みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アミノ酸シャンプー(石油系界面活性剤不使用)で

こんにちは。
近年ノンシリコンのシャンプーがとてもはやっていますが、シリコンも少量であればつや出しなどの効果があり、また、それほど毛穴が詰まるなどはないとのこと。
(もっとも、シリコンの有無で将来の禿げるか否かに影響があるのではというデータも存在する。)
それよりも、界面活性剤にラウレス硫酸Naなどの石油系のものを使っている物の方が、頭皮への刺激が強く、問題であるように思われる

という自分なりの結論にたどり着きました。

そこで、石油系・高級アルコール系界面活性剤不使用(できればシリコンも不使用)のシャンプーを使用したいと思うのですが、
アミノ酸シャンプーを謳っていても、アミノ酸が入っているだけで主成分は石油系活性剤であったり、ラウレス硫酸Naを使用していなくてもスルホン酸Naなど結局他の石油系界面活性剤が入っていることがしばしば。

そこで、ラウリル硫酸Na(SLS)・ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸アンモニウム・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩・トリエタノールアミン・スルホン酸Na・キシレンスルホン酸アンモニウム・パレスー3硫酸Na・パレスー3硫酸アンモニウム、などの石油系界面活性剤不使用で、アミノ酸系界面活性剤のシャンプー(できれば更にノンシリコンであれば嬉しい)をご教授願いたいのです。

ドンキや薬局で買えるものに限らず、ネットや美容院専売のものでももちろんOKです。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2013-12-28 15:42:10

QNo.8404088

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

味の素さんのブランド、Jinoのシャンプーは、かなり質問者さんの求めるものに近いと思います。主たる洗浄剤はすべてアミノ酸骨格の界面活性剤です。
ひとつ、エチレンオキサイド(石油由来)付加型の界面活性剤が入ってます。植物由来部分と結合させてつくっていますので、これをどう判断されるかというところでしょうか。

投稿日時 - 2014-01-02 14:32:01

ANo.8

補足をいただきまして、ありがとうございます

質問の趣旨を勘違いしていたようです。
あくまでも記した物を探している、と言うことですね

ほかの皆さんが言うように
「そこにこだわる、意味もない事とか、石油じゃない物だから安全と称して、
合成界面活性剤を大量に使っている、むしろその方が??」とか言う
情報は全く必要ないんですね
大変失礼致しました

因みに質問の答えですが
知る限りでは ありません
石油系を使わないものとしても
石鹸しかないですね
アミノ酸系も含め
 どちらにしても 合成界面活性剤ですが

投稿日時 - 2013-12-30 10:54:14

ANo.7

ココイルグルタミン酸Na, ココイルグルタミン酸TEA, ラウロイルグルタミン酸Na, ラウロイルグルタミン酸Na(N-ラウロイル-L-グルタミン酸Na), ラウロイルグルタミン酸TEA,水添タロウグルタミン酸Na, ミリストイルグルタミン酸Na, ステアロイルグルタミン酸Na
が安全だと言う根拠はなんですか?

持論ですよね?
おすすめを他人に聞いても ? ですよ

舐めても安全な食品がここにあったとします
舐めても全く害がなく、食べ物に付けると美味しくいただけます


でも1L一気飲みしたらかなりの致命傷。死ぬ場合も有ります


一番上に書いた物ってこれかもしれませんよ
しかも肌に優しい=弱い
じゃいっぱい入れよう!
かもしれませんよ
入ってる量なんて書きませんから。

投稿日時 - 2013-12-29 14:54:46

補足

>持論ですよね?
そうですね、あくまで見解は分かれており、石油系で十分という方もいらっしゃいます。
事実として、脱脂力と刺激について強弱があるように私は思いますが。

>おすすめを他人に聞いても?
あくまで、上記列挙されている石油系界面活性剤不使用のシャンプーを例示してほしいという質問を書きました。
「お勧め」であれば「評価」が入りますが、石油系界面活性剤不使用のシャンプーという点は「事実」ですから人によってことなりませんよね?
石油系界面活性剤不使用という前提事実の部分はゆるぎないのであって今回評価が入り得るのは、「石油系界面活性剤不使用のシャンプーの中で”お勧め”」という部分です。
そうだとすれば本件質問との関係では、石油系界面活性剤の安全性に対する評価の部分はそもそも問題となりませんから、「持論」部分は問題となりません。
そのようなことをしたり顔でかかれても(^^;という感じです。失笑を禁じえません。


>舐めても安全な食品がここにあったとします
舐めても全く害がなく、食べ物に付けると美味しくいただけます


でも1L一気飲みしたらかなりの致命傷。死ぬ場合も有ります


そうかもしれませんね。
しかし、シャンプーユースの話であって、本件をその話に準えるならば「舐める」場合を前提に作られ、「舐める」用法で使用するわけですですから「一気飲み」する場合ではありません。
また、「一気飲み」した場合に、という議論は当然石油系についても妥当します。

そして、何よりも、上述しましたがあくまで石油系不使用のシャンプーをお聞きしたいのであって、前提とする部分については本件質問の上では何ら意味を持ちません。

投稿日時 - 2013-12-29 19:13:35

ANo.6

アミノ酸シャンプーやら石油系界面活性剤不使用に
こだわるのが、ナンセンスというか無意味、ムダだと思います。
通常使用下において、
シリコーンも高級アルコール系洗浄剤も、
なんら問題ないから、です。
それは多くの薬学の専門家が認定しています。
認めてないのは、薬学なんて理解出来ない美容師風情どもです。
美容師は結局高額シャンプー業者に洗脳されているから。

つまり、一般的に広く流通しているメジャーシャンプーで十分です。

参考URL:http://shampoomania.web.fc2.com/sinzitu.html

投稿日時 - 2013-12-29 12:00:01

補足

シリコンなどの影響はないという見解があることも理解しております。
しかし、あくまで本件質問は説の対立があることを認めたうえで、
いわゆる石油系・高級アルコール系界面活性剤不使用のものを探している
というものです。

それについて、その前提部分を、無意味といわれても何ら意味がありません。
たとえば、窃盗罪における保護法益を(1)占有と解する説と(2)本権と解する説がありますが、
本権説をとった場合にどうなるでしょうか?という設問に対して、占有説をとれば成立するから
そもそも議論の意味がない、と答えるようなものです。それこそ何らの意味を持たない回答です。

また、参考URLとして挙げられているページも目を通しましたがお粗末すぎます。

投稿日時 - 2013-12-29 18:59:19

ANo.5

シリコーンシャンプーは実は企業が起こしているブームで材料が安く済むとも聞いたことがあります。色々試してみて自分に会うものがよいですね。ちなみに自分はシリコーンが全く合わず、オイルシャンプーのようなものを使ってます

投稿日時 - 2013-12-28 16:05:45

補足

えっと、誤記かもしれませんがシリコンではなくノンシリコンでは?
ノンシリコンが企業が起こしているブームという見解はありますね。
シリコンは、それこそ植物由来の適当な成分よりは高いので、
シリコンを入れない方が安く付く、という理由があるようです。

投稿日時 - 2013-12-28 16:39:34

ANo.4

凄い調べられてますね!
私も色々調べてたどり着いのはシエラオーガニカかリマーユでした。
成分までは見てませんが、いかがでしょう?

投稿日時 - 2013-12-28 16:02:34

補足

リマーユは人気が高いですよね!
安くで手に入りそうだったら使用してみます!

投稿日時 - 2013-12-28 16:41:15

ANo.3

Amazonにはあるでしょう。

投稿日時 - 2013-12-28 15:59:53

補足

アマゾンにはそりゃたくさんシャンプーありますが、そのうちお勧めはどれしょう、という話です。
シャンプーの数および界面活性剤の種類が半端ないのですべてを検討するのは大変なのでお勧めの中から検討したい、ということです。
界面活性剤だけで200はありますからね。

投稿日時 - 2013-12-28 16:45:04

ANo.2

私はパックスナチュロンのシャンプーを使用しています。界面活性剤が入っていない健康にも環境にも優しいシャンプーです。
シャンプー後、クエン酸リンスをすればバッチリです。

投稿日時 - 2013-12-28 15:59:34

補足

界面活性剤が入っていなければ油分が落ちませんから、それはないのではないでしょうか?
石鹸系の界面活性剤ということですね、おそらく。

投稿日時 - 2013-12-28 16:48:40

ANo.1

シャンプーは身体に吸収されるので石鹸シャンプーが良いと思いますよ。

投稿日時 - 2013-12-28 15:56:34

補足

分子の大きさが大きければ大丈夫らしいですが、
その観点からはやはり石油系・アルコール系を避けたいのですよね。
活性剤として石鹸はむかしから使われておりその意味では安全ですが
アルカリ性であるから(酸性石鹸系のもありますが)どうしてもきしみが出てしまいます。
したがって、タンパク質やアミノ酸系がよいのです。

投稿日時 - 2013-12-28 16:51:06

あなたにオススメの質問