは良くないですね~。
もし言える機会があるなら、反論してみてもいいと思いますよ(^^)/

投稿日時 - 2014-07-16 23:14:23

補足

そうですね。趣があれば趣味ですか。その通りだと思います。
ドライブが趣味っというのは、免許がない私には羨ましい限りです。私はいつも同居人の車に乗せてもらいます。

街中を車に乗っていると、喧嘩になることが多くてイヤになるときもありますが、自然の中を走っていると気持ちいいですね。

投稿日時 - 2014-07-16 23:32:48

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 23:33:06

ANo.20

年寄りは既に自分の世界が固まっているというか、人の言うことを聞きませんし理解もしませんので、話をするだけ無駄です。
貴方の情熱や真摯な気持ちをいくら語っても、単に機械を買っているだけ、単に垂れ流しの音楽を聴いているだけとしか認識しません(出来ません)から。

>アホかクソじじい、てめぇのトマトいじりよりマシだろ。っと思いながら、
>ニコニコと聞いていた私は、彼らよりも大人だと思いました。
まぁまぁ、こんな所に愚痴を書いている様ではジジイと同じですよ……。

趣味なんてのは、他人に理解して貰う必要はありません。
自分の思うがまま突き進めば良いのです。
それとも貴方の趣味は、音楽に関わることでは無く「他人の認めた何かをすること」ですか?
それとも趣味の価値は、他人に認められること?
ンな事は無いですよね?
という事は、答えは既に出ているわけです。
物の価値が分からん連中に惑わされること無く、音楽を聴いたときの感動した経験を大切にして、これからもステキな音楽との出会いを続けていきましょう。

そして、万が一それでもジジイ達に参った!と言わせたいのならば、それなりにお金を掛けてオーディオ環境を作り上げるしかありません。
闇雲に高い物を買うのでは無く、自作や改造などでオリジナリティを出して見るのも良いかも知れません。
自分はSPDIFの光⇔同軸変換器を自作するため、給料一ヶ月分飛ばしてデジタルオシロまで買い込んだクチです。同僚からはただただ「狂ってる」と言われますが、まぁ褒め言葉として受け取っておくボクはオトナでしょうか。
そこまでやったら、何か変わるかもしれませんよ?

投稿日時 - 2014-07-16 23:11:49

補足

立派な大人だと思います。いつまでも探求心あふれる子供頃の心をもった大人だと思います。

確かにそこまで突き詰めたらもう周りも、オーディオを知らなくても、「情熱」っという点では認めざると得ないと思います。
何回も書きますが、NO.19様もそうですし、他の方のいらっしゃいましたが、やはり「技術」があると説得力が増すのは事実だと思いますね。

音楽鑑賞も「蓄音機」で音楽を聴いている。っとなったらこれまた話は違うかもしれませんし。

独創性っといものも関係しているかもしれませんね。

私の趣味は私だけのものですが、まだ見ぬ仲間を探したいっという気持ちがあることも確かです。

投稿日時 - 2014-07-16 23:19:27

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 23:19:44

54歳 男性

考え方は人それぞれ

オーディオに興味がない人にオーディオの話しをしても始まりません

私も社会人になった約30年前にプリント基板から自作したパワーアンプを

作りました

当時発売されたばかりのMOSパワーFETを使ったメインアンプです

音が出た時はとてもうれしかったです

FETを使った理由は電気特性が真空管に似ていて濁りの無い音になると

言われていました

でも、透き通った音のする真空管アンプには全くかないませんでした

同じオーディオに興味がある人通しなら色々話しが盛り上がりますよね

そんな感じで異種の趣味の人とは話が合いません

中には興味深く話しを聞いてくれる人もいますが。

相手を見て話しをした方が良いと思います

投稿日時 - 2014-07-16 22:03:12

補足

ちょっと待ってくださいな。
no.9も私を批判しておりますが、あなたもですか。
批判するなとはいいませんが、質問の趣旨からずれとるんじゃないですか?

オーディオに興味のない人にオーディオの話をしても始まらない。相手をみて話をしたほうがいい。なんてことは百も承知です。ただ、仕事で顔を突き合わせとるもの同士の雑談で出た話で、その場の雰囲気っというものがありますよ。
私の興味がない話も向こうは当然するわけですがそれをハイハイ、っとニコやかに聴いとりますよ。
その場で「俺はオーディオが趣味でやってるけど、みんなオーディオとか興味ないの?」っという話をしたまでです。
イチイチ相手がどんな人間か判断して、顔色うかがって、仕事仲間と話するほど私は他人行儀な付き合いはできんのです。

「てめぇのトマトいじりより~」っという文章は、ここに質問するためにわざと引き合いにだしたことです。
それで、勘違いさせてしまって申し訳ないと思っておりますが、そんな程度のことで、私の「感性が乏しい」とか「音楽で感性を磨けと」とか書いて来とる奴もおるし、あなたも「相手をみて話をしたほうがいい」と書いてきとりますが、私を中学生くらいと勘違いしておりませんか?

あんたと同じ社会人ですよ。
私のことも知らん人間が、人生の先輩としてのアドバイスはいらんのです。オーディオっというカテゴリーで回答をしてくださいや。頼みます。ほんとに。


まぁでも、回答者様のおっしゃっていることは非常に興味があります。FETと真空管の話。できれば最後まできかせてもらいたいと思います。私も実は真空管アンプが大好きで、300Bシングル、6BQ5プッシュプル、EL34シングル、6BQ5シングル。っと持っています。2つが自作品で、2つがキットで私が作ったものはありません。回答者様のような自作ができる方がうらましく思います。

投稿日時 - 2014-07-16 23:11:08

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 23:11:26

ANo.18

No.11です。

>せめて「オーディオと私」っという作文を書く程度しかできません。


それでは、ブログやホームページを開設して、思いの限りを書いてみては?
自慢の機器や、自分のした工夫などを、写真つきで紹介したらどうでしょうか。

オーディオは趣味じゃないと言っている人には、ホームページを見てもらいましょう。

投稿日時 - 2014-07-16 19:26:44

補足

いえいえ・・・私ブログとかは考えておりません。

できることと言ったら、あえて言えば小学生程度の作文っという話です。例えばの話です。聞き流してください。

それにblogをやるようなマメな人間でもありませんので・・・。
no.9の回答者様が参考URLっと称して、ご自分のブログなんでしょうか・・・張り付けてくれましたが、私はあのような文章は苦手です。
私はには書けません。

でも、人様のブログをみて、発想のヒントをもらったり勉強になることも非常に多いことも事実ですね。

自分に自信が持てたときに、考えてみます。

投稿日時 - 2014-07-16 21:12:42

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 21:13:12

ANo.16

オーディオも野菜作りも趣味にしている者ですw

どういうつもりでおっしゃったのか定かではありませんが、

オーディオはどちらかと言えばオタク的で消極的な趣味なのに対し、コンサートまで考えると楽器演奏はもう少し積極的な趣味ではないかなと思います。線引きはこのあたりなのかもしれませんw

トマトも放任で育てるか芽欠きなどきちんとやっていくかで、だいぶ栽培の程度に幅があり、放任は趣味と言えるかどうか・・w

投稿日時 - 2014-07-16 14:39:52

補足

野菜つくりは否定しておりません・・・。すいません。

人それぞれの基準があるのでしょうね。
それが自分の知らない世界でも、自分の器の中で処理をしてしまって、オーディオは音楽をきく道具なんだから、オーディオが趣味っという意味すらわかってないのかもしれません。

カラオケが趣味。なら成り立つのに、音楽鑑賞はなかなか受けれてもらいない。っというのもおかしな話だと思います。

それも回答者様の言う、「積極的」かどうかっということだと思います。

投稿日時 - 2014-07-16 21:34:28

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 21:34:41

ANo.15

オーディオブームの頃に若かったといっても誰もがオーディオに興味を持っていたわけではありません。
つまり、興味の無いものは知らない・分からないということですね。
>「楽器を演奏をしているなら話は別だけど」みたいなことを言われました。
オーディオには興味が全く無くそれぐらいにしか思っていないということです。

また、ある程度年のいった年代だと仕事しか知らない・仕事が趣味のような仕事人間もいます。

オーディオは全盛期ほどではないにしろまたブームになっています。
そのお陰でUSB DACが出たり、AV機器にシフトしピュアオーディオ機器から遠ざかっていたメーカーが再度力を入れたアンプを作ったりと盛り上がりを見せてます。
そういった点で見れば今の若い人もオーディオに興味を持ち趣味として聴いている人も増えていると思いますよ。

投稿日時 - 2014-07-16 09:51:12

補足

まさに仕事が趣味っという人もいますね。
70歳過ぎの人などはまさにそう感じてしまいます。
酒とタバコがなければ死ぬと言っています。

あと、孫と仕事が生きがいなのではないかと思います。
それはそれで素晴らしいと思います。

生涯現役でいてほしいとさえ思います。

PCの登場でオーディオに興味を持つ人は爆発的に増えて
いると思います。
PCで再生から録音からすべてできるのですから、
この機能を使いたい。っという人は多いと思います。

ただ、それが長い間あきることなく続くかどうかだと思います。

投稿日時 - 2014-07-16 21:46:22

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 21:46:42

ANo.14

オーディオや音楽鑑賞は人の心を動かす、高いレベルの趣味です。
多くの世間並みの中高年者は酒を飲み、タバコを吸い、うまい物を食って満足して活力を得ています。
ところが完成度の高い演奏は人の心を動かします。
心地よい音色、微妙に揺れ動くリズム、活力を与える力強い音の完成度は、私たちの生き方をより完成度の高い方向に導く動機にもなります。
それで、指導する立場のほとんどの人は音楽、芸術に関心を持ち感受性を高めることで人の感情を理解し同情心をもって扱うことができるようです。
細かい感受性を持たないが、さつな人には理解できないかもしれません。
オーディオが趣味と言うと、ただ大金を使って自己満足を求める人と見られることがあるのも事実でしょう。
ただ現在のオーディオが、本来の演奏家の伝えたい感情を表す微妙な音色の再現ができないことは非常に残念です。

投稿日時 - 2014-07-16 08:21:35

補足

私のシステムもとてもとても・・・微妙な音の再現ができるようなものではありません。
でも、自分の好みの音で聴けるように努力はしております。
些細な工夫もして、自分なりに考えています。
一番好きなことなのですから、それが趣味だと言ったのですが、受け入れてもらえなかったですね。

投稿日時 - 2014-07-16 21:39:08

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 21:39:23

ANo.13

No.7です。興味深いスレッドなので、もうちょっと書かせてください(^^;)。

「彼ら(オッサン達)の若い頃のオーディオブームは『趣味』ではなく、機械を買いそろえるだけだった」とのことですが、これ、何となく分かります。

たぶん彼らの言う「オーディオブーム」というのは、80年代後半にオーディオ機器がバブル的に売れた時期のことを指しているのだと思います(70年代初頭からオーディオはある程度流行っていたらしいですが、その時代にのめり込んでいた人達は、すでにビジネスの第一線から退いているでしょうからね)。

80年代後半のオーディオブームの頃には、判で押したように一本59,800円の重量があってデカいスピーカーと79,800円の黒くて重いアンプ(あるいは、それらと似たような価格と定格を持った機器)を買いそろえていた者が多かったです。

電気店には各国内メーカーが発売していたそういう製品が所狭しと並べられていましたが、商品数は多くても音色やスペックの多様性は乏しく、早い話が「どれを買っても一緒」みたいな雰囲気でした(もちろん、厳密に言えばそれぞれ音は違うのですが ^^;)。

で、そんな機器を買った層が自宅でセッティング調整やアクセサリー選択などで使いこなしにトライしたり、音の良いソフトを多数購入して機器のポテンシャルを見極めたりするような、いわゆる「趣味的な楽しさ」を満喫していたかというと、全然そうではなかったようです。つまりは機器を買って、それで終わり。そういう人達は、世の中の景気が悪くなって自由に使える金が少なくなってくると、潮が引くようにオーディオに興味を失っていきました。

良い意味でも悪い意味でも「ブーム」というのは「画一性」を伴うのだと思います。「こういう商品を買うのが流行りだ」という風潮が出来ると、みんなそっちの方向に行きます。自分なりに楽しむこと、要するに趣味の範疇からは遠い存在ですよね。

スレ主さんに「オーディオなんか趣味じゃないよ」と言ったオッサン達は、そういう「趣味とは程遠いオーディオ(単なるブーム)」だけを見てきたのではないかと思います。

当然のことながら、オーディオ機器の作り手にも責任はあります。「ブーム」だけを煽って、各ユーザーが「趣味」として楽しめるような商品提案をしてこなかった。そのツケがバブル崩壊後の90年代以降に回ってきて、有名な国内メーカーが次々と倒産したり撤退・合併吸収に追い込まれてしまいました。まさに自業自得です。

景気の良くない現在においてもオーディオを親しんでいる層は、かつての「ブーム」に踊らされた人達とは違う「趣味としてのオーディオ」を楽しむ層が多いのだと思います。メゲないで頑張っていきましょう。

あと、音楽鑑賞がなかなか「趣味」として認められないというのは、私も理解出来ます。自分なりに好みの音楽を見つけ出して聴くという習慣は、多くの日本人には備わっていませんしね(流行りの音楽だけを聴くことはよくしますけど)。

投稿日時 - 2014-07-16 07:29:20

補足

70代の方と49歳の人と50歳代の方の3人で、50代の方がオーディオを話をしたのですが、その人は4343をYamahaのプリメインアンプで鳴らしていて、今でも家にあるそうです。
しかし、オーディオは趣味じゃないんですね。もう十年以上ならいてないそうですから、おそらくもう4343もアンプも使い物にならないでしょうね。「だったら売ったらいいのに」っと言っても「売らない」っと言います。過去に羽振りが良かったころに買ったんでしょうか・・・。


59800円のスピーカーは立派にみえますよね。
そして79800円のアンプも。
友達の家に行けばたまにそのころのスピーカーが居間に置いてある家もありますね。

私の友達も、学生時代はみんな音楽を聴いていました。
みんな流行歌ですね。今でいうJ-POPですね。
しかし、社会人になると、車の中で以外は全く音楽を聴かなくなってしまいました。
私だけですね。音楽を継続して聴いているのは。
それどころかますます熱が入っているのは。

投稿日時 - 2014-07-16 18:56:28

お礼

面白い話ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 18:56:43

ANo.12

普通は「オーディオは趣味じゃない」と言った場合は、私の趣味の中にオーディオは含まれていない、という意味になります。私は園芸をしませんので、園芸は趣味じゃないと言います。

クルマで音楽を聞くにも、聞く曲をセレクトしたりと手間暇を掛けなければならないわけで、立派な趣味と言えます。
ここのQAに回答するのも、私の趣味ですw

投稿日時 - 2014-07-16 07:02:21

補足

オーディオは「趣味とはいえない」っということですね。

私もここに回答するのは趣味ですね。
質問するのも趣味ですね。

投稿日時 - 2014-07-16 18:41:51

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 18:42:05

ANo.11

それはネーミングが悪いから理解されないのではないでしょうか。

「オーディオ工学の研究」とか「オーディオ機器の回路設計」にすれば、もっとすごいことのようにも聞こえます。

投稿日時 - 2014-07-16 05:57:08

補足

オーディオ工学の研究・・・
オーディオ機器の回路設計・・・。

後者は完全にうそをついていることになってしまいます。

せめて「オーディオと私」っという作文を書く程度しかできません。

投稿日時 - 2014-07-16 18:23:52

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 18:24:39

ANo.10

こんにちは
 楽しいテーマですね(^^)
 「趣味」って、味の趣が判る(一般人が判らないような小さな差が判る能力を楽しむ余裕)楽しみなようですね。
 この質問を見てσ(^_^;も「オーディオ」ってなんだろな?って改めて疑問に思いました。
 世界大百科事典第2版よると以下のような硬いことが書いてありました。
>オーディオ【audio】
> 語源はラテン語のaudireで,〈聴く〉という意味から〈可聴周波数範囲にある音の〉という意味で用いられており,一般には音の伝送,記録,再生,聴取について,機器から利用技術までを含めた分野をいう。
> 通常は高品質の音を対象とする分野に絞り,電気音響を利用して音を聴いて楽しむ趣味の面を含めオーディオと称している。
> 高品質の音とは,物理的に信号を忠実に伝送再生できる物理特性が優れた機器システムによる音という意味とともに,好みの面を含めた心象的に優れた音という意味をもつ。
 この定義だとσ(^_^;の趣味は、オーディオでは無いなと思います。
 高品質の違いは気にするけど追求はしていませんから(^^;

>オーディオって世間からあまり理解されないと思いませんか?
 でしょうねぇ(-.-;
 これについては、こんな面白いエッセイを書いている方がいます。
http://matock.com/audio/01_01.htm
 さもありなんです(^^;

投稿日時 - 2014-07-16 00:37:37

補足

オーディオって世間からは認知されていないのですね・・・(泣)

エッセイを読んでいると、ちょっと怖くなりました。
ここまでオーディオを分析すると、楽しめないのではないかと思ってしまいました。
色々なことを書いている人がいるんですね。
私はそのまで深く考えてないですし、好みの音で鳴れば満足っというタイプですので、このようなエッセイを書いている方からすると、私はまだ浅いな。っと思います。

私の愚痴のような質問なのに、こんなにも親切にいっぱい調べていただいて恐縮しております。

投稿日時 - 2014-07-16 00:59:25

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 00:59:38

ANo.9

個人的にはオーディオも音楽鑑賞も立派な趣味だと思っています。
多分あなたは好きな音楽のジャンルがあって、そのジャンルのまたは
そのアーティストの、その楽器のどこが良いのかを自分のなりに理解していると
思います。私は音楽もオーディオも大好きで、特に女性ボーカルの声を張り上げた
ときの頭に突き刺さってくるような高音を好みます。センターに小さく定位し、
その一点から発せらる声は本当に感動的だと心底思っています。これはマニア的な
嗜好でも何でもなくて、感性なんです。
自分の好きなポイントを良く理解しているからこそ、他の人が好きだというポイントを
理解してあげられる。むしろその人がどんな感性を持っているのか聞いてみたくなる
のだと思います。

その意味でいうと、失礼ですがあたなも趣味にレベルをつけて他者と比較をしている
ようでは、感性に乏しいといわざるを得ません。『何故この人はこんな一見つまらな
さそうなトマトいじりなんか好きでやっているんだろうか?もっと掘り下げて聞けば
何かこの人なりの面白い話が聞けるかもしれない』ぐらいの懐があれば、あなたの感性は
もっと生きてくると思います。

なんだかちょっとポイントがずれてしまいましたが、趣味の音楽・オーディオでもっと
もっと感性を磨いて下さいね。

参考URL:http://krimax.hatenadiary.jp/

投稿日時 - 2014-07-15 23:51:15

補足

私の質問文に出てくる人は言っておきますが「家庭菜園」ではありません。うちの近所です。一鉢トマトを植えたら出てきて、それを眺めているだけです。全く家庭菜園とは別なんです。
私も大人ですので、人の趣味をけなすようなことはしません。
家庭菜園は実家の庭でもやっていますし、畑を借りて親父がやっているのでむしろ家庭菜園は立派だと思っています。

趣味にレベルなどつけていませんし、私の感性が人と比べて乏しいとも思っていません。
私の書き方が悪かったのは認めます。

音楽を聴いて感性を磨きたいと思います。

投稿日時 - 2014-07-16 00:25:55

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-07-16 00:30:55

ANo.8

まあ都会の人の感覚なんだなぁと思います。田舎ではだれでもトマトやナスを作っていますし、普通に庭木も育てています。家庭菜園でトマトを作るのも、庭木を育てるのも趣味じゃないですよね~。逆にCDを1000枚も持っていれば立派な趣味です。トマトなんて集めたってせいぜい10種類ていどですぜぃ。私は、アンプもスピーカーも作るし、CDも数千枚持っていますが、トマトも作ります。トマト作りは趣味じゃないけど、オーディオは趣味かなって思っています。

投稿日時 - 2014-07-15 23:48:48

補足

回答者様は、家庭菜園が生活の一部になっているのですか。
トマトを10種類もあれば、立派な趣味をこえた本職の域に達しているように感じます。

アンプもスピーカーも作るっというのは、堂々と趣味として公言できますよね。
他の方の回答にも書きましたが「技術」があるのはやっぱりすごいと思います。
「工作」の範疇を超えていると思います。
スピーカーもアンプも、知識を必要としますし、手先の器用さも必要です。上手に作れるようになるまでには、相当の数をこなさなければ無理です。それは立派な趣味・特技だと思います。


私は、「だれでもつくれます」っというような、対象年齢が小学校くらいのキットのラジオを去年組み立てました。見事にうんともすんともなりません。ここまで完璧に鳴らないものを作れる私は逆にすごいのではないかと思いました。

投稿日時 - 2014-07-16 00:44:01

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-16 00:44:17

ANo.7

要するにですね、世の中には「公言して良い趣味」と「公言するのはあまり賢明とは言えない趣味」というのが、確固として存在するということですよ。

オーディオや音楽鑑賞なんて「オッサンの世界」(イコール社会の中枢を担っている層)の中では、「公言してはいけない趣味」なんですよ。つまり「趣味」とは認められてはいないのです。

スレ主さんとしては「そんなのは理不尽だ!」と仰有りたいかもしれませんが、現実がそうなっているから仕方が無いです。

ちなみに、私はビジネスの場やあまり親しくない人達に「趣味は何ですか?」と聞かれたら、「オーディオです」とか「音楽鑑賞です」とか、そんな回答は絶対にしません。差し障りの無い答えを返しておきます(本当の趣味を打ち明けるのは、相手とかなり親しくなった後の話です)。

まあ、「世の中、そんなものだ」と達観する方が良いのではないでしょうか。オッサン達とはテキトーに相手しておけば良いのです。

ただし、スレ主さんが将来押しも押されぬビジネス界の重鎮にでもなってしまえば、話は全然違ってきます。こっちが偉くなってしまえば、どんな趣味を公言しようと、相手は「ほほう、それは結構なご趣味ですね。さすがです!」と合わせてくれます。

どんな趣味でも公言できるような立場になるよう、スレ主さんには精進していただきたいと思います(注:これは何も皮肉な意味で言っているのではありません。気に障ったら謝ります)。

投稿日時 - 2014-07-15 23:13:25

補足

全然気に障ってません!
立場が変われば、周りも変わりますね。確かにそうです。
後輩ってかわいいですもんね。
私の部屋をみて、「おぉすごいっすねぇ」なんて言ってくれます。8畳間なのに「映画館みたいですね」とも言ってくれました。暗い部屋に赤い色椅子があれば「映画館っぽい」っと言ってくれます。無理やり褒めてくれます。

オーディオはやはり認められにくいものなのですか・・・。
でも、意外とオーディオが好きっということを隠している人もいるので、「私はオーディオが好きです」っというと「えっ!?実は私も!」っという人が今まで稀にいましたので、どうしても答えたくなるんですよね。ただでさえオーディオ仲間が周りにはいなくて寂しいものですから。

投稿日時 - 2014-07-15 23:49:29

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-15 23:49:52

ANo.6

#1です。

>ただ、私はオーディオの欄に質問をしていますので、オーディオ的回答が欲しかったかなぁっと思っています。
失礼しました。
脊髄反射でコメントしてしまいました。
趣味かどうかではなく、

>オーディオって世間からあまり理解されないと思いませんか?
理解、共感されるかどうかの方ですね。

理解されにくい趣味だと思いますよ。
お金をかければ青天井の世界なので、高価なシステムは興味の無い人にとってはお金を無駄にしている行為に思えるかと。
また、
>彼らが若いころにオーディオブームがあったっという話をしてましたが、
ピュアオーディオとかの言葉が流行った世代ですね。
オーディオには若干のオカルト要素が入っているので、多少お金をかけている私でも胡散臭さを感じるものがあります。
例としては、

・オーディオケーブルのエージング
http://wespirits.blog.fc2.com/blog-entry-351.html
・1m数十万もするオーディオケーブル
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070227/marantz1.htm
・HDDによる音質の違い
http://www.pc-audio-fan.com/special/storage-research-on-web/20131108_52617/2/
・音の焦点
http://www.procable.jp/setting/28.html
・CDを凍らせると音質が良くなる
・その他
http://www.wdic.org/w/CUL/%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA

実際に違うのかもしれませんが、私には理解できません。

確かに良いシステムで良いセッティングをすれば気持ちの良い音を聴かせてくれますが、オーディオマニアの中には、理解できない理論で大金を出す人がいます。
科学的な理論とオカルトが交じり合っているので、理解されにくいとは言えると思います。

投稿日時 - 2014-07-15 22:33:19

補足

やはり一般的には理解されにくい趣味なのですね。
私もHDDで音が変わると思ったり、ケーブルで音が変わると思っています。
しかし、オカルト満載の商品もありますよね(笑)
私はなるべくなら試してみたいほうなので、オカルト商品も色々試しました。
オカルト的な商品に手を出したら、「趣味」と公言してもいいですよね(笑)
誰も手を出さないものに、私は手をだしているわけですから。

商品名を書いてしまうとその商品の営業妨害になりますのでやめておきますが・・・。

投稿日時 - 2014-07-15 23:04:44

お礼

再度回答してくださりありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-15 23:05:04

オーディオも音楽鑑賞も、自分から楽しんでやっている分には立派な趣味になると思います。
逆に、演奏しているなら趣味とでもいうなら、それは音楽鑑賞ではなく音楽演奏ですから、別物でしょう。
ただちょっと気になるのは、このサイトで以前はオーディオやカメラが趣味に含まれていたのに、最近ではデジタルライフになってしまいました。
車などよりよほど趣味と呼ぶに相応しいものだと、個人的には思います。むしろ車などは移動手段とか運搬手段の一つでしょう。

投稿日時 - 2014-07-15 22:27:05

補足

そうなねす。このサイトではオーディオはいつの間にか、デジタルライフになりました。このサイトもオーディオは趣味っというカテゴリーに入れないほうがわかりやすいっと判断したのでしょうか。

アナログの要素のほうが多いのに。そして趣味なのに。っと思いますね。

車ですかぁ・・・私は免許をもっていないので、車が趣味ではなくてよかったと思っております。車は維持費がとてもかかりますからね。

でも、私の友達は若い頃、暴走族の延長からゼロヨンをやるようになり、ひとけのない夜中の公道でやるようになり、そこに集まる人達はみんな車にお金をかけていましたね。タイヤからすごい煙があがり、ニオイがすごいです。タイヤもすぐダメになります。しかし、その人たちにとってみれば車を早く走るように改造することが趣味なのでしょうね。

投稿日時 - 2014-07-15 22:59:20

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-15 22:59:35

ANo.4

オーディオとか音楽は趣味だと思います。

趣味というのは、その人が仕事を離れた時に、「何をしているのか?」という興味のあることに時間を使うことだと思います。

音楽を聴くというのは、特にそれが大好きでもないが、とりあえず電車に乗っている時間とかに聴くという人もいたりしますので、

「テレビ鑑賞とか、音楽鑑賞とかは趣味とは言えない。ほかにやることがないだけじゃないの?」みたいな考え方をされる人はいらっしゃると思います。

例えば、車通勤ばかりの会社の中で、「俺車が大好きなので、車に凝るのが趣味です」と言った場合、周りの人も車に乗って仕事に来たりするので、「それって趣味か?」となるようなものではないでしょうか。

人によっては、みんながやっていないようなこと、「トマトの栽培」というものが趣味っぽい、マニアックな感じがあるとなる感じではないでしょうか。

私であれば、年上の人が自分でされないような、例えば料理をイメージして、

「私は音楽を聴きながら、料理を作り、それで一杯晩酌するのが趣味です」

という風に、相手の人がやりそうもないことを1つ加えて、そんな風に自分の趣味を紹介すると思います。

実際に料理とかしなくても構いません。

うそといえば、うそも混ぜるといえば良いでしょうか。

なぜかといえば、きっとその人達は、変わったことを言われる方が好むと考えるからです。

雑談なので、相手の合わせるクラッチングみたいなものも必要かと思います。

投稿日時 - 2014-07-15 21:56:42

補足

なるほどですね。
私は、相手を言いくるめるようなことはできないですね。
言葉を知らないですし・・・。

オーディオや音楽鑑賞は、他にやることがない。っと思われている可能性は高いですね。

同居人も暇さえあればテレビを見ていますが、私はあれが趣味だとは確かに思ってないですね。それと同じ感覚なのでしょうね。

投稿日時 - 2014-07-15 22:08:48

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-15 22:09:02

ANo.3

はじめまして♪

過去に体験はしたが、それに興味を持って続けていない、というならば、在る意味で「趣味とは胃炎だろぉ」って事もあるのですが、実際に続けていなくとも意識として継続していれば、それはその人にとって趣味と言える物です。

オーディオ機器集めや、レコード集め、過去に行なったけれど、今は興味が無い、という人は、その範囲を現在の趣味とは言えないでしょうけれど、似た様な事を楽しんでいる現在進行形の人に対して「それは趣味じゃない」って言うのは、かなり歪曲した考えだと思います。

プロ野球の放送や翌日のスポーツ新聞を楽しみにしている人、おおまかに「野球が趣味」って言っても間違いでは在りませんが、自分で野球というスポーツを行なうかは別問題です。

どのような状況での話題なのか、雰囲気までは掴めませんが、単に「言葉遊び」の範囲で、多少からかわれたんじゃないかなぁ?

トマト、家庭菜園もオモシロイ、って言うか、思ったようにはいかなく、非常に難しい。

難しいからこそ、より興味を持って成功したい、という意欲が沸きますので、ハマってしまった人には、他に変えがたい「趣味」って言い出しても、なんら不思議では在りません。

聞き流す音楽鑑賞や、単に機器を揃えるというオーディオ観は、あきらかに受動的なので、趣味の一歩手前、好みって言う所でしょう。しかし、その先に踏み出し、より深く音楽を聞く行為や、その音を得る為に機器類の使いこなしを伴う範囲まで、こうなれば、立派な趣味だと言えるでしょう。

別に、興味が無い、別分野の人に理解されようが、されまいが、自分が好きな事に対して、他人や生活の範囲で問題ない領域、それで楽しむ行為、それが個人の趣味って事で良いのでは?

投稿日時 - 2014-07-15 21:37:14

補足

私の父ちゃんは畑をかりて、かなりの野菜を収穫してきます。その苦労はとてもわかります。とても野菜の勉強をしています。

しかし彼らは鉢植えにトマトを植えたら知らないうちに生えてきて、それを収穫もしない。真っ赤になったなぁ。っと喜んでいるだけです。それだったら私の方がまだ手をかけてるよ。っという意味で書きました。しかし、汚い言葉を使ってしまいました。
すいません。気分を害してしまったみたいで・・・。

確かに話をしている人たちは私の親に近い年齢です。
からかられたっというよりも、オーディオや音楽鑑賞っということをしたことがない人達だと思います。

オーディオは理解されないだろうな。っとは思いました。
しかし、音楽鑑賞まで否定するか!?っと思いました。

自分が趣味と思っていればいいのですが、ついつい愚痴を言ってしまいました・・・。

投稿日時 - 2014-07-15 21:58:59

お礼

回答ありがというございます。

投稿日時 - 2014-07-15 21:59:42

ANo.2

こんにちは。

オーディオも音楽鑑賞も立派な趣味です。

そもそも、趣味の意味は「好きでしてるもの」ですから、オーディオ機器を弄るだけでも集めるだけでも趣味になります。

私は、電子工作が小学生の頃から好きで、中学から高校時代は本格的なアマチュア無線機やアンテナを自作したり、オーディオアンプやスピーカーボックスなどを自作してましたが、趣味は電子工作の他にアマチュア無線とオーディオと自信を持って言えました。

恐らく、オーディオは趣味にはならないと言う人はオーディオ機器を買い集めるだけなら誰でも出来るから趣味ではないと解釈してるのでしょうけど、機器を買い集めるだけでも立派な趣味です。

なお、楽器を演奏してるのはオーディオではなく「楽器演奏が趣味」になりますから、オーディオの意味が分かってない人なのではないでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-15 21:21:39

補足

回答者様はご自分で、工作されておりますので、それはもう他の方にはそうそうマネできるものではありません。私も面と向かって反論ができないのは、オーディオ好きでありながら、「機械音痴」っというのがありますよねやっぱり。

回答者さまのように、自分で機械をくみ上げてしまう「技術」がある方と私のように機械音痴なものが同じ「オーディオが趣味」っと言っても、説得力に欠けるっとは自分でも思っています。

でも、機械をあつめたり、良い音で鳴らそうと努力していれば、それは趣味ですよね~。

楽器を演奏していれば、「楽器演奏が趣味」ですよね。
まさにおっしゃるとおりだと思います。
でも彼らは発想は、「楽器をやっていて、楽器の勉強のために音楽を聴いているのなら音楽鑑賞は趣味だと言える」っというような解釈だと思います。

技術を気にする人たちなのかもしれませんね。
職人さんたちだからかな?

投稿日時 - 2014-07-15 21:41:01

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-15 21:41:14

ANo.1

趣味なんて、
「仕事以外の好きなこと」
くらいの軽い意味だと思うので、本人が楽しんでいれば趣味でいいんじゃないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%A3%E5%91%B3

>機械を買いそろえるだけ。っと思っているふしがあります。
コレクションも立派な趣味だと思いますよ。
切手のコレクションとか骨董品集めとか。

>「楽器を演奏をしているなら話は別だけど」みたいなことを言われました。
野球やサッカーをプレイしなくても、観戦するのが好きなら趣味で良いんじゃないですか?

本人が楽しめれば良いんです。
河原で面白い形をした石を集めるのが好きだとても、趣味のひとつと言えると思いますよ。
本人が楽しんでいることにケチをつけるのは無粋だと思います。

変わった趣味
http://omoi-todoku.com/?p=444
http://omoi-todoku.com/?p=505

投稿日時 - 2014-07-15 21:02:20

補足

確かにおっしゃるとおりですし、変わった趣味もあるんですね。
そこまでマニアックだと会話にもならない可能性がありますね。

ただ、私はオーディオの欄に質問をしていますので、オーディオ的回答が欲しかったかなぁっと思っています。

投稿日時 - 2014-07-15 21:17:25

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-07-15 21:18:06

あなたにオススメの質問