みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

wineのexeアプリの日本語入力が消える事故

Linux Mint にwineをいれ、Windowsのexeアプリを実行しています。

正常に動いているのですが、日本語を入力すると、カーソル位置に日本語が正しく表示されるのですが、リターンキーを押して確定する、次の文字を入力すると、かなりの頻度で、確定した日本語が消失して、何も入力されないことがあります。

しかたがないので、今は、
 gedit を起動してそこで日本語入力して、
 それをコピペしてexeアプリの入力にする
といった、情けない使い方をしています。

トラブル回避の方法、教えてください。

投稿日時 - 2014-04-22 08:13:16

QNo.8564171

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

こんなページ有ります。
Mintのベース・Ubuntuのtipsです。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/JapaneseEnvironment/Fcitx

パッケージマネージャで、インプットメソッドFcitxをインストールし、デスクトップ環境の設定から、デフォルトのインプットメソッドを変更してしまいましょう。
変換エンジンも、mozcの方が捗るでしょう。

mint上の話が出ているページも有ります。
http://fu-sen.org/post/69046386632/linux-mint-16-fcitx

参考URL:https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/JapaneseEnvironment/Fcitx

投稿日時 - 2014-04-30 23:01:15

お礼

回答ありがとうございます。

ご紹介くださったページに従い、

$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk

でFcitxをインストールし

$ im-config -n fcitx

で、IBus から Fcitx に切り替え

Fcitxの[設定]-[アドオン]-[拡張](チェック)-[Fcitx XIM Frontend]-[設定]-[XIMでOn The Spotスタイルを使う(起動中は変更できません)](チェック)-[OK]
Fcitxの[再起動]をクリック

したところ、インラインで表示するようになりますが、入力文字が消えてしまうトラブルは解消しませんでした。

この問題、なかなか奥が深いです。

投稿日時 - 2014-05-02 07:50:05

ANo.4

本家サイトのユーザーガイド:”regeditを使う”より。
http://www.winehq.org/docs/wineusr-guide/using-regedit

このガイドによれば、wineのレジストリファイルは、各ユーザ毎に、自分のホームディレクトリ直下:
/home/ユーザ名/.wine/内に収まっている様です。
この、/.で始まるディレクトリ・ファイル名を持つ、「それ」は、「隠れています」ので、探すならば、「隠しファイルを表示する」設定が必要です。

system.reg

HKEY_LOCAL_MACHINEのキーエントリが記述されます。

user.reg

HKEY_CURRENT_USERのキーエントリが記述されます。

userdef.reg

HKEY_USERS\.Default :ユーザセッティングのデフォルト設定が記述されています。

これをヒントに、前回回答の事例のように編集を試みては?
(無いキーは、作れば良いのです)

また、パッケージ管理ソフトから、インプットメソッドの変更を試みるべく、uimをインストールし、デフォルト化設定をしてみる手段も試しては?

また、リポジトリの中には、分野別に大量のソフトが存在します。
その中から、好みのモノを探して、慣れていくのも一つの手段です。
「これはどんなのかな~」と、軽い気持ちで、眺め、試してみましょう。

参考URL:http://www.winehq.org/docs/wineusr-guide/using-regedit

投稿日時 - 2014-04-23 20:50:22

お礼

回答ありがとうございます。

>これをヒントに、前回回答の事例のように編集を試みては?
>(無いキーは、作れば良いのです)
そうなんですね、キーがないので入力できなく悩んでいましたが、
コロンブルの卵状態です。
キーを作り、入力しました。

希望するのは、Windowsと同じように、
 入力中はカーソル位置に未確定の表示が出て、 -- (1)
 確定すると、確定した文字列が入力され、 ------ (2)
 確定文字の次にカーソルが移動する -------------(3)
という設定ですが、このようにはなりません。

wineのレジストリファイル修正前は(2)でエラーになり、
修正後では(1)が満たされなくなってしまいました。

投稿日時 - 2014-04-27 09:59:43

ANo.3

アウトラインプロセッサー,アイデアプロセッサーと呼ばれる分野のソフトだと思いますが
たとえば、Linux版のあるgjots2などを試してみるとどうでしょう?

Wineに限らず、日本語入力関連のトラブルは
欧米言語で不要の機構ゆえに
どんなOSでも比較的トラブルがおきやすいものです。

可能であれば、Wineを介するよりも
ネイティブのソフトでおきかえるほうが効率的ですし、合理的です。


なお、Linux系OSでは、日本語変換を行なうソフトに
Anthyやmozcなどいくつかのソフトがあるだけでなく
それをアプリケーションとの間で仲介する機構にも
scim,ibus,uimなどいくつかの選択肢があります。

Mintがどうなっているかは把握していませんが
Ubuntuは以前はscimを使っていて、現在はibusになっています。

こういった入力メソッドの違いが、入力トラブルの原因になることがあるので
これらを置き換えることで、トラブルが回避できる場合があります。

投稿日時 - 2014-04-22 21:43:22

お礼

回答ありがとうございます。
調べ方分からず、お礼が遅くなりました。

Linux Mint 日本語化の方法にしたがって設定した場合
http://linuxmint-jp.net/download.html

iBUSのようです。

>こういった入力メソッドの違いが、入力トラブルの原因になることがあるので
>これらを置き換えることで、トラブルが回避できる場合があります。
どうやったら、入力メソッドを切り替えられるのか分かりませんが、いろいろと回避する工夫ができるということですね。ありがとうございます。

>可能であれば、Wineを介するよりも
>ネイティブのソフトでおきかえるほうが効率的ですし、合理的です。
そのように思うのですが、構造化エディタSTEDで作成した資料が多くあるので、互換性のあるネイティブソフトが見つからなかったので、Windowsのアプリを使っています。

投稿日時 - 2014-04-27 10:12:59

ANo.2

wineは全然使わない生活が続いてるので、きちんとした回答ができないのがアレですが、
こちらの事例が当てはまりませんか?
http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20070703/p1

最後のほうで、インプットメソッドをuimにすると、安定動作という話も出ています。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20070703/p1

投稿日時 - 2014-04-22 20:01:12

お礼

回答ありがとうございます。

文字列を確定しても消えてしまう設定
ファイル名: ${WINEPREFIX}/user.reg
[Software\\Wine\\X11 Driver]
"InputStyle"="onthespot"

とありましたが、reedit.exe を使って書き込みを試みましたが
user.regに該当する項目がありません。

症状はぴったりなのですが・・・

投稿日時 - 2014-04-23 07:22:22

ANo.1

どのソフトの話なのか判らなければ、問題の切り分けすらできませんよ?
固有の問題なのか、全体の問題なのか。
そもそもが100%互換を保証できる構造では有りませんし。

投稿日時 - 2014-04-22 12:12:35

お礼

回答ありがとうございます。

>どのソフトの話なのか判らなければ、問題の切り分けすらできませんよ?
構造化エディタ です。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/071218/n0712181.html

投稿日時 - 2014-04-22 18:27:48

あなたにオススメの質問