みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

WindowsLiveMailのバックアップ&復元

フリーソフトなのですが、日次バックアップを行わせて、何かトラブル発生時に、任意のバックアップ時点まで戻そうとしています。

LiveMail2011を使用している場合、メール(メッセージ)とアドレス帳のバックアップの考え方は下記で宜しいでしょうか。

メール:C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Microsoft\Windows Live Mail
アドレス:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local\Microsoft\Windows Live\Contacts\Default\15.4\DBStore

をフォルダごとコピーしておき、復元時には単純にそのデータを同じフォルダに戻してやる。

今まで使っていたOutlookExpressではこの方法を行っていたのですが、LiveMailでもDB(?)を丸ごとバックアップし、戻す際はまたそのまま丸ごと同じ場所へコピーと言う考え方で宜しいでしょうか。

色々検索すると、csvとかにエクスポートしておいてインポートさせる旨の解説はあるのですが、バックアップ自体、コンピュータ起動時に自動実行させたいもので。

投稿日時 - 2013-12-26 16:27:14

QNo.8401617

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Win7ですよね?

メールのパスが、
メール:C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Microsoft\Windows Live Mail
と書かれていますが、
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\WindowsLive Mail
と思いますが?

で、連絡先やメールの差分をどうするか?という処理を別途行うとして、書かれた方法でバックアップ時点にアカウント設定、メールデータなどの状況を復元可能です。

アドレス帳はDBStoreは保護されたオペレーションシステムファイルになっていますから、見るようにして作業をします。

投稿日時 - 2013-12-26 16:49:55

お礼

回答ありがとうございました。

メールのパスは再確認します。
保護された~に関しては、見えるようにして確認しましたのでOKです。

ちなみに、差分の対応は、現内容をエクスポートし、バックアップから戻した所へ必要なもののみインポートするつもりです。
今回は、自動パックアップを行わせる対象が不安だったので質問してみました。

投稿日時 - 2013-12-27 11:43:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問