みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願い致します。

The Romish Church,it is presumed,adheres to the old views to the present day. Protestant instincts,however,in the 17th century were strongly in sympathy with the augmentation of science[science=scientific knowledge],and consequently Reformed Churches more easily allowed themselves to be helped over the difficultly,which,
according to the views of inspiration then held and which have survived to the present day,was in reality quite as formidable for them as for those of the old faith.
The solution of the difficultly offered by Galileo and others was that the object of a rebelation or divine unveiling of mysteries must be to teach man things which he is unable and must ever remain unable to find out for himself:but not physical truths,for the discovery of which he has faculties specially proved by his Creater.Hence it was not unreasonable that,in regard to matters of fact marely,the Sacred Writings should use the common language and assume the common belief of mankind,without purporting to correct errors upon points morally indifficult.So in regard to such a text as 'The world is established it cannot be moved'[Psalms93.1],though it might imply the sacred penman's ignorance of the fact that the earth does move,yet it does not put forth this opinion as an indispensable point of faith.And this remark is applicable to anumber of texts which presents a similar difficalty.

投稿日時 - 2014-03-31 20:17:55

QNo.8536526

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

(訳文)
ローマカトリック教会は、今日まで古い見解を信奉してきていると推測される。しかしながらプロテスタントは本性的に17世紀科学〔科学=科学的知識〕の増大に強く賛同していたので、したがって宗教改革後の教会は、当時保有していて今日なお存続する神霊感応の見方に従えば、古い信仰を奉じる者同様、実際に恐れを抱くような難問に関して、自ら求めてより容易に支援を受け入れるようになった。

ガリレオ他によって提示された難問の解決法は、人が自力では分からず、発見もできないことを教えるのが、啓示あるいは神秘の開示の目的であるに違いない、ということだった。ただしそれは物理的真実のことではない。その発見のためには、造物主によって特別に立証された能力を人は所有するのだから。それゆえに聖書類は、事実の問題に関しては共通語を使用し、道義上難しくないような点に関しては間違いの修正などを主張せず単に人類の共通信念を受容するべきである、とするのは不合理なことではなかった。それで、「世界が設立され、動かされることはない」〔賛美歌93.1〕のようなテキストに関しては、地球は動くという事実について聖職者の筆耕が無知であったことを意味するかもしれないが、しかしそれは信仰上不可欠な点としてこの見解を押しつけるものではない。またこの評言は、同様の難問を示す膨大な文書にも適合することである。

投稿日時 - 2014-04-01 15:17:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)