みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

壁撤去の後、フローリングは無理ですか?

中古マンションを購入しました。前の持ち主がリフォームしたばかりで、リビングとキッチンが同じフローリングで床がきれいなので、リビングと隣り合うキッチンの壁を撤去するリフォームを頼むことにしました。
ところが業者の営業さんいわく、今あるフローリングが特殊だから壁撤去あとにフローリングいれると変になるという事で、キッチンのフローリングを全部撤去して、別の床材をいれるほうが見た目も工事的にもいいと言われました。
ところが、前の持ち主さんが「特殊なフローリングだからこそ、何かあった時の為に」と、フローリング工事で余った板をとっておいてくれて、数枚戴けたんです。これで、解決と思いきや、
業者さんが、「ただ床をはがしてスペアの板をはめるのは簡単だが、壁撤去の跡にはめるのは難しい。」と言われました。どういった理由で難しいのでしょうか?
監督さんに会えてないし、営業の人の説明が曖昧でさっぱりわかりません。
詳しい方教えてください!すみません!

投稿日時 - 2014-01-29 17:39:25

QNo.8452386

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 一番の難点は、壁がフローリング後に取り付けられたものではなく、壁が出来た後でフローリングを貼っている場合です。
 フローリングのジョイント部分は
大工さんが教えるフローリング(床板)の貼り方!( http://ninomiyagikou.web.fc2.com/b-furoring2.html )
 の中ほど床材の貼り方をご覧になるように、床の一辺から、凸凹のさね( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%83t%83%8D%81%5B%83%8A%83%93%83O%20%82%B3%82%CB )でジョイントしていきます。最後に幅木で隠します。
・間を埋めるとなるとさねが利用できない。
・完全に平行だとしても、そのサイズに合わせて正確にわくのは難しい
  普通は合いません
・段差がある場合が多い

 それにって季節によって間が広がったり、人が歩くと沈むために「踏み鳴り」や小口の破損などが起きます。

 キッチンはフローリングよりも、クッション性のある同柄のクッションフロアにしたほうが良いですよ。立ち仕事ですからフローリングでは思いのほか、足腰に負荷がかかりますし、食器や食品を落としてもふき取れます。私は、ダイニング/リビングとキッチンスペースは同柄のフローリングとクッションフロアーで分けて、その間をステンレスの靴摺りで仕舞いました。

 どうしても既設のフローリングを流用するなら、いっそのこと、その材を使用せずに仕上げて、ジョイナーやステンレス靴摺りなどで隙間を埋めるとか、可動壁にするとか・・

投稿日時 - 2014-01-29 18:29:23

補足

本当に皆さんありがとうございました!
納得できました!
専門知識があるってうらやましいです。

投稿日時 - 2014-01-29 21:24:04

お礼

早速の回答ありがとうございます!
恐らく、壁が出来た後だと思われます・・・持ち主さんがマンション購入時のフローリングをはがして
から、現在の特殊なフローリング板をはったと、言っていたので・・・
稼働壁も考えたのですが、仕切ってる壁の先っぽが収納になっていて、縦20センチ、横50センチあるんです。だから、壁撤去すると、縦20×横50センチの撤去跡ができるわけで・・。
業者さんはそこも含めて、別の床材にするといっています。そうすると、結構な範囲、いまのフローリングを排除すると思うと、もったいないし、見た目も広々しなくなりそうで・・・
諦めるしかなさそうですね・・・丁寧な回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-01-29 18:50:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

No.1です。
>諦めるしかなさそうですね
 まあ、とりあえず壁を撤去して、フローリングの貼り具合を確認してから決断するのでよいかと・・
 最悪、どちらかをすべて剥いで、同じ材質の物を張っていくという手もありますが、天然物ですし、経年変化もありますから色は合わないかもしれません。もちろん段差も・・

投稿日時 - 2014-01-29 19:01:15

お礼

なるほど!とりあえず壁撤去してもらってみます。
どんな事になっても対応できるように、業者の人と話して決めておきます!
再びの回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-01-29 21:22:41

ANo.3

建築関係の仕事をしているものです。

「特殊なフローリングだからこそ、何かあった時の為に」
これは、たしかにあると「簡単な補修」などに使用することができる場合がある
というレベルで、フローリングとは単に「面積」で施工しているわけではないのです。

例えば、予備を数枚お持ちであったとして、その面積と、壁を撤去した面積が同等であったとしても
壁の向こう側(キッチン側)とリビング側からのフローリングがピッタリと一致することはまずありません。
それほど、フローリングの施工はシビアなもので、隙間があると施工不良となってしまいます。

施工業者の言う、キッチン側だけでも床材を剥がして、新しい床材にするというのはもっともな話で
工事をしている人間なら、ほぼ全員が同じ事を言うと思います。

現在のフローリングの「延長」に予備のフローリングをはめ込むのは簡単ですが、延長をした上で
壁向こうのキッチンにピッタリと合わせるのはまずムリだと言うことです。

お手元のフローリングをみればわかると思いますが、もし四方がはめ込まれているフローリングの
中央の一枚を貼りかえることが困難なのは、ご覧になればわかると思います。

業者は、ごく一般的な常識のある業者だと思いますよ。

投稿日時 - 2014-01-29 19:01:15

お礼

ありがとうございます。
そうなんですね。今はいろいろ技術がありそうなので、ちょっと難しいこともできるもんだと思ってました。難しいんですね。いろいろ考えてキッチン側は他床材に変えようと思います。
ありがとうございました

投稿日時 - 2014-01-29 21:20:09

ANo.2

はじめまして

キッチン周りの壁は、施工するときは床より先に壁周りを施工する場合が多いのです。

その場合は、施工順序の関係で、壁が先に出来た後に床を作っていきますので、壁のリビング側と、キッチン側では微妙に高さが違う可能性があり調整することが非常に難しいので、あるラインから全てを取り外し全体で下地を調整して、フローリングを貼り直す方が、綺麗に収まるからでしょう。

たとえば部屋全体に貼れているフローリングの一部を取り外して取り替えるのであれば、下地の状態は取り外した部分であっても周りと馴染んでいますが、壁などの障害物があった場合は、1ミリや2ミリの段差が出来る可能性が有ります。

床などは、段差が有れば即座に、わかりますのでリフォーム業者の方は、一番綺麗に見える方法を提案したと思われます。

どうしてもコダワリがあるのでしたら、今のフローリング材料を取り寄せ、あるラインから全てを取り外し、下地を調整した上で貼り直せば、綺麗に収まると思います。

投稿日時 - 2014-01-29 18:46:13

お礼

解答ありがとうございます!
とりよせも考え、前の持ち主さんが施工した業者にきいてくれたんですが、もう無いそうで・・・。
せつない。海外から取り寄せになるそうです。工期を考えると、無理でした。
難しいもんなんですね。ありがとうございました!

投稿日時 - 2014-01-29 18:55:36

あなたにオススメの質問