みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

舌下減感作療法の費用について

花粉症の治療のひとつである舌下減感作療法に掛かる費用について質問させてください。

来季からの花粉症の対策としてこの治療を検討しています。
私の場合、スギをはじめヒノキやハウスダスト、更に8月下旬から9月上旬にかけても症状が出ます。そのため、出来る限り多くのアレルギーに対して治療を行ってもらいたいと思っています。

保険診療外の治療なので病院によってさまざまな料金設定はあるかと思いますが、この場合、一般的にはどのくらい費用がかかるものなのでしょうか?また、近々、スギに対してのみ保険が適用されると伺いましたが、スギ以外の治療を同時に受けている場合は、スギも保険適用外になってしまうんでしょうか?

投稿日時 - 2014-07-01 18:09:34

QNo.8660919

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

tk1134 様
十分な説明なしの投稿で失礼しました。

少し付け加えますので参考にしてください。
減感作療法の皮下接種は以前からございました。その応用での舌下にアレルゲンを染み込ませるものですが、詳しく述べている専門医のホームページがございます。
http://yuta-clinic.jp/immunity_index.html
保健薬となりそうで近々実施されるとのことです。ただ、この場合はスギを対象としています。
通常の減感作療法と同じく数年間かかります。
料金的にはまだ設定されてないが、内服薬と変わらないのでは・・との推測をされています。

私がおすすめしたことと、おすすめする理由を少し難しくなりますが改めて説明します。
減感作療法とは、(大方の説明では)希釈したアレルゲンを皮下接種または舌下の粘膜から長期間投与することにより、無反応になるよう次第に慣らせていく・・となっています。
これは、免疫の理論からすれば変な説明です。なぜなら、アレルゲンは常に粘膜から侵入していて慣れていることになりますが、慣れずに発症しています。
I型アレルギー(アトピーや喘息、花粉症)の理論は、侵入した抗原(アレルゲン)を白血球が処理する過程でTh2(ヘルパーT細胞の2型)が優位な体質である場合、IgE抗体が多くでき、できたIgEが肥満細胞という白血球に付着し、そこでアレルゲンをとらえることから、肥満細胞からヒスタミンなどが出ることにより炎症を起こし発症する疾患、となっています。

接種による減感作療法のことについて、以前アレルギーの専門医に以下のように質問したことがあります。
・・アレルギー体質になった場合、鼻や目、また内蔵の粘膜から侵入したアレルゲンに対してIgEができて症状が出ますが、皮下に接種すればなぜに遮断抗体となるIgGができて治癒することがあるのですか?・・
先生のお答えは{粘膜からのアレルゲンにはIgEができ、皮下に接種する場合にはIgGタイプの遮断抗体ができやすい・・}というものでした。
今回の舌下療法は皮下ではなく粘膜です。いよいよ説明が付きません。しかし現実に治癒することもあるわけですから、不確かな推測をすれば、希釈しているアレルゲンエキスによる免疫刺激による効果かな?とも考えるしかないように思います。
長期間かかるということは、1回の費用は低価格でも数年間となれば結構な金額ともなりましょう。

私のおすすめしたハスミワクチンの点鼻薬スプレーは3000円少々です。
私の関係するお方が試したところ、5名中4名が治癒ということですから安上がりです。これはハスミワクチンのアジュバント(免疫促進物質)だけを点鼻薬として使用する免疫療法剤です。副作用もありません。試す価値はあります。
なお、アトピーでは、私の息子もアジュバントの皮下接種で治癒しましたし、他に十数名されましたがほとんどのお方が治癒しています。その点鼻薬ですから使用法も簡単です。
少し上向きにして鼻にスプレーし、喉に垂れてくるのをしばらくのどにとどめ、ゆっくり飲み込むものです。
理論としては、花粉症はアトピーと違い局所性ですから、鼻粘膜周辺の何らかの原因ウイルスをアジュバントとともに飲み込み、消化器官の粘膜から浸透させで免疫反応を起こし、原因ウイルスの排除に貢献するもの、と私なりに考えています。

投稿日時 - 2014-07-30 01:57:39

ANo.2

そんなことをしなくとも治すことができます。
試す価値がありますので、鼻炎のお方に記したものを以下に貼り付けます。

早速ですが、
アレルギーは現在の医療では治せないと言われていますが、免疫療法剤のハスミワクチンで治癒が期待できます。
なお、
ハスミワクチンの材料で開発されている点鼻薬スプレーもあります。
私の妻はあなたと同じような症状でありましたが点鼻薬を使用してよくなっています。
その他、私の関係では昨年から5名の花粉症のお方も使われて4名の治癒例もあります。
金額的には3150円だったと思います。
試される価値はあると思いますので、お聞きになられてはいかがでしょうか?
http://bsl-48.com/hasumi.html#con5

それから、どくだみの葉をよくもんで、鼻に差し込み、しばらくして鼻をかんだらつまりの改善にもなります。

投稿日時 - 2014-07-27 23:02:52

ANo.1

花粉症つらいですよね。
調べてみましたが、現在の舌下免疫療法はスギ花粉症への治療で、他のアレルギーの治療ではないようです。
他のアレルギー、また喘息への副作用、アナフィラキシーショック症状の可能性などもありますので医療機関にご相談された方が無難です。

ご参考まで

◆医療機関
Q&Aの28番ご覧下さい。
http://yuta-clinic.jp/immunity_index.html

◆オムロン
併発している人はこの治療は受けることはできないとしているページ
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/21.html

投稿日時 - 2014-07-01 18:27:28

あなたにオススメの質問