みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

就職活動の「自己分析」「業界研究・志望」について

 こんにちは。就職活動が今年の12月に始まった大学3年生の者です。

 就職活動について、2点程 「自己分析」「業界研究・志望」についてよくわからない為に実行がしづらい事があります。

 (1)自己分析とは、「why」や「how」の言葉を用いて 自分の好きなもの・考え方などから書き出していき最終的には 「自分のルーツ」や「軸」を明らかにしていくことを指すのだと思いますが。

 すると、最初のやり方としては「自分の好きな事・やりたい仕事(事)」を書いて、自分に問い続ける方式で 正しいのでしょうか? 正直、「そんな、書き始めでよいのか」と思ってしまいます。

 どうやら、whyやHowをかける題目(?)が何にすれば良いかが、検討できていないのが原因らしいです。

その為に、「自己分析」自体があまり進んでいません。 ※もし、投稿者様の実際の自己分析の「こうした!」という体験談・エピソードがあれば、そちらも添えてほしいです。

 (2)業界研究についてですが、やりたい業界がはっきりと決まっていません。

 「興味がある」職種はあるのですが、上記の自己分析があまり進んでいない状態なので、「何故、その仕事に興味があるのか」と言われたら ちゃんとした説明が出来ない状態です。

 「自己分析」と「業界研究・志望」は関係がかなり強いようですが、どうか皆さんの助言や意見、ご指摘があれば どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-12-11 12:07:35

QNo.8381995

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

とっかかりは何でもいいんですよ。

たとえば新聞を広げて目をつぶって紙面を指さす。
そこにある言葉について、自分はどう思うか簡単に述べてみる。
その自分の言葉について、「なぜ」や「どうやって」を繰り返していけば、自分の価値観が見えてきます。

そしてあなたが興味ある職種について、あなたの価値観と照らし合わせて、重なり合う部分、反する部分を探っていけば、志望度の高さが見えてくるはずです。

投稿日時 - 2013-12-11 12:56:27

お礼

返信が遅れて、すいません。

 丁寧な回答で、助かります。とっかかりは特に何でもいいから、そこから自分の価値観を掘り下げて「見付けていく」のでしょうか。それを、希望の職種と照らし合わせることで、何か発見がありそうです。
 
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-18 11:10:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ちゃんと説明が出来ないのはかっこつけようとしてるからですね。希望があるなら素直に自分の言葉で書けばいいだけ。でもなんか崇高な目的でも書かなければいけないと思うからでしょう。
でも担当者はみんな受け狙いの言葉でまとめてるのはわかってます、本当はもっとミーハーな希望なんだろうなってことは。そんな中からあえてそれを書かせているのはそのどうせまともには書いてこないだろう。そこから本音をさぐってやろうか程度のきっかけでしかありません。
きっかけであるなら、きっかけは多い方がよいですよね。ならば担当者が疑問を持つようなことを書けばよいのです。疑問を持つということは興味がわくということ。つまり自分をアピールするには謎な部分がある方がよい。
でも突飛なのはダメ。程度がしれます。逆に疑問があるから入りたいでもいいわけで疑問をいっぱい書きだすとかでしょう。疑問があるということは会社に興味があると思われ高評価です。
ただし最後は人物ですから話し方というのが一番大事です。

投稿日時 - 2013-12-11 12:35:53

お礼

 詳しく、説明をありがとうございます。

 参考になる部分が多くて、有難いです。

投稿日時 - 2013-12-18 11:11:58

あなたにオススメの質問