みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

nisa口座重複と少額投資非課税

2つの証券会社nisa口座を登録してしまいました。口座を1つ解約した後、少額投資非課税制度は適応されるのでしょうか?
解約の手続きは2014年以降になるかもしれません、とのことですが、口座の解約がnisa制度開始時期以降になった場合、どのようなデメリットがありますか?

投稿日時 - 2013-12-22 09:28:51

QNo.8396213

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

・NISAの重複について、とあるホームページでは
=>http://www.resona-gr.co.jp/saitamaresona/kojin/oshirase/2013/detail/130909/index.html

・取り消しをせずに2つ(以上)の申請が国税庁に届いた場合は先に届いた方の金融機関に戻されいずれか1つに絞り込む確認(調整)を依頼される筈です。
・2つともが解約になるような事はないでしょう。ただどちらが正式に認められたかの連絡は遅れる可能性はあります。年初早々には間に合わないかも。

投稿日時 - 2013-12-22 16:21:09

お礼

制度導入前の年末年始なのでやっぱり難しいのかもしれませんね。
違法になるのではという最悪の事態について考えていました。調整を依頼されるとのことで安心しました。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-12-22 17:06:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

「nisa口座を登録してしまいました」ってどういう意味だろ?

案内ペーパーを読んだ限りでは
・金融機関にNISA適用口座の開設を申し込む
・金融機関から国税当局に申請内容の通知(申請?)をする
・国税当局で名寄せ(審査?)を行って、一人一口座だけが適用対象となる
こんな感じではなかっただろうか

つまり貴方の言っている登録とか解約というのが、金融機関窓口での話なら金融機関が国税当局に貴方の適用申請をいつ行ったのか?
金融機関内で書類が留まっている状態なのか?
国税当局に到達済みだとすると、先に到達した方が優先されて後からの分は既に貴方の名義で登録済みという事で書類が撥ねられる筈

『解約の手続きは2014年以降になるかもしれません』と言うのが、どちらの窓口での話なのでしょうか?
恐らくは、金融機関では他所の金融機関の書類状況までは把握できず。
取りあえず国税当局に貴方の書類を送り、国税当局から他の金融機関で登録済みなのでNISA適用不可という返答受けてからでないと、貴方の書類の適否が判断出来ず解約して良いのかを判断出来ないということなのかな?

当局からの返答が14年になってからになりそうな見込みだからそういう回答なのかもね

>口座の解約がnisa制度開始時期以降になった場合、どのようなデメリットがありますか?
解約の時期は関係無いでしょ
適用が認められるか否かの方しか関係無い

まさか解約する予定の方でバンバン取引するわけでもない筈だし

投稿日時 - 2013-12-22 10:28:53

お礼

金融機関が審査局からの返答を待つために、解約が2014年以降になってしまうかもしれないのですね。
先に到着したのがどの金融機関からの書類なのか、自分には確かめる方法がありません。これから返答を待ってみようと思いました。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-12-22 17:06:44

あなたにオススメの質問