みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

債務整理について(処理する側です)

1年前から法律事務所でパート事務をしています。
債務整理業務は少なくあまり経験が無い為分からない事が多いのですが
中でも債権者がどんどん変わっていたり、債権回収の会社が入ったり・・
問い合わせる所がどこなのか分からない事があります。
債権回収の会社が入るとそちらメイン?で考えても良いのでしょうか?

あと、受任している方の債務明細が届いて債務名義(督促)があることが分かり
管轄の裁判所と事件番号が書かれていたのですが
相手方がどこなのかよく分かりませんでした。
書かれていたのは、
・管理回収業務の会社A(ここから明細が届きました)
・現債権者B
・前債権者C(債権回収会社)
・原契約会社D です。

CかDというのは分かるのですが、問い合わせたところ
「書いてますよね?Dですよ」と言われました。
当たり前のように言われたのですが、なぜなのか分からず・・
どのように見ればいいんでしょうか?

弁護士に聞けばいいのですが、大雑把な処理のみ教えられていて
分からない事は自分で調べて、それでも分からなければ
そのままにして置いてください、と言われています。
かなり忙しい方なので細かい説明を求めることが難しく
こちらで質問させて頂きました。

投稿日時 - 2014-05-08 20:10:13

QNo.8586704

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>債権回収の会社が入るとそちらメイン?で考えても良いのでしょうか?

 おおまかに言うと、債権回収会社は本来の債権者の「代理人」と考えればOKです。

 本来の債権者がわざわざ「代理人」を立てているわけですから、連絡等は「代理人」である債権回収会社にするのが原則です。


>あと、受任している方の債務明細が届いて債務名義(督促)があることが分かり
管轄の裁判所と事件番号が書かれていたのですが
相手方がどこなのかよく分かりませんでした。
書かれていたのは、
・管理回収業務の会社A(ここから明細が届きました)
・現債権者B
・前債権者C(債権回収会社)
・原契約会社D です。

 あくまで支払督促の相手方というのであれば、支払督促の当事者として「債権者」という記載がありますので、それを確認することになります。

 弁護士業務では、書面の内容を正確に読み取ることが必要とされます。書面の内容は、呪文が書いてあるわけではありませんので、きちんと読み込めば意味はわかるはずです(専門用語の知識は多少必要です)。

 法律事務所はいろいろな内容の書面を受領しますから、良く読んで、どういう意味なのか、まずは自分の頭で考えることが大事です。

 また、インターネットを使って、うまく調べるスキルを身につけましょう。

 弁護士からすると、詳しく教えるとなると法律の授業が必要になってしまいますし、実際の法律事務所職員としてはそこまで高度な知識が必要なわけではありません。

 債務整理では、本来貸付をした業者が、保証会社から代位弁済を受けて、求償権で債務者(依頼者)に権利を有する場合が珍しくありません。また、貸付債権が債権譲渡されることも良くあります。

 すぐにすべてを理解することは難しいとは思いますが、1つ1つの事件を勉強だと思って頑張って下さい。

 

投稿日時 - 2014-05-09 06:21:00

お礼

詳しい説明ありがとうございます。
弁護士に詳しいことを聞くのは難しいので、仰るとおり文章を何度も何度も読み返し
ネットも駆使していますが、それでも分からないことが色々あります。
実は債務整理はまだ3回目なので・・まだまだですね。
これからもっと勉強して頑張ります。

投稿日時 - 2014-05-09 19:33:32

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>相手方がどこなのかよく分かりませんでした。

 御相談者が書いている当事者の肩書きを、文字通りに読み取るのであれば、Dが依頼者にお金を貸して、その貸金債権をCに債権譲渡して、さらにCがBに債権譲渡をして、現在の貸金債権の債権者はBであり、Bから委託を受けたA(法務大臣の許可を受けた債権回収会社ですよね?)は、その貸金債権の管理や回収業務を行っていると推測できます。

投稿日時 - 2014-05-08 21:30:23

お礼

分かりやすい説明ありがとうございました。
まだまだ不慣れですが頑張ります。

投稿日時 - 2014-05-09 19:35:52

あなたにオススメの質問