みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マネーサプライ統計について

マネーサプライ統計について予習的に学んでいるのですが、何せ経済用語すらまだ把握しきれていなくて、質問させていただきます。

まず、T字型勘定を使って考えているのですが、基本的には左が資産、右が負債、という考えで良いのでしょうか?

本題的には政府が国債を10兆円で買ったケースを考えているのですが、資料によると、左に政府預金、それにプラスの分の国債が書かれているのですが、政府預金が資産?というふうになるのが何故なのかひっかかって進めません… 次に「日銀」の右側に現金、日銀預金、政府預金プラス国債、そして「銀行」の左側に現金、日銀預金、国債、右側に預金。「非金融部門」の左側に現金、預金。というふうに書かれているのですが、考え方がまるで分からなくて全く理解できません…。一番わからないのが、「預金」の考え方です。
初歩的すぎてちゃんとした質問になっていないのは承知ですが、是非お力を貸してください…。

投稿日時 - 2014-02-01 11:56:56

QNo.8456373

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

マネーストック統計(マネーサプライ統計は名前が変わっています)は、B/Sとはなじまないように思いますが、資金循環統計か何かと間違っていませんか?

以下の回答は、資金循環統計を前提としないで回答しています。

多分、ごちゃごちゃになっている原因は、沢山あるT勘定が誰のものかを把握していないこと、フローとストックの区別が出来ていないことです。

例えばこの部分について。

> 「日銀」の右側に現金、日銀預金、政府預金プラス国債、
> 「銀行」の左側に現金、日銀預金、国債、右側に預金。

日銀にとって、預金は(預かっているいる側なので)負債です。現金も、発行側なので負債です。
銀行にとって、銀行が日銀に預けている預金は資産ですが、家計から預かっている預金は負債です。

このように、立場が違えば同じものでも資産と負債は逆になります。


さらにこの部分。

> 左に政府預金、それにプラスの分の国債が書かれている

これは、フローでなければ、二人以上のB/Sを混同している状況以外には起こり得ません。資産と負債が同じ側に出ているわけですからね。

フローであれば、政府預金を受け入れて国債を買ってきた、という意味だと解釈できます。

投稿日時 - 2014-02-01 15:47:19

お礼

回答ありがとうございます!
ごっちゃになって全く理解ができていないんだということがわかりました…
分かりやすい解説のおかげで、どちらの目線で考えるかで資産、負債が変わってくることが理解できました。
これから勉強頑張っていきたいと思います

投稿日時 - 2014-02-02 12:19:35

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

 資産    負債
        純資産

 これが貸借対照表です。

資産から借金を引いたのが純資産。


預金というのは国の資産ですね。現金にあたります。

負債は国債関連です。払わなくてはいけないお金です。

資産=負債だと個人なら破産状態です。

ティジ勘定だと預金は資産となるんです。

投稿日時 - 2014-02-01 12:10:28

あなたにオススメの質問