みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アベノミクスは成功しない?

金融緩和、財政出動、成長戦略とあります。
金融緩和は世界中の有識者の間でも評判が高かったと思うのですが、これ、結局どうなんでしょう…。

(1)現在失業率が下がっていますが、これ、相対的に日本人の給料も上がっているんでしょうか?
失業率だけ見ても良く分かりません。販売分野の仕事をしているのですが、結局庶民が余分なお金を持ってもらわないと売り上げも上がらず、商売あがったりなんですが…

(2)物価目標も上がっていますが、これは燃料費?輸入に由来する物価上昇なのでは?
こういうインフレって、アリなんでしょうか?

(3)アベノミクスは何年か何十年か経てば、徐々に大企業の儲けが庶民に浸透してくる目論見だと思うのですが、結局増税したことで、大きく見ればつまり「国民から税を絞り上げて、輸出産業に再配分」という形になったと思うのですが…これ、上手く行くイメージがないんですが…どうなんですか?
メイドインジャパンという言葉を最近聞きませんが…円安に振れて、ドーンと行ってくれれば安心するんですが、何かリストラリストラ、非正規拡大で輸出系もイマイチふるっていないイメージがあるんですが、大丈夫なんですか?
(すき家ほか、飲食業のバイト給料増加はアベノミクスとは関係ない気がしますし…)

(4)今更ですが、財政出動は何に使いましたか? 昔のように「未舗装だった国道を舗装すれば、経済効果は劇的に上がる」と思うのですが、今現在公共事業に財政出動して税金を無駄…とは言いませんが、無意味に使った気がするんですが…道路が既にあるのにその道路を豪華にしたところで、そこまで経済効果はないと思うのですが…プラマイ0か、逆に維持費で後年マイナスになりかねない気が…

何か大勢で見ればプラマイ0で、単に国内のお金をこねくり回しているだけのイメージがあるんですが…
これから年金や健康保険料など、福祉分野が破綻すると思うのですが、アベノミクスの成長戦略でこれが解消されますか?

一番重要だと思われる成長戦略が特にヤバイ気がして…「若者や女性を強くしよう」とか…若干意味が分からない…「老人も働け」は悪くないとは思いますが、とてもこれからの日本を支える材料になるようには見えません…


個々の政治家や政党への批判などは結構です。純粋に政策について教えて頂ければと思います。
これから日本はどうなりますか? 政府はどうすればいいですか?

投稿日時 - 2014-05-30 13:56:43

QNo.8616773

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(29)

ANo.29

>それは「現実的」に経済学者から見て、どう見えるの?

現実社会の話を書いているつもりなんですが。リアルな話をしてたつもりなんですが。ただし、質問者さんの身の回りの事までは知りませんw
あくまでマクロ経済の話ですから。

>そういうのが聞きたい。私は経済「学」に関して知りたいわけではないです。

もっと端的に回答した方が良かったのかな。しかし、経済カテゴリでそれを言うかw

デフレ経済を克服、つまりアベノミクスは日本経済は好転の為の土台作りです。
実質金利の話をめちゃくちゃ噛み砕いて説明すると、デフレ経済下での投資は寧ろマイナスになるという話です。

経済が縮小すれば、企業収益が減って、従業員数や給料も減って、消費も減って、さらにデフレが更に進むという、これが所謂デフレスパイラルの構造です。

アベノミクスは、そのマイナスの状態を取りあえずゼロにしましょうよっていう単純な話なんです。
マイナスな状態では1や2を足してもなかなかプラスにする事ができませんが、ゼロからなら例え0.01でも確実にプラスになります。
このプラスが作りやすい経済社会が、人々のやる気を生み、経済を活性化させるわけです。

嘗て、スタグフレーション(ちょと難しいですが)を根拠に、日本経済は好転しないというデフレ派(反アベノミクス派)がいました。
デフレ派は日本経済がスタグフレーションに陥るプロセスを、円暴落によるコストプッシュ、つまりハイパーインフレと定義していたので、アベノミクス支持派はそれらを生暖かくデフレ派を見ていられました。

Wikipedia - スタグフレーション
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
経済現象の一つ。stagnation(停滞)、inflation(インフレーション)の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が共存する状態を指す。

しかし、スタグフレーションの起因は一つだけではなく、ハイパーインフレ以外でも、需要が供給を超える、簡単に申せば「供給力不足」でもスタグフレーションは起きます。
今、アベノミクスで懸念されいるのは需要不足でなく供給力不足なのです。

外国人労働者とか移民問題って要するにコレ(↑)ですから。

失われた20年のおかげで企業のコストカットが進み、財政出動をインフラ整備関連の公共事業じゃ吸収しきれずスタグフレーションを起こすので、一分野に集中しないで多角的な財政出動をしようっていうのがリフレ派の主張です。

>アベノミクスをもっと強靱にできないの?ってことです。この質問では、「富国強兵できるのか?」、を馬鹿な私のような政治家があなたのような天才の経済学者に聞いていると思ってもらって結構です。
>まぁ、次の首相が仮に寺田さんだとしたら、テラノミクスに引き継いでもらっても良いですが…

僕の経済に関する知識はリフレ派の言論人の受け売り。だから皮肉はやめてくれw

ヽ(`Д´)ノ

富国強兵できるのか?という質問に対しては、アベノミクスは横に置いといて、現在の日本政府が出来る(と思う)範囲なら、減税と防衛費の増強(財政出動)というのはどうでしょうか?
至極単純ですが、そのぶん効果的じゃないかと思います。

そもそも、デフレというのは潜在能力みたいなものです。お金をガンガン刷っても大丈夫なんですから、今のうちに軍事力増強しろやって皆言ってるんですが、戦後レジームに縛られた日本にはそれがなかなかできないのが、残念でならない。

まあ、何にせよ、俯瞰的に捉えれば、現在の日本の経済状況はまだ底の状態ですから、長期的に見れば景気回復はほぼ間違いないでしょう。
消費税増税10%になっても、追加の金融緩和を怠らなければ、方向性としては景気回復へ向かうでしょう。
暫く、また自殺者は増えるでしょうが・・・

一応、言っておきますが、バブル景気、少子高齢化、海外商品との価格競争と、長期の日本の経済低迷とは関係ありませんから。一部でそういう意見も根強く残っていますが、あくまでそれらは極論や暴論ですので。
前の回答で、韓国の話をしましたので判って頂けてると思いますが、少し不安なので、念のため。

外国人労働者、移民問題に関しては、詳しく説明したいけど、質問の趣旨から外れそうなので止めときますが、ざっくり申せば"必要ない"と思います。
移民に話を絞れば、イデオロギー抜きにしても、メリットよりデメリットの方が大きいでしょう。

質問者さんが認めているように、日本は世界トップクラスの技術力大国なので、人口減で落ちた生産力は技術力で賄えば良いのです。
幸い、日本の中小企業層は分厚いので、お隣の新自由主義国よりずっと柔軟で小回りがききます。個人的には、ソフトウェア開発より、儲けの大きいハードウェア開発に頑張ってほしいかな、と。

まあ思想信条も絡んでくるし、消費税増税を決めた安倍晋三に景気回復が本当にできるかどうか懐疑的なのも理解はできます。
ですので、以下のポイントさえ理解して頂ければ、僕としては十分です。

1) 日本人を不況のどん底に陥れた長きに渡る経済低迷は、デフレ経済が最大要因だった。

2) 日本がデフレ経済に陥った原因は、バブルでも、少子化でもなかったという事。

3) 日本が景気回復するにはデフレ脱却の道しかなかった。

4) デフレ脱却に対するアベノミクスの効果が証明されている事。

5) 成長戦略は景気回復という大きな枠組みでは"いらない"戦略だという事。

6) デフレ脱却してその状態を維持する事ができれば、日本経済は好転する。

どうでしたか?今回はかなり判りやすく答えたつもりなんですが。

投稿日時 - 2014-06-04 23:09:46

お礼

む…難しいですが、そうですそうです、こんな感じのことを聞きたかったんですよ。いきなり専門用語だけ投げられても、私は勿論、「アベノミクスで景気を浮揚させようとしているのに増税して全く意味がワカラン」と言う庶民の人も逆に説明してる人は分かってしゃべっているのか?と思ってしまうんですよね。
この辺が庶民に分かるか分からないかの限界ですかね?

なるほど、私が言っていたのは「スタグフレーション」と言うヤツに近いですね。でも、日本でハイパーインフレって言うのは起きうるのかちょっと想像できないです。たくさん中小が死んだとしても、トヨタホンダ、今でも名だたる大企業が健在で、高齢化社会が到来する寸前なのは確かですが、まだ働き手は大量にいます。税収はそれでも上がる。紙幣を少々増やしても破壊的な壊滅が起こるとは思ってはいませんが…
と言う感じと言うことは、この件で言っているのは、「円安誘導」に関しての理論って事ですか?

この辺はたちまち難しいので、また誰か対案を書いてくれる人が居ることを祈りつつ。
もう一方の説明があれば尚わかりやすい。

問題は、アベノミクスに第2の矢、第3の矢が含まれていることなんですよね。

ところで、需要と供給の問題に関しては、オリンピックや地震など、特需の傾向が強くないですか?
輸出に関しても、車は円安のおかげでそれなりに好調のようですが、もう一つの花形の家電が軒並みスローダウン…。
これは持続するのか疑問があります。持続しない場合も、リフレ派の理論は通用しますか?
介護系の問題もありますが、これは、日本が成長する要素が少ない後ろ向きな需要だと思うので…

また、おっしゃられるように、日本は中小層の厚さが売りだと思います。しかし、長いデフレで大打撃を受け、現在のところ中小規模でのアベノミクスの効果は聞かれない。逆に今までとたいして変わらず、縮小を続けていると言う報道もあるようです。
そして、増税の後押し。
やはり大企業ありきではなく、中小ありき派(そんなのあるのか)の私としては、やはり不安要素は拭えません。今新規事業を立ち上げると言っても、学生の起業とかばかりがニュースになる。IT系の…
もし何かイケそうな産業を見つけている人が居ても、そうそう簡単に事業を立ち上げられないというのが本音のところじゃないかと…しつこいですが、増税も入ったし、恐らく10%は確実に上げてくるでしょうし…
実際、今耐えている中小は、正直「身動きが取れない状態」と見た方が良くないですか?
これでは、何かが生まれて大企業化していくなんて、夢のまた夢のような…

ソニーなんて、一業種に特化した世界を取るために大きくなった大企業なんだからそもそも無理があると思うんですが、方向転換などというウルトラQしようと思って崩壊しつつある。立て直す可能性もありますけど。
中小は身動きが取れない…やはり厳しいように見えます。

やはり、
6) デフレ脱却してその状態を維持する事ができれば、日本経済は好転する。
を続けるためには、
5) 成長戦略は景気回復という大きな枠組みでは"必要な"戦略だという事。
は必須だと思えるんですが…


あと、先行きの案に関してお答え頂き、ありがとうございます。ここからは雑談として聞いてください。
防衛費ですかー、富国強兵というのに配慮してくれました?
防衛費に関しては、現状維持で大丈夫かと思います。アメリカがこの地域を重要視している限りは、アメリカに負担してもらいましょう。世界一金持ち、世界各地から金を搾取する化け物国家ですから。ある意味、そのために中国を煽っても構わないと思っているくらいです。
中国が実際に軍事行動を起こす確率は非常に小さいでしょう。中国のアレは完全に内向きの政策と見て良いかと思います。共産党が空中分解しないために、中国国民に対して日本を持ち出しているだけに過ぎないかと思います。
内政強化でお願いしたいです。この辺は自民も分かっていて、いなして利用している腹黒政党感がするんですが(笑)

移民の件も賛成です。むしろイデオロギーの面で日本人が自ら崩壊してしまいそうな気もします。

投稿日時 - 2014-06-05 01:23:33

>アベノミクスは成功しない?

成功と言うのが何を意味するのかによって答えは変わってきますが、最終的に日本の為にならない事は確かですね。海外の有識者から評価されたと言う事は逆に日本の為にならないからと言う事も充分考えられます。消費税増税を中国のメディアが絶賛したのも同じ理屈ですからね。

>現在失業率が下がっていますが、これ、相対的に日本人の給料も上がっているんでしょうか?

全然上がってません。非正規の割合が過去最高になりましたね。正社員が非正規にすげ変わって給料が増えたなんて馬鹿な話はどこの世界にも転がってません。


>結局庶民が余分なお金を持ってもらわないと売り上げも上がらず

そうです。経済が活性化するというのは、今まで金を持たなかった人に金が渡ると言う事です。言い換えれば、収入を全て消費に使わざるを得ない人の事です。金を得たら預金するだけの人だけに金が渡って経済が好転するなんて話は歴史上どこにも転がってません。


>こういうインフレって、アリなんでしょうか?

デフレは金のない人が苦しみ、インフレは物がない人が苦しむ。物も金もない庶民はどっちにしても苦しむ。苦しみ方が変わっただけですね。


>何年か何十年か経てば、徐々に大企業の儲けが庶民に浸透してくる

そんな話は全くあり得ないことは過去1988年以来5回実施されてきた法人税減税の結果を見れば明らかでしょう。20年以上たって全く庶民に浸透しない、むしろ悪化してる状態で、どうして今回に限って『いずれ効果が出てくる』と言えるんでしょうかね。


>今更ですが、財政出動は何に使いましたか?

ゼネコンを潤すのに使われました。日本の公共事業は致命的な欠陥があってケインズ理論の要から大きく外れ、失業者や貧困者を救う配慮が全くないからです。ただやみくもに公共事業してれば景気対策になると勝手に決めつけて、結局建設業界が潤うだけに終わる。だからこそ90年代に600兆円もつぎ込んで何にもならなかった。

それが今更どうにかなる訳ないでしょう。アベノミクスとやらは、この欠陥を是正してなされた訳でないですからね。経済効果がないのは当たり前です。


>「若者や女性を強くしよう」とか…若干意味が分からない

ホントですよ。これから若者が必要だと言いながら、肝心の若者は非正規であふれてる。女性の管理職がどうの言ってますが、確かに能力のある女性を適切なポジションにつけるのは大事ですが、能力があろうがなかろうが『女性管理職の割合がー』とか言ってるのを見てると馬鹿丸出しですよね。やりたくない管理職を割合の為に無理やりやらされる女性が、あまりに可哀そうですね。


>これから日本はどうなりますか? 政府はどうすればいいですか?

このままでは、日本国民の富が根こそぎ海外に流されますね。もう高度成長期とは全然違うんですから、今更高度成長の再来を夢見て国民から巻き上げた金を無駄遣いするのでなく、日本国民の全てが安心して暮らせる状態をもたらす事ですね。それくらいの富は充分あるのですからね。

少子化が問題と言うなら、最低限、経済的理由で結婚できないという若者をなくすことです。所得補助制度で非正規でも家族が養える他の主要先進国を少しは見習って、貧困対策だけは放置しない事です。言い換えればアベノミクスとやらの最大の欠陥は貧困対策を全く怠っている事ですね。厳しい競争社会でも構いませんが最低限のセーフティーネットくらい敷け!と言う事です。

投稿日時 - 2014-06-04 01:20:45

お礼

そうなんですよね。
庶民でもわかりやすい政治的な見方をすると、おっしゃる通りだと思います。

非正規増加・正規減少の流れの中で、給料が増えて景気が上がった!と言われてもピンと来ないというのはありますよね。
ただ、ごく一部では、正規を増やすというニュース(ユニクロやわたみ、他ブラックと言われる企業)も出てきているのは、アベノミクスが奏功したのかどうかは別にして、歓迎すべき点かも知れません。
それに、これは増税前の話ですが、非正規とはいえ、好調なトヨタや建設業界の雇用が増えていると言うのも歓迎できる点。
あと、業績回復した、ソニー以外の家電業界の雇用が増え始めているのも歓迎したい。

ただ、建設業界の場合、震災由来というのも多いに考えられるのが…復興が終わったら、また失業が増えるのかもしれません。
他業界も、今までリストラした社員数(ここでは社員の能力的なことは考えずに企業の規模とか余裕の意味で)をすべて取り戻すほどではないにせよ、まずは第一歩…となるかが焦点になってきますよね。


で、ここで増税と、需要と供給の問題が出てくる。
凄い冷や水ですよね。

公務員と土方、言い方は悪いですが、非正規が増えるという意味で土方という言葉をあえて使いますが、吸い上げた税金をここら辺に再配分するのが政府の成長戦略の流れかと思います。
公務員が景気を押し上げるほど消費してくれるのか疑問ですし、10年前、20年前、30年前とはちょっと状況が変わってて、建設業界も当時ほど需要があるとは思えない。
土方に無理繰りお金を回すのは、ちょっと微妙な流れに見えて仕方がない。建設業がこれまた景気を押し上げてくれるなら、お金はまわると思うのですが、日本で建設ラッシュが起きているというわくわくする景気的な話も聞かない。
ここに投資しても、何か新しいモノが日本で芽生えるわけでもなさそう。


政治的な観点で見ると、こんな感じで、これがどうしてプラスになるの?って思えてくるんですよね。

で、さらに追い打ちをかけるのが、少子高齢化。日本が縮小しても経済成長するとしたら、輸出業が躍進して日本に膨大な貿易黒字をもたらしてくれる。というのが、素人がぱっと見てわかりやすい形かと思うのですが…
若手は減る、老人は増える、政府は老人に再配分せざるを得ない。老人や介護の人が、景気を押し上げてくれるというなら、それも歓迎したいですが…
このままの流れでは、燃料食料の輸入ばかりが増えていきそうで。輸出は現時点の好調な大企業だけで日本を維持しなければならない綱渡りに見える。大企業はその産業に特化した、海外に勝つための業種と捉えることもできると思いますが、日本がそれに頼ってしまったあと、その産業の需要が無くなったら…と思うと、その怖さは半端ではありません。現に今もその兆候が…


政治としてはこんな感じに見えますが、こういうのをできる限り全部勘案して経済学者がこれからの日本見ると、どういう判断を下すのかなと思うんですよ。
で、結局政府はどうすればいいの…と思います。


セーフティーネットも、上手いところに回せば、小さな多様な産業を復活させる方向性にも持って行ける気がするんですよね。出生率も上げられるなら尚よしです。下の消費が強くなれば、自然に大企業も財政も息を吹き返すと思うんですが…。さらにそんな小さな産業の中で時代に対応した新しく特化した産業が見つかれば、新しい大企業が生まれるかもしれない。とも思うんですが…

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-06-04 09:14:41

ANo.27

>細かい経済自体については、ここで議論しても仕方がないと思うのですが…。

アベノミクスとは何ぞや?

Wikipedia - アベノミクス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%82%B9
>背景
>1990年代初頭のバブル崩壊を直接の発端とし、1997年の消費税増税で顕著になったデフレーションにより停滞が続いていた日本経済は失われた10年、そして失われた20年を経験した。
>20世紀以降の先進国で、20年もの長いあいだ、年率1%以下の低成長が続いたことは、世界的に見ても珍しいといわれる。
>概要
>第2次安倍内閣では デフレ経済を克服するためにインフレターゲットを設定し、これが達成されるまで日本銀行法改正も視野に、大>胆な金融緩和措置を講ずるという金融政策。

噛み砕いて申せば、日本の長期にわたる経済低迷の最大要因を「デフレ」と定め、デフレ経済から克服する事で景気回復を図るのがアベノミクスの目的です。

つまり、アベノミクスとは『デフレ脱却』の政策です。

>金融由来のインフレの場合は、最初は「おお、金が増えた」と思って経済が動き出すんですが、「あれー、でも金の価値が何か下がってない?」てな事になって───
>経済は勉強していないので、細かいことは分かりませんが、ざっくり言うとこれでおおざっぱには合ってますよね?

前回答で貼った実質金利のグラフを拝見して頂けたでしょうか?

日経新聞 - マネー - あなたの預金も減っている インフレ時代の運用術
http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXZZO6669007012022014000000

詳細なグラフではないですが、実質金利の急低下の始まりは明らかに2012年末か2013年初めですよね。
第2次安倍内閣の成立は2012年の12月26日です。日銀総裁もまだ白川方明のままにも拘わらず市場は実質金利は急低下しています。
これは何か?
答えは至極単純です。安倍首相なら金融緩和をやってくれるだろう、日銀白川を組み伏せてくれるだろって期待が市場を動かしました。

野田政権末期の為替や日経平均を憶えてませんか?1$70円台が80円台に下がるのが2012年の11月、日経平均が上がりはじめも同じ2012年の11月からです。
質問者さんの認識は、初っ端から間違っています。

何処かで、景気の気は「気持ちの気」って話を訊いた事ありませんか?割とよく耳にする言葉だと思うのですが。
大臣や日銀総裁の記者会見、遠い国の紛争や問題で、為替や株価が変動したりするでしょう?実体経済が影響が受けるずっと早く動くのが資産経済です。

景気を維持するには「気持ちの気」というのはとても重要で、老後や突然の病気や怪我に心配せず、安心してお金を使える社会を構築するという事ですから、社会福祉を充実化は経済発展や安定した景気の維持には必要不可欠かと。

>経済活動が走り出し、例えばわかりやすいところで外貨とか、或いは人口とかですよね。それがその活性化した間に余分に稼げていれば、差し引き0にプラスアルファって事ですよね?
>それが継続するのが、緩やかなインフレって事ですよね?

申し訳ないですが、ここら辺は意味が判らないです。
前回答で書いた実質金利の話は、デフレ経済がいかに経済活動を阻害してたかという客観的データを提示したつもりだったのですが・・・

>人口が減っていく状態で、女性がどうの、若者がどうのとか言ってて、そのリフレは上手く働くのか疑問なんですよ。それ、弱いバブルじゃないのかなって。

女性がどうの、若者がどうのとかはリフレーションとは関係ありません。恐らく、質問者さんはバブルの定義を理解してないと思います。

質問者さんは、一体全体、何所の誰の話を根拠に持論を述べているのでしょうか?

>アラブは油。
>オーストラリアもロシアも使い切れない膨大な資源。
>逆に、日本は本当に笑ってしまうほど「技術」以外は何もない。

裏を返せば、アラブは本当に笑ってしまうほど「資源」以外は何もないという事ですw
技術も資源もない、少子高齢化も日本以上の韓国経済は、安倍政権が台頭してくるまではとても好調だったでしょう。
安倍政権前の韓国経済の好景気を支えていたものって何よ?ウォン安と円高でしょう。

何が言いたいかというと、日韓経済はどちらかが沈むゼロサムの関係だという事です。
韓国の好景気は日本の円高の上に成り立ってたわけですから、デフレ脱却は日本の景気回復に直結するという証明になります。

>なので、成長戦略や、ばらまき方が非常に大事になってくるかと思うんですよ。

何が「なので」なのかが判りません。

政治家も官僚も基本的にミクロ経済はド素人な人たちです。ド素人がそれ専門で食ってる人間を差し置いて、あーだこーだ口出ししたても上手くいくわけがないって思いませんか?
そもそも、何を根拠に、どういう方法で、これから成長する分野を見極めるというのか?既にハコモノ行政化してるクールジャパン戦略なんて、オタクだって支持しないと思いますw

バラマキが大事なら、公共事業に対してじゃなく、僕に直接ばらまいてほしい。ガンガン無駄遣いして景気をぐるぐる回すから、ねww

取りあえず、少子高齢化を気にしてるみたいだから書きますが、諸外国と比べて、日本の低出生率がなかなか改善しない背景には、日本の長期にわたる経済低迷があったから。要するに、デフレが日本の少子高齢化を加速させたわけです。

出生率を上げる為にも、アベノミクス、リフレ政策、インタゲは有効だという事です。

どうも、漠然とした将来への不安が、質問者さんの経済に対する疑心暗鬼を生じてしまっているのかな。出来たらもう少し論点を整理した方が良いと思います。

取りあえず少子高齢化については、仕事(需要)がないのに、人手(供給)が足りないって嘆くのはおかしいでしょう?
まず、デフレ経済をきっちり克服してから、次のステップにいきましょうよ、と。

投稿日時 - 2014-06-02 20:31:41

補足

アベノミクスの「理論」はまあだいたい分かりました。成功する理論だと言うことも分かりました。
で、それは「現実的」に経済学者から見て、どう見えるの?
そういうのが聞きたい。私は経済「学」に関して知りたいわけではないです。

投稿日時 - 2014-06-03 09:09:24

お礼

う~ん…
意見は書きましたが、それはここでアベノミクス第一の矢が成功かどうかを聞きたいからではないんですね。

分かりますよ。第一の矢限定で考えれば成功というのは、今までに何度も書かれました。
それも成功ですよね。そこも、既に何度も「リーマン前に戻るなら大歓迎」と言っています。
増税が入って、それが阻害されるんじゃないのと言うのも、出てきましたね。
少子化は、まぁ基本移民で何とかするのが現実的じゃないかとも書かれました。

質問は読んでくれてます?
タイトルは確かにアベノミクスと入っていますが、そこを限定で聞きたいわけではないし、経済の細かいことについて疎いのは、自分で認めているので、そこを改めて指摘されても困るんですよ…
しかも、アベノミクスはインフレ維持で、日本を緩やかに「成長させていく」戦略ですよね。それはつまり、これからの日本、少子高齢化、各種保障政策のやりくりをしていくことを見据えていますよね。(現実はデフレ脱却だけとりあえずしたいよ政策かも知れませんが)
アベノミクスの第一の矢だけ突っ込まれても、納得にはほど遠いんですよ。

アベノミクスはデフレ脱却の戦略。それは何のためにやるの。焼け石なの、それとも伸びるの?

分かります、若者女性、出生率を上げたいよ成長戦略ですよね。でも、これ抽象的かつ、増税(保障政策補填)・企業減税の方向性で成長戦略が進む限り、効果がはなはだ疑問だという…これ、伸びるの? 今は喧嘩し会っている内容ですよね。個人負担をどんどん増やし、減税で海外企業を呼び込むと言う方向。数年後お金が下に浸透し、「どんどん子供が生まれて、高齢化構造が解消できるか?」と言われれば…どちらかというと、「ちょっと子供が生まれて、でも構造自体は変わらないよ」と見る方が自然ですよね。

>アラブは本当に笑ってしまうほど「資源」以外は何もないという事ですw

でも、アラブは資源があるんですよ。中小を潰した日本は、ある意味「油田を半分失った」状態です。
「ばらまいて箱物作るか、ばらまいて油田を成長させるか。」ここが私の持論なんですよ。
また経済が疎いことに突っ込まれても困りますが、実体がある成長戦略にできる要素が何か乏しくない?って思うんですよ。

> 取りあえず少子高齢化については、仕事(需要)がないのに、人手(供給)が足りないって嘆くのはおかしいでしょう?

ここは、この先の全世界的な問題かと思いますが、ここも聞きたいですよね。これは、私個人の意見ではなくて、「現象」だと思うので、ここに関して私が反論されて私が答えるのもおかしい。
こうおっしゃられるって事は、日本の実体をこのままどんどん小さくするのが順当で、しかし実体が小さくなっても日本はリフレで成長できるって考えておられるって事ですか?
バブルという言葉が適当かどうか、「私は経済に疎いので知りませんが」空洞化したもろい経済なのでは?

アベノミクスをもっと強靱にできないの?ってことです。この質問では、「富国強兵できるのか?」、を馬鹿な私のような政治家があなたのような天才の経済学者に聞いていると思ってもらって結構です。
まぁ、次の首相が仮に寺田さんだとしたら、テラノミクスに引き継いでもらっても良いですが…

私は意見を引き出したいが為に意見を書きますが、その意見にだけ反論されても…ここは教えてgooなので、質問内容は踏襲して欲しいです。

投稿日時 - 2014-06-03 08:38:04

ANo.26

>金融緩和は世界中の有識者の間でも評判が高かったと思うのですが、これ、結局どうなんでしょう…。

景気判断の材料に実質金利があるじゃないですか?

Wikipedia - 実質金利
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E8%B3%AA%E9%87%91%E5%88%A9
>金利には「名目金利」と「実質金利」があり、このことが明確に理解できているか否かで、経済現象の理解に大きな差がでる。
>実質金利 = (名目金利)-(予期インフレ率)で表すことができる。
>例えば、自分が100万円の商品を購入する際の代金は銀行から名目金利5%で借り、物価の変動(インフレ率)が+4%だったとする。
>1年後の返済で105万円を支払う必要があるが、100万円の商品の価値は物価の変動に伴い104万円となっているため、実質的には差し引き1万円つまり1%の支払いですむ。
>上記の式で言えば5%-4%=1%となる。

下の内閣府のグラフをご覧いただけると、リーマンショック以降の日本が一人負けしてる状況が理解できると思います。

内閣府 - 主要国のの実質金利の推移
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je12/h05_hz030121.html

この日本が一人負け状態の実質金利が、安倍政権以降では大きく押し下げています。

日経新聞 - マネー - あなたの預金も減っている インフレ時代の運用術
http://www.nikkei.com/money/features/37.aspx?g=DGXZZO6669007012022014000000

質問者さんが「アベノミクスの成功」をどう定義づけているかは判りませんが、アベノミクスの肝である金融緩和は成果をあげていると捉える方が自然だと思います。

>(1)現在失業率が下がっていますが、これ、相対的に日本人の給料も上がっているんでしょうか?

企業を供給、従業員の数を需要に置き換えれば、失業率が下がるとは需要が高まると言うことですから、ブラックな不人気企業は淘汰され総体的に日本人の給料は上がっていく事になります。
当たり前ですが、基本的に雇用解雇の制約が緩いアルバイトや派遣社員の方が景気の影響が大きいです。

>(2)物価目標も上がっていますが、これは燃料費?輸入に由来する物価上昇なのでは?

食料及びエネルギーを除く消費者物価指数(コアコアCPI)はプラスに転じています。

総務省統計局 - 消費者物価指数
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm

>(3)アベノミクスは何年か何十年か経てば、徐々に大企業の儲けが庶民に浸透してくる目論見だと思うのですが、結局増税したことで、大きく見ればつまり「国民から税を絞り上げて、輸出産業に再配分」という形になったと思うのですが…これ、上手く行くイメージがないんですが…どうなんですか?

アベノミクスの目論見や仕組みではなくて、経済の流れがそう出来てるので仕方が無いですね。企業が儲けなければ従業員の給料は増えないという至極単純な論理です。
不況も同じプロセスで、バブル崩壊後の国民が不景気を実感するまで数年のタイムラグが発生しています。

>(4)今更ですが、財政出動は何に使いましたか?

財政出動は必要ですが、注意しなければいけないのはお金には色が付いていないという事です。
一分野に投資しても、それがどの程度日本経済に寄与したのかが判りにくいのです。それはつまり、無駄、もしくは国益を損ねるものかどうかも判断し辛いという事です。
公共事業をカンフル剤だと言ってた経済学者さん達が、恒久的な公共事業への投資を主張し出す。あれ~何だかおかしいぞって思うわけですよ。

>何か大勢で見ればプラマイ0で、単に国内のお金をこねくり回しているだけのイメージがあるんですが…

消費税増税が影響がどの程度に及ぶのかは判りませんが、あの竹中平蔵さんでさえ、今年4月からの消費税増税に国民にメリットがなしと明言していましたから、アベノミクスにブレーキを掛ける政策なのは間違いないでしょう。

>これから年金や健康保険料など、福祉分野が破綻すると思うのですが、アベノミクスの成長戦略でこれが解消されますか?

成長戦略はさておき、景気が良くなれば税収が増えるわけですから、社会福祉も改善や充実化に期待は持てるのでは。少なくとも、無い袖触れない不景気な状況よりはマシでしょう。

>一番重要だと思われる成長戦略が特にヤバイ気がして…「若者や女性を強くしよう」とか…若干意味が分からない…「老人も働け」は悪くないとは思いますが、とてもこれからの日本を支える材料になるようには見えません…

成長戦略が何で重要なんですか?w
政治や政府が市場を完全にコントロールできるわけがないと思いますが。

因みに、僕はどちらかといえばリフレ派を支持しています。なので人口デフレ論の池上さんや藻谷さんに対しては懐疑的です。
ざっと見た限りですが、質問者さんや他の回答者さんと、僕とでは、経済に対する考え方はかなり違うんじゃないかな、とw

投稿日時 - 2014-06-01 18:12:20

お礼

細かい経済自体については、ここで議論しても仕方がないと思うのですが…。
現在行われているリフレもインフレも、結局はお金を増やして市井にお金を回し、例えば施設投資なら施設投資で「買う人、作る人、対価をもらう人」等々が出てくる。で、経済が回り始める。で、プラスになるんじゃないのって事ですよね?

金融由来のインフレの場合は、最初は「おお、金が増えた」と思って経済が動き出すんですが、「あれー、でも金の価値が何か下がってない?」てな事になって…でも、経済活動が走り出し、例えばわかりやすいところで外貨とか、或いは人口とかですよね。それがその活性化した間に余分に稼げていれば、差し引き0にプラスアルファって事ですよね?
それが継続するのが、緩やかなインフレって事ですよね?

経済は勉強していないので、細かいことは分かりませんが、ざっくり言うとこれでおおざっぱには合ってますよね?
何もない、或いは外貨が前より稼げない、人口が減っていく状態で、女性がどうの、若者がどうのとか言ってて、そのリフレは上手く働くのか疑問なんですよ。それ、弱いバブルじゃないのかなって。

そこで、その弱いバブルを吸収して実体にしてくれるモノがあるのが、若さを保つアメリカ。しかし日本は?
もう、高齢化社会は約束された決定事項と言っていいのでは?
これは例えばの話で持ち出すんですが、アメリカと比べるのは、ちょっと怖くないですか?
世界的な超大企業を多数抱え、人口は3倍超、巨大な軍事費はありますが、それに伴う技術革新と強烈な外交力。そして、豊富な資源と自給率。軍事費が圧迫しているのかもしれませんが、それを凌駕しそうなパワーですよね。
EUはあのやたら仲の悪い国同士が、イヤイヤながらも結束しはじめている。日本並み、或いは日本より小さな規模の国でも、高齢化を回避し始めている国もある。これは移民も大きいのでしょうけど。
アラブは油。
オーストラリアもロシアも使い切れない膨大な資源。

逆に、日本は本当に笑ってしまうほど「技術」以外は何もない。

金融で成功しても、それがどのくらい価値があるのかが分からないんですよ…。
まずは、成功を喜ぶべきだと思うんですが…成功しても怖さは拭えない。


デフレになって、まず中小が多数消えてしまいましたよね。技術しかない日本にとって、これほどの恐怖はないような。もし、デフレ前に金融政策、アベノミクスが入っていれば、もしかしてとも思いますが…(増税は別にしての話ですけど)

なので、成長戦略や、ばらまき方が非常に大事になってくるかと思うんですよ。まだ、昔貿易黒字で集めまくった外貨は日本にあるんですよね。日本がお金持ちであることには変わりないんですよね。

箱作って放置して、最終的にそれに使った労力を無駄にしてしまうより、すぐに効果が出なくても我慢して市井に回して、個人を強くし、中小の復活を促し(ある意味リセットされたんで、新しい業種が生まれることを祈りつつ)、子供も産ませ…そういう事ができれば、と、どうしても思ってしまうんですよね。
結果、現在減税やら金融やら増税やらで何とかしようとしている状態は、根元から解消されるんじゃないかなって。
例えばですが、海水を石油と同レベルの燃料にしてしまう技術を手に入れるとか(あくまでたとえですよ。ドラえもん的発想なのは理解してます)できたら、一気に日本は復活できるでしょう。でも、身動きがのろくどでかい大企業だけでは、イノベーション(ドラえもんの例は別にして)が生まれるのも厳しい。
まぁ勿論、コッチの方向性も生やさしいものではなく、今やっていることと同様な綱渡りなのかもしれませんが。


減税で企業を呼ぶったって…マイクロソフトもGoogleも(ネットばかりでスイマセン笑)とても入ってくるとは思えない。アジアのそれなりの企業が参入してくれれば、御の字でしょうか?

日本が、もしもアイスランドのような小さな規模の国であれば、金融で喰っていく道もありそうな気はするんですが、さりげにそれなりにでかくなってしまってるし…これからのじいさん達を、金転がしだけで養うって言うのは、ちょい現実的じゃないように思えるし、もし乗り切っても、そのときは人口がしぼんだ何もない国になってそうで。

なんか、とうとう自分の主張を述べてしまいましたが…これを受け入れてくれと言っているわけではなくて、なんか、金融で安心できる要素があるのか。勿論リーマンショック前にまで戻るなら、それはまず大歓迎なのは変わりはありません。
そっから延びてくれる納得できる要素があれば…例えば、金融政策だけでも十分日本は現状維持で生きていけるんだよと言うモデルケースなんかがあれば、それは計算上のことでも良いので、教えて欲しいです。

投稿日時 - 2014-06-01 21:31:07

ANo.25

2%のインフレ政策はじっとしていては取り残される政策です。『頑張る者が報われる経済』。それは頑張れる者が報われる経済。さらに頑張れる者だけが報われる経済。つまり頑張れない者は落ち落ちこぼれる経済なのです。
これぞ、生存競争による自然淘汰の世界です。ウイルスから人間まで、生きているものはこの摂理からは逃れられないのです。生命は延々とこれを繰り返して来たのです。世界は生存競争で成り立っているのです。日本だけが例外ではありません。
健康保険や年金も例外ではありません。将来、足りなくなることも想定されるので、自己責任で準備しておくことです。それが出来なければ、自然淘汰されるのです。
貴方は日本政府に期待しているのですか。それとも自然淘汰がお嫌いですか。

投稿日時 - 2014-06-01 09:26:15

補足

つまり、自民党だろうが天皇だろうが民主党だろうが官僚だろうが、それは日本の一機関に過ぎないという考え方です。
日本国として浮揚したいという意味で、アベノミクスも結局日本のためにどうしていけばいいの?と思っています。

投稿日時 - 2014-06-01 13:05:05

お礼

えっと、つまり「弱者救済をして欲しい」と言う考えを、私がこの質問を通して押しつけていると言いたいわけですよね?

違いますよ。

私が「お礼」に「反論、突っ込み、自分の考え」を入れたのは、まあ、セコイ話ですが、経済の詳しい人に、より実体に近いところを聞き出したかったからです。

当初は、「第3の矢」が上手く行けば、2%インフレ、それにより経済発展が実現して、高齢化社会がどうにかなる可能性があるモノだと思っていました。だから、最初は第2の矢、第3の矢にこだわっていました。これが良くなれば、もしかして「日本いけるの?」と思ったわけです。
ただ、だんだん話を聞いているウチに、高齢化社会は、そういう次元の話ではないと言うことが分かってきました。


ただ、弱者救済に関して言えば、私の持論では、日本国内限定では庶民にお金を回すことで、結果日本の生産力が上がると考えているので、確かに「是」です。
が、別に押しつける気はありません。そういう流れにはなっていませんし。
そもそも弱者である老人を働かせる案に関しては「良いと思う」とさえ言ってますよ。
押しつけるのであれば、この持論を補強する理由をずらずら書きますが(笑)

基本的には、自民党も民主党も天皇も勿論含めたそして当然全日本国民、日本に住むネコも含めた、グローバルと反対の意味での「右翼」の立ち位置で質問させて頂いています。「富国強兵」と言うところです。

投稿日時 - 2014-06-01 12:50:12

ANo.24

アベノミクスは成功しない?


★回答

安倍総理の戦いはこれからが本番でしょ ○か×かどっちかはこれから

今までは第一次安倍政権の時に戻った程度

民主党のための 下落  行ってこい相場でしょ

やれやれ  デフレ気味 自民党相場レンジにもどったなって感じ

一部の官僚 緊縮財政 増税原理主義 既得権益者と
マクロ経済を見ながら 安倍がどうするか?
にかかっているわけですねー

http://okwave.jp/qa/q8479280.html

・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・


金融緩和、財政出動、成長戦略とあります。
金融緩和は世界中の有識者の間でも評判が高かったと思うのですが、これ、結局どうなんでしょう…。

★回答

『大胆な金融緩和』
『機動的な財政出動』
『民間投資を誘発する成長戦略』

昨年までマスコミや御用学者は まったく違うことを言っておりました。
宣伝のような言葉は信じないことです。

アベノミクスの三本の矢
http://okwave.jp/qa/q8327917.html

・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これから日本はどうなりますか?


★回答  いいシナリオの場合

貯蓄から投資へ 根本的にインフレ社会にもどる
日経平均は日経平均255  1989年12月25日  38957円 基準点をこえる
世界界の笑いものから 脱却する

以下参照
経済の推移を予想できるかたお願いします
ベストアンサー
http://okwave.jp/qa/q8586350.html

人口飽和状態より少ない人口の方が賃金あがるのでは?
ベストアンサー
http://okwave.jp/qa/q8527203.html


★回答 悪いシナリオの場合

以下となる
デフレ気味 日本にすみつく ダニといっしょに崩落
日経平均は日経平均255  1989年12月25日  38957円 基準点をこえられない
世界界の笑いものから脱却できない
http://elsp.soragoto.net/toushi/ni225/ch1.htm


森永卓郎 教授の「経済“千夜一夜”物語」 二つのオカルト経済学
通常の経済学でシミュレーションした結果によれば、デフレ脱却期の増税は百害あって一利なしだ。
安倍総理が通常の経済学を採用するのか、それとも財務省 経済学を採用するのか。
私は財務省経済学が勝つ確率が高いと思っている。それは、日銀官僚以上に財務官僚の立ち回り方が上手いからだ。
もし予定通り消費税 増税となれば、景気の拡大は来年春までの短い命になりそうだ。
http://www.dokkyo.ac.jp/profinfo/eco030.htm
http://npn.co.jp/article/detail/05356231/


<消費税10パーセント問題点 2年目以降に 経済状況が崩落>

マクロ計量経済学による計算結果↓ここ
http://elsp.soragoto.net/toushi/szei1.jpg

●【宍戸駿太郎氏】消費増税は精神分裂!
https://www.youtube.com/watch?v=VGvScVwh4NA

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shavetail1/20120712/20120712081535.jpg

消費税10パーセントは 1年目までもつが ↑2年目以降大変なことになることが明らかだ。

<日本固有の消費税の問題>

(1)貧乏人ほど負担が大きい逆進性
(2)事業が赤字でも納税義務のある実質的な直接税(形式的には間接税)
(3)中小零細企業が価格転嫁出来ないケースが多い
(4)輸出戻し税などの輸出大企業への優遇・不公平 
(5)デフレ期に税率を上げるとデフレを促進
(6)税率を上げるのが 目的で 税収は増えない
(税率を変えると 軽減税率の話が出るので 役人が天下りしやすくなるため)
(7)消費税は 財政再建が遠のき時間がかかる効果をもたらす  
(8)もともと 竹下政権の時 所得税を O 円にするためだった税金を
社会保障のためですと財務省がごまかして 存続偏向したのが消費税
(9)日本の欠陥消費税と 海外の消費税はまったく別物である
(10)消費税でデフレ気味にすれば 外為積立金が増やせる
今の120兆円を20兆円程度でいいリフレ派の金融政策は嫌いだ
為替介入がいらなくなり 自分たちで使える国民の税金が減ってしまう
為替手数料で利権を財務省でがっちりいただこう
(11)間違った増税には 愚かな財政支出が必要になるという結果になっている
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37813
(12)すぐ消費税上げないと 国債が暴落すると言う うそ報道による 国民誘導
仕組みは↓ここ
http://livedoor.blogimg.jp/hardthink/imgs/7/4/746fe32d.png


・・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


政府はどうすればいいですか?


★回答

目先のことに とらわれず
抜本的 本質 日本の不況の元凶(以下参照) を解決していくのみである
日本に住み着く ダニを 少しづづ 削除していく
安倍政権=公務員制度改革が本丸であると考える
2014年6月からの 官邸主導人事が本丸じゃないの

マスコミは目先しか言わんよ
日本には優秀な金融ジャーナリストっていないんでしょうか?
ベストアンサー参照
http://okwave.jp/qa/q8315679.html


安倍政権=公務員制度改革が本丸であり

それで規制改革が進んではじめて

経済成長と株価が長期的に上がりはじめる 失敗すれば終わる

竹中平蔵 「公務員制度改革は試金石であり改革の本丸
http://www.youtube.com/watch?v=G4euC8kdyRA


以下参照して確認

公務員の天下り先潰しは、経済効果があった?
http://okwave.jp/qa/q8466971.html

日本の不況の元凶
http://okwave.jp/qa/q8536491.html

●最大の岩盤規制は自民党税制調査会だった

http://diamond.jp/articles/-/45949?page=2

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
官邸自らが自民党税調と対決するとともに、諮問会議と規制改革会議の体制の一新を図るべき

岩盤規制は自民党税制調査会などの 野田など(古議員)が 不安要因
利権調整は得意だが
経済 数値計算はできません コンピューター音痴 非科学的である
馬鹿は 早く 能力のある若いやつにかわれと言う感じ

日経225下げの原因である
日本国民の国民経済 資産価格を下げる ダニである


・・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2014-05-31 16:59:28

補足

多数の小さなノイズも混じっていて、これらを全部会わせると+になるのか、ーになるのか。

今までの回答を頂き、私が受けた感じでは、

1,一応第一の矢でひとまずリーマンショック前の状態に戻るかもしれない。
2,しかし、少子化高齢化をどうにかできるほどの財源はとてもじゃないけど集められない。

後何年かは現状維持、数年後気持ち景気が上がった感が得られる可能性もあるけど、増税という消費を冷えさせる冷や水を日本に浴びせたのが不安要因。もしかしたら、景気良くなった感は得られないかもしれない。
安倍時代に安倍強運でラッキーが起きてくれれば。

その後、じわじわ高齢化が進み、補償費用が膨らむ。

その後は、政府が国民に頭を下げてくる気がしますが、この辺はこの質問とは関係なくなってくるので…。
どんどん外貨の稼ぎ頭がいなくなり、しかもどんどん保障費用が膨らんでいく。日本国内のお金も徐々にすり減っていくのかなと…

そんな感じで理解しています。
このまま少子化が進めば、ジリ貧かな、と言う感じ?

投稿日時 - 2014-05-31 19:14:00

お礼

これは、返礼に窮します。
今回、こういった経済系の多数のニュースやコラムを見て、訳が分からなくなったので、質問させて頂きました。

でも、いろいろ参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2014-05-31 19:00:51

ANo.23

#2、#5です。たくさん答えがついていますが、私はどうもピンと来ない。

>これから日本はどうなりますか? 政府はどうすればいいですか?

どうなるかは、まだ分からない、と書きました。政府はどうすればいいかについては、減税です。私は消費税8%への増税を取り消して逆に減税してほしいくらいです。ちなみに、FRB前議長バーナンキは昔、日銀が国債を大量に買い上げ(大規模金融緩和)、「減税」財源を引き受けるべき、と提言しています。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%AD 

アメリカ経済はそんな感じで絶好調のようです。アメリカは意図的に景気回復初期、中期には増税していません。その時期に増税をやったら、政治家はクビになったでしょう。このことで、より正常で健全なデフレ脱却が可能になるのです。そして、財政再建は景気回復によって理想的な状態でなされるのです。なんとしても10%増税は阻止したいものだと思います。

投稿日時 - 2014-05-31 05:50:11

お礼

ほんと、なんでここだけ無視するんですかね? 政府は…
ここだけ見ると、どうしても、本当に一部官僚が、或いは財界の有力者とか大物政治家とかが近視眼的になっているのではないかと疑う方が自然だと思えてくるんですよね。

アベノミクス限定で考えるなら、ここだけはやっぱり謎ですよね。

投稿日時 - 2014-05-31 12:59:51

ANo.22

もうちょっと回答追加。

>例えば政府が国民に優しく良い福祉社会を約束するより、ソ○ー、○ナ、○ヨタ、減税したんだから3倍稼げやとか言って、何か何らかの弱みを握って煽る方が現実的な気もするんですが…あがきの意味で…どうでしょう。

それをやったのが、IMF危機後の韓国。
主要財閥を整理して、残った財閥の競争力を高めたのはいいのですが、サムソンが風邪を引けば韓国が重病に陥る(笑)ような状況に陥っています。

会社の経営というのは、悪くいうと博打みたいなところがあり、ある会社が一時的には儲かっても、その状態が永遠に続くわけではないのです。
ですので、同じ業種にはできれば三社、悪くても二社が競合するのが望ましい。


話が変わりますが、国が援助してJALを再建したのは、一見してお金の無駄遣いのようですが、長期的には正しいわけです。
まあ、稲盛さんがバシっと結果を出したので、想定以上の成果となっていますが。
日本にはプロの経営者が少ないので、稲盛さんの後継者となるような人格・見識・実力共に優れた後継者が現れることを願ってやみません。

投稿日時 - 2014-05-31 03:01:14

お礼

そうですよね。
アメリカだとビル・ゲイツとか、スティーブ・ジョブズとか?
なんか、アメリカ人はホント経営が上手いというか、搾取と悟らせない搾取が上手いというか。見習いたいです。

投稿日時 - 2014-05-31 12:54:09

ANo.21

えーと、rikukoro2さんが回答をいっぱいつけているので、基本はそれでいいんですが、反論するとしたら増税関連ですかね。

確かにアメリカではオバマ政権に入ってから増税していますが、日本の場合は「消費税増税」だから問題なんです。
個人や法人の支出に税金をかけるから、増税前と同じだけお金を使っても、自動的に国にお金を取られるので、個人消費が落ち込みます。
実際、4月の小売の統計の数値も、前回の1998年の消費税増税よりも、落ち込みが激しいですし。

消費税増税以外でしたら、私は消極的賛成でしたが、まあやってしまったものは仕方がない。
ただ、安倍さんの豪運で、どうもこのまま乗り切れそうな気配もあるので、7月の夏ボーナス以降が勝負ですね。
まあ、想定よりボーナスが多く出て乗り切れればよし。乗り切れない場合は、財務省の焼き討ちを呼びかけます。(笑)

おーーい、過激派さんたち。
本当の敵は安倍政権じゃなくて、政治家の影で国民を貧しくする陰謀をたくらんでいる財務省の高級官僚たちだよ。
中国の手先でないならば、行動でそれを示してくださいな。

投稿日時 - 2014-05-31 02:50:48

お礼

そうですよね、何かいろいろ強運ですよね(笑)
いろんなところが上手く噛み合った感はあります。中国も上手く良い感じにかわして。さらに利用した?かな?みたいなところ、民主から自民に変わったとき、そういうのは流石手練れの党だなと思いました(笑)

ほんと、なんで増税やっちゃったかな…
増税やって一時的に税収が上がっても、経済がしぼめば同時に税収がしぼむ。上がった税収は、ほとんど成長戦略に回されることなく、保障政策に消えていく…日本人がみんな若者に生まれ変わるわけでもなく、このままの日本は続いていく。
次の増税でまた一時的に税収は上がっても、この先さらに本格的な超高齢化社会が待っている。
増税と言う切り札は本当に最終の最終局面、もう少し耐えれば光が見える!なんてところで使って欲しかった気もしますが…
安倍政権にとっても、良いことがあるように見えないのが本当に不思議な現象です。

そうですよね、願うなら、ウチら7割の「え?景気よくなったの?」って人たちが数年後「あ、来たね」と言うところまでは、せめて持ってきて欲しい。
10%増税…何か普通にやりそうですよね。

安倍ちゃんの強運頼みですか…

投稿日時 - 2014-05-31 12:46:17

ANo.20

>例えば政府が国民に優しく良い福祉社会を約束するより、ソ○ー、○ナ、○ヨタ、減税したんだから3倍稼げやとか言って、何か何らかの弱みを握って煽る方が現実的な気もするんですが…あがきの意味で…どうでしょう。

 政府は民間にそれらの口出しはできません。なのでそれより簡単なのは
中国の危険性や中国にいるベトナムへの恫喝など盛んに報道する事です。
 国民に隣国の危険性を煽ることにより、出生率は上がります。米国も戦争の時期は出生率があがります。本当に戦争する必要性はありません、危機をあおるだけでいいんです。
 なので個人的にネットで中国の危険性を言う方は歓迎です。なにせ出生率増加につながるかもしれないんですから・・・
 人が死ぬわけでも、貧乏になるわけでもない、費用されもかからないわけですから

投稿日時 - 2014-05-31 01:13:53

お礼

いや、まぁ…
政治的な手法で、中国辺りにそれをやるというのならまあ政治家同士のお互い様ってことで、意味は分かりますが、出生率はどうなんでしょうね…
一部熱狂的な閲覧者はいると思いますが…
あの辺、元々印象操作が凄かったイメージがありますから。「クリックしたくなるタイトルで煽り、面白いコメントを抜き出す」「読むと面白い掲示板まとめ、エンターテインメント、アフィリエイト」的な…
まぁ、隣国をけなすことで自尊心が保てるなら、それもまあアリなのかとも思いますが…あまり触れたくはないです。

投稿日時 - 2014-05-31 12:25:53

ANo.19

補足として

 日銀

 以前の日銀総裁は白川(民主が選出)、自民は武藤を推薦したが落ちた
で安部は今回黒田を総裁にしたわけです。
 景気が悪いときは金融緩和という手が効果的です

 無論、白川総裁もリーマンショック後。金融緩和をしました。5年で100兆円
 対し米国の中央銀行であるFRBも行いました。7ヶ月で約200兆円(日本円で)

 日本で5年かかったことと米国は7ヶ月でやったわけです。
米国もこれは不十分と分かるとその5ヶ月後 これも7ヶ月で約80兆円(日本円で)
金融緩和を行いました。まぁさらにあと2回米国はするわけですが・・・

 主要国は景気回復の為金融緩和(いわゆるマネタリベース)を増加させたのですが
日本だけが相対的に何もしない状況でした
http://kokka-vision.jp/_src/sc1203/92868CB4.pdf

 これに対し白川 
●「デフレ不況は国民の改革努力が足りないせい」と日銀の責任全否定
●遂にはテレビ番組(テレ東)で「デフレ脱却できなかったのは国民が悪い」と逆ギレ
●ノーベル賞経済学者(クルーグマン)から「銃殺にしろ」と言われる
●IMF総会で欧米から金融緩和を薦められるが「新興国の為に何もしない」と宣言
●金融緩和しなかったことを部下が中国に出向き共産党に報告
●金融政策はどうせ無意味だから何もしないと宣言

 で安部は白川の後に黒田をすえました
発表したのは7ヶ月で約100兆円の金融緩和です
 日本のGDPからいえば米国の半分が適正値です。

 つまり、リーマンショック後、欧米は必死で景気回復をめざし、成功したのに
日本だけが何もせず。世界から低迷していた(民主時代)
 そこで、安部はアベノミクスで世界と同様の政策を数年遅れで追随した。ということになります。
 つまりアベノミクスによった良くなったというよりも、
 今まで日本を悪くしようと民主がガンばっていたのを元に戻したに過ぎません
 悪い→今まで通りってのがイメージです


 

投稿日時 - 2014-05-31 01:04:37

お礼

まぁ、この辺は、もう少し様子見になるんでしょうか。
金融緩和しちゃうと、いろいろ困る人もいたって事なんですかね。

1本目の矢限定で話せば、数字で見ればひとまず成功、一部の人は成功体験を味わっているかもしれない。
どちらにせよ、これを話すと堂々巡りになるので、結果を待ちましょう。と言いたいが、ただ増税を入れたのは…私もこれだけは意味が分からなかったなと思う一人です。

これは話が大きくなるので受け流して欲しいんですが、結局問題は、産業革命以降の世界の発展の度合いが現在凄い落ち込んでいるって事だと思うんですよね。どこから何を喰うかという喰い合いで発展してきたというか…今まではどこかを喰うことで浮上できていたが、これからは喰うところがどんどん無くなっていく。アメリカは食いついたところはもう絶対放したくない、みたいな雰囲気(あくまで私個人のイメージです)を見ていると…
たちまち国を立て直す、日本の現在の地位を維持する意味では、金融政策は必要なんだと思うんですが、歴史って言う観点からすると、もう小手先の理論、短期的な小細工に見えて仕方がないんですよね…
高齢化社会って言う現象も、この産業のある一つの限界の壁に届きそうなイメージを彷彿とさせるというか…

歴史みたいな大きな視点で見れば、まだ途上国は存在していて、天井までの猶予はまだあるような気はするんですが…なんか、雰囲気だけで話して申し訳ないですが、そんなこと考えてます。

投稿日時 - 2014-05-31 12:12:36

ANo.18

 まず高齢化ですけど、現状福祉をどんどん削るしかありません。
ドンだけ経済が上向こうが無理な話です。
 なので切り離すしかないです。

 計算上では現在の福祉を継続するも、根本となる若年層が少なくなるわけですから。
そもそも国民1人あたりのGDPと出生率は比例しません

 いくら経済で儲けたても若年層は少なくなるわけですからね、

まぁなんども説明することですが、アベノミクスは諸外国の成功例を日本で実演してるだけです。つまり今まで民主党が日本を悪くしたのを元に戻しただけです。
  つまり急激に日本が悪化していたのを、ゆるやかな下降に戻した・・・そんな感じです。

 で、なんとかよくしたい抜本的な改革をして日本をよくしたいけど、多くの国民が反対するので日本をよくできない・・・そんな感じです
 
 なので政府に何とか、、、よりも肝心なのは国民です。国民の多くが無知で抜本的な政策をとれないんですから・・・、

投稿日時 - 2014-05-31 00:40:41

お礼

そうですね。
まず、国民からでも、アレならマスコミからでも良いので、本当に政治経済の才能がある人をある程度選択できるような選挙制度なんかができてくると良いですね。
ただ、どこのヨーロッパやアメリカを見ても、本当の民主主義って実現できるのかなと言う大前提もある気がします。国民がっていうのもわかりますけど、実際難しいと思います。せめて大統領制でもできないもんかなとか考えてみたり。

本当に、どこもかしこも利権でがんじがらめで、アロンαみたいな政治はヤバイ…
でも、もう間に合わないかもしれないですね。

やっぱり、どうにかなるわけではないのか…というのが、確認できてきた気がします。
引き締めていかないといけないですね。せめて淘汰されないように。

投稿日時 - 2014-05-31 00:55:54

ANo.17

 結局のとここれ以上の高齢化を防ぐには日本人が子供を産むしかないんですよね・
それが一番の経済対策でもあり、高齢化を防ぐ方法です。
・まず移民はイヤ
・貧富の差の拡大もイヤ
・国家予算に余裕がない

 で、これでどーしろって感じですいよね。後は戦争などで国民に命の危機を煽るくらいしかないんです
 『新生児・乳児死亡率』って出生率に綺麗にリンクしてます
新生児・乳児死亡率
http://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2013_neonatal_infant_mortality_rate.php

出生率
http://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2013_total_fertility_rate.php


 人は生命の危機を感じれば子供を産みたがるのです。
これで実に興味深いのはソマリアです
http://ecodb.net/country/SO/fertility.html

 合計特殊出生率、危険が改善されると同時に『出生率』も低下してるんです。
1992年 内戦激化
1995年 国連撤退
1997年12月 モハメド派、アト派、アイディード派を含む武装28派がエジプトのカイロで無条件停戦などを定めた和平協定に調印

 実に綺麗にリンクしてます。
 
 正直、戦争もアレですし手詰まり、なんです。なので欧州やカナダなど移民など問題ばかりだと分かりつつも移民を受け入れているわけです

投稿日時 - 2014-05-30 23:54:35

お礼

前質問では攻撃的でしたが、現金でスイマセン、これ面白いデータですね。

そんなアプローチも。笑えるとかそういう意味ではなく、面白いです。
確かに戦争は無理はありますが…

例えば政府が国民に優しく良い福祉社会を約束するより、ソ○ー、○ナ、○ヨタ、減税したんだから3倍稼げやとか言って、何か何らかの弱みを握って煽る方が現実的な気もするんですが…あがきの意味で…どうでしょう。

素直に、これから本当にどうしようもないから、今の余力があるウチに、がんばってみんなで復活しよう…とか言ってくれる方がありがたいですよね。
子供産みまくれや、餓死だけはしないように補助する、教育も日本は既に整っている。産んでくれや!子供達が大きくなったら稼いでくれるかもしれんゾ。責任は持ちきれんが、大人になるまでは絶対面倒を見る!だからみんなで助けてくれ。助け合おうとか、そういう煽り方をして欲しい気もします。

20年後強制ベビーブームが稼ぎ頭になってくれる!なんて未来が見えれば、経済も自然に上向きそうですしね。

投稿日時 - 2014-05-31 00:43:33

ANo.16

その前に安部の政策=アベノミクスではありません。
安部が行う政策の中に経済の対策があり、その中に経済用の政策に『アベノミクス』があります。
 分けないとぐちゃぐちゃになります

 アベノミクスで高齢化では意味が通らないんです。

 基本としては根本的な問題としてそもそも安心というのは質問者次第です。
政治に100点の回答はないんです。前述に米国のニューディール政策とレーガノミクスを
上げましたが。どちらにも効能と弱点があります。
 安部の政策に関しては正直目新しいとことは何もありません。
 米国や欧州での過去の政策の成功例だけを日本で採用してるにすぎません。
あと政治というのはベストと決める物ではないんです。
 いろいろな政治の政策があり、その中で一番マシなものを選ぶ政策です。

例えば高齢化ですけど、これは出生率の上昇か、移民の二択です。他に手段があるのかもしれませんが、人類はコレに変わる方法を見つけていません。
 移民はイヤというのなら日本の出生率を2.01以上に上げるしかありませn。移民はイヤという気持ちは分かりますが、移民はイヤ、出生率を上げる方法も分からない。でも高齢化をなんとかしろというのは無責任じゃありませんか?

 政治でも何でも反対の基本はそれよりも良い対案を出すことです。
批判だけ、でも対案はナシでは進歩は生まれません。

 ただ。。。極論でいいなら解決策はいくらでもあるんです。問題はそれに国民が納得しない。だから解決策が。例えば米国・・・・現在移民も対してないのに高齢化には遠い国です。
 EU、カナダなんかは移民が多い(だから最近、問題になってますけけど・・)
米国の場合、黒人やヒスパニックなど貧困層がぽこぽこ子供を生むんです。
 なので日本を米国のように貧富の差をでかくすれば貧乏人が子供を生みます。
しかし、それでは根本的に解決になったことにはならんですよね?

 移民のなしに手厚い保護で子供を増やすのは北欧など資源大国&高税国家だけです。

投稿日時 - 2014-05-30 23:43:20

お礼

大丈夫です、混同はしていませんよ。はじめから。
しかも、私が聞いているのに、私が対案を出さないといけませんか?

アベノミクス自体を問題にしているわけではないんですが。どこでそうなりましたか?
高齢化対策だけ全く切り離して考えると、確かに産ませるか、呼ぶかの2択かもしれません。
ですが、アベノミクスで持続的に経済が上昇するのであれば、高齢化対策とこれを引き離して考えるのもおかしな話ではありませんか?

経済で儲けた分はそれ、高齢化対策は別会計で厳密に分けてやるんですか?

一つ一つのことは、新聞とかwiki見ればそりゃ字は読めるので分かりますよ。
日本はどうなるんだって事ですよ。

アベノミクスでこうなって、こうなって、こうなるから、日本の経済は上向き、自然に出生率は上がり、高齢化問題は自然と解消されるとか、そういう先行きを期待しているんです。
そういう人多いと思いますよ。
どうにかしてくれるよって思いたい人。

でも、3本の矢の3本目の弱さと来たら、素人目にも怖くてたまらないじゃないですか。

やっぱり、そういう希望はないって事で良いんでしょうか?

投稿日時 - 2014-05-31 00:21:02

ANo.15

http://blogs.yahoo.co.jp/panaponnniwa/10077650.html

朝日とか毎日の過去記事を図書館などでお調べになるといいでしょう。

投稿日時 - 2014-05-30 22:56:34

お礼

ううむ…
もしマスコミがそんなこと言ってたら、そのマスコミは信じない方が良いかと思います。
何かわからないけど、なんか癒される回答、ありがとうございます。

朝日とか毎日も言ってました?
新聞はもっと縦断的に読んで、できればアメリカ辺りで配信される日本のニュースも見なければいけないかもしれませんね。

投稿日時 - 2014-05-30 23:07:08

ANo.14

アベノミクスは失敗します。

理由は、解決しない基本問題を知りながら、解決方法が無いから誰も言わないだけ・・・。

デフレの原因は、日本の労働価値が下がったから、GDP的総収入が減少。
日本人の半分が 南の人と同じ仕事しかできない、よって、労働価値は 南の人と同じ金額。
企業活動の常として、標準化、単純化が使命。結果、南の人で十分・・・

まあ、グルーバル化がもたらした宿命ですが、世界的に どこも解決していない
アメリカは資源が有るからなんとか、ドイツはユーロの下落とマルクの差額で特殊要因で独り勝ち。

日本人のIQ分布っても 南の人と変わるわけもなし、全員が南にできない装置産業に携われるわけもなし・・・
で、結局、日本の労働価値そのもの(労働収入)は 増えることは無い。
端的に、半田付けだけの パナとソニーがこけて、それ以外、南にできない、日本国内の需要、ソフト、IT関連などに適応で来たNEC、富士通、東芝がかろうじて・・・ってわけ

その半分の人間を、土方に使って(内需、国内勘定ですまそうたって)養えるわけもなし。
デフレで給料下がったのだから、200万で 結婚できる環境、つまり デフレでもっと物価下げないと
要は、ユニクロ的企業増やすこと、逆に デフレ、それに適応できない企業を 淘汰しないと。

逆だよね

投稿日時 - 2014-05-30 22:53:32

お礼

なるほど、そっちの考えはありませんでした。
なるほどね~
淘汰ですか…

要するに、インフレを先に起こして経済を活性化させるとかそういう問題ではなく、既に日本の価値は実態とかけ離れた形で縮小しているので、適正な位置まで淘汰縮小させれば、やがて本当のインフレ…というか、経済が上向きにに変わるだろうって事ですか?

難しいなぁ、経済。
世界が絡んでくるので、何か分かりませんが、軽いキズでは済まない感じがします。
少なくとも、ウチみたいな娯楽系は真っ先に淘汰されそうな(笑)

せめて今の状態を維持してもらうには、やっぱり何とかして外貨を稼いでもらわないといけない感じがする…。
それで、アベノミクスは減税でどっかはじけてくれるの期待してるのかな…?

現状維持のためには、アベノミクスは必要な政策ではあれど、弱いと言うことなのかなぁ…
何か分かりませんが、どっちにしろ厳しそうな見通しですね。

投稿日時 - 2014-05-31 00:05:51

ANo.13

>>3年後本当に上向きになるでしょうか…

マスコミは盛んに消費税上げたらスーパーインフレになると報道してましたが、喉元過ぎれば、大した混乱もありませんでした。

これは政府が大規模な増税対策を行ったからです。

3年たっても2012年度以前ほど悪くはなってないと思いますよ。
ま~韓国のデフォルトを引き受けなければですが・・・
これはアベノミクスではないので。

アベノミクスと安倍政権の全ての政策は個別問題で一緒の話ではありません。

投稿日時 - 2014-05-30 22:09:12

お礼

>マスコミは盛んに消費税上げたらスーパーインフレになる
これ、逆のような…
消費がますます冷えて、デフレから抜け出せなくなるって感じのことを言っていませんでしたっけ?

もしや回答楽しんでます?(笑)

投稿日時 - 2014-05-30 22:20:57

ANo.12

 そもそも景気の話をすると、しかも地域の話では無く日本の話になると必ず
『経済』の話になります。
 質問者がその経済の基本や政治の基本を理解されてないのでチグハグになります。
 しかも『それだけを見て批判をやめるわけにはいきませんよ』とか
 どうみても批判であるように見えますけどね
  無論は批判は自由ですけど、それには根拠が必要です。
 自分の店の売り上げとかいいながら、どう見ても単純に根拠なく批判するように見えます
経済学で意見が対立する以上はその根拠となる実際の実例テータが必要だと思いますが、そのデータなしに批判は、たんに批判の為の批判になっていると感じます。
 無論、問題提起は必要ですが、それが全く根拠もない提起ならあまり価値はありません。
 小学生の学級会で生徒が『それには自分は反対だと思います』
 と反対意見を述べても先生が生徒にその根拠を聞いたとしても『なんとなくそう思う』
 では意味があまりないと同じだと思います。

一応補足説明

・アベノミクスは安倍政権の行っている『経済政策』です。なので中身は経済の話です。
 高齢化問題はアベノミクスに含まれません。アベノミクスに高齢化問題は入ってない
 と怒るのは筋違いです

・民主主義は国民がある意味『王』です。民主は政治に対して最終的な責任を負います。
 なので勉強しなくていいという論理にはなりません 

・政治家というのは、有る一定の枠は固定化してるといいますが。
 それを国民が望んでいるからです。そもそも政治家というのは薄給で給料では完全に赤字です。理由は巨額の選挙費用です。しかし国民は政治家の給与を減らせという、これでは貧乏人は最初から選挙にでれません。しかしだからといってお金のかからない選挙にしようという声も上がらない・・・、これでは仕方がありません

・数年前まで中国の安い労働力をアテにしていたのは日本ではありませんでしたか?
 といいますが結果日本の企業は中国に工場を作り、日本は失業率が増えましたよ
 中国から搾取というのは言いがかりに等しいと思います

・高齢化社会
 これは今移民を薦めようとしてますけど。
  現状高齢化を止めるためには2つ『移民』と『出生率の上昇』しかありませんから。

・これなんかヤバイ匂いがしない?
 いまだ先進国で失敗例がないのに、なぜそう思ったのでしょう?
  よく批判本ではデフレがインフレになる・・そのような批判ばかりです。
  しかし、質問者は終始インフレに対しそのような問題提起がありませんでした。
  問題提起は自由ですが、経済に対して本当に勉強しないと良い質問にはなりませんよ
 



 安心とかいいますけど、自分には何が何でも安部批判に終始して、自分の不満を政治に責任転嫁したいように見えますけどね



 

投稿日時 - 2014-05-30 21:38:00

補足

>安心とかいいますけど、自分には何が何でも安部批判に終始して、自分の不満を政治に責任転嫁したいように見えますけどね

コッチからみると、逆に質問者を叩きつぶして、さっさとこの質問を終わらせたい感じに見えます。タイトルに「アベノミクス」とつけたのはまずったかもしれませんが、批判して良くなるとか、いろいろな意見をとりまとめてより良い意見にして政府が実行してくれるとか(こんなサイトの質問を政治家が見ているとかは無いとは思いますが)してくれれば最高です。

私を「批判者」とか「自分の不安を責任転嫁する人」にして終わらせられても困ります。

それに、さっきから思っていたんですが、安倍批判はしていないですよ。よく読んでください。政策、日本の今後の方針に対する不安があるので、質問しているのです。
一部、カチンと来る物言いと、うわべのごく一部の数字や教科書の内容みたいなものだけで押される回答があったので、イラっとしたのは確かですが。

たしかに、こういう質問が増えれば、消費者の財布の口がますます締まり、あまり良くないとは思いますが、でもみんな不安ですよね?

投稿日時 - 2014-05-30 22:52:45

お礼

確かにアベノミクスと高齢化は別問題だと思いますが…
それは完全に高齢化や少子化を抜きにすれば、今のところ賞賛すべきかもしれません。実感はありませんが、大企業とかでボーナスが増えて、いつかウチらにもそのお金がまわってくるかもしれません。
ですが、それ抜かれたら、この質問を無視されることになって、それこそ教えてgooじゃないし。
勝手に勉強しろやgooですか?

私が聞きたかったのは、こうなってこうなり、こうなるからこうなる。だから安心できるんだよ。

こういう感じのリアルで汚い部分も含めた真に近いことです。

今の時期に中国を引き合いに出したのはちょっと不味かったかもしれませんが、台湾なんかでもアップルの問題もありました。中国を抜きにしても、先進国が途上国から搾取している現実は見ないと。

まぁ、そのおかげで現在途上国が激しく経済成長を遂げたという恩恵もあるかと思いますが。
現実問題、途上国での生産賃金が上がり、今後は安く製品を作るのが大変になってくる。そうなると、必然的に外貨を稼ぐ量は減ってくるでしょう。
確かに途上国の窮状は人として見ていて辛いですが、日本人として外貨を稼いで戦後復興して、幸せを他の先進国同様に奪い取ったのも事実。これは一切否定しません。私は弱肉強食こそが、この自然界の真理と思っています。

窮状は辛いけど、自分たちの生活に変えられるものでもありません。汚いおとなですが、でもそれが真理と思うしかない。動物を殺して「いただきます」と食べるのと同じようなもんです。

それで、そうしたとき、今後どうやって外貨を稼ぐのよ?
アベノミクスでは何か良い物が隠れてて、私がそれが見えてないだけなのか、それともニュースサイトなどで見るように、やばいのか。
外貨なんか今まで通り適度にやっていれば、高齢化少子化を乗り切れるのか。
本気で移民進めるつもりなの?
ネトウヨじゃないですが、そんなの普通に抵抗ありすぎますよ。これだけは普通に絶対的にネトウヨ応援しますよ。ネトウヨ決めつけてくるから嫌いですけど。

質問の仕方に対して反論をくださるのも勉強になりますが、それより、どうなってどうなってどうなる。これをいろんな人に聞いてみたいです。

分からなくても批判はしますよ。分からないから批判しないで、ただタダ黙って政府の言うことに唯々諾々と従えと言うんですか?
それこそ恐怖政治推奨的な考え方じゃないですか?

分からないから質問しているんですよ。
怖い考えしか出て来ないから、質問しているわけです。

投稿日時 - 2014-05-30 22:13:38

ANo.11

>単に国内のお金をこねくり回しているだけ

これが今までずっとできなかったんだが・・・・
心配するのはいいことだけど、だったら少しは自分で勉強してみようよ。

投稿日時 - 2014-05-30 21:17:35

お礼

このサイトは、質問サイトではないんですか?
勉強勝手にしやがれサイト?

何か建設的な回答をお願いします。

投稿日時 - 2014-05-30 21:27:00

ANo.10

2012年度以前と、今を経済面で比較検証すれば容易くわかります。

投稿日時 - 2014-05-30 20:31:53

お礼

グラフ系のヤツですよね? タマに経済系のニュースサイトなんかで見かけます。
それで、今回増税が割り込みましたが、今後はどうなると予想されますか?
庶民は助かりますかね。他の回答者さんなんかが教えてくれたんですが、3年後本当に上向きになるでしょうか…

投稿日時 - 2014-05-30 20:44:58

ANo.9

>ただ、庶民には全く伝わりません。
 それはその庶民が不勉強だからです。
  日本の景気に関しては、多くの機関が景気関連の経済指標を出してます。
http://www.nikkei.com/biz/report/
  

>一部業種が業績を改善しているようですが、それだけを見て批判をやめるわけにはいきませんよ。
 現実を無視して、批判のための批判は説得力がありません


>国民の7割が景気回復していないという。その状況下での増税。
 金融緩和でまず上がるのは株価です。その後、失業率と、大学内定率が上昇します。
 で国民の所得が増えるは米国や欧州の例をみても最大3年かかります。
 経済学かえらいえば当たり前

>高齢化社会についてはほとんど触れていないアベノミクス。
 批判の前に最低限の理解はしてください。アベノミクスは安部の行った経済政策の名称です。なぜ経済政策に高齢化問題を関係ないです。
 高齢化問題は、別にその政策があります

>子供政策も効果を求めてと言うより、批判を避けるために、国民にミカンをお供えしたようなショボイ政策。

 それは無知だからそう思うだけです
そもそも補足をみて思う印ですけど
 これ質問者なく、単純に安部を批判の意見を述べたいだけですよね?

で、回答には『経済は分からない』と決まり文句・・・

投稿日時 - 2014-05-30 20:03:25

補足

勿論、ウチはウチで、がんばって売り上げを上げていく気ではありますが、一般論として、やっぱりみんながお金を持たなくなったら、ウチだけがんばってもキツ過ぎるという一面もあるじゃないですか。
高級品を扱っているわけではないので、やっぱり「そこらの一般庶民はもう無駄金を持っていないのかも」と思うと怖いですよ。

で、アベノミクス3本の矢を見たときに、「これなんかヤバイ匂いがしない?」と思って、質問したまでです。

まあ、多少は「みんながうーんと唸ってくれるような良い質問にしたい」とも正直思いましたが…

投稿日時 - 2014-05-30 20:55:51

お礼

だから、分からないから、少しでも安心できる要素が欲しいんですよ。
アベノミクスが嫌だろうが何だろうが、もうアベノミクスで日本は進むんです。

言い方を変えますか?
日本はどうなってしまうのって聞いているんです。

細かいところに、それは定義が違いますとか、数値が違いますとか言われても困ります。

それとも、批判は一切受け付けないという考え方の持ち主なんですか?
それは民主主義ではないでしょ。
全国民が経済学を学んで、政治家を選ぶんですか?

安倍総理は正直好きではありませんが、そんなことより、今後ウチの売り上げは下がっていくのかどうかが知りたいわけです。
確かに、金融政策で株価は上がりましたが、今後高齢化社会がドーンと待っているんですよ。
心構えだけでもしておきたくないですか?


>  これ質問者なく、単純に安部を批判の意見を述べたいだけですよね?
で、回答には『経済は分からない』と決まり文句・・・

メンドクサイ、ネトウヨ・ブサヨ系の質問者決めつけ回答はお断りですよ。

投稿日時 - 2014-05-30 20:26:32

ANo.8

もう成功してますね。

いい加減認めてください。

政府は今後も手を抜かないで市場を監視すべきです。

投稿日時 - 2014-05-30 19:42:22

お礼

えっと、アベノミクスを認めろ!と読み取ればいいのでしょうか?
そうですね、市場を監視してさえもいなかったら、日本は既に終わっていたかもしれませんね…
困ったな、良く分かりません。

投稿日時 - 2014-05-30 19:50:26

ANo.7

 補足
 結局は国民なんですよね。
 とにかく政治家を批判なんてする人がいます。でも政治家を選んだのは国民ですからね。
批判なんてするんならなら選んだの?
 という事になります。
 民主主義において政治家は国民の代表ですからね。政治家が悪いというのはすなわち自分が悪い・・・という事に帰依してしまうんですね。

 前回米国の金融緩和の話をしましたが、米国もリーマンショックのダメージと同時に
財政再建を為なければならなくなりました。
 米国の場合QE1~QE4といった金融緩和と同時に増税もしています。
 累進課税や遺産税などですね。
 しかし景気は着実に回復して、あす
 
 正直、日本の財務省が馬鹿~云々という意見もありますが、日本は米国や欧州など財政再建の成功例をまねているだけです。
 なぜ成功例をまねて それを批判するのか???
 意味が分からない。
  このような物価指数目標は20年おくれで日本が採用したのに(今だ世界で失敗例がない)・・・なぜ?という気がします
  日本が世界で最も遅れて導入し、世界初の失敗例になるかもしれないという意見もあるかもしれませんが、そのような事を言うのなら政治は何もできませんよ

投稿日時 - 2014-05-30 17:48:24

お礼

金融政策はひとまず成功ですよね。なんか、物価が上昇しインフレっぽくなり、株も若干上がり、若干日本全体のパイはかすかに増えたのかもしれません。ただ、庶民には全く伝わりません。
一部業種が業績を改善しているようですが、それだけを見て批判をやめるわけにはいきませんよ。

全体の所得が数値的に増えた。でも、国民の7割が景気回復していないという。その状況下での増税。
一体何のために金融政策を成功させたのか。
高齢化社会についてはほとんど触れていないアベノミクス。子供政策も効果を求めてと言うより、批判を避けるために、国民にミカンをお供えしたようなショボイ政策。

若者や女性を強く。それで一体何をする。日本を支えられるかはなはだ疑問。

政治家は国民が選ぶ。勿論その一面もありますが、それは綺麗な面しか見ていない場合に限りです。
実際は組織票が物を言います。それに、政治家の内心は国民には見えませんし、政治家の知能も国民には見えない。だとしたら誰を選ぶか。政界にコネを持つ人を街の政治家に選ぶんじゃないですか?
頭が良さそうで、日本をどうにかしてくれそうでも、どこの馬の骨か分からない人を、街の政治家に選ぶか?
選ぶとしたら、代々政治家をやっていて、政界にコネを持つ方を選びます。そうすれば、街にお金を呼んでくれる。

政治家というのは、有る一定の枠は固定化してると分析できますよね。
そして、元々コネを持つ系列の人は、自然に政界でも力を持つ。強いヤツは固定化するスパイラルです。
政治家は地元を自家の基盤と見ていますよね。戦国大名の基盤と雰囲気は似通っています。兵隊や領土こそ有りませんが、形を変えた徳川封建社会と見えなくもない(笑)

だから、共産系の有識者が、日本をうらやましがるんじゃないですか?
国民が選んでいるというのは、巧妙な建前ですよ。国民が選ぶ理想の民主主義なら、なぜ未だに長州薩摩系の人が力を持っているのか。矛盾です。

結局できることは、批判と問題提起だけじゃないかと思います。
何が変わるとはとても思えませんが、こうやって問題提起し続けることが大事ではありませんか?
そうすれば、考える人が少しでも増える。

ロジックも確かに知りたいですが、そこまで勉強することは現実的ではないし、私には興味がそこまでありません。みんなそうだと思いますよ。だったら、ざっくりでもいいので、金融ロジックだけではなく、アベノミクス全体がどうなのか、バカでも分かるように教えてくれてもよくありませんか?

ちなみに、植民地は確かに50年前に終わったかもしれませんが、数年前まで中国の安い労働力をアテにしていたのは日本ではありませんでしたか?
直接植民地からモノを取るのではなく、労働力を不当に取っていた。今も取っています。これが今まで日本がウハウハできた最大の要因です。これを今後どうすればいいのか。
何か一つでもいいので安心できる要素が欲しいところです。

投稿日時 - 2014-05-30 19:45:18

ANo.6

>先進国って言うのは、基本的に後進国の利益を奪って成り立っているモノと考えています。
それは50年前の話ですね。
 最近では後進国の場合、物価が安く、人件費も安いため、大企業などが人件費のコストカットを求め、その国に工場を建設します。
 例えば、ここ数十年中国が躍進してますが、それは米国など先進国が中国などにそれらの為に資本投下をしているからです。


>アメリカはまだ何とかいけるかと思いますが、でも、徐々にやばくなってて、
 それもはブッシュ時代の話ですね。今は違います。今のオバマは米国の『財政の崖』問題、デフォルト問題がニュースに出てきたりして財政的に危機的な状況です。
 米国はアフカン完全撤退など軍の規模を縮小しています。力かませの外交は昔ほどしてません。今のウクライナ問題でも米軍は動いてません


諸国に対し、とにかく力任せに有利な対外関係を築こうとしていますよね。若干悲鳴が聞こえてくるようなイメージもあります。
アメリカの利益を結果的に日本も頂き、今まではウハウハできた。

>要素は経済学に入っているんでしょうか?
  まず資本主義には大きく分けて『大きな政府』と『小さな政府』の2つの形態があります。 米国の政治体系はおおきく30年ごとに大きくその体系は異なります

 戦後、米国は大きな政府を目指しました。いわゆるルーズベルトのニューディール政策です。20世紀前半の米国の方向性は一貫してそれを目指しています。
 これは貧富の差はなくそうというものです。
 基本的に共和党が小さな政府より、民主党が大きな政府よりですが
基本となる骨子は引き継がれています。実際大きな政府であるニューディール政策はその後との大統領でもある共和党のアイゼンハワーでも継続されています。
 しかし、それも財政赤字の悪化という結末に終わります、この間約30年
 ※大きな政府の弱点に財政赤字があります

 で、その失敗を元に米国は方向転換をしました『小さな政府』いわゆるレーガノミックスです。でこれはブッシュの時代まで30年ほど継続されました。
 これも共和党主導でありながら、クリントンなど民主党の大統領によって継続され続けました。
 結局 共和、民主の違いはあっても根本となる政策には時代の流れがあります
 ※小さな政府の欠点は格差というものあるんです。

今回オバマによって(リーマンショックの反省により)時代は再度ニューディール政策のように大きな政府に戻されようとしています。無論貧富の差も解消しようとするものです。
 有名なのはオバマケアという保険制度です。これは米国でも日本のような保険制度を導入し
貧乏人でも病院に行くことができるというものです。

>要は、安心できる要素があるなら安心したいし、ダメならダメで、これからどういう感じで生きていけばいいのかを決めたいって事です。

 そういってもやはり勉強は必要です。理由は民主主義のシステムにあります。
政治を行う政治家を国民が選ぶわけですから・・・
 馬鹿な国民がが選んだ政治家は無能ですし
 優秀な国民が選んだ政治家は有能です。
民主主義である以上、どうしても最終的な責任は国民にあります。日本が政治的に優れる為にはやはり国民が勉強する必要はあるんです。
 分からないといって投げっぱなしでは優秀な政治家は選挙で選ぶ事ができなくなります

投稿日時 - 2014-05-30 17:35:31

ANo.5

>政治家や官僚は、自分さえ良ければ、自分の子供はどうなっても構わない考えの人なんでしょうか?
>頭がいい人達のやることがイマイチ理解出来ないというのが本音のところです。

いいえ。自分の財産がふくらめば、自分の子供とか家族は得をしますから、、、利己的ではあるが理にかなっています。

私は、政治家も官僚も、頭がいいとは思いませんねえ。彼らを理解するのは簡単です。自分の頭や権力を、自分のために使っているということです。当然、国民全体は2の次になります。>>財務省は、決して財政再建のために消費税を増税したいわけではありません。財務省にとって関心があるのは、ただ「歳出権の拡大」です。

私は、こういう質問をされるあなたのほうが、頭がいいと思いますけどね。アベノミクスは重大な欠陥があるものの、書いたように実験中です。結末はまだ分からないと思います。
ーーー
財務省の逆襲: 誰のための消費税増税だったのか [単行本] >2014年4月、消費税が5%から8%に引き上げられます。「日本経済は15年に及ぶデフレからようやく脱出しようとしている『病み上がり』の状態であり、ここで増税するのは、経済に悪影響を与える」という反対の声を押し切っての消費税増税です。財務省はなぜ、これほどまで強固な「増税路線」を進めるこ とができたのか。ほとんどのマスコミも経済学者も増税翼賛路線に乗せられているのはなぜなのか。それは、財務省支配が政界やマスコミは言うに及ばず、学界 にまで浸透しているからです。
しかも財務省は、決して財政再建のために消費税を増税したいわけではありません。財務省にとって関心があるのは、ただ「歳出権の拡大」です。財務省は、財政再建にも、日本経済のデフレ脱却にも関心はなく、ただ自分たちの権益を最大化することだけに邁進している集団だと、高橋氏は断言します。http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%AE%E9%80%86%E8%A5%B2-%E8%AA%B0%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E5%A2%97%E7%A8%8E%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E6%B4%8B%E4%B8%80/dp/4492212124

投稿日時 - 2014-05-30 17:31:19

お礼

たしかに、直近に当たる子供、孫くらいまでは…或いは巨大な富を築くことに成功している、或いは引き継いでいる一部政治家は安泰かもしれません。
でも、官僚とか多数の政治家は、子々孫々安泰とは言えない気がするんですよね…
まぁ、やっぱり人の子である以上、意識的か、或いは無意識にかは分かりませんが、一番彼らにとって重要なのは、直近の利益追求なのかもしれませんね。

せいぜい孫か…

---

まぁ、そういうのも当たってはいると思うんですが…内部の力関係とか何かがあるんでしょうか?
正義の官僚が結構たくさんいたとしても、長年無数にいろんな産業や政治家等々の利権が複雑怪奇に絡まってて、どうにもできなさそうなイメージはあります。
一回解体して完全透明人事な感じで作り直して欲しいですけど、それができるとしたら、本当に日本が弱体化したときかなぁと思います。民主党になったとき、何か壊れないか期待したんですが…違うところだけ壊れましたね(笑)
いっぱい飢え死にして、ボロボロになってしまえば、後は上を目指すだけな気もし、楽しそうな時代になるかもしれませんが、たちまちは今の世で稼がないといけないんですよね…
せめて現状維持はして欲しいんですが、どうも…そんな生やさしく見えないんですよね。出生率とか、高齢化社会を見ると、悲観的にならざるを得ないというか…

子供産み政策だけはやって欲しいんですが…
今若者世代に金が流れてくれれば、モノ売る方にとっても、ちょっとした期待値があるんですが…老人や企業がお金持っているよりは、まだ光明が見える…これも無いですかね?
みんながみんな囲い込んでる…

投稿日時 - 2014-05-30 19:05:29

ANo.4

(1)なんですが、どうもネットでは実態が掴めず…国民総数だと上がっていると言うことでしょうか?
 
 コレをあらわす、経済指標は『GNI』といいます
これは調査で公表してますので検索で簡単に分かります
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_gni


(2)金融緩和、お金の量が増えるんですよね? 経済が活性化すると言うことですが、効果はいかほど?
  これは物価水準目標といいます。これは米国(インフレターゲット)や他国でも行ってる政策ですね
 米国FRB、欧州ECBなどが先進国のほぼすべてで行ってます。
 始まりは1990年代のニュージランドに始まった政策ですね。今のとこ日本が先進国で最も最後に導入し、今のと他国で失敗例はありません。


(3)アベノミクスを全体で見たとき、輸出増、輸入額も増、増税、企業減税、円安で輸出業有利、でも燃料費は国全体で負担、まだ要素はいろいろあるように思いますが、何か国全体の総額は結局プラマイ0、誤差程度なイメージがあるんです。

 経済はイメージではなく、まずは仮定と実際に導入し、その結果を元に実例を合わせた学問です。
 例えば、米国のQE1~QE4など先進国で多くの実例があるのですから、実例を見てはどうでしょう?
 例えば日本の政策は米の政策など諸外国の成功例をを手本に導入してるのですから・・


(4)政策が困窮して仕方なくそういう方針をとるのはどうなのかと思います。

 →なら対案を出すしか有りません。。公共投資は無駄だからイヤ、でも対案はない
それなら何もせず傍観するしか手はありません。


>何か今後の日本やばくないのか、安心できるのか、説得力のある事実や説明が欲しい感じです。

 なら経済学を勉強することです。基本的な知識がないのに説明は少々むずかしい。
知らないと、単に無意味な陰謀論に振り回されるダケです。

投稿日時 - 2014-05-30 16:35:21

お礼

ありがとうございます。
申し訳ない、専門があり、経済学まで勉強はできません。手一杯なので質問させて頂いています。

学問としての経済学、確かに成功例を導入しているんでしょうけど、主要先進国のものですよね。先進国って言うのは、基本的に後進国の利益を奪って成り立っているモノと考えています。
アメリカはまだ何とかいけるかと思いますが、でも、徐々にやばくなってて、諸国に対し、とにかく力任せに有利な対外関係を築こうとしていますよね。若干悲鳴が聞こえてくるようなイメージもあります。
アメリカの利益を結果的に日本も頂き、今まではウハウハできた。

また、アメリカは貧乏人は死ぬほど貧乏人で、救いがないですよね…。例え能力があったとしても、這い上がるのが無理な位置に立っている人も多数。

こういう要素は経済学に入っているんでしょうか?

数十年前のように、力任せに利益を奪ってきた先進国も、現在はそんなに簡単に利益を奪える状況ではなくなってきていると思います。
そんななか、一部ヨーロッパでは植民地を失っても成功している?例もありそうです。高福祉系の国は今も上手くいってるんでしょうか?

(4)だから質問させて頂いています。居直られても困ります。
 できれば、良い案がどこかweb上にでもどこでも良いですが、それが落ちているのなら、或いは良い案があるのであれば、この質問からでも紹介してくれれば、極々僅かな可能性でも日本をどうにかできる卵にできるかもしれません。

経済が分かる人に、貧乏人はこれからどうなるのか、どうすればいいのか、或いはどういう心構えで生きていけばいいのか、
あと、政府がどうすれば光が見えるのか、も聞いてみたいなと思っています。

要は、安心できる要素があるなら安心したいし、ダメならダメで、これからどういう感じで生きていけばいいのかを決めたいって事です。

投稿日時 - 2014-05-30 17:09:25

ANo.3

(1)
→統計が取れる範囲で平均すると上がっていると報じられていますが公務員、一部上場企業がニュースになり下々の衆まで行き渡るかを判断するには早計。いま現在、消費税特需の反動が2ケ月続いて小売では経営に行き詰る取引先も見られます。

(2)
→価格カルテル?とまでいわれている大手宅配業者の大幅な運賃増は意味があると思います。当方では数年前よりメーカーからの仕入れも○○万円以下の発注分は要運賃負担…となってきました。
ロジスティックに関しては高度経済成長期から推移を見ると激変しています。モノが地方で売れる段階で問屋が潤って地方の運送業者の仕事があった。ヤ○ト運輸の小倉会長のVS運輸省、大店法改正、ネット通販発達など色々な要素で物流、販売が変化し「中間業者」の仕事は無くなった。これは(3)に繋がります。
未だ「利益」を上乗する事が悪のような消費者心理はあると思いますが物流コスト分だけでも値上げできる雰囲気まであと少し。

(3)
→高度経済成長期は輸出の利益で非効率な扶養(不要)家族を喰わせていけた。非効率の塊のような地方の一次産業それに付属する不要な公務員、ピンハネのJAなども二次産業の工賃が国内に落ちているうちは回っていた。合理化してもどうにもならんシャ○プでさえ為替で立ち直ったが工場が空洞化して労働者の稼ぎに寄与する部分はどうなのか。いずれにしろ高賃金が邪魔して空洞化が全て戻ってくることは無いし「ソニー不動産」のように何の会社?という再編、集中は進む。金転がして産む利益では労働者を食わすことはできない。

(4)
→カンフル剤も「アンナカ」でも同じ事。「今でしょ」とか必要かどうかの精査はされていない。

>年金や健康保険料など、福祉分野が破綻すると思うのですが
→既に破綻している年金を返金することが第一歩。
弱者救済、福祉の程度を大幅に引き下げることが必要です。衣食住の現物支給がベスト。
不要な公務員を切って警察官を増やせば移民受け入れで今のままのカンフル剤投与で食いつなげるかもしれません。
自分の孫だけは可愛いのであろうプレ団塊、団塊世代から富を移動させないと破綻時期は近いと思います。

投稿日時 - 2014-05-30 15:50:18

お礼

(1)そうですよね、反動というのがありました。これはあまりニュースでは見かけない気がするのですが、なるほど、これから本格的に反動が出てくると言われてるんですね…これは怖いな。

(2)そうですね、消費税アップは、数年で効果がなくなりそうなのでダメだと思うんですが、こういう原材料アップに伴う値上げは逆にやってもらわないと、業界の従業員の給料に響かれても困る気がします。

(3)そう、アベノミクスでソニーやシャープなんかがドカーンと行ってくれれば、少しは安心要素になるのですが…ソニーとか…業界の他の企業が「めちゃくちゃ増収ウハウハ」とかなら喜べるんですが、「とりあえず増収だったよ」感が怖いですよね。まさか円安効果分だけ? とか考えると、心臓が痛くなります。この増収をバネにドカーンと行ってくれれば良いんですが、その材料も乏しそうだし…


公務員も金を落としてくれるならまあアリかと思うんですが、今の日本じゃそんなこと言ってられないですよね。無駄な公務員を産業系の業種できっちり外貨を稼いでくれる存在にできれば…でも、そんな産業もない。
やっぱ今後日本はヤバイんですかね…
日本の頭のいい人達に自分の一時的な利権確保に走られたら怖い。
彼らと共に共倒れになる…

金転がしに必死になる上流階級保護するより、庶民に金回してくれれば、自然に活気が出て、また産業も発展していく、子供も増えると思うのは、庶民のわがままなんでしょうか?

みんな頼むから昔みたいに無駄金持ってくれ…と願うばかりです。

投稿日時 - 2014-05-30 16:41:26

ANo.2

言われるように、税金を上げたことが、アベノミクスが失敗するとしたら、その原因です。今、どうなるか、実験中です。

浜田宏一(内閣官房参与)、岩田規久男(現日銀副総裁)、ポールクルーグマン(ノーベル賞受賞)などはみんな、消費税アップを保留すべきだ、と明言していました。世界的にも、景気回復期には増税すべきでない、というのがコンセンサスです。

消費税アップは財政政策のなかで、マイナス要因となるもので、いわば、アベノミクスの逆噴射といえるでしょう。金融政策はお金を刷るだけです(国債を買う)ので、どこでもやっていることです。これだけはうまく行っています。そしてこれだけは安倍さんの功績です。以下参照。

―――
消費税増税は必要ではありません。むしろ、今はやってはいけません。国の借金は減るどころか、消費税が増税されれば、景気が腰折れして、税収が減り、国の借金は増えると考えられます。http://okwave.jp/qa/q8116825.html 安倍氏の決断した8%への消費税増税の動機としては、私は以下の可能性が高いと思っています。

★(1)高所得者には多くの政治家も含まれますが、消費税増税で高所得者に負担となる所得税アップが抑えられる可能性。 >>> 安倍首相とその一族、その仲間の政治家グループ(自民党)には税的には有利。民主党の政治家にも同様な利己的理由で有利。増税法案は民主の立案ですでに成立しているので、このチャンスは絶対に逃したくない。
★(2)大新聞社も大企業も、自社への近視眼的な利益誘導を目的としている。>>> 消費税増税で法人税アップ抑制、大企業からの大新聞社への広告料アップ 、、、しかし結局は景気が腰折れして、大新聞社も大企業も損するのです。http://okwave.jp/qa/q8237521.html
★(3)一見、財務省はまじめに借金を減らそうと努力しているように見えますが、これまでの消費税アップの結果からすると、とんでもない偽善、大ウソです。>>> 財務省が執拗なまでに消費税増税を訴える理由は、「法人税」やその他の軽減税率の設定を通じて各業界団体に大量の天下り先を確保できるからです。特に財務省の官僚というのは、国家国民の利益など微塵も考えていません。http://rh-guide.com/tokusyu/syohizei_usotuki1.html

それぞれの利益や権益に向けて、財務省、大企業、大新聞社、政治家が大暴走で、とんでもない話ですが、これらの組織をよーーーく監視して、その偽善、利己主義、大きな誤りを指摘しておくことが肝要です。

投稿日時 - 2014-05-30 15:42:04

お礼

そうですよね、この辺りは経済系のウェブ記事を読むとよく出てきます。
利権政党で自民党は嫌なのは嫌なんですが、この人達が利権を取っても結局日本全体の経済が上向きになるのならそれはそれで許せる余地もあります。
逆、下向きになるなら本当に最悪ですが…

アベノミクスのポイントは、「結局は景気が腰折れして、大新聞社も大企業も損するのです」ここだと思うんですよ。
結局我々庶民が今後も困窮し続ければ、「日本国」として経済規模が縮小し損をすると思うのですが…

官僚とか頭良いですよね? 先の予測もすぐできますよね?
もしかして、我々が分からない部分で、10年後ドカーンとアベノミクスが成功する算段があったりとかするんでしょうか?
それとも、本当に近視眼なのか、あるいは破綻しはじめたら国外逃亡とかするつもりなんでしょうか?
それとも、いずれはアメリカのように多人種国家にするつもりなんでしょうか?

今は、「日本にいる日本人」というのが、日本人として生まれた者が平等に持つ利権だと言えると思うんですが…それを捨てる気満々なのか…

政治家や官僚は、自分さえ良ければ、自分の子供はどうなっても構わない考えの人なんでしょうか?

頭がいい人達のやることがイマイチ理解出来ないというのが本音のところです。

しかし、今後本当にモノが売れるようになるのか…。生活必需品を売っているわけではないので、みんなに困窮されると本当に困ります。今後娯楽は縮小していくんでしょうか?
やっぱり、今後は徐々に現状を下回りつづけていく、というのが、日本の本当のところなんでしょうか…?

投稿日時 - 2014-05-30 16:01:07

ANo.1

(1)平均所得は増加してます。
(2)日銀が2%の物価上昇をめざし金融緩和をしていますので
 給与どころか物価も上がります。
(3)全然意味合いが違います。
  まず規制緩和をすることにより
  ・株価が上昇する
  ・企業収益が上がる
  ・自国通貨が安くなる
   これは結果的に輸出産業が儲かるのではありません。 wiki『通貨安競争』で検索してください。これは失業率低下・資源稼働率上昇という結果になります。
 例えば自国通貨が安くなれば、海外で製造していた工場が、国内に戻ってきます。
   輸入では国内の労働人口は上がりません。
(4)確かに公共工事にはそのような面がありますが、景気浮揚効果として最も
 経済効果が高いのも事実です。逆に全くしないのでは、景気も悪化し国家の収益は
 さらに悪化します。

>年金や健康保険料など、福祉分野が破綻すると思うのですが、アベノミクスの成長戦略でこれが解消されますか?

 絶対に無理です。これを解決するには人口の低下を食い止めるしかありません。それには
1.出生率を2.01以上に引き上げる
2.移民
 この2つの方法しかありません。
 
 アベノミクスについて知りたければ『インフレターゲット理論』や『ケインズ理論』を理解しないと
つらいと思います

   

投稿日時 - 2014-05-30 14:42:29

お礼

回答ありがとうございます。
(1)なんですが、どうもネットでは実態が掴めず…国民総数だと上がっていると言うことでしょうか?

(2)金融緩和、お金の量が増えるんですよね? 経済が活性化すると言うことですが、効果はいかほど?
 庶民にとっては、給料は誤差程度しか上がらず、消費税は増え、諸々税金も増え…という感じで。総数で所得が上がっていると言っても、やっぱり誤差程度ですよね? 減る方が増えすぎて、庶民間では逆にお金がまわらなくなっているように見えるんですが…この辺りはどうにかなるんでしょうか?

(3)アベノミクスを全体で見たとき、輸出増、輸入額も増、増税、企業減税、円安で輸出業有利、でも燃料費は国全体で負担、まだ要素はいろいろあるように思いますが、何か国全体の総額は結局プラマイ0、誤差程度なイメージがあるんです。よく言われるように、アベノミクス全体で見れば、個人のお金を減らし、企業のお金を増やしている面もあると思います。この辺りはどうなんでしょう…

(4)政策が困窮して仕方なくそういう方針をとるのはどうなのかと思います。現在結局経済活動にほとんど無意味になった道路や箱物もいっぱい余っていると思います。(田舎に行くと笑えます。田んぼ少しの地域の山中に国道ばりの複数車線超豪華農道、しかもとことん対向車がこない道路とか、誰も通らない超立派な近代的なトンネルとか)何か打つ手はないんでしょうか?

アベノミクスを知りたいというか、何か今後の日本やばくないのか、安心できるのか、説得力のある事実や説明が欲しい感じです。

投稿日時 - 2014-05-30 15:26:26

あなたにオススメの質問