みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

川内原発への【火砕流】で日本民族は絶滅する

原発に火山の【火砕流】が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大事故に至るとされています。
【火砕流】は1000m級の山を越え、海を渡り、速度100km/hを超えることもあります。
この火山リスクが最も大きいとされるのが鹿児島県の川内原発です。

九州地方で数千年から数万年に一度の頻度で発生する巨大カルデラの破滅的噴火によって、川内原発を【火砕流】が襲い、原発は壊滅的被害をこうむり、人は近寄れず原発事故を収束させることもできず、放射能を大量に含む死の灰が西風に乗って日本全国を数年間に渡って襲い、日本民族は日本国土を放棄し、全世界に流浪の旅に立つ。。。という予想があります。
川内原発の大規模事故により他の原発からも人員避難が行われると思われ、よって西側から順次に各放置原発の暴走事故が連鎖的に発生していきます。

そこで質問ですが、
1. 今のうちに逃げる。
2. 放射能を浴びてから逃げる。
3. 絶対安全だという嘘を信じる。
4. 座して死を待つ。
5. 絶対安全だと嘘をつき続け、カネを儲ける。(九電)
6. 自分が生きているうちは来ないと思って、人生を遊び暮らす。
7. 危ないから原発を止める。
8. 二酸化炭素の方が危ないと思って原発を動かす。

どれが最も良い災害対策なのでしょうか?

中国や韓国は地殻が安定していて、地震も活断層も火山リスクも日本に比較すれば桁違いに少ない。
しかし地殻活動が活発で火山だらけの日本においては全国の原発に【火山リスク】が見込まれ、このリスクに対応しない(又は対応不能な)原発は立地不許可→廃炉へと進むことが、原子力規制委員会の規制基準で定められています。
しかし現在まで原子力規制委員会には火山リスクに関する専門家が不在で、電力会社による信憑性の薄いリスク評価がまかり通ってきました。
川内原発は他の原発に先駆けて再稼働へ向けた優先審査が行われておりますが、しかしこの川内原発においては九州電力のリスク評価があまりにも恣意的・不自然なため、原子力規制委員会は評価し直しの指示を出しました。

火山リスクが高いと目される原発は、川内、泊、東通、玄海、伊方ですが、(その他原発にもリスクはある)、中で最もリスクが高いのが川内原発で、その周囲にはカルデラが6個存在しています。(カルデラは巨大噴火を起こした跡で、今後も同様の噴火が見込まれる)
川内原発敷地には過去の巨大噴火の【火砕流】が到達したとされ、再び同様なことが有れば、人間は即死、原発は跡形もなく破壊されつくし、人は近寄ることさえできず、放射能のだだ漏れになります。

そこで次の質問ですが、
詳細に検討されている活断層や地震のリスクよりも、火山リスクはかなり高い発生頻度で、遥かに大きなダメージが出るのですが、原発推進するためには止むを得ないとの覚悟を日本民族は決めたんですかね?
そんな日本民族の尻の後に、あなたは 付 い て 行 き ま す か。

投稿日時 - 2014-04-26 19:38:13

QNo.8569922

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

川内原発と、火砕流というか、カルデラ破局噴火をテーマにした小説「死都日本」石黒耀 が出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E9%83%BD%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9F%B3%E9%BB%92-%E8%80%80/dp/4062761955

加久藤火山(霧島)で破局噴火が起きるものです。
小説上では、破局噴火が事前にわかり、川内原発は停止され、核燃料は他の場所に移動されていました。
一般人には、破局噴火のことは知らされませんでしたね。
直接の火砕流を受けていなくても、火山灰が全国に広がり、深刻な被害になりました。

投稿日時 - 2014-04-28 18:00:44

補足

国でもカルデラ噴火の予知研究に乗り出すようです。ここに来て一気に事態が進展しているようです。
---------------------
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/83903 以下抜粋
政府は本年度から、巨大噴火の跡とされるカルデラを調査し、噴火の前兆現象を捉える研究に初めて乗り出す。巨大噴火は予知が難しく、本格的な研究は先送りにされてきたが、東日本大震災を機に、低頻度でもリスクが高い災害の研究を重視する方針に転換した。 =2014/04/23付 西日本新聞朝刊=
---------------------
この中で、「巨大噴火は国の存亡に関わるもの」であるとされています。

ですが平和ボケした日本人はこの種の火山リスクにまるで無頓着ですよね。危険性を指摘しただけで私なんかはバカ扱いを受けてますが w

投稿日時 - 2014-04-28 21:03:14

お礼

回答どうも有り難うございます。

投稿日時 - 2014-05-23 08:12:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

原発放射能事故は日本人は忘れていません!日本だけの問題では有りませんね。 ご存知ないのか?去年韓国で原発事故がありましたね!大停電も起きました。観光客船の事故といい、想定外を想定せず、無責任極まりない、大事故がまた韓国で起きた事からも今後も中国のTPPやら、日本の専門家が来れまで再三、大地震、原発への忠告をして来たにも関わらず無視し、福島原発を起こしましたね。他国のヘマな事故を嘲笑うかのように国内の大問題、即解決をせず話題を国民からそらすな~!対岸の火事とせず国内の奥尻島や再三の大津波や新潟地震やら大事故の反省、想定をせず三年たっても事故の制御に放射能制御、出来ずに放射能被害で死亡し健康被害を隠し他国に売り込むなど気違い沙汰である。電気が足りていながら、電気不足とか火力燃料が圧迫しているから再稼働?フザケンナ!火力燃料の為に電気代金、上がっても安心、安全だ!日本のTPP対策は世界一だからな!日本国民、日本全土を地震国、活断層ありながら更なる難題の、超台風の現実化からも今の対策が後手後手になるのをまたしても無視するのか?オリンピックやら再稼働へ準備中だが、そちらの対策の方が急務だろう~!そして来れ迄何十兆円もドブに捨てて、たったの250日、稼働しただけの血税を食いまくる官僚、維持費の為の福井県のもんじゅを早急に解体して、無駄遣いをなくし、河川や港湾や橋、トンネルなど国内へのインフラ整備することこそ国民の願いであり、国土強化策であろう~!放射能より心配無しである。原発展開よりTPP問題を今以上に中国に押し進める事だ。日本は他国の2時災害で苦しめられる事が目に見えている。世界地図を見れば一目瞭然だ!朝鮮列島の位置が日本列島の何処に有りますか?台風、モンスーンなどが何処から発生し何処へ過ぎ去って行くのか自覚して下さい。来れからは海水温度が一度上がる度にアメリカやフイリピンで起きた地震、竜巻、大津波が一緒に来るような風速80から90メートル以上の超台風が今後、日本全国を襲う可能性が高まっている事が先週発表された。オリンピックや原発再稼働を目論む自治会は考えているのか? 原発カムラの人間共の為に全国民を敵にすると自殺大国の自殺願望の若者がいくら草食人間と言われても何事を起こすか解ったものではあません。社会不安から来れ迄にない親の子供殺しやら破滅型無差別通り魔殺人やらテロや何をやり出すか解らん不気味さの方が怖いです。

投稿日時 - 2014-05-02 13:52:32

お礼

回答どうも有り難うございます。

投稿日時 - 2014-05-23 08:13:07

ANo.4

地震や津波の関連で、伊方や浜岡が事故を起こしたら、西風で都市部に大きな被害の可能性がある所までは、考えましたが、、、。

火山リスクと川内原発ですか、、、、考えてもみませんでした。
勉強になりました。

>どれが最も良い災害対策なのでしょうか?

原発の安全化に関しては政治家はあてにはできませんから、
1. 今のうちに逃げる。
がいいのでは、、、? でも、急には引っ越せない人が大部分ですから、対応は難しいですね、、、。

投稿日時 - 2014-04-28 23:59:29

補足

どうもありがとうございます。
川内原発の火山リスクについて、井村隆介さん(鹿児島大准教授:火山地質学)を講師に向かえて参議院議員会館内にて講演会が開かれました。
その動画のURLを紹介しておきます。これは著作権者によるアップロード動画です。
<講演編>と<質疑編>に分けられています。

http://www.youtube.com/watch?v=0nmFv2f11vA
FFTV院内集会<講演編>川内原発の火山リスクと再稼働審査
http://www.youtube.com/watch?v=KXiwKgDVm0s
FFTV院内集会<質疑編>川内原発の火山リスクと再稼働審査

この講演の中で姶良カルデラから出た【火砕流】が川内原発を襲う危険についても触れられています。

投稿日時 - 2014-04-29 13:38:11

お礼

回答どうも有り難うございます。

投稿日時 - 2014-05-23 08:12:32

ばかばかしい。
選択すべき回答が有りません。

火山の位置、山の起伏を考えると川内原発に火砕流被害が及ぶ前に鹿児島市が日本のポンペイとなって壊滅・・てか住民が火砕流に飲み込まれて絶滅するでしょう。

ひょっとしたら火砕流の末端では飲み込まれた人の化石(人体は焼けるか解けるかして無くなり火砕流堆積物の中に人型の空洞ができる)が後世発見されることに成るかも。あなたも化石になりますか?

>中国や韓国は地殻が安定していて
中国で発生した地震を知らないのですか?
韓国は確かに地震発生確率は低いですが、何もしないのにビルや橋が崩落する国です。
韓国の九州側に林立する原発には、捏造検査証明書による不良部品が1万点以上使われております。
原発自体に欠陥が有る上に、労働を技術者を蔑視する社会ですので慎重に(真面目に)コツコツ技術を積み上げるより、他人の技術を盗んで手っ取り早く儲けるのが賢く、他人が死んでも自分さえ儲かれば良いと言う社会です。それで運営もいい加減です。いい加減に仕事をして検査を受けるときは賄賂を渡して目をつぶって貰うと言う社会です。

それで報道されない事故が頻発しており、全電源停止した事も有りました(メルトダウンが有ったのでは?と疑われています)。韓国の放射性物質による汚染は既にチェルノブイリの3倍と言われており、確かに甲状腺癌の患者発生率が日本の3倍になっていると言います。韓国のメディアを含め、被害を受ける日本のメディアも、どういう訳かこんな危険な実態を一切報道しません。

日本の原発の事故発生の前に韓国の原発事故で偏西風の影響で韓国からの放射性物質が飛来する北九州・中国地方が受ける被害は甚大です。

>放射能を大量に含む死の灰が西風に乗って
正に韓国原発の事ですね。

長崎・広島は米国により原爆・水爆の被害を受けましたが、今度は韓国原発による放射能攻撃ですか。おっとろしーですねぇ。

日本の原発に何が何でも反対するのならば、同時に韓国の欠陥原発廃止運動を起こすべきです。そうでないと日本の原発は止めた。でも韓国の原発で癌になった・・って事になります。

投稿日時 - 2014-04-26 21:08:59

補足

【火砕流】は空中に浮きます。地面に近い空中を流れて行くのが【火砕流】です。

> 火山の位置、山の起伏を考えると川内原発に火砕流被害が及ぶ前に鹿児島市が日本のポンペイとなって壊滅・・てか住民が火砕流に飲み込まれて絶滅するでしょう。<

その通りですよ。
私も 「人間は即死」 と書いておきました。
九州地方ではそのような破滅的噴火が数千年から数万年の間隔で繰り返されてきたのです。その度に九州地方では人間に限らず多数の生物が死滅しました。
その地の人は100%死亡します。建造物はほぼ破壊されつくします。原発も被害をまのがれません。
【火砕流】の被害が原発に及べばどうなるか。人は何の手も打てません。

地元の人は即死するので放射能被害は無いかもしれませんが、火砕流に覆われた地域は数か月から数年間は立ち入ることができなくなりますので、破壊された放置原発から発する放射能は西風に乗って日本全土に飛来していきます。
福1原発事故の拡大を食い止められたのは、緊急停止した原子炉を曲がりなりにも冷却し続けたからです。
だが火砕流に飲み込まれた原子炉はそうはいきません。

投稿日時 - 2014-04-26 22:08:31

お礼

中国や韓国の原発では、福1原発事故のような大事故は起こってません。
何故かと言えば地殻が安定していて事故が発生しにくいからです。日本より劣る耐震基準・津波対策でも充分な安全性が保たれています。
何故日本にだけ巨大原発事故が起こったのかと言えば、地殻不安定のために地震が起こり、津波が発生したからです。それに加えて日本独特の安全神話による人的要因が加わったからです。

中国・韓国でも人的要因がありますが、天然要因が日本と比較して桁違いに少ないため、深刻な事故が起こりにくくなっています。
なお、この質問では天然要因のうちの【火山リスク】を問題にしていますが、日本は世界でも稀にみる火山列島です。この日本独特の天然要因を忘れてはいけませんね。

投稿日時 - 2014-04-26 23:16:58

ANo.1

川内原発については、桜島からの火山灰への懸念は大変高く心配ですが、
桜島からの火砕流が届く可能性は考えられません。

どの火山からの火砕流が問題になっているのでしょうか?

現状、川内原発については、桜島の火山灰リスクが考慮されているとは思えず、再稼働には絶対反対という立場なのですが、…

投稿日時 - 2014-04-26 20:00:20

補足

早速ありがとうございます。
「原発 火山リスク 火砕流」 で検索すれば色々と出てきますよ。
或いは 「川内原発の火山リスク」 で検索すると、火山学者が参院議員会館で講演した動画が複数ヒットします。
原子力規制委員会の基準では、原発から半径160Kmの範囲にある火山のリスクを評価してその対策を講じなければならないとされています。これには【火砕流】や【火山灰】が含まれます。

川内原発に影響を及ぼすと考えられるカルデラが周囲に6個あります。北から順に、阿蘇・加久藤・小林・姶良・阿多・鬼界です。桜島は姶良カルデラに含まれます。
【火砕流】は溶岩ではなく火山灰でもありません。その中間みたいなもので、地面を這いながら空中に浮かんで流れ、山を越え、海を渡ります。その内部には岩石粒が含まれます。温度は数百度。

当地の地形を知る鹿児島の地元の人は、例えば桜島カルデラの溶岩が川内原発まで到達するとは考えられないかもしれませんが、【火砕流】とは溶岩ではなく上記のようなもので、過去、川内原発敷地内に到達したことがあるとされています。(九電も認めています)

投稿日時 - 2014-04-26 20:34:45

お礼

回答どうも有り難うございます。

投稿日時 - 2014-05-23 08:12:56

あなたにオススメの質問