みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地震があるかと思い キャンセル

私は2人で3月末にユニバーサル・スタジオ・ジャパンを予定してました。
しかし地震が来るかもしれないという情報でキャンセルしました。
ピーチ航空がそのまま予約で代金戻って来ませんでした。

地震情報は下記のような事でしたが,この事で私のような何かキャンセルしたような方がいましたか。

「3年前に起こった東北級の大地震が来るかもしれないと言っておられる学者さんがいました。
少なくてもマグネチュード7とか。
いわゆるその南海トラフとかもしれません。
これは10日ほど前のテレビだったのですが,東京大学の名誉教授で80歳を超える方です。

それはGPSで見ると,地上は何時も3センチメートル以内なら,隆起しているそうです。
それが場所によって3センチメートルを超えて,5センチメートルくらいもなる時があるとか。
そして日本中にこういう計測ポイントが置かれていて,それをGPSで調べているのです。

この教授が以前から調べていると,何処かの地域で地震が起こる前に,3センチメートル以上の隆起が起こっているとの事です。
殆ど高い確率で合っていて,これは数ヶ月前に起こっていたそうです。

そしてこれが3年前の東北沖の大地震の前にも多くの箇所で起こったそうです。
彼は大地震の恐れを感じて発表しようか迷ったそうですが,もし天下の名誉教授が外れてしまったら,何を言われるか分からないと思って,言わずにいたそうです。
しかし大地震が来てしまいました。

ところが今回,それと全く同じような兆候で,この数ヶ月前頃に日本中で隆起が現れたそうです。
それでこれが予想の南海トラフの大地震ではないかという訳です。
そして3月末で起こるのではと言っていました。」

投稿日時 - 2014-04-28 10:11:42

QNo.8571937

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

普段より警戒はしましたが予定のキャンセルはしていません。

研究内容としてはありうることだと思いますが、大概の物理現象は100%再現可能と言うものではありません。
たとえば金属疲労のテストだって必ず同じ条件で疲労限に達するわけではない。テストピースの組成など、完璧に同じ状態で再現することが出来ないからです。
まして地殻の組成のばらつきなど金属板の比ではない。
破壊の仕方だって場所によって異なるはずです。

なんていうことは当然、当の東大名誉教授だってわかっているはずのことです。東大の名誉教授になるというのは簡単な話じゃありません。国民の大多数よりは頭脳明晰であると信頼できるはずます。
3.11以前であれば、今回の地震情報もおそらく公になることは無かったでしょう。それが研究者としての良心です。
ですが、地震というものはあれだけの被害が生じるのだということを国民が目の当たりにしてしまいました。
不完全な研究であっても何かしらの兆候が出てくれば警戒を呼びかけなければならないというのは、人としての良心でしょう。
受け取る側はそのことを理解したうえで耳を傾けることが大切だと思いますよ。

投稿日時 - 2014-04-28 11:55:36

補足

伊予灘ではそのころ5強があったのですが,そして東京でもそのころ5強が起こってました。
これは東北沖で起こった東京での地震以来では最高という事で,この名誉教授の方は,今では半ば英雄扱いです。
この間テレビの特番でしてました。
この方は地震学者ではないのですが,新しい地震予知方法を見つけたという訳です。
これは予想とはかなり下回っていたのですが,それでも予知した意味は大きいという事でした。

投稿日時 - 2014-06-02 12:36:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

質問の趣旨はキャンセル料のことではなく、地震予測のことですね。そのつもりで回答します。

私もその情報に触れていて、3月の頃はニュースに気をつけていました。すると3月の半ばに四国と九州の間で震度5程度の地震がありましたので、もしかしたら予告はこの地震ではないか?と思ったものです。

「南海トラフ」と盛んに言われていますが、「プレートの沈み込む際のところで摩擦が生じる」と説明されることが多いです。しかしプレートはその後も地中深く沈み続けますので、そこでの摩擦もあるはずです。プレートは沈み込んで消滅するわけではありませんのが、そのことを説明するマスコミはありません。

トラフの北側の地中の深いところで上下のプレートが摩擦を起こした、と考えられると思うのですが…。

投稿日時 - 2014-04-29 21:11:58

補足

> 3月の半ばに四国と九州の間で震度5程度の地震がありました

その事は前触れと考えました。
東北沖の時もそのような前触れがあったと誰かが(ご本人かは覚えてませんが)言ってましたから,余計に真実味を帯びて感じてしまいました。

一番謎の不思議がもう1つ出た事で,古老の名誉教授さんの研究の対象が拡大したのではないでしょうか?
今回が単なる老人性痴呆症というような結果でなければいいと思うのですが。
今回のように起こらない事に越した事はないのですが,この方が100%起こると確信されたから発表したと思えます。
起こらなかった事に対して,何か発見があれば将来の教訓になるでしょうから,原因が掴めるといいのですが。

投稿日時 - 2014-04-30 00:13:23

お礼

伊予灘ではそのころ5強があったのですが,そして東京でもそのころ5強が起こってました。
これは東北沖で起こった東京での地震以来では最高という事で,この名誉教授の方は,今では半ば英雄扱いです。
この間テレビの特番でしてました。
この方は地震学者ではないのですが,新しい地震予知方法を見つけたという訳です。
これは予想とはかなり下回っていたのですが,それでも予知した意味は大きいという事でした。

投稿日時 - 2014-06-02 12:39:32

ANo.11

>ピーチ航空がそのまま予約で代金戻って来ませんでした。

で、それを返せと言う事なのでしょうか?

ピーチが欠航を決定した時以外は、返金しない。と言う事は約款に書かれていますよ。
航空会社の判断で、結構となる物以外で、変更や返金の記載のある契約以外は、返金されません。

貴方が危険だと判断したのは、航空会社の判断ではありませんので、こうくうかいしゃは、単なるあなたの側の都合でのキャンセルでしかありません。

日本政府から、大地震が起こるから、その地区へ行く飛行機などに乗るな!と指示があったのであれば、航空会社も運休にしますが、その辺の学者が言う位じゃ無理です。

大学の教授や学者の言う事なんていい加減ですよw
私の住んでいるすぐそばの大学の地質学の教授が、「今の状況で、しばらくの間浅間山は噴火しません。」と、報道番組に出演して、放送されたその夜に噴火が起こりました。
いろんなテレビ局に出ていましたが・・・・

その噴火以来、何処のTV局にも出演しなくなってしまいました。

そんなもんなんですよ。

そんなのに振り回されてたのでは、会社や、経済などは、はやっていけませんからね。

投稿日時 - 2014-04-28 18:56:40

補足

返金がない事は,地震の事があった後で分かったので諦めていました。
単に自分が思ってした事でしたが,その代償があった事を書いただけです。

NO1の方はジョークなのか私に返還を助言してましたが,私はそれに対して
「今何だか周りが余りにも平和で和んでいるので,この事でピーチに言う事が恥ずかしいです。
今回ここで訪ねたのは,私のような人が居たかの所謂同類意識です。
旅行で行った先が地震で場所不明になって,泊まれる所とか帰れるかも心配になったものですから,損を覚悟でキャンセルしました。」
という補足をしました。

それにしても東北沖では事前に正確な予想で当たっていたのが,言わずにいた反省で今回公表した辺りの経緯から私はスッカリ信じてしまいました。
慎重の上にも慎重を重ねての発表と私は見ましたからです。

起こらなかった事に越した事はありません。
しかしそれにしても,この名誉教授の方の最高のレベルの科学だと自身でも思ってした事が,不当たりになったのは,再度の科学の見直しのいい資料になったのではないでしょうか?
地震の探求は非常に難しく根深いものであったのですね。

結局噴火の事もそうだったのでしょうから,こういう例もあって私ももっと慎重に信じるように心がけるようにします。

投稿日時 - 2014-04-28 22:13:37

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-02 12:40:27

ANo.10

> 地震の予想ですから,科学的な理由もあったとなると,誤差は1,2ヶ月くらい出るかと思って,なお少し心配が残っています。

残念ながら科学的な地震予報の誤差は数十年の単位ですから、1、2か月程度の極々短時間で安心してはいけません。
今回の予報が「質問者様が生きている間に来るかもしれない」くらいの警戒心でいると良いでしょう

投稿日時 - 2014-04-28 12:54:52

ANo.9

危ないところでしたね。

助かって良かった。

これに懲りて遠出はしないに限りますねww

投稿日時 - 2014-04-28 11:58:21

ANo.7

>私は離れているので,直接な問題ではないのですが。

いや、東日本大震災は東北でした。言ってはなんですけど、田舎です。

東海、東南海、南海地震は太平洋ベルト地帯を直撃します。
東京、名古屋、大阪、神戸、福岡まで壊滅するでしょう。

あとは、地下鉄があることです。水没したら何十年とかかっても復旧できないでしょう。

投稿日時 - 2014-04-28 11:41:57

補足

北海道です。

現地に行かなければ,これだけ離れているとという事で書きました。

投稿日時 - 2014-04-28 12:53:11

>この事で私のような何かキャンセルしたような方がいましたか。

そんな人はいなかったと思います。

ピンポイントで地震の予知ができるなら
ノーベル賞ものです。

地震予知はいつもあくまでも、そのうち必ずくる。
確率は高い。その程度ですから。

自分の命は自分で守るのが基本ですから、
結果として今回は外れたかもしれませんが、
質問者さんの決断を笑うことはできないし
賢明な判断だったと思いますよ。

投稿日時 - 2014-04-28 11:41:07

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-06-02 12:35:49

ANo.5

> 3年前に起こった東北級の大地震が来るかもしれないと

何の担保も無い単なる予想でしかないですね。
「来るかも知れない」と言葉を濁してして「来る」と言い切った訳では無いでしょう。
GPSによる隆起観測も極最近の事ですから、未だ未だ研究段階の域の中です。
観測結果と過去の出来事を照らし合わせた結果が単に流れただけであって、ただの状況証拠的なものでしか無いです。
結果的に質問主さんが早合点したものであって、それによる損失をピーチ航空に請求するとかなどすれば非常識ですね。
大きな地震が起きた後に、「そう言えば鳥が居なくなっていた」とか「犬がやたら吠えていた」とか言うのと同レベル。
単刀直入に言えば『デマ』に近い情報でしょう。
それに勝手に乗ってしまった質問主さんの全ては自己責任です。
この情報に踊らされた人は質問主さんの他にも居るかも知れませんが、極々少数と思いますよ。

投稿日時 - 2014-04-28 11:03:55

補足

ピーチに請求しようなどと毛頭思ってませんでした。
ところで伊予灘ではそのころ5強があったのですが,そして東京でもそのころ5強が起こってました。
これは東北沖で起こった東京での地震以来では最高という事で,この名誉教授の方は,今では半ば英雄扱いです。
この間テレビの特番でしてました。
この方は地震学者ではないのですが,新しい地震予知方法を見つけたという訳です。
これは予想とはかなり下回っていたのですが,それでも予知した意味は大きいという事でした。

投稿日時 - 2014-06-02 12:51:50

ANo.4

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37571
この話の事でっか?
あんさんも律儀な人でんな!
信じる・信じないは人それぞれでっせ!
せやけど・・・地震は無かったが正解でんな!
正解を確認してのこの話、信じれる人おるんやろか・・・

投稿日時 - 2014-04-28 10:49:59

補足

伊予灘ではそのころ5強があったのですが,そして東京でもそのころ5強が起こってました。
これは東北沖で起こった東京での地震以来では最高という事で,この名誉教授の方は,今では半ば英雄扱いです。
この間テレビの特番でしてました。
この方は地震学者ではないのですが,新しい地震予知方法を見つけたという訳です。
これは予想とはかなり下回っていたのですが,それでも予知した意味は大きいという事でした。

投稿日時 - 2014-06-02 12:41:22

ANo.3

>東京大学の名誉教授で80歳を超える方です。

そんな人の発言はまともに受け取ってはいけません。

投稿日時 - 2014-04-28 10:37:50

補足

でも
伊予灘ではそのころ5強があったのですが,そして東京でもそのころ5強が起こってました。
これは東北沖で起こった東京での地震以来では最高という事で,この名誉教授の方は,今では半ば英雄扱いです。
この間テレビの特番でしてました。
この方は地震学者ではないのですが,新しい地震予知方法を見つけたという訳です。
これは予想とはかなり下回っていたのですが,それでも予知した意味は大きいという事でした。

投稿日時 - 2014-06-02 12:42:56

ANo.2

今回に関しては、結果的に

「はずれた」んですよね。

阪神淡路の時もわかってたなんて人はいましたし、
よく聞いてみるとかなりの数の予想があって「どれか当たる」状態らしいです。

そういえば、世界的に有名な方も地球滅亡説を外していますし、
○○文明の暦も外してますし。

隕石もいつどこに落ちてもおかしくないし、
地球の内部が液体である以上、地震も噴火も有り得る話なんですよね。

いちいちほんとか嘘かわからない情報に一喜一憂して生きるか、
まぁ、来る時は来る。来たら来たでしょうがない。と思って生きるかですかね。

投稿日時 - 2014-04-28 10:36:55

ANo.1

 それで正当と思うなら、ピーチ航空へ代金の返却を求めればよいです。
 返してくれるまで粘り強く交渉しましょう。頑張ってね~!

投稿日時 - 2014-04-28 10:36:13

補足

今何だか周りが余りにも平和で和んでいるので,この事でピーチに言う事が恥ずかしいです。
今回ここで訪ねたのは,私のような人が居たかの所謂同類意識です。
旅行で行った先が地震で場所不明になって,泊まれる所とか帰れるかも心配になったものですから,損を覚悟でキャンセルしました。

地震の予想ですから,科学的な理由もあったとなると,誤差は1,2ヶ月くらい出るかと思って,なお少し心配が残っています。
来ないのには越した事はないのですが。
もしあると経済的にも全国的に多大な被害が及びます。
私は離れているので,直接な問題ではないのですが。

投稿日時 - 2014-04-28 11:17:38

あなたにオススメの質問