みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願い致します

The word beginning,' he says, as applied by Moses in the first verse of the book of Genesis, expresses an undefined period of time which was antecedent to the last great change that affected the surface of the earth, and to the creation of its present animal and vegetable inhabitants, during which period a long series of operations may have been going on; which as they are wholly unconnected with the history of the human race, are passed over in silence by the sacred historian, whose only concern was barely to state, that the matter of the universe is not eternal and self-existent, but was originally created by the power of the Almighty.' The Mosaic narrative commences with a declaration that in the beginning God created the heaven and the earth.' These few first words of Genesis may be fairly appealed to by the geologist as containing a brief statement of the creation of the material elements, at a time distinctly preceding the operations of the first day; it is nowhere affirmed that God created the heaven and the earth in the first day, but in the beginning; this beginning may have been an epoch at an unmeasured distance, followed by periods of undefined duration during which all the physical operations disclosed by geology were going on.'

The first verse of Genesis, therefore, seems explicitly to assert the creation of the universe; the heaven, including the sidereal systems; and the earth, especially specifying our own planet, as the subsequent scene of the operations of the six days about to be described; no information is given as to events which may have occurred upon this earth, unconnected with the history of man, between the creation of its component matter recorded in the first verse, and the era at which its history is resumed in the second verse: nor is any limit fixed to the time during which these intermediate events may have been going on: millions of millions of years may have occupied the indefinite interval, between the beginning in which God created the heaven and the earth, and the evening or commencement of the first day of the Mosaic narrative.'

投稿日時 - 2014-05-02 17:34:16

QNo.8578312

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

「その語句の始まりは」と彼は言います。「創世記の書物の最初の韻文中でモーゼによって適用されたように、地球の表面に影響した最後の大きな変化や、現在の生息動物および野菜の創造 ― その期間に長い一連の操作が進んでいたかもしれません ― に先行する不確定の期間を表現しています。それらはまったく人類の歴史とつながらないので、宗教史家は何も語らず通り過ごすのです。宗教史家が唯一関わるのは、宇宙の諸要素は永遠でも自存的でもなく、もともとは万能の神の力によって創造されたことを辛うじて述べているだけです。」
モーゼの話は、最初に、神が天と地球を創造したという宣言で始まります。「創世記の最初の数語は、第1日目の操作よりはっきり先行した時期での、物質元素の生成に関して手短な陳述を含んでいるとして、地質学者によってかなり大げさに訴えられるかも知れません。しかし、神が第1日目に天と地球を創造したとはどこにも断言されていなく、最初の頃に創造したと断言されているだけです。この最初の頃とは、無限の長さの時代だったのかもしれません。地質学によって示された、すべての物理的操作が起こり続ける不確定の期間がそれに続いたわけです。」

したがって創世記の最初の詩文は、宇宙の創造、星の体系を含む天上、そして、特に6日間の操作の後に続く場面が記述されるように、私たち自身の惑星と指定される地球を明示的に主張しているように見えます。この地球上で生起したかもしれない出来事に関しては、情報が与えられていません。最初の詩文に記録されている地球の構成要素の創造と人類史とが、第2の詩文の中でその歴史(の記述)が再開される時代の間で(乖離して)、つながっていません。また、どんな時間枠も、その間に出来事が進んでいたかもしれない時期に固定されていません。すなわち、神が天と地球を創造した始めと、夜あるいはモーゼの話の第1日目の開始との間で、何百万の何百万もの年が不定の時間的間隔を占めている、ということなのかもしれません。」

以上、ご回答まで。

投稿日時 - 2014-05-03 14:37:46

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-05-05 02:12:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)