みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

観測可能な宇宙と全宇宙

 
ビッグバン宇宙論が意味する宇宙とはどんな宇宙か。
ビッグバン宇宙論における宇宙とは観測可能な宇宙のことであって、決して全宇宙のことではあるまい。
何故なら人間が宇宙の全てを観測することは不可能だからである。
観測可能な宇宙が有限であることは明らかである。
どれ程の最新機器を用いようと無限の先まで観測することは出来ないからである。
しかし観測可能な宇宙が全宇宙であるとは言えない。
そして観測可能な宇宙が有限であっても全宇宙が有限であるとは言えない。
何故なら我々の目の届かないところに宇宙は延々と無限に広がっているかも知れないからである。

観測可能な宇宙はいろいろある。
我々がいる太陽系宇宙は観測可能だし、天の川銀河も観測可能である。
天の川銀河以外にも観測可能な銀河は数多くある。
しかしながら我々が観測できる銀河以外に銀河は存在しないとは断言できまい。
何故なら我々の目の届かないところに無数の銀河が拡がっているかもしれないからである。
観測可能な宇宙であれば、それらはいずれも有限であり、形状と大きさをもち、誕生の時期とその生成プロセスを示すことは出来よう。
しかしそれは観測可能な宇宙のことであって、全宇宙ではない。
要するにビッグバン宇宙論における宇宙とは天の川銀河のような観測可能な宇宙を意味しているのではないか。
そしてそのような観測可能な宇宙を宇宙とみなして、宇宙は有限であるとか宇宙は膨張しているなどと主張しているのではないだろうか。
 
 

投稿日時 - 2014-05-31 09:19:35

QNo.8617844

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

要するに我々が言う宇宙と、あなたの考える宇宙は別物だと言う事です。
比較のしようがない。

投稿日時 - 2014-05-31 20:05:32

お礼

 
>比較のしようがない。

宇宙ってのは信仰なのかい。
 

投稿日時 - 2014-05-31 22:17:10

観測可能性がゼロの部分を宇宙とは呼ばない。

宇宙物理学は観測可能性がゼロで無い部分を宇宙という言葉で定義しているのです。

観測可能性がゼロの部分を論ずる意味が無いのは自明ですが、理解できないでしょうか?

投稿日時 - 2014-05-31 13:53:41

お礼

 
>観測可能性がゼロの部分を論ずる意味が無いのは自明ですが、理解できないでしょうか?

Mokuzo100nennさん、あんたの足りんとこはそこなんです。
人間は宇宙の全てを観測することは出来ないんです。
それは自明だ。
しかし単に人間が観測できないってことと、そのものが存在しないってことは全く違うことなんだよ、理解できないでしょうか?
 

投稿日時 - 2014-05-31 13:59:53

人間の科学は、観測できる(できた)すべてのもの(世界)と、それにもとづいて論理的に推論できる延長世界についての学問であり、あなたの言う「全宇宙」とはあなたの恣意的な想像であり、文学の対象にはなりえても、実学としての科学の対象にはなりえない空想に過ぎません。よって科学的には無意味な妄想に過ぎないということでしょう。

投稿日時 - 2014-05-31 13:29:41

お礼

 
未だ観測されてはいないが物理の原理法則から考えて、このような性質を持った物質や時空間が存在するに違いないと考えるのは立派な科学的精神である。
そしてそのような科学的精神に基づいて観測を続けた結果、後になって実際にそのような性質を持った物質や時空間が実在することが分かったという例は多いのである。
例えばマクスウェルは自身が考えたマクスウェル電磁方程式を基に電磁波の存在を予測し、物理学者ヘルツがその存在を確認したのである。

>「全宇宙」とはあなたの恣意的な想像であり、文学の対象にはなりえても、実学としての科学の対象にはなりえない空想に過ぎません。

思うに哲学カテの発想ってなんでこんなにレベルが低いんだろーね。
 

投稿日時 - 2014-05-31 13:53:02

ANo.2

量子論的に、認識される事によって(不完全な認識
によって階層現象表面的に捉える事により)有限的
存在性(宇宙)は、派生している。
「観察されない宇宙」(あらゆる相互作用によって)
とは、存在しない事だ。

無=不確定性無限の潜在としての認識可能性(感受
表面=現在=量子相互作用)からの、自我仮説(時間の
流れ=記憶=過去=超光速)と時空仮説(空間の広がり
=予測=未来=光速下)の相補分化において、現在から
過去(時間)と未来(空間)は対発生しており、
その仮説的延長における直交基底として時空は生じて
いるのだ。
「その外」には、存在どころか時空もあり得ないのだ。

投稿日時 - 2014-05-31 12:59:53

お礼

 
相変わらずコピペのような回答を繰り返す日々が続いております。
みんな気持ち悪いからやめてくれって言ってんのに。
おそらく本人はその気持ち悪さについて感受表面的に気付いてないだろうな。
 

投稿日時 - 2014-05-31 15:02:19

ANo.1

おおよそ138億年前にビッグバンにより宇宙が誕生したとすると、やはり宇宙は観測出来ようが出来まいが138億年分の大きさなのだ。
その外側は「無(む)」であって我々が言うところの宇宙では無い。

投稿日時 - 2014-05-31 10:32:54

あなたにオススメの質問