みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ失業率はまだまだ7%台で経済はまだヒドイ

さて、日本の株価水準の上昇を予測するようなコメントをみると、違和感があります。

武者リサーチの武者氏が言うには、アメリカの株価はリーマンショック時を超えていて、日本だけが取り残され、従い割安だと。配当や益利回りの観点からもそうだと。だから日本の年金が株価投資を本格化するのだと。長期金利差異が日本とアメリカで拡大するのでドル買い、だから、輸出会社の株価が好調になると言う点に 私は疑問を感じます

アメリカの経済は強いでしょうか。株価がリーマンショック時を超えていても、たとえば実体経済では車の販売台数はまだリーマンショック時を下回っています。

つまり、アメリカの景気は良くないのです。 アメリカの景気がよいニュースは何かありますか。

投稿日時 - 2014-01-04 20:24:35

QNo.8413676

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

まず、主要株価が過去最高を更新し続けていることです。1年で30%上昇なんて、数年前には考えもつかなかったことです。

すなわち、日本でいえば、数年かかってバブル景気を上回る好成績をあげたということ。

アメリカの失業率は、相対的に低下してきていますから、よいニュースです。国が違うので、日本と単純にくらべることはできません。

(ただし、これは大規模な金融緩和に支えられているので、まだまだ、本調子ではありません。)

投稿日時 - 2014-01-05 19:53:24

ANo.2

去年までは、確かに日本株は割安でした。
しかし年末までの上昇で、PERなどは標準的な水準で、ことしは大きな上昇はないのではないのでしょうか。
円安はリスクテイク、および金利差から来ていますが、これも去年のような上昇はないと思います。
あっても115~120でしょうか。
リーマンまでの2000年代と今の時代の違いは、格差です。
失業率、自動車販売台数、などと株価、高額商品の売れ行きがアンバランスなのは、経済がいい、悪い
というより、社会構造の変化が影響していると思います。
格差が拡大し、それが定着しつつあるので、景況感に差が出ている、と思っています。
日本のこれからもそれが大きく表れると思います。
単純に失業率、労働参加率を比べるのでは、今を読み取れないのです。
アメリカでも引きこもりというか、リーマン後親のすねをかじったり、友達とルームシェアが増えているそうです。ネットの普及で表向き、働いていない、でも生きていける人が増えました。
あと、今後1,2年円安が続いたくらいでは、輸出企業の海外工場はまき戻らず、つまり、
円安になっても製品コストは大きく変わらず、輸出企業の業績には大きく影響しないと思います。
ただ、受け取り外貨を円転するのに円安はいい影響があるので、そういった面ではプラスですね。

投稿日時 - 2014-01-04 21:01:11

IMFの予測ですと2014年のアメリカの
GDPは強くなるみたいです。

投稿日時 - 2014-01-04 20:50:27

あなたにオススメの質問