みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産と住宅ローン

別件で弁護士に相談したところ、自己破産の申請となりました。
個人事業主として働いていましたが身体を壊し働けなくなりました。(生活保護の申請)
しかし、弁護士から連絡が有り、任意売却を進めるに当り借り入れ銀行から
連絡が有り先妻が保証人と成っている為に残債が其方に行く事に成ると
言われました。事態は少し飲み込めて来ましたが、先妻も1人で暮らすのが
精一杯の状態。10年も連絡を取っていませんでしたがやむを得ず連絡。

住宅ローンといえども借金。保証人と成っているので責任が行くのは理解
出来た所。離婚時に銀行にも相談しましたがその時には何も言われずでした。
先妻に残債を負担させたくは無いのですが方法は有るのでしょうか?
また、自己破産は出来るのでしょうか?

投稿日時 - 2014-03-27 04:03:41

QNo.8530478

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>離婚時に銀行にも相談しましたがその時には何も言われずでした。

相談窓口の銀行員が離婚や連帯債務に詳しいわけではありません。

また、銀行は自分の商売が減る方向のアドバイスをする義務がありません。
かれらの商売が繁栄するための貸出とか、回収などのアドバイスをしてくれるにすぎないのです。

連帯保証人制度というのは先進国日本において、前時代的な悪法です。
この悪法に依って商売をする金融機関も、今風に言えばブラック企業ですね。

されど、悪法もまた法なり。
保証人(=前妻)に債務を肩代わりしてもらうしか選択肢がないですね。

あたなが無知の上とはいえ、連帯保証人制度を使ったがため、また一人、自己破産者が出ることになります。

投稿日時 - 2014-03-27 09:02:21

お礼

通常の借金での取り立ては知っているつもりでした。
調べても相談しても回答者様の仰る通り。
出来るだけ負担を減らす努力を模索します。

投稿日時 - 2014-03-27 16:18:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

保証人なんですから、負担させない方法はありません。
先妻も自己破産はできます。

投稿日時 - 2014-03-27 06:56:49

あなたにオススメの質問