みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

消費税は何%まで上がるの?

 消費税が始まったときに赤字国債の縮小と国民の福祉の為と3%で始まりました。
あの時に誰も8%も消費税が上がるなんて予想もしませんでした。
 でも、今度の国家予算はバラマキで過去最高の国家予算になっています。
 すなわち消費税がどんなに増えても財務省の予算が増えるだけで赤字国債はなくならないのではないでしょうか?
 今後インフレがきて国債の金利が5%何て事になったらいったいいくらの消費税を払うことになるのでしょうか? 
 私は30年後の孫の時代には消費税が100%になるのではと心配しておりますがこれは年寄りの妄想でしょうか?

投稿日時 - 2014-04-07 16:41:00

QNo.8545381

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

NO.4 です。
此処で確認しておきたいのは、消費税は「上がるもの」では無く、時の政権が「上げたがるもの」だと言う点です。
一番儲かるのは、輸出頼みの大企業です。
「戻し税制度」ご存じでしょうか?
大企業は、下請けや零細部品製造企業から、予告日時までの部品納入を義務づけ、間に合わないと切り捨てたりしています。納入業者は、原材料に消費税を負担して部品を製造、納品しています。
輸出品に消費税は掛かりませんから、輸出価格の中の消費税相当分は、国税から還元されています。その還元額は、本来納入業者に返済されるべきですが、それがなされていません。大企業は、税金分まで丸取りしています。
だからこそ、大企業の政治献金が止まらないのです。
消費税は上がるのでは無く、上げたい奴らが上げる方向に政治を動かしているわけです。
政党選択だけの問題でもありません。

投稿日時 - 2014-04-13 14:48:34

お礼

戻し税精度は大企業にとっては良い制度ですね。これで企業税が値引きされたら笑いが止まらないでしょう?企業税も上げるべきだと思います。
 本当にいったいいくらまで消費税が上がるのでしょう?野党がきちんと反対運動をして欲しいと思います。
 回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-04-13 18:39:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.14

「日本の消費税率5%は、国際的にみれば低すぎる」「福祉先進国のスウェーデンの5分の1、欧州各国の4分の1」とよくいわれます。しかし、国税収入に占める消費税収入の割合をみると、約22%と、まったく同程度であることがわかります。
 これは、日本の消費税が「網羅的」に課税されているのに対し、欧州各国の付加価値税は、(1)医療・教育から住宅取得・不動産・金融など幅広い非課税項目があること、(2)食料品や医薬品など、生活必需品は軽減税率をとっているためです。
 財界は、消費税率を10%から18%に引き上げることを要求しています。そのねらいは、企業の税・社会保障負担を軽減することです。企業負担の軽減分は、国民が負担することになります。
 政府や与党のなかには、「社会保障の財源充実のために消費税増税を」という動きがあります。これ以上、消費税率を引き上げれば、国際的にみても「異常な国」となることは明らかです。

投稿日時 - 2014-04-10 05:21:32

お礼

非課税にして欲しい物はたくさんあります。コメ野菜は非課税にして欲しいですね。子供に関するお金も非課税にして欲しいと思います。上の娘が生まれた頃消費税が始まりました。出産費用に消費税がかかっていたときは無性に腹が立ちました。
 しかし、このままでは全ての消費活動から100%の消費税を盗ることになりそうです。
 回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-04-11 19:50:29

>消費税は何%まで上がるの?

そんなのは上限なんてないですよ。所得税なら上限があって100%以上にする事は出来ませんが消費税は品物に上乗せするだけですから100%でも1000%でも可能です。それに実際に消費税増税賛成の人が何%以上に上げるのは無理だとか言ってるのを聞いた事ありません。元々『税率上げれば金が出てくる打ち出の小槌だ』とか言って導入されたのですから、何%までなどと上限を考えてはいませんし、法律でも上限は定められてません。


>すなわち消費税がどんなに増えても財務省の予算が増えるだけで赤字国債はなくならないのではないでしょうか?

当然の事でしょう。現実として過去増税されても赤字は減ってません。打ち出の小槌としか考えてないので無駄遣いや私利私欲、海外へのバラマキに回されて国民の為には使われません。


>私は30年後の孫の時代には消費税が100%になるのではと心配しておりますがこれは年寄りの妄想でしょうか?

100%になるのに30年も掛かると思ってるのですか?2012年に法案を通し、2015年には2倍になってるのですよ。こんな調子で上げてけば15年後に200%超える事もあります。それで、景気が悪化しても『これは消費税のせいじゃない、通貨危機や銀行破たんのせいだ』 とかどこかで聞いたような理屈をつけて更に増税を強行していくわけです。

増税賛成派の方々はやれ20%にしろ30%は必要だとか言ってますが、馬鹿としか言いようがありません。上限が定められてない税制を無条件に正当化するという事は1000%にしろと言ってる事と同じです。景気に中立だとか公平だとか言ってるくせして上限について何ら議論はされてないですからね。ならその状態で日本経済がまともな状態で居られるのか証明してもらわなければなりませんね。

生活必需品が2倍の値段になろうとも『その分働けばいい』とか言って増税を正当化、生活必需品の税率は下げようと言う話が出ても、ブランド米と普通の米がどうとか線引きが難しいとか屁理屈こねて一律課税を正当化。そして海外と短絡的に税率を比べるのが好きな訳ですから、『以前3%の時は欧州は25%で8倍以上の税率だった、だから今度は日本が欧州の8倍でもいい』とか抜かして200%を正当化するでしょう。

それで生活出来なくなる人が出てきても能力がない奴の自己責任と切り捨てた上で、金持ちの方が多く払う消費税は低所得者に有利だ、だから税率上げるのが弱者優遇だとか言って更に増税、反面、仕入れ税額控除を悪用して一切消費税を払わなくて済む連中や円を介在しない取引が出来る連中は痛くもかゆくもない。

現実的ではないとか言うでしょうが今までの増税派のやり口を考えれば、『こいつらならやりかねない』のですよ。

無制限に税率上げられるのが嫌なら上限が定められてない上に国民の合意なく好き勝手に増税出来るような欠陥税制を廃止するしかないですね。全くとんでもない悪法を次の世代に残してしまったものですね。

投稿日時 - 2014-04-09 00:49:51

お礼

全く同感です。回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-04-11 12:46:09

ANo.12

> 消費税が始まったときに赤字国債の縮小と国民の福祉の為と3%で始まりました。

消費税導入時には、財政再建(赤字国債縮小)はなかったと記憶しています。

消費税導入・税率変更時に理由として上げられたものは、福祉に使うための他、直間比率の是正がありました。
これらは、同時期に行われた同規模の直接税の減税が行われたことからも明らかです。
当然ですが、直間比率の是正が目的であり財政再建が目的ではないため、消費税増税による税収全体の増加はありません。

消費税が財政再建として上げられたのは、日本では今回の増税が初めてです。


> すなわち消費税がどんなに増えても財務省の予算が増えるだけで赤字国債はなくならないのではないでしょうか?

赤字国債の発行額は、昨年度に比べて今年度の当初予算ベースでは1.6兆円ほど減っていますが。


財務省は集める係で、使う人は別です。財務省の予算はむしろ減っています。

誰が使っているかといえば、社会保障費の大部分を管轄する厚労省(30兆円超で一般会計予算の1/3ほど)と地方交付税交付金を管轄する総務省(17兆円弱で1/6ほど)、この二つの省庁です。このほかに国債費として国債の償還・利払いを23兆円ほどで、ここまでで71兆円弱(一般会計の3/4ほど)になります。
因みに公共事業費を景気対策で増やしている、防衛費が増えている、などといわれることがありますが、この二つを足しても社会保障費の1/3程度でしかありません。

現在のところ、社会保障費が30兆円ほどかかっていますが、これは消費税12%程度の税収に相当します。現在の消費税と同じように国税と地方税を合わせれば20%以上に相当しますね。


> 今後インフレがきて国債の金利が5%何て事になったらいったいいくらの消費税を払うことになるのでしょうか? 
> 私は30年後の孫の時代には消費税が100%になるのではと心配しておりますがこれは年寄りの妄想でしょうか?

金利があがっても短期的には国債費は変わりません。
中長期的には国債費が凄いことになるので、何らかの手を講じて国債の金利支払額を低いままにする(例えば割引発行)かなにかの方法をとるでしょう。そうしなければ破綻するでしょうしね。

もっとも、その前に社会保障費を削減することになるでしょうね。

投稿日時 - 2014-04-08 18:09:32

お礼

 回答ありがとうございます。あの時は本当に減税がありましたね。わずかながら税金が返ってきて喜んだことを覚えております。今回はその減税もありません。踏んだり蹴ったりとはこのことです。
 「金利があがっても短期的には国債費は変わりません。
中長期的には国債費が凄いことになるので、何らかの手を講じて国債の金利支払額を低いままにする(例えば割引発行)かなにかの方法をとるでしょう。そうしなければ破綻するでしょうしね。」
 国債が破綻したらIMF等から消費税を100%ぐらいに上げるように指導されるでしょうね。
 国民健康保険も今の3割負担から9割負担に変わるかもしれません。
 年金も80歳から支給なんて事になるかもしれません。

投稿日時 - 2014-04-11 10:13:15

ANo.11

経済学の知識がほぼ皆無なのであまり偉そうなことは書けないですが、インフレ率を考えなければならないので、一概になんともいえないと思います。30年後の1万円で何が買えるのだろうかってことを考えないとね。
ものすごく乱暴なことをいえば、国の借金なんて返すことができるんですよ。じゃんじゃんお札を擦っちゃえばいいんですから。ただ、国民生活が破たんしますけどね。かつてのドイツがそれをやってナチスの台頭を生みました。

国債の金利が上がるのは、たぶん大した問題にならんと思うのですよね。だって、日本の国債の外国人保有率って6%かそのくらいでしょ。海外投資家が日本の国債を売り浴びせても全体の1割にもなりません。残りの90%以上は国内投資家もしくは銀行などの金融機関、なかでも全体の1/3はゆうちょとかんぽが保有しているそうなので、もし日本の国債金利が上がったらゆうちょとかんぽの利回りも上がるはずです。ゆうちょとかんぽが高利回り商品となったら、世のタンス預金が一斉にそっちに向かうはずで、ゆうちょもかんぽも国の出先機関みたいなものですから、結局資産の国外流出ってことにはならんのですよね。
日本の借金まみれって、不健全なんだか健全なんだかよく分からないのです。金持ち爺さんの資産を担保に借金して爺さんに貢いでいるような感じです。貯蓄を一切せずにやたらと消費をしたがるアメリカ財政のほうがよっぽど不健全だと思います。

財政も緊縮した方がいいことはいいとは思うのですが、私は歴史好きなんですが、緊縮政策ってまず滅多に上手くいかないんですよね、どういうわけか。江戸時代も○○の改革と呼ばれる改革が何度かありましたが、ある程度上手くいったといえるのは享保の改革くらいで、寛政の改革も天保の改革も結局「老中失脚」という結果に終わっています。享保の改革も成功したのは単なる緊縮政策だけじゃなくて、産業の奨励も並行して行われたためだといっていいと思います。
古代ローマのグラックス兄弟なんて、平民救済という誠に素晴らしい改革をしようとしたのに、兄は暗殺、弟は自殺です。
実際に、日本でも民主党政権になったときに「事業仕分け」なんてことをやったわけですが、最初始まったときは国民の支持はすごく高かったのですが、いざ予算を削るときに「一番じゃないといけないんですか?」と言い出したらみんな急に手の平を返したじゃないですか。みんなわざと忘れたフリしてるけど、あのとき仕分けされるところの誰もが「ウチは必要な事業です。だからヨソの事業を削ってください」と言い出しました。それで結局たいして削れずに教科書通りの「竜頭蛇尾」で終わりました。
今でも緊縮財政をやるなら、あちこちのボロくなった橋や道路は「直さずに放置する」ってことになりますし、「給食はしょぼくなるからな」「あんま病院へ行くな」ってなりますからね。共産党は「防衛費を減らせ!」ってナントカの一つ覚えのようにいうんだけど、防衛費は自衛官の給与と災害派遣などの活動費、あと今までに購入した戦闘機や戦車の「ツケの分の支払い」でカツカツで戦闘機や装甲車が買えないほどなんですよ。
今も緊縮策をどこでやるかといったら、年金とか医療費とかそのへんにならざるを得ないですからね。今の日本で一番優遇されてるのは間違いなく老人ですが、そこの優遇をやめるとなると、老人は票を持ってるからねえ。今や日本一の圧力団体は大日本老人連合ですよ。若者が頑張って投票しても老人の方が絶対数が多いのでなんともなりません。日本中のお孫さんに「お爺ちゃん、お婆ちゃん、僕たちのために我慢して」っていわせるしかないですね。

わたしゃ安倍さんは全然好きじゃないんですが(思想もあほならブレーンもあほ。日銀黒田総裁や菅官房長官は人に押し付けられた人事で、彼自身が連れてくるブレーンはバンソウコウ大臣とかNHK会長とかあんなんばっかり)、消費税が上がったからと緊縮財政にしたら増税不況にもなるわけで、そうなりゃ「世間の景気が悪くなったのに何の手も打たなかった」と批判されるんですから、その辺の苦労は察します。
天下のFRBもリーマンショックでやったことって結局市場にじゃぶじゃぶ現金を注ぎ込むという「モルヒネ投与」に走ったわけですから、中央銀行っていうほどやれることって結局お金の蛇口のコントロールくらいしかできないんじゃないかって気がします。それが重要なのだといわれたらそれまでだけど。

投稿日時 - 2014-04-07 20:29:35

お礼

 回答ありがとうございます。どんどんお札を刷ればいいのなら、「来年は全ての税金をゼロにする。」って公約を上げれば政権を取れそうですがいまだかってそんな政党はありません。
 いつの日か国債がふくれあがってギリシャのようになるのではないかと心配しております。

投稿日時 - 2014-04-11 19:56:20

ANo.10

<参考>
 私も年寄り世代に入るかもしれませんが、「増税」というはっきり国民から取るというのは、まだ許せるとしても、『インフレ2%』という隠れ増税は許せません。

 日本のGDPが500兆円として、消費税3%アップは13兆円程度の増税です。
 
 それに対して、行政府の累積赤字その他の借金1000兆円以上に対して、毎年2%のインフレになる場合、実質20兆円以上の増税と同じ結果となります。

 我々の預貯金が、毎年インフレによって資産価値が減少するのと反対に、借主である国などの借金が実質目減りするわけですから。


 今の若者は預貯金をほとんど持っていませんし、子育て世代はお金をためる一方で結構借金もあります。
 それに対して、老人世代の老後資金をしっかり持っており、振り込め詐欺師だけではなく、財務省(現在の日銀総裁は、財務省出身です。)や政治家がその老後資金を狙っています。
 

投稿日時 - 2014-04-07 20:15:25

お礼

 回答ありがとうございます。我々のわずかな貯金は我々の死後は大切な子供や孫の為に残さないと行けません。政府に盗られたらたまりません。
 消費税の将来の増税は今の資産階級が負担するべき金を成果保護からも平等に分捕る政策です。
 消費税を導入するなら、累進課税をさらに大きくして企業税増やすべきです。
しかも30年後にはいったいいくらの消費税になるのか見当もつかない状況で今の消費税を認めるべきではないと思います。

投稿日時 - 2014-04-11 09:10:30

ANo.9

あり得なくは無いですね。人口が何千万人と減ることが確実で、税収が確実に激減するのに、公務員や政治家はやりたい放題の上、効率も上がらない。

自民党をぶっ倒す活きのいい若者による政党が出てきて欲しいものです。

投稿日時 - 2014-04-07 20:04:05

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-04-11 09:03:32

ANo.8

消費税率100%なんて事はありません。
100%に上げたなら国が滅びます。
世界と比べたなら温和しいと言われて居る日本人でも、流石に暴動は起きるでしょうしね。
で、何処まで上がるかですが、国会議員定数削減や省庁再編などによる国家公務員の数を絞るとか、無駄な独立行政法人などを
統廃合など行なったり、
省庁が独自に設定している目的税と言う特別会計の一般財源化等々の改革に改革を重ねる事を行わず、
現状の流れのままズルズルと行けば30%と言う大台まで上がる可能性は有るでしょう。
北欧では最大25%ですが、将来的にはまずそこまでは行くでしょうね。
30%を越えれば、暴動が起きても不思議ではありませんが、上の連中が一般国民をどう見ているかでしょう。
文句は言うが何も起こらないと見下していれば、国が崩壊するだけでしょうね。

投稿日時 - 2014-04-07 19:44:42

お礼

回答ありがとうございます。30%で収まればいいのですがその時に今と同じように国債を抱えていたらその国債の償還のためにまた消費税を上げなければなりません。
 今国債の発行を減らして、今の半分ぐらいにしないと私の心配が現実のものになると危惧しております。
 日本人はどんな世の中であっても暴動は起こしません。明治維新の時のように何処かの県から革命的な政治家が出てくるかもしれません。
 維新の会がそのような政治をしようとしましたが橋下くんがあれだから完全に失敗しました。

投稿日時 - 2014-04-10 18:12:51

NO2ですが、

消費税が30%を越えたら暴動が起こらないまでも、
消費は冷え込み、経済が混乱して、

年金を消費税で支えるというような
考え方自体が消えてなくなります。

だって、年金を将来もらえる層が、
生活苦のために年金の保険料を支払えなくなり、
将来誰ももらえないことになるからです(笑)

今、実際それに近い状況が近づいています。
今の30代以下なら保険料を払う金があるなら、
手元に残しておいたほうがいいくらいの構成です。
しかもそれももらえない可能性があるとなると
払わない人が激増するのは目に見えています。

投稿日時 - 2014-04-07 19:13:46

お礼

回答ありがとうございます。
年金は払う年齢をどんどん引き上げて、支給年齢をどんどん引き上げれば解決できます。
実際に65まで年金を払わせて支給は70歳からなんて暴論も論議されております。
 30年後には放射能にやられて国民の平均寿命は70歳以下に下がっているかもしれません。
消費税を年金に使うのか、国債の穴埋めに使うのか自民党のバラマキに使うのかお金に色は付いていませんので分かりません。ハッキリしていることは、年金はどんどん減っており国債の発行はどんどん増えています。バラマキ予算もどんどん増えています。コレでいつ消費税のアップは終わるのでしょうか?
 終わるはずはありません。すなわち「30年後に消費税が100%になる」の私の予想は否定の根拠がないのです。
 日本人は暴動を起こすことは絶対にないと言っていいです。源平合戦の昔から反乱を起こしたのは武士だけで農民は黙って地方の豪族に従っておりました。今でも黙って地方の有力政治家に従っているだけです。

投稿日時 - 2014-04-10 16:38:20

ANo.6

25%という予想が多いようですが希望的観測で20%に一票(但し30年以内というスパン)
何故なら暗算できないので…

税は若い者から吸い上げる世代搾取の面があるので少子化は大問題だけど30年後だとA級戦犯のプレ団塊世代がかなり亡くなって膨大な相続税が国家に入る。
団塊世代も孫可愛さに「もうクレクレ言うのは遠慮しよう」となって…希望的過ぎるでしょうか。

但し8000万人総中流なんて夢。公務員のための公務員の国家の中で上手に立ち回った人たち以外は焼け野原時代の生活かな。
スマート&コンパクトシテイにして弱い産業の就労人口が減るのを容認する必要がある。

若者の就職志望ランキングも半分は公務員になっていて人口の4割が公務員なんて悪夢ですね。

まぁ近い未来では10%は規定路線としても軽減税率とか公務員の仕事、権力を増やす方向に行く事は絶対阻止しなければなりません。
問題は軽過ぎる感じこそあれ行革に本気だと思われた「みっちーJr」の株価が下落したこと。
どこに一票?が完全にわからなくなった。こうなればアナーキスト。

投稿日時 - 2014-04-07 18:00:32

お礼

回答ありがとうございます。コンパクトシテイの考えには賛成です。北海道アタリを閉鎖して全て国立公園にして観光以外の人は立ち入らないようにすれば少なくとも税金はだいぶ減るのじゃないでしょうか?
 しかし日本政府には国債を減らす考えはないようです。このままでは国債は幾何級数的にどんどん増えます。我々はどうすればいいのでしょうか?

投稿日時 - 2014-04-09 21:10:56

ANo.5

まぁ25パーまでは間違いなく上がるでしょう

日本が8~10パーセントに上げるのは実は国内事情だけではなく
海外からの批判もあるのです
日本は消費税が低すぎる と…

その海外からの批判に考慮して増税したと言う面も少なからずあるんですよ実は


30年後ならせいぜい上がってても15%でしょう

投稿日時 - 2014-04-07 17:35:28

お礼

 消費税のアップの要望は日本の赤字国債を減らせと言う要望だと思います。
日本が赤字国債を抱えないで財政が健全ならそんな要望なんかするはずもありません。
 8%に消費税が上がって国家予算も過去最高に増えるなら日本の国際は永遠に減りません。
 そのうちインフレが来て国債の金利が増えることになるのでその償還のために消費税を上げることになります。

投稿日時 - 2014-04-08 20:25:41

ANo.4

消費税が逆進課税(貧乏人に負担が重い税制)で有ることは、安倍先生もとっくにご存じのことです。
消費税値上げの口実が、100%社会福祉に使われるのだと、躍起になって弁解するための政府広報費に8億円も無駄遣いしたそうです。
政府の云うことが本当なら、医療負担の縮少とか年金の増額、少なくともそれら掛金の減額に充てられるはずです。今年度予算では真逆のことが行われています。制度の改悪も進められつつあります。
騙されてきた国民が悪いのか、国民を騙して大企業支援や軍事費増額に励む政府が民主的で無いのか、民主党大勝の後の政治の流れを見ると、嘘つき政治家は没落の運命にあることが歴然としてきました。国民が騙されなくなりつつあることは確かな足取りと云えます。
嘘つき政党を何時まで許すかで、消費税率引き上げの動向も変わります。
100%に至るまでに、消費税頼みの政党は必ず衰亡します。
応能負担(豊かなものが能力に応じて税を負担する)は、世界共通の認識です。
社会福祉財源とするなら、北欧諸国のような手厚い福祉制度が必要です。
あなたやあなたの周囲の人達の奮起で、次の国政選挙で正しい政策の党を勝たせることが、消費税亡国を食い止める唯一の道です。

投稿日時 - 2014-04-07 17:25:11

お礼

 回答ありがとうございます。
今回の消費税は民主党と自民党の協力で上がることになりました。
 コレまでは、消費税反対の野党勢力があったのですが、今後は民主党の消費税アップ協力しますので頭が痛いところです。
 

投稿日時 - 2014-04-08 19:52:14

ANo.3

>私は30年後の孫の時代には消費税が100%になるのではと心配しておりますが
100%でっか!それは無いでっせ!
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/shohizei.html
ハンガリーは特別でっけど、でも大体25%がMAXでっせ!
>あの時に誰も8%も消費税が上がるなんて予想もしませんでした。
これあんさんだけとちゃいまっか?
当時やのぉ~、10%の話が出たり消えたりしてましたんやで!
最悪「消費税で新幹線を!」まで言ってた、ぼっんくら議員もおったんやし・・・
日本は少のぉ~とも「10%」で落ち着くんとちゃうやろか?
>今後インフレがきて国債の金利が5%何て事になったらいったいいくらの消費税を払うことになるのでしょうか?
それはその時の「国会議員はん」が決める事ですわ!
その国会議員はんを選んでる「日本国民はん」やさかい、最終的には「あんさんが責任を取る」でっせ!
日本はやのぉ~、民主主義社会やよって!

投稿日時 - 2014-04-07 17:16:38

お礼

 今年の国家予算は過去最高の金額だと言うことをご存じでしょうか?
きっと来年も同じだと思います。
 消費税が10%になったときはきっと今よりも10%アップの国家予算だと思います。
 未来永劫に赤字国債が減ることはありません。赤字国債は今は非常に金利が低いですが近い将来にインフレが来て利率が上がったらその償還の財源のために消費税を上げることになると思います。
 私の心配が現実にならないように祈っております。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-04-07 17:42:04

とりあえず消費税が始まるときに言われていたのは
欧米先進国並みの25%で、
昨今の少子高齢化事情をみていると
それも現実味を帯びてきたといえます。

投稿日時 - 2014-04-07 16:58:36

お礼

 回答ありがとうございます。25%で済めばいいのですが国家予算がどんどんふくらんだら25%では済まなくなります。

投稿日時 - 2014-04-07 17:44:41

ANo.1

数年前、増税論がわき上がった頃、財界は25%と言ってたような。
それくらいは上げるでしょうね。

赤字国債も減る訳ではなく、単に国債発行額が少なくなるだけです。

また、軽減税率の導入も、10%の時点で考えると言ってますが、
日本の消費税のシステム上、導入は無理だという説もあります。

いつも出てくる、北欧などよりも低い税率~云々という意見を聞きますが、
高くても、ちゃんと国民に還元してる北欧と、
無駄なものにしか税金を使わない日本では、増税の意味は、財務省の権限強化。
天下りの温存・増殖の資金でしかないと思います。

今回の増税でも社会保障には、ほとんど回ってないと思いますよ。
増税を見越した、青天井の予算額を見たら…。

この国の政治家や官僚を見てると、日本を破綻させたいんじゃないかと思いたくなります。
それか、戦争でしょうかねぇ。

投稿日時 - 2014-04-07 16:57:39

お礼

 例え25%に消費税が上がっても国家予算が25%ふくらんだら、赤字国債は全く減りません。
インフレが来て国債の利率が5%にあがったらその償還の為の財源がいるのですから消費税はどんどんふくらむしかありません。今赤字国債を減らさないと私の心配は現実になります。
 消費税で冷え込んだ景気対策でどんどん予算をばらまくそうですが本末転倒だと思いませんか?
 30年後に私の心配が杞憂に終わっていればいいのですがそのころは私は生きていないでしょう。
 葬式の消費税が100%だったら誰に文句を言えばいいのでしょうか?

投稿日時 - 2014-04-07 17:35:19

あなたにオススメの質問