みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

統合失調症の虚言癖について

統合失調症の虚言癖について教えてください。

私は統合失調症の虚言癖は、病人本人は嘘をついてはおらず、ただ単に妄想や幻聴を事実と思ってしゃべっているだけだと思っているのですが、統合失調症の根底にはパーソナリティ障害がある場合もあり、嘘をつきすぎた挙句、それがストレスになり統合失調症になる場合もあるのでは?と思います。

しかし、統合失調症と診断された場合のほとんどは、パーソナリティ障害と併発している可能性があることを病人本人に言わないことが多いそうですね。


そのようなところが、本を読んでもよく分からないので教えていただけたらありがたいです。

投稿日時 - 2014-02-27 18:49:15

QNo.8492862

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

【読書百遍、意自ずから通ず】
という先人の言葉があります。
質問者さまに、この言葉を贈ります。

それと、別の、
病理の専門書も複数
読んでみませんか。
精神病理に関わるほどの
知的水準のある
御仁ですので、それで、
理解できるのではないでしょうか。

どのような
ご研究かは不明ですが
Good Luck!

投稿日時 - 2014-02-27 22:15:39

補足

本を再度熟読した結果理解できた気がします。
統合失調症を患った場合、パーソナリティ障害の方と類似する人格に変化することがあるということですね。
そのような状態では、パーソナリティ障害ということを断定するには要素が足りず、もしパーソナリティ障害と判断してしまった場合、誤診になってしまうこともあるのですね。

もし、パーソナリティ障害を患っていると判断する場合、統合失調症の症状を寛解したあとも性格がパーソナリティ気質の性格であれば、パーソナリティ障害と判断することが出来るということでしょうか。

ただ、寛解する人は全体の1/3程度のようなので、統合失調症の患者でパーソナリティ障害と診断することは本当に難しいのかもしれませんね。

投稿日時 - 2014-02-28 19:21:03

お礼

【読書百遍、意自ずから通ず】
ですが、たしかに同じ本でも何度も読めばなにか別のことがわかるかもしれませんね。
またアプローチの仕方を変える(別の本を読んでたり、調べ方を変える)というのも大切かもしれませんね。

ありがとうごさいました。

投稿日時 - 2014-02-28 03:56:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

虚言癖って…。

その…何を調べるつもりでしょうか?

ともかく、弱者をこれ以上追い詰めるようなことしないですよ…ね?

それ、怖いんですけど…も?


なにか、不都合、ありました?

困る真実でも…。

こんなこと、言っちゃってスミマセン…。

質問者様が動揺する何か、あったんでしょうか?

ご自身の問題?


すみません。

投稿日時 - 2014-02-27 22:48:50

お礼

私自身が病気の当事者ですよ ^_^
なんというか、調べておきたいことは調べておきたくて… (笑)

私の過去を振り返ってみると、虚言癖があったなと思いました。
当時の私としては虚言癖として自覚しておらず妄想だったり、幻聴だったりを喋っていただけだったんですがね。

統合失調症については、まだよく分かっていないことが多いようで、色々調べている最中です。

最後に
統合失調症の偏見を強めようとしたり、迫害しようとしたりするつもりは毛頭にないですので、安心してください。

ただ、インターネットではあまり適切な質問ではなかったかもしれませんね。
もし、私と同じ統合失調症の患者に不愉快を与えてしまったのなら、謝罪します。

投稿日時 - 2014-02-28 04:06:37

あなたにオススメの質問