みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

もう経験できないことを後悔して、自殺?

23歳、男です。


自分は中学時代に初心者でバスケを始めました。

しかし、入部して2ヶ月ぐらいたった位から、数人のバスケ経験者の同級生達に陰湿ないじめをされ始めてしまったのです。

いじめの内容は、

・バスケなので体と体がぶつかるのは仕方ないのに当たると「キモイ」「死ね」等の暴言
・シュートを打つと「お前が打つな」と言って、尋常じゃなくキレる
・「下手クソはシュート打つな」といった様な罵倒
・僕が出したパスをもの凄く嫌そうに取る
・ミスしたら必要以上に責める
・聞こえるか聞こえないかのところから「キショイ」「死ね」「辞めろ」の悪口
・僕がいない所で他の部員に僕にパスを回さないようにとの命令
・遠くからボールを当ててくる


といったような、かなり陰湿で精神的に苦痛を感じるものでした。

その数名が僕にいじめをし始めた理由は、なんとなく気に食わなかったからとか、そんなんだったと思います。

彼らは本当に性格が捻くれていて陰湿でした。

実際、僕がいじめられたのはその数名からのみ。

他のクラスの同級生から虐められたりしたこと等一切ありません。

「その輩達だったからこそ」いじめて来たと言っても言えると思います。


とにかく、上記のような嫌がらせを延々と続けられたのです。

こんなことを1回でもされるだけで辛いのに、半年ぐらい延々とされ続けたら、
そりゃ心が折れて、萎縮してしまいます。

消極的な性格になってしまう。

大人でも初めてする仕事で延々とこのような嫌がらせを受けたら、そりゃ萎縮して怯えてしまいます。

そんなことを、13歳の多感な思春期にされるとなると、そのダメージは相当。

トラウマになりますよ。

明らかに自分がシュート打てると思っても、
明らかに自分がドリブルで切り込めると思っても、

その数名の輩達の顔色を気にして、僕は結局パスするなりしてその場をやり過ごしていました。


家ではもう毎日毎日練習していました。

でも、実際の練習で何もできないんですから、上達などできる訳ありません。


一生懸命英語をフレーズ集で覚えて1人で喋る練習はしてるけど、実際にアメリカ人達と話すことは一切しない。

一生懸命毎日毎日素振りの練習はするけど、実際ノックの練習などの実践練習は一切しない。


例えるなら、こんな感じでしょうか。

そりゃ、実際の練習は「やってない」んですから、上達等見込める訳ありません。


結局3年の最後まで続けましたが、実際に僕に残ったものは地獄の様に精神的に辛かった「過去」と、トラウマだけです。


今でも「なんで辞めなかったんだろう・・・」ともの凄く後悔しています。

辞めておけば、余計なトラウマなどできなかったのに・・・。
他に時間を充てることができたのに・・・。

と。


で、月日は流れ高校へ入学。

高校へ入学後も一応バスケ部に入りはしました。

ただ、中学のいじめのことが頭から離れず全然集中できなかったので、結局1年の頃に辞めることに。

今思えば、確実にPTSDを抱えていたので、カウンセリングの処置を受けるべきだったと思います。

それか、中学ではさっさと辞めて、高校からまた1から始めればよかった。

そしたらトラウマ等無い状態で始められましたから。

高校では嫌がらせをして来る人等皆無だったので、純粋にバスケを楽しめたでしょう。



そんなことを経て、今に至る訳ですが、やっぱりバスケを楽しめなかった過去をもの凄く後悔してしまいます。

もうこれから生きている間二度と、中学や高校の様に部活に入ってバスケに没頭できる日は来ません。

仕事もありますし、仮にまた始めたとしても週に1回程度です。


何よりも、中学生高校生みたいにバスケに浸ることは二度とできないのが、本当に辛いです。

真剣にバスケのことだけを考えて熱中できる日は来ません。
現実的に無理です。


テレビでスポーツ番組を見る度に、
誰かがスポーツに関する話をしてくる度に、

僕は中学の部活を思い出して、1人精神的に辛い思いをしています。

ただ単に、純粋に楽しみたかった。。。

楽しむ中で、上手くなって経験を積みたかった。。。

トラウマに苦しめられなければ、高校も辞めずに済んだでしょう。


少し前置きが長くなり、申し訳ありません。

質問です。

僕は一生こんなことを感じながら苦しまないといけないでしょうか?


もう僕は一生

「あの時いじめられなければ、楽しくできていただろう・・・」
「あの時あんな輩達と出会わなければ、今スポーツ見ても普通に純粋に楽しめただろう・・・」

      
と考えて、後悔し続けないといけない人生を歩まないといけないでしょうか?  


後悔しないようにするには、もう自殺するしか無いでしょうか?

だって、もう過去には戻らないんですから。

この苦しみから解放されるには、もう死ぬ以外ありませんか?


僕はどうすればいいか分からないんです。

確かに、今から週1位でバスケを始めることは不可能ではありません。

でも、中学生高校生の様に没頭することなど現実的に不可能です。

部活で青春することなど不可能です。


だからと言って「自殺」するのは、馬鹿な考えだとは思いますが、
でも一生後悔するぐらいなら死んでもいいかなって思ってます。

スポーツは生活に隣り合わせですから、後悔する機会なんてそれこそ無限にあります。

過去の「捉え方」さえ変えることができたら、死ぬ必要等無いような気もしていますが、自分では一体どのような考え方をすればいいのか分かりません。


そこで、皆様に何か建設的なアドバイスを頂いて、この負の考えを払拭できたらなと考えてます。


では、回答お待ちしております。

投稿日時 - 2013-12-26 22:58:35

QNo.8402123

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

誰にでも思い出して泣けてくるような嫌な思い出というのはあるものです。

PTSDとかフラッシュバックとかトラウマとか、結局それは「嫌な思い出」であり、
じゃあ、「嫌な思い出を思い出さない方法」といったって、催眠術で封じ込めるような技は存在していないでしょう。
いじめっ子を探しだして全員殺して恨みを晴らす。のも難しいでしょう。

つまり、思い出さない と考えるよりも、「時々思い出してもいいんだ」と肯定してしまったほうがいいわけです。
でも、もちろん嫌な思い出ですから気分悪いですよね。
こういう嫌なことを思い出してるヒマがないような状態って、どういう状態か?

・忙しすぎて思い出してるヒマなんてないとき。
・幸せすぎて思い出しているヒマなんてないとき。

つまり、振り返ってる余裕をなくすんです。
今の仕事に徹底的に打ち込むとか、血反吐くほど格闘技とかやって身体をいじめるとか。
ちんちんが乾くヒマがないぐらいモテまくるとか。

そうやってると、自分に自信がついてきますよ。
自分に自信があればもうOKでしょう。
つまり、過去の自分に勝ったという気持ちになれます。
こういう考え方、どうですか。

投稿日時 - 2013-12-26 23:21:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

文章を読んでいると少しふざけているように感じました。



釣りではないですよね。

いじめに関しては、あなたの性質にもよりますね。あなたは深刻なのに周りは軽く取り扱う。

容姿の問題もあるかも。あとは相手側の問題ですね。暴言しかはけないのだから。

投稿日時 - 2014-01-04 22:16:06

ANo.7

今をいかに楽しく過ごすか。
その事だけ考えなさい
23歳という若い時は今しかないのに。
中学高校よりも、よっぽど今が大事で素晴らしいのに
実にもったいないね。人生一度だけなのにね
それに早く気付こう

イジメられなかったら、楽しく青春できてたとも限らない。
どうしてこの手の方は、バラ色だったのに!と思っちゃうんだろう。
高校生のときに辞めてしまったのはイジメのせいだけじゃないのに。

恋人を居ないのなら作る。
子供を作って、子供にあなたの夢を託すのもいいかもね
あなたが経験できなかったことを、子供にしてもらえば?
もうあなたはそんな年齢なんですよ

そして趣味を作る。
バスケもいいけど
他の趣味も見つけてみてはどうでしょう

投稿日時 - 2013-12-28 12:15:21

>明らかに自分がシュート打てると思っても、
>明らかに自分がドリブルで切り込めると思っても、

なら、それ(前に出ること)をやれば良かったじゃないですか。
自信があったのなら、ぼろくそに言われようが何だろうが、自分のことを自分一人ぐらいは信じてやれば良かったんだと思う。
やりたいようにやって、ぼろくそに言われるのなら、そのときはそのとき。

やりたいことをやらずに、自分を信じてやることが出来なかった。
あなたが本当に悔しかったのはこのことじゃないのかな。
陰湿なバスケ部の同級生のことが悔しいのではなくて、その人たちを撥ね付けたり、抗議することが出来なかった、ただ後ろに下がって大人しくするよりなかった、疎まれることにビクビクしていた、そんな自分が一番許せないのじゃないのかな。

>後悔しないようにするには、

気持ちを押し殺さないことだよ。


>僕は中学の部活を思い出して、1人精神的に辛い思いをしています。
>ただ単に、純粋に楽しみたかった。。。
>楽しむ中で、上手くなって経験を積みたかった。。。

後悔というのは、そのとき、その瞬間、やるべきことをしなかったから生まれる感情なんだよ。
「思い出して」じゃなくて、そんなものを思い出にする前に、過去形にしてしまう前に、「そのときに、歯を食いしばって勇気を出せば良かった」んだ。


「1人精神的に辛い思いをしています。
ただ単に、純粋に楽しみたい。
楽しむ中で、上手くなって経験を積みたい。」

って、過去にしてしまうのではなくて、
「やり場のない怒りを、そのまま相手に“そのとき”ぶつければ良かったんだ」。

小さく萎縮してしまう前に、取っ組み合いの喧嘩をすれば良かったんだよ。
一人だけ我慢して聞き分けの良い人になろうとするのではなくて、青臭いと嗤われようが何だろうが、素の自分のまま、相手にぶつかって行けば良かったんだ。相手に垣根を作られたのなら自分で壊せば、乗り越えれば良かったんだ。

過去にはもう戻れないけれど、感情に蓋をして、傷ついていないふりをする。
そんなことはやめて、そのときそのときの自分の感情を相手に伝える努力をあなたはして来たのだろうか?
そして、今、それができているのだろうか。
此処の人たちにじゃないよ、
“本当の気持ちを伝えたい相手に”ちゃんと話せているのだろうか?


後悔の一切ない人生なんてないと思う。
けれど、後悔の多い人生を送る人というのは、自分に正直に生きてこなかった人だと思う。
後悔をしたくないのなら、嫌われることや蔑まれることを恐れるよりも、自分に正直に生きること。

「ただ単に、純粋に楽しみたい。
楽しむ中で、上手くなって経験を積みたい。」
これが、あなたの本音だったのでしょう?

解ってもらえないとか、嘲笑われること失敗すること傷つくことを恐れずに、自分に正直に生きること。
このことをしてこなかったから、心の傷を深めてしまったし、今も傷口を探しては、瘡蓋はがしをしてしまうんだと思う。


>確かに、今から週1位でバスケを始めることは不可能ではありません。
>でも、中学生高校生の様に没頭することなど現実的に不可能です。
>部活で青春することなど不可能です。

いくつになっても興味関心があることは、どんどんやってみたら良いと思う。
道に外れていなければ、何をやったって構わないし、誰にも文句言われる筋合いはないものね。

やっても見ないで結論を出してしまうのがあなたの悪い癖だと思う。
自分を信じられない人は誰のことも信じられない。
自分のことを弱者だ、何もできないと思い込んでいる人は、自分の声は決して誰にも届かず、誰の心も動かすことが出来ないと思い込んでいる。
だから、いつも声を飲み込んで、あのときああすれば良かった、こうすれば良かったと後悔してしまう。


「ただ単に、純粋に楽しみたい。
楽しむ中で、上手くなって経験を積みたい。」
この気持ちが本当だったのなら、これからもその気持ちを大切に。
先ずは心を伝えて行くこと、伝わる努力を続けることだと思うよ。ときには喧嘩することだって避けては通れない。
理想に技量が追い付かないのなら、ひたすら技を磨くこと。

後悔するのなら、やるべきことをやってから。
やるべきことをやって駄目だったのなら、いっそ清々しい。
そうは思いませんか?
限界を定めるのは他人じゃなくて自分自身なのだから、後悔するのなら、やれるだけのことをやったのか自問自答した後で充分だよ。

投稿日時 - 2013-12-27 17:09:01

私は、いじめられるタイプなので、いじめるタイプの人が憎たらしくて心底好きになれず結構な勢いで嫌いです。




いじめる人って何でも上から目線ですし人の揚げ足を取りながら生きている感があって意地悪な雰囲気も常に漂っているというか存在感も強烈ですから傍にいるだけで嫌な気持ちにさせてしまう天才だなと思っています。

いじめるような最悪な悪人は早く滅ぼされてほしいと常に本気で思っています。
いじめる人が世から一人も残らず、いなくなってくれることが私の一番の願いです。

投稿日時 - 2013-12-27 01:14:16

40才で、全然違う職種から医師になる学校に、
仕事を辞めて進学する人が結構いるそうです。

ロー・スクールもありますよね。

例えば、トラックの運転手さんが弁護士や
行政書士、司法書士などを目指すこともある。

どうでしょう、バスケ部の顧問になるべく、学校の
先生を目指すのは。

顧問の先生は、じっと椅子に座って指示を出すだけに
思えますが、そうなのかな?

剣道でも柔道でも、教え子と立ち会うスポーツは
いくらもあります。 空手なんかもそうだしね。

どういう教え方をするか、はコーチの采配。

自分も一緒になってコートを駆け回る監督がいても
いいような気がします。

強豪校のコーチになるのは色々難しいだろうけど
余り強くないチームを育てていけるなら、あなたが
これまでしてきた練習も、イジメに耐えてきた
心の中の様々な葛藤や、心をかろうじて折れずに
支えてきた経験が、最大限に生かせるのでは
ないでしょうか。

更に云えば、ね。

日本である必要性だって、必ずしも、ではない。

要は、バスケで飯が食える道を、本気でお探しなさい、と
云うことです。

そんなに若いんだから、仕事と趣味、みたいに分けて
考えなくても、チャレンジしていいと思います。

35才までなら、かなりの冒険をしても何とかなりますよ。

僕はもう終わった、と自分で決め付き過ぎです。

ついこないだまで学生さんだったからでしょうが、
別に部活動でなくても、それどころか、外に出たからこそ、
唯の趣味の域を出なかったバスケが、職業になる可能性も
現実に出来るのですから。

今っきゃない!!!

と、私は思うのです。

自殺、なんて短絡的過ぎる。 いくら辛かったと云っても、
仕返しもせず、立ち直りもせずに死のうとするなら、それは
苛めた彼らのあざわらうネタにしかなりません。

あなたが苦しんで自殺した後、何年経ってもあなたを馬鹿にして
へらへら笑いながらコケにし続けるそいつらを想像してみて
ください。

ムカつきませんか?

マジで怒りましょうよ。

なんであなた一人がこんな目に合わなきゃならないのですか?

自殺なんて、惨めだ弱いダメなやつだと自分で自分を
叩きのめしてるようなものです。

そうじゃないでしょう?

あなたが自分自身でまで自分を痛めつける必要など

ひ・と・っ・つ・も!

ありませんよ。

まず、きっちり、腹を立てて下さい。

腹を立てなきゃ。 訳知り顔でため息なんかついちゃ、
ダメです。

頭良くふるまっちゃ、ダメです。

自分に仇なした人間を、本気で憎悪することは、正しいのです。

一生後悔しそうなら、後悔しなくて済むようなチャレンジを
きちんとやればよいのです。

後悔というのは、「何もしなかった」人間が、失った時間を
夢想して悶えることなんですから。

あなたはまだ、終わってなどいませんよ。

青春ど真ん中です。

失敗を恐れてばかりいるから、そんな年寄りみたいな
愚痴が出るんです。

五十回、失敗したら諦める、位のおおらかな気持ちで
今しかできないことにトライしてくださいね。

本気で探せば必ず、突破口は見つかります。

もっと不敵に笑って見せて下さいね。

歯をくいしばって頑張ってきたあなたには、項垂れた
敗残老人みたいな姿勢も表情も似合いません。

討ち死にするつもりで、頑張ってね。

投稿日時 - 2013-12-26 23:59:54

ANo.3

>過去の「捉え方」さえ変えることができたら、死ぬ必要等無いような気もしています

その通りだと思います。

他の方も書いておられましたが、人にはそれぞれ思い出したくない過去や、現在においても辛いことと言うのは数多くあります。
ただ、その程度はやっぱり人それぞれで、あなたの悩みの深さが私と同じかどうかはわからないし、どっちのほうが深刻かというのもわかりません。

私自身、10数年経った今でも、もし目の前に現れれば笑って刺せるくらい恨みを抱いている人物もいます。
でもそんなのは私だけではないと思います。

ひとつ言えるのは、そんな強い恨みの感情も、やっぱり当時よりは違うものとして自分の中にあるということです。
恨みの感情がなくなったとか、その人と和解したくなったとか、そういうことではなく、まさに「捉え方」が変わってきたんです。
これはひとえに「年月が解決した」ものであると思います。

質問者さんの場合、確かにすぐカウンセリングを受けることでその場で解決しておいたほうが良かったのかもしれません。
ただ、そこでムリヤリ封じ込めても後でまた湧きあがってくるというものも、あります。
その点、時間が解決していく過程では、その中で自分が経験する色々なものも合わさってくるので、また違うテイストでの解決が望めます。

まとめますと、どうぞこの先寿命が来るまで一生懸命生きて下さい。
多分、「一生後悔する」っていうことはありません。どこかで今の悩みは昇華されるでしょう。
私も悩みの渦中にあってはそんなこと思いもしませんでしたが、確かに昇華の瞬間はあります。
今高校生とのことなので、多分あと10年くらいの間には。

投稿日時 - 2013-12-26 23:56:31

ANo.2

質問者の書き方は自分だけが嫌な目にあって現在に至っているように書いてあるが,己を振り替えてみたでしょうか?一度冷静になって分析してみてください。結構考え方が変わってきます。

投稿日時 - 2013-12-26 23:28:16

あなたにオススメの質問