みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金利高めの定期預金

金利高めの定期預金のランキング上位をみると、
300万円までとか、3ヶ月ものとか、
あまり定期預金自体募集しているとは見受けられません。

前に大和○クスト銀行の1年もの定期を作ったところ、
期間満了後、投資信託や外貨預金等をしつこく勧めてきました。
「もう一度話をきいて下さい。」といって下ろすこともできず、
再度定期預金を作ることも論外という感じで、手数料が荒稼ぎ
できる金融商品しか勧めてきませんでした。  

そこで証券会社系のインターネット銀行はやめて、普通の銀行の
インターネット支店で定期を作ろうと思ったのですが、それもやはり
期間満了後、投資信託等を勧めるためなんでしょうか?
面倒な口座開設手続きを経て、1年後に別の面倒な事態が
待っているならば、そこまでして0.4%とかの金利で運用しなくともいいや、
と思ってしまいます。
実際のところこうした定期預金商品を作る銀行側の思惑は
どうなんでしょうか?(☆)  

ちなみに素人考えですが、本来銀行とは預金を募集し資金のプール
を作り、そこから投資したい事業者や住宅ローンを組みたい個人に
お金を貸し付ける業務が主ですよね?  そういう業務の根幹をなす
定期預金自体、全然ウェルカムではなくて、別の手数料を稼ぐ
金融商品契約に結びつける入口としてるだけなのだとしたら、
ビジネスとしては有りなんでしょうが、私個人としては違和感を感じます。

あるいは1年ものインターネット定期預金を、その時点で一番金利の
高いところに預け、1年後にまた(同じ所がその時点でも上位、というのは
稀なので)1番高いところを探して契約し、、と定期預金で数万円でも多く
運用したい場合、そういう流れが今は一般的なのでしょうか?
インターネット銀行に新たに口座を持つにしても、キャッシュカードを

作ってもらったり銀行側に結構負担が生じています。 1年こっきりの
付合いしか想定しないで定期預金を作り、1年後に勧誘を振り切って
別の所に預けかえし、、という繰返しではお互いに不毛な気がします。
それとも銀行にとって1年でも預けてもらえれば、高めの金利を
払っても、本来の業務の流れで機能しているのでしょうか? それならば
納得できます。 ちょっと質問がとりとめなくなりましたが、メインの
質問は、上記☆印です。   アドバイスよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2014-04-07 17:56:22

QNo.8545461

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 銀行自身や銀行員氏が公式発言としてどう言っているかは知りませんが、現在の状況で、銀行に資金需要があるとは思いません。

 資金を集めても使い道がない、というのが現状ではないかと思います。

 先日も、正確な金額は忘れましたが、何千億とか何兆とかの現金が銀行(日銀?)の金庫に眠っているとニュースに出ていました。

 で、銀行の思惑ですが、

 定期でも、外資がよくやった例えば「1ヶ月、年利3%」なんてのは最初から投資などに誘うための手段「釣り」だと思います。

 年利としては高く見えても、実際にはほとんど利息を払う必要がありませんし、そんな短期間で景気がよくなって資金需要が高まるとは思えませんから。

 でも、1年物なら、その間に「景気が良くなって資金需要が高まるといいなぁ」と思っての募集じゃないか、という気がします。1年あれば、良くなるときは良くなりますから。

 ところが良くならなかったから、定期預金つまり、当面使わないで済むお金を持っている人に債券や株を売ろうとする、という感じじゃないでしょうか。

 資金需要が高まったからさあ集めろ、と言ったって、ライバルも動き始めますので、預金はそうそう集まらない。常日頃から預金者は抱え込んでおく必要があるので、とりあえず預金を募集しておいて、需要が高まらないなら債券などの投資を勧めて口銭を稼ぐという両にらみ作戦は当然考えるでしょう。

 まあ、銀行も行員に給料を払わなければなりませんし、土地代や建物の償却などさまざま費用がかかりますから、お金を貸して稼げないとなれば、口銭を稼ぐためには別なことをしなければなりません。理屈や理想では食えませんから。

 理屈に合わなくても、理想と違っても仕方ないのではないでしょうか。
 

投稿日時 - 2014-04-08 01:06:21

お礼

1年ものならば、資金需要が高まった場合定期預金そのものに対する必要性、
及びそうならなかった場合に金融商品勧誘、という2段構えがあるということですね。 
それならば定期預金を作る意義も感じることができます。

前に繁華街で見るからに怪しそうな男性5~6人が、おばちゃん達にサランラップ
1個を配ろうとしていました。 しかし「受取るならば、ビルのある1室で30分後に
始まるある商品説明会に参加しないといけない」と言います。 「このまま受取って
サヨナラとかとんでもないですからね! 参加を約束してくれますか? それなら
あげます!」と念を押していました。 もし参加したら、多くの視線が注がれる
路上でさえあれだけ高圧的だったのだから、更に強制の度を高め、高額な商品を
買わなければ容易に帰れないぞという雰囲気を作るのでしょう。 その時点で
おばちゃん達に1番ネックになっているのは、きっとただでもらったサランラップです。 
ちんけな物ですが、男達の作ったストーリーによって、強力な借りに仕立て上げられて
いると。  元々おばちゃん達は、街で配られるポケットティッシュのように
サランラップが欲しかっただけで、商品説明会なんて多くの人が怪しいと知っています。 
しかしストーリーに乗れば、正常な判断力も鈍るんでしょう。

外貨預金、やりたい人はやればいいでしょうね。 為替なんてどう動くか分からないのに、
日本の金利より少しいいだけの魅力を前面に押し出し、銀行の手数料だけはガッポリ確実に
稼げる仕組があると。 投資信託、やりたい人はやればいいでしょうね。 株なんてどう
値動きするか分からないのに、運用がマイナスになろうが手数料だけ100万円あたり数万
とか確実にとる仕組があります。 それを理解してもお願いしたい人だけ契約すればいい
わけです。

定期の金利5%!でも3ヶ月だけね。あと200万円まで。 ほんでもって同時に投資信託
500万円以上が条件とか、なんなんでしょう? 株とか興味のない安定志向のお年寄りを、
巧みに株の世界に引き寄せようとしてると感じます。  間違いなく合法でしょうが、
姑息ですよ。
算数が少しできたらバカバカしくなりますね。  この時代に5%? スゲー!と
一瞬思いますが、3ヶ月はぁ? 200万円まで?意味ねぇー、とすぐ分かります。  
そういう頭の働かないお年寄りをターゲットにしてるんでしょう。 

かく言う私も大和ネ○スト銀行(=大○証券)の営業を受けた時は、99%契約の寸前まで
いきました。  可憐な雰囲気の営業のお姉さんから説明を受け、なんか断れない
雰囲気を感じてしまいました。 一種の恋愛商法ですね。  去年の秋の話でしたので、
あの時点で契約していたら今年始めの値下がりで、だいぶ元本われしていたと思います。 

金にこだわるわけじゃないと。 株とかFXとか興味のない(むしろ嫌悪する)人間に、
ベルトコンベアーに乗せるように、株とかの契約に行き着くようにした商品が、とても
違和感を感じるのです。 バカにされた気がします。 少々高めの金利=サランラップ、
後の投資信託=買わずには帰れない商品説明会、という感じです。

大○証券で最終的に断ったとき、課長クラスが出てきて説得を受けました。
私がネットで、「1000万円~1億の客が普通の客、1億以上が上客、1000万円以下はゴミ客、
と社内で呼んでいるのを見ましたよ。 なんでゴミ客の私にそこまで貴重なお仕事のお時間
を使うんですか?」と聞きましたら、「来年春以降(現在では今春)、金融界に世界的な変革
の嵐が到来すると言われています。 全てのお客様が大切で、全てのお客様に確実に運用益
を上げて頂きたいから」と言います。  要するに厳しい時代が到来するから、ゴミ客から
も確実に100万円あたり数万円の手数料稼ぐ方針にシフトしないと、この時代やって
いけないということなんでしょう。  そういう意図が分っても、あの可憐なお姉さんから
勧められたら断れなかった(苦笑)  冷徹で鋭利な頭脳をもった雰囲気の課長が偶然的に
出てきて、断ることができた感じです。

御回答者様のアドバイスで、1年ものならば金融機関にも定期預金本来の募集意図が伺える
ことが分かりました。  ほっておいても少しだけお金が増え、株のチャートなど気にせず
とも自分の生活に専念できる定期預金はいいものです。  有難うございました。 

投稿日時 - 2014-04-08 14:43:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問