みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

青色申告の事業主借について

昨年 個人事業主となり、
初めて確定申告しようとしている者です。


↓ 帳簿はシンプルに以下の要領でやっていたのですが質問させて下さい。

◆期首の〝元入金〟は0円に設定。
  クレカや現金で払った経費は、都度〝事業主借〟扱いとした。
  (※こうすれば一番シンプルですよね!?)

・『疑問点(1)』… 貸借対照表に〝事業主借〟の欄があります。
        そこに事業主借の累計額を書くのでしょうか?

・『疑問点(2)』…でも、上記のとおり累計額を書いたとしたら、
        〝来期の元入金(の一部)〟にされるんですよね?
        〝事業主借〟は 即時消耗品などの経費として
         消えてしまったお金なのに、おかしい気がするのですが…?
                                       
・『疑問点(3)』…上記が誤りだとしたら、〝事業主借〟の
         月締め、年度締めの正しい扱いは どうすべきでしょうか?


以上です。
よろしくお願いします!(>人<)

投稿日時 - 2014-02-19 00:35:21

QNo.8481165

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>◆期首の〝元入金〟は0円に設定…

考え方が違います。
元入金は勝手に数字を決められるのではなく、
[期首の資産総額] - [期首の負債総額]
で求めます。
事業をするためには、現金ばかりでなく備品や建物、車両といった資産が必要で、これらがすべて 0 で開業できるものではありません。

>そこに事業主借の累計額を書くのでしょうか…

はい。

>来期の元入金(の一部)〟にされるんですよね…

はい。

>消えてしまったお金なのに、おかしい気がするのですが…

そもそもあなたの基本的な考え方が間違っているだけ。
事業主借とは、財布や預金は事業用途家事用と似分けることを基本とし、
・家事用の現金や預金現金から事業用の支払をした。
・事業用現金や預金に、非事業用の入金があった。
の場合に使用する科目です。

もちろん、財布も預金も一つで兼用していけないことはありませんが、その場合は一つしかない財布や預金が「事業用」と考えます。

>クレカや現金で払った経費は、都度〝事業主借〟扱いとした…

この「現金」は事業用財布なので、事業主借ではありません。

逆に、この事業用財布から晩のおかずを買ったときは、「事業主貸」として記帳しなければなりません。

>事業主借〟の月締め、年度締めの正しい扱いは …

月ごとの集計など必要ありません。
越年処理は、
[当年の元入金] + [青色申告特別控除前の所得金額] - [事業主貸] + [事業主借] = [新年の元入金]

投稿日時 - 2014-02-19 07:40:44

補足

ご回答ありがとうございます!(^-^)
すみませんが私の業態等をふまえて再度質問させて下さい。

◆業態 …自作の漫画を電子書籍のような形で
     自サイトで販売しております。
     無名なので全く売れませんでしたし、
     これから売れる見込みも薄いと思います。
     ぶっちゃけ、ほとんど趣味みたいなものです(^^;)

◆資産 …事務所兼自宅は親の持ち家で、
     PCやプリンタも家族の共用物です(→※質問(1)へ)。
          
◆事業上の出入金
    …電気代やネット通信費などは同居の親が負担してます。
     親には毎月生活費という形で貯金から数万円を払ってますが、
     面倒なので これらを経費にするつもりはありません。
     出金は、鉛筆などの消耗品を時々補充する経費だけ。
     入金は、これからも ほぼ無いと思われます。
     ちなみにワケあって無職なので、プライベートの収入も無いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・『質問(1)』…家屋等の共有物、もともと使ってた文房具などは
      〝資産〟に計上しなくてはいけませんか??
       算出が ものすごく難しい気がするのですが。。。

・『質問(2)』…『元入金の設定は0円でも構わない』
       『クレカ払いも現金も〝事業主借〟って事にすれば楽』
       『律儀に事業用口座とか作らなくても大丈夫』
        というのは、手抜き帳簿テクとしてネットで見かけた情報でして
        税務署からギリギリ許される、究極にテキトーな帳簿にしたいんです。

       >財布も預金も一つで兼用していけないことはありませんが、
        その場合は一つしかない財布や預金が「事業用」と考えます…
       
        ↑ ゴメンナサイ、もしかしたら 必ずしも そのように考えなくても 
          良いのではないでしょうか?(> <)
          わざわざ事業用口座を作らないでやりすごしてる人達が、
          実際にいらっしゃるようです。その事をどう思われますか?

以上です。長文でほんとうに申し訳ありません!m(_ _)m
               
            

投稿日時 - 2014-02-19 21:18:01

お礼

(´・ω・`)疑問点は税務署にtelして自己解決しました!
マニュアル本とかには書いてない事だったし、
ここをご覧になった方の参考になればと思うので記しておきます。

◆『元入金は0円でも不自然ではない。』
  …私の場合、資産と呼べるものは親の家・親のPC、もともと持ってた文房具。
   これらはレシートも残ってないし、価値の算定も難しそうなので
   資産とは考えない事にしました。そういう例は珍しくないそうで、
   資産0円で起業する人も普通にいらっしゃるとの事でした。

◆『クレカや現金で払う経費を、都度〝事業主借〟扱いにして良いか?』
  …ネットを検索すれば、プライベート口座からの引き落としなどを
  〝事業主借〟で済ませている例が散見されます。原則論としては邪道でも、
   私のような ささいな経営状態なら 多分認されるように思います。
   どうも税理士さんの話を聞いた印象だと、
   要は経営状態をきちんと記録し、分かるようにしてあれば良いのであって、
   わざわざ几帳面に複雑すぎる帳簿をつける必要はない、という感じでした。  
   ですが、「出入金は全部〝事業主借・貸〟で済ませりゃいいんだ!」
   となると さすがに極論で、複式簿記と認めてもらえない危険性が。(;^_^A
   どこまで許されるかは税理士の主観に左右されるけれど、
   これくらいなら許されるはずという確信の持てる範囲で、
   適度に手を抜いた帳簿にすれば良い、というのが個人的な結論です。 

…あと、事業主借が累積して年々元入金が増えていく??という当初の疑問ですが。
同じだけ経費としてマイナスになり相殺されるのだから、増えるワケがないw
いろいろ勉強した今なら分かる、赤っ恥な質問でした///
(*ノωノ)キャッ
   

投稿日時 - 2014-02-28 17:52:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問