みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スマホでのダブル定額上限(au)について

iPhon4S利用、auです。プラン変更でいろいろ調べています。現在ISフラットですがネット環境をあまり利用しないのでダブル定額にしようと考えています。

auダブル定額プランのひとつ、スーパーライトは上限5.700円ですが、スマートフォンのみのプランである定額制のISフラットは上限5.200円です。

ISフラットは5.200円が上限の定額制ですが、ダブル定額スーパーライトでの5.700円の差にはどのような理由がありますか?という質問に「上限が2つ有るのは、1つはガラケー用、もう1つはスマホ用です。スマホに4200円なんて金額は有りません。上限は5700円のみ。」という回答がつきました。
回答はスマホのダブル定額を使う限り5700円だが、ガラケーは4200円で決まっているという意味なのだと思いますが疑問です。

たとえばパソコンのネット環境からWiFiで受けるように、スマホでネットやメールはあまり使わないという条件の場合、ダブル定額スーパーライトの方が得になると思いますし、実際スマホでこのプランを適用している人も多いでしょう。つまりスマホ自体でのネット利用や家のPCからwi-fiを使う場合のできるだけ抑えた利用の場合はダブル定額の上限は4.200円以内で済むはずです。確かにたくさんスマホでネットを使う場合はISフラット(5.200円が上限)にしておいた方が500円の得ですが、「スマホに4200円なんて金額は有りません。」という断定が分かりません。実際のところどうなのでしょうか?

投稿日時 - 2014-03-28 16:30:34

QNo.8532353

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>スマホでネットやメールはあまり使わないという条件の場合
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110510/1031737/
SoftBankの事例ですがiPhoneなら(というかスマホならほぼ例外なく)同様です。
アプリの自動通信やメールの自動配信の確認(最近はSMS形式で必要時だけ確認しに行くようになったんでしたっけ)、iPhoneならiCrowdのデータ同期、その辺の通信量を積み上げると二段階定額の二段階部分にはまず収まりません。
#まあ、携帯各社のパケット単価があまりに時代錯誤な設定なのもその一因なんですがね。通信速度が9600bpsとかだった時代の設備利用効率を元にした値段を、いまや150Mbpsにもなろうかという速度の通信に適用しているもんだから全速を出したら1分もせずに上限に達する。

スマホでダブル定額を適用している人は、去年9月だったかの毎月割改定以前に契約していて、「スマホの3G回線では絶対に通信しない設定にしているが毎月割の適用は受けたい」という人くらいしかいないと思われます。

投稿日時 - 2014-03-28 17:14:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

>パケット単価があまりに時代錯誤な設定

そんな気がしてきました…。PCでは光回線とかの時代ですが、モバイルの場合まったく変ってないです。プランも昔から代わり映えしてないですね。

>スマホでダブル定額を適用している人

私もそうですね。改定があったのかと調べましたら「36回の割引を受けることも可能ということになりました。そして24回の毎月割より36回の毎月割が増額されていて、長くauで同じ機種を使う場合には少し多めに毎月割が貰えることになります。」とのこと…

毎月割はISフラットが条件らしいので、どのみち毎月割を受けるにはパケ割を選ぶことはできませんでしたが、来月でiPhon本体の分割支払いが終わるので、ここらでプラン見直しをしようと思ったのです。

投稿日時 - 2014-03-28 17:33:35

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

>しかしガラケーでは4.200円に抑えられるということでしょうね

ガラケーでネットに接続するときは、
ガラケー向けのezwebによる接続と
PCサイトビューアーによる接続の
2種類があって、ガラケーでもPCサイトビューアーで接続すると
簡単に5700円になっちゃいます。
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/double-teigaku/

ezwebによる接続はテキスト中心で
いかにもガラケー向けって感じです。
ビューワーのほうは画面は狭いですが、
いかにもパソコンと同じような画面をみることができます。

auのサイトにはちゃんとスマホでezwebは利用できません。とありますね。
注2)のところに。

投稿日時 - 2014-03-28 18:07:10

お礼

ご回答ありがとうございます。

ダブル定額の説明をすべて読みました。
定額についてはダブル定額プランはすべて共通しているようですね。

【原則】

ガラケーにだけ適用➔「EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月」

スマホにだけ適用➔「スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月」

【例外】
ガラケー、スマホに適用➔「PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月」

「EZweb・Eメール」はガラケーのことを指してたのですね。(注2の「スマートフォンではEZweb・PCサイトビューアーはご利用いただけません。」がこれで、
スマホでネットを見る場合、EZwebではなく、「EZ WIN」となるのですね。(携帯料金体系ってほんと複雑、しかも説明が足りない)

PCサイトビューアーを(うっかり)使ってしまうと、上限5.700円ですがこれはスマホの上限と同額です。(ちなみにISフラットでもPCサイトビューアーを使った場合の上限は同じ5.700円です)

これらのことから、ガラケーやPCサイトビューアーでうっかり使いすぎるリスクを考慮した場合、スマホでISフラットというプランに落ち着きますね。

これまでISフラットは毎月割のためのプランでしたが、支払いを終えた今、今後はどのように安くするかを考えるわけです。

投稿日時 - 2014-03-28 19:47:53

ANo.3

>つまりネットをたくさん使う、かつスマホであればISフラットが得、ネットを最小限に抑える、かつスマホでwi-fiを使う、もしくはガラケーであればダブル定額が得という理解でよいでしょうか。
そうではあります。ただ、スマホのネットに慣れたらガラケーのネットに戻れるかという問題も。
#本体の性能も段違いですし、それに伴ってブラウザの機能とかもだいぶ違うわけで

安く上げるならdocomoの端末とかを入手して最近流行りのMVNOで通信専用に運用、ガラケーで通話という2台持ちが良いんじゃないかなと。


>毎月割の改定
いや、去年9月8日だかまでに契約していればダブル定額でも毎月割受けられたんですよ。つまり質問者さんの場合もダブル定額で毎月割適用になるはず。
それが予告無しの不意打ち改定で、以降に契約した場合ダブル定額が毎月割適用対象にならなくなりましてね…

投稿日時 - 2014-03-28 18:03:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

MVNOを調べてみました。なるほど、こんな方法もあったのですね。最近携帯電話を安くするサービスが増えていますね。

【携帯料金】スマホとガラケー2台持ちで月1,326円に!MVNOを試してみた

http://matome.naver.jp/odai/2138348938891432201

月千円代にできるなら、即調べてみます。これならひとつの携帯会社のプラン変更よりもぜんぜん安くなりますね!

投稿日時 - 2014-03-28 18:44:34

ANo.1

auの料金プランをもう一度確認しましょう。
確かに、ダブル定額等も3Gのスマホなら選択出来ます。
しかし、スマートフォン単独利用時通信を利用の場合は、必ず5700円が上限になります。
4200円ではありません。なので4200円の請求になるというのは偶然以外にあり得ないのです。
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/double-teigaku/

なので上限まで使うのなら、ISフラット(5200円)一択ですね。
もちろん、wi-fiをメインにすれば、上限まで行かないので、ダブル定額も有りでしょう。

投稿日時 - 2014-03-28 16:50:57

お礼

ご回答ありがとうございます。

HPの

・EZweb・Eメールはどんなに使っても上限4,200円/月
・PCサイトビューアーご利用分を含めても上限5,700円/月
・スマートフォン単独利用通信はどんなに使っても上限5,700円/月

とは4.200円にはならないよということだったのですね。しかしガラケーでは4.200円に抑えられるということでしょうね(であれば、次回機種変するときにはガラケーにしようと思います)。

つまりネットをたくさん使う、かつスマホであればISフラットが得、ネットを最小限に抑える、かつスマホでwi-fiを使う、もしくはガラケーであればダブル定額が得という理解でよいでしょうか。

投稿日時 - 2014-03-28 17:19:11

あなたにオススメの質問