みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

国民年金保険料について

初歩的な質問になっているかもしれませんが、不安な事です。

私は、2014年3月に大学を卒業を卒業して、4月から新社会人になった者です。
つい最近、「国民年金保険料の納付」についての封筒が届きました。
(主に口座振替用紙やペイジーなどが同封されていました)


入社すれば厚生年金+国民年金に会社手続きですでに加入している事に
なっていると以下のサイトから知りました。

http://www.hokende.com/static/pension/features/business/1/

http://allabout.co.jp/gm/gc/12085/

この場合、届いた「国民年金保険料の納付」については無視してよろしいのですか?

分かる方がいましたら、大変お手数ですが、回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2014-04-06 17:10:19

QNo.8544188

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

長いですがよろしければご覧ください。

>…届いた「国民年金保険料の納付」については無視してよろしいのですか?

何事も「無視」はよくありません。

送り主は「日本年金機構」のはずですから、まずは電話ででも確認されてみてください。

『Q. 厚生年金保険に加入しましたが、自宅に国民年金の保険料の納付書が届きました。どうしてですか。|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=1060
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

*****
(備考)

>入社すれば厚生年金+国民年金に会社手続きですでに加入している事になっている…

必ずしもそうともは限りません。

勤務するのが「適用事業所」でない場合は、引き続き「国民年金の第1号被保険者」ということになります。

『適用事業所と被保険者|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1962

『第1号被保険者|日本年金機構』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?id=152
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html

---
また、「適用事業所」でない場合は、「公的医療保険」も原則として「市町村国保」の被保険者になります。

『公的医療保険の運営者―保険者|WEBNOTE -[医療・年金]医療保険・年金保険等』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html

---
ちなみに、「(適用事業所であっても)入社当初は厚生年金保険(と健康保険)の加入手続きを行わない」という事業主も少なくありません。(「法令違反」ですが珍しくないことです。)

『試用期間中は社会保険に加入できない?|zakzak』(2012/10/03)
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20121003/ecn1210030713000-n1.htm

いずれにしましても、「適用事業所かどうか?」は入社前に確認できるはずですし、説明もあるのが普通です。

もし、「よくわからない」ということであれば、勤務先の「社会保険を担当する部署(あるいは担当社員)」に確認されてみてください。

『社会保険|kotobank』
http://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA?dic=daijisen
>>…医療保険・労働者災害補償保険・雇用保険・介護保険・年金保険など。

*****
(参照したサイト・参考サイトなど)

『試用期間の法律知識』(2004/2作成)
http://www.onyx.dti.ne.jp/~kinotaka/jouhou/0311.html
---
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何|日経トレンディネット』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
---
『国民年金保険料の免除を受けたいとき』
http://www.nenkin.go.jp/n/www///////service/detail.jsp?id=3649
『国民年金保険料の後納制度』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=6221
『なぜ障害年金の請求漏れやもらい損ねが起きるのか?|藤澤労務行政事務所』
http://www.fujisawa-office.com/shogai1.html
---
『労働保険とはこのような制度です|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtoroudouhoken/index.html
『[PDF]雇用保険に加入していますか~労働者の皆様へ~|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/roudousha01.pdf

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

投稿日時 - 2014-04-06 21:20:15

ANo.1

> この場合、届いた「国民年金保険料の納付」については無視してよろしいのですか?

会社員で社会保険(厚生年金+健康保険+雇用保険)に加入していれば、無視してもいいです。(当然、給料から天引きです)
厚生年金(2号被保険者)の手続きは,会社がしますが、退職した場合の年金の手続きは、会社でしませんので、自分で手続きをします(この退職した場合のに手続きを忘れと,年金未加入の大きな原因です)


> 私は、2014年3月に大学を卒業を卒業して、4月から新社会人になった者です。

20歳から,国民年金の加入義務があります。
20歳の時に、日本年金機構からの通知が行っているはずです。

4年制の大学卒業なら,約2年の国民年金の加入は、どうなっていますか?
質問からは、約2年間の空白(未納期間)となっているように見受けられます。

将来年金をもらう時は、下記のサイトの○×の表のように、未納の期間分は、年金計算の期間・金額等に入りません。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3770

もし、2年間の未納はが有るならば、現在,特例で過去10年間分の後納制度を利用して納付をしましょう。
この特例の期限は、平成27年9月30日までに納付です(当然、延滞料が付きます。)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=6221

繰り返しますが、現在、特例で過去10年間分の後納ができます。
10年間分の後納が出来る期限の、平成27年9月30日が過ぎると、通常の後納は、過去2年分しか出来ません。

投稿日時 - 2014-04-06 18:03:02

あなたにオススメの質問