みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

留学を続けるか帰国するか

今年度イギリスの某大学に入学し現在Tourism Management(観光学)を学んでいる者です。
正規留学という形でイギリスには来ており、現地の学生と同じように三年間大学生活を送るつもりでだったのですが
このまま当初の予定通り留学生活を続けていくか日本に帰国するか悩み始めてしまいました。

まず留学を志した理由としては、もちろん英語力の向上もありましたが私が学びたかった観光学が日本ではかなりマイナーなためなかなか観光学が学べる大学が日本にはないこと、
仮にあったとしても十分な教育が受けられそうになかったため、この際幼いころからの憧れでもあった留学をしてTourism Managementが盛んで豊富な知識と経験を持つtutorが多くいるイギリスに渡英しようと決めました。

そして現在通っている大学に決めたのは、地理(都会過ぎず田舎過ぎず)、生活スタイル(寮かホームステイかシェアか)、治安、留学生の割合、留学生向けサポートの有無、口コミ、就職率、さらに私が学びたかったTourism Managementが盛んかどうかなどを総合的に判断した上で出願し入学しました。

自分で十分納得した上でこの大学を選んだつもりでしたが、事前の調べでは分からなかったことが実際に入学してからいろいろ分かったこともあり現在頭を悩ませている状況です。

現在の一番の問題が私が学びたかったTourism Managementが学べていないという今の現状にあります。
一括りに観光学と言いましても私の大学にはTourism Management(以下TM)とEvent Management(以下EM)の二種類があるのですが、上にも述べたように私が学びたかったのはTMの方なんです。
TMは将来tourism industryに就職を考えている人向けで観光業界全般の経営、会計、経済など幅広く”観光業界のビジネス”を学ぶのですが、逆にEMは将来service industry(ホテル、ブライダル、航空業界など)に就職を考えている人向けでビジネスというよりは本当に”サービス”を学ぶ授業なんです。
通常なら趣旨が違うため授業も別々に行うのでしょうが今年度のTM専攻学生が異常に少なかったため現在TMとEMの学生が合同で授業を受けています。しかしEM専攻者が圧倒的に多いこのクラスでは授業内容、エッセイのトピック、プレゼンテーションの内容、全てEMの内容で進まれており私が学びたかったTMが現時点で全く学べていません。

tutorにその不満を言ったりTM寄りの授業もやってほしい旨を直接伝えたりもしましたが残念ながら大学卒業までこのスタイルでやっていくと思うと言われてしまいました。

正直、TMではなくEMを学び続けるなら留学をした意味がないですし高い学費を払ってもらっている両親にも申し訳ないので本気で帰国を考えました。しかしせっかく留学を許してくれた両親(一年半反対され続けやっと両親の了承を得ました)のことや、さらにここで辞めてしまっては中途半端になってしまうという自分の思いから何か帰国をする以外に方法はないかと考え、そして最終的には転科をしようと決めました。

将来的なことを話しますと、私はイギリスの大学を卒業後日本に帰国し観光業界(特にツアープランナー)として日本で働きたいと考えております。そして経験を積んだ後、自身で起業し独立をするというのが大まかな夢であり目標です。

起業をするなら経営も必要だと思い、転科するならbusiness、もしくはmarketingに移ろうと思いさっそく大学に転科希望を伝えに行ったのですがあえなく却下されてしましました。現地の学生なら転科も簡単なようですが留学生となると手続きの面で現地の学生とは異なるようで、私が冬休み明けの新学期、もしくは学年が変わるとき、いつのタイミングでも共に転科は難しいということです。
特に私が転科希望をしたbusinessやmarketingに移ることが難しいようで、danceやmusic系になら転科できるとも言われました。しかしdanceなど経験もなければ将来的にダンスを使いたいとも考えていないのでそっちへの転科は全く考えておりません。

最終的に転科が無理なら大学自体を変えようかとも考えましたがそれも留学生となると話が変わるらしく難しいようです。

両親に相談すると、最初はせっかく留学したのだから何かしら道を見つけて三年間イギリスの大学で頑張ってほしいと言われましたが、もし本当に続けるのが困難なようなら日本に帰国するのも選択肢の一つとして考えても良いと言われました。

仮にイギリスの大学を退学し日本に帰国したら私は日本の四年制大学に入る気はありません。
専門学校に入り何かを学ぶか、アルバイトをしながら自力で何か資格を取り就職先を探すか、私の中で考えているのはこの二択です。

将来的に正社員として良い会社に入りたいなら日本の大学に入りきちんと卒業するというのがベストなのでしょうが、この就職困難な時期に大学を卒業したからと言って正社員になれる保証も、そもそも就職できる保証もないですし、それなのに今からまた四年間も大学で高い学費と貴重な時間を費やす必要があるのかと考えると無駄な気がしてしまいます。

社会を甘く見るなと言われてしまいそうですが私は将来本気で起業したいんです。大金持ちにならなくても必要最低限の生活ができる収入は得たいと考えておりますが、起業に学歴は関係ありません。そうなるとなおさら日本の大学に入り直す意味が分からなくなってしまいます。

長くなってしまいましたが私はこの先どうすれば良いのでしょうか。
転科も大学自体を変えることも難しいことを考えると私はこのままEMを学び続けるべきなのでしょうか。
それとも留学、大学中退を決断し日本に帰国し新しい道を探すべきなのでしょうか。

答えが出ず悩みすぎて精神的にもかなり参ってしまっています。夜も寝られず不眠症気味です。

どうか皆様のアドバイスをください。

投稿日時 - 2013-11-29 02:54:07

QNo.8366189

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

結論から申し上げると大学に残ることを勧めます。

全文読ませて頂き、中々しっかりした考えの持ち主で立派だなと感じました。
そして、おっしゃっていることも筋が通っており、中途半端なことをするくらいなら辞めて次に行きたいと思うのも理解できます。

しかし、それでも、最初に申し上げたように私は海外に残ることをお勧めします。
それは何故かというと、私の経験上、何事も3年くらいはやらなければ骨にも身にもならず、それを放り出すことのほうが、あなたの夢をかなえる上で重大な問題になってきます。オマケに計画が立っていない状況で帰ることによって事態が前転することは99%ないと考えるからです。(計画があるのならば別ですが)

察するにトピ主さんはまだ二十代前半、下手したら19でしょうか。
はっきりと申し上げますと、人生は長く、たかが、大学で学んだことで何かが変わることはほとんどありません。一生懸命悩んでいるところに水を差すようで申し訳ないですが、Tourism Managementを仮に今、学べてたとして、夢への距離は今と果たしてどれだけ違っていたのでしょうか?僕はせいぜい50歩100歩程度だと思います。

これも冷静に考えれば当たり前の話で、プロとしてツアー・インダストリーで働いている方はみなさん、10年、20年働いて経験を持ち合わせており、それらの経験がわずか大学の、しかも実際の経験を積まない生活の中で培われたものに負けることは、比べること事態が馬鹿らしいほどありえない話なのです。

つまり
大学で何を勉強するか<<実際にその世界にはいって、一生懸命経験積む
であり、実は今、トピ主さんが悩んでいることは、夢にとっては些細なことに過ぎないのです

さらにはっきり言いましょう。今、Tourism Managementを勉強できなくても、そのことは後でも学べますし、おそらく自分で学習することも不可能ではないはずです。今、起きていることはせいぜい予定が狂った程度のものであり、ベストではないしろベターである人生の方向を大きく変えるにはちょっと理由が弱すぎると言えるでしょう。

さらに、こちらも大きな理由ですが、トピ主さんは「大学卒」という資格についてちょっと甘くみています。今、日本の社会だと(本当は世界どこでも一緒ですが)EMを学んだ大卒とTMを自分で学んだ専門学校生を比べたとき、前者のほうが、その道に入れる可能性が高いでしょう。その程度には大卒という資格は大きいのです。

上で述べたように「実際に入ってその世界で経験を積むことが」夢をかなえるのに最善の手段なのに、今、大学を辞めて専門学校に入ることは、気持ちはすっきりするでしょうが、実は夢から遠ざかっている行為です。

まとめ
・大学で何を学んでいるかはさほど重要でないので、心配するな。自分の状況はただ焦っているだけ
・それよりも大学卒という資格を失うほうが夢から遠ざかる。

それでは、次です。それでは今、何をするべきなのでしょうか?

ここまで説明したことから次に想像することは「経験を積む」ことだと思われるかもしれません。
それは半分正解ですが、しかし、僕はあまりお勧めしません。
なぜなら、経験だけなら既にその業界に入ってあなたよりも多くのことを知っているひとがたくさんいるうえに、その世界に専念するあまりあなた自身の価値を逆に下げてしまうことも多いからです。

プロというのはその世界でその知識を売りにするわけですから、一般人とちょっと差がある程度では食っていけません。かなり大きな差がなければなりません。しかし、差を作るには多くの時間がかかります。そのため、そのことだけに専念して能力をつけていく必要があります。すると他のことに割ける時間が大幅にへるものです。
よく聞きませんか?大学生の頃に勉強しとけばよかった。あれは、社会人は仕事の勉強、仕事の経験を得るために時間を割かないといけなすぎて、他に必要とする時間に割くことが出来ないということです。「仕事としての経験を積む」ということはそれほどまでに時間を割かないといけないということで、逆にそれ以外の経験を得る時間を減らします。それは結果としてあなた自身が持てるはずだった違う可能性を結果として見逃し、あなた自身の価値を下げてしまうことも多々あるのです。

・経験をつむようにその業界で実際働いてみるというのも悪くないが、それは場合によっては才能を限らせあなた自身の価値をさげることもある。

最終的に起業しようと思っているならどういう人を雇うか、考えてください。その道の専門家だけでいいでしょうか?僕は専門家も大事ですが、同時に専門以外のことも分かる幅広い人も必要で、そういった人を重宝することになると思います。

長くなりましたが、つまり僕があなたぐらいの時期にやるべきことというのは「幅を広げるために
何にでも一生懸命にやって新しいことに挑戦してみる」ということだと思っています。

イギリスに留学したあなたならもう分かっていると思いますが、新しいことに挑戦してみたことによって開ける新しい自分自身というのは、そのまま、絶対に見つけられなかった可能性です。
それは自分というものをよく理解させ、何をするべきかということを以前よりも示してくれていると思います。同じように色々なことを、他の人が中々できないような経験を他人の意見に惑わされずにやってみてください。

また、自分の意思で行動してみて(焦りなどではなく)、失敗する後悔はしない後悔よりもずっと心地が良いものです。なぜなら、自分が出来なかったことは諦めがつくからです。向いていないものどうしようもないのです。そういったい意味でも出来る限り色々と全力で頑張ってください。

いつまで、自分を広げる作業を続けるか、専門に入ってその道を極めるようにしていくか、それは人によって違うようですが、通常は道を究める、プロになるのは大学卒業をした後で全然遅くないようです。

ちなみに、僕も海外にいます。行くときはちょっと悩みましたが、結果的に大正解だったと思っています。
長文失礼しました。

投稿日時 - 2013-11-29 04:58:08

お礼

ご回答ありがとうございます

はい、私はまだ社会を甘く見ている現在19歳の小娘です。

貴方様のおっしゃる通り、たとえ留学を辞め日本に帰国したところで具体的にどうするか(大学なり専門学校なりに入り直すのか、入り直したとして何を学ぶのか)、もしくはアルバイトをしながら資格取得を目指すのか(なんの資格?)何も決まっていないというのが現実です。そんな状況で帰国したとしても未来は見えないですし結局だらだら過ごしてしまい、この短かったけれど貴重な留学経験さえも無意味になってしまうと思うのでそんな状況ならば帰国はしないつもりです。しかし逆に何か日本での目標が見つかれば両親やサポートしてくれた周りの人には大変申し訳ないのですが留学はきっぱり辞め本気で帰国します。

たしかに現在TM、はたまたbusinessやmarketingを学んだからと言って私の将来を大きく左右するのかと聞かれれば答えられません。きっと何を専攻しているかというより、この留学生活全般において何を学び何を取得し(知識や精神的な面の両方で)それをどう生かしていくのかということのが大切なんだと思います。
そういう意味では三年間日本では体験できなかったであろうことをこの留学という形でいろいろ経験するのもありだと思います。

しかし、仮に”大卒の資格”を考えますと、このままイギリスの大学をきっちり三年通い卒業したとしても、厳格には日本で就職する際には大学卒業程度として認めてくれないことも知っています。日本の文部省に言わせますと海外の大学卒業者は日本の”大卒”になりませんよね?採用する企業側がイギリスの大学卒業を認めてくれ、それを日本の大学卒業者と同じ扱いにしてくれるかが問題ですが、現実的に海外の大学卒業者を日本の大学卒業者と同等に見てくれる企業は多いのか正直分かりません。

そんなことを言ったらなぜ留学したのかと問い詰められそうですが、当時は自分が学びたかったTMを学べるのであれば正式に大卒と認められなくても自分はきちんと知識がありしっかり学んだきた経験を活かし貴方様の企業で絶対に役に立てますというようなことを就職活動の際に胸を張って言うことができると思っていたのでそこまでイギリスだろうか日本だろうかとにかく大学を卒業すれば良いと考えていたんです。しかしEMをこのまま学んだところで就職活動の際に自信を持って自分をアピールできるのか分からなくなってしまいました。

長くなってしまいましたが、この留学生活を一つの素晴らしい経験と捉え自分の可能性を広げていくチャンスに変えられるのか、今一度自分自身に問いかけてみます。焦らずしっかりと考え最良の答えが出るようにしていきたいと思います

どうもありがとうございました

投稿日時 - 2013-11-29 21:24:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

    #1です。補足です。

>>貴方様は長すぎたとおっしゃっていますが具体的にどれくらいの期間海外で過ごされ就職を逃してしまったのかよろしければ教えてください。

    具体的には留学して2年ほど日本に帰り、2カ所の暫定的な専門外の仕事をやった後、身につけた専門と合致する職が海外にあったので、就職し、家族も増えたので今も海外住まいです。

    実際の年数と言うよりは、長くなれば留学先の分類で専門化が進行してしまう、そうすると日本の事情からどんどんかけ離れて行ってしまう、これが進むと、「日本で就職する」が目的なら逆効果だ、と思いました。

    ある程度までは「外国ではもう○○に進んでいるのだから」という波に乗れますが、「外国ではそうでも、日本じゃ通用しないからね」に変わる期間が年年短くなっているように思います。

    ですから、「金はとにかくもうけるもの」という見方と「世の中は金だけじゃない」という見方の段差が、分野によって時間的にも、生活の根幹的にも違います。ある分野では短期、他の分野では長い、と言う違いがあるのではないかと思います。

    「将来的に正社員として良い会社に入りたいなら日本の大学に入りきちんと卒業するというのがベストなのでしょうが、」と言う物差しでイギリスの大学をきちんと卒業するというのがベストだから、卒業まで頑張れ、というのも「学歴」社会にまだとらわれた見方のように思います。

投稿日時 - 2013-11-30 02:23:10

お礼

再度ご回答ありがとうございます

なるほど、たしかに日本での就職を考えている私にはもしかしたら留学という形で海外にいる時点で夢から遠ざかってしまっているのかもしれませんね..

ありがとうございました

投稿日時 - 2013-11-30 22:02:45

ANo.4

<しかし私が現在学んでいるのはビジネスサービスではなく、本当のサービス(上手く説明ができず申し訳ありません)なんです。ホテルでの接客方法や結婚式場でのプランの立て方など将来そのような専門的な職業に就きたいと思っているなら分かるのですが、それでは私の夢と少し異なってしまうんです。>

ん~~~、、、”夢”を追ってしまうのですねまだ・・・
ホテルでの接客方法、結婚式場でのプランの立て方などを学ぶと”夢”に関係していないから無駄なのでしょうか?
ホテルでの接客方法の基本を良く学ぶ(理解する)と一般社会のビジネスでの顧客対応能力を高めることができます。
接客方法はホテルだけではないです、”基本”は何か良く考えてその”基本”を学び応用能力をつけていくこと!


<まずはサービスではなくビジネスを学んで知識を付けた上で次の段階としてサービスも学びたいというのが正直な気持ちなんです。
その点、TMはtourism industryへの就職を希望している学生のための学科だったこともあり、三年間の大学生活の中でビジネスはもちろんサービスも学ぶことができるという私にはベストな学科でした。>

マーケティング・経営を先に学ぶよりも基本であるサービススキルやコンセプトを先に知って、実務経験をしている方がよりレベルの高いマーケティング・経営を学ぶことができます。
学位をとった後実社会で活かせるのは今のコースで、経験を通して”夢”に描いている知識を得ることができます。
業界をより深く理解できるとマーケティングや経営の勉強の内容が痛いほど良く理解できます。

新卒者が使い物にならないとされている理由はそういったことです。
紙に書いた理論はそれほど説得力が無い現実を現地の学生は良く知っています!!


<しかしTMが学べないと分かった今、私はビジネスを取るかサービスを取るかの二択になってしまったんです。>

目の先ばかりしか見えていないと「2択」で悩みます。
現地の学生は単に学士を持っていても就職できない事実をよく理解しているため現実的なスキル・知識を高めて尚且つ在学中にインターンなどの経験して実績もつけていきます。
中には1年ほど休学して体験実習する人も結構居ます。
卒業する頃にはマーケティングや経営も考慮できるような知識を持った学士になっているのでは?

大学もまだ始まったばかりですし、今年は昨年と違うようですからファカルティーも悩んでいるのでは?
決断を下すには余りにも早いと思いますが、どうしてもマネージメントを学びたいなら自分で転校先を探して単位の移動などの条件をドンドン調べていくべきでしょう。

とにかく留学生という枠組みですので自国学生のような自由は限られています。
制限されたことへの不満からやめてしまうのも、その悔しさを成績優良にしてしてしまうかは本人次第です。
少なくとも今はサービスを学べる機会を与えられたのでそれを最高に利用して良い職場に入ってマネージメントを仕事を通して学んで行き、MBAなどに挑戦も出来ますよ。

マネージメントを先に学ぶとサービスの基本など無くてもどうでも良くなってしまい(仕事に必要ないと感じる)、顧客扱いを良く理解できないマネージャーになりやすいです。

投稿日時 - 2013-11-29 21:55:05

お礼

再度ご回答ありがとうございます

貴方様のおっしゃる通り、気が付くと”自分の夢”のことばかり考えてしまう自分がいます。
もっと長い目で将来を見ればサービスを学ぶことがいかに大切かということも理解できるのですが...

もっともっと自分で調べ最良の選択ができるように考え直してみようと思います。

ありがとうございました

投稿日時 - 2013-11-30 22:00:33

ANo.3

せっかく入学したのに残念でしたねぇ。
さて転科先ですがビジネス系の専攻はどこのコースも人気で受け入れが難しいです。
人気であるために入学時の人数は多いです。

どうしてもビジネスが学びたければ大学院で学べます。
もしくはプロのコースを取得して有資格者にもなれます。

ツアープランナーになりたい希望があるなら今のコースをしっかり学んで無事に卒業することです!!
プランナーとしてホテルのことを知らなければならない、航空業界のことも知らなければならないです。
ホスピタリティも重要な要素です。
’サービス’を知らなければ「プラン」することが難しいのでは?
観光業界の経済や経営の知識があってもサービスを理解できなければ顧客の扱いができません!

お客さんと関係ないところでの仕事なら良いでしょうがお客さんと関るということでしたサービスを学んでおくべきでしょう。
ホテル業界のサービス、航空業界のサービスどちらもプランを組むのに重要な知識です。

将来自分自身で旅行代理店を持ちたい希望ならなおさらサービスを理解できてないと困りますよ。
職歴が付いてからマーケティング、経営の知識は日本で充分つけられます。

自分の旅行プランを売り込むのにサービスがわかっているとプレゼンテーションも良くなり、採用されるでしょう。
旅行業界はサービス業ですから「サービス」を理解していないとマーケティングも経営も間々ならないという事です。

少なくとも英国に留学しているうちに欧州の旅行プランを立てて見るのも勉強の一つでしょう。
ホテルのサービスの違いをどのように把握するとよいかなどもっと積極的に取り組んで今のコースをもっと利用することです。
以前と違って今年はコンバインドですから両方の知識をつけられるという事です。

どうしてもTMに拘りたければ転校という手段がありますがこれも面倒ですよ。
今はイミグレが厳しいので昔のように転校も簡単にはいかないようです。

投稿日時 - 2013-11-29 09:11:39

お礼

ご回答ありがとうございます

やはりビジネス学科は人気ですしVISAの取得も年々厳しくなっていることを考えますと転科は難しいですよね..
転科のことを甘く考えていた自分に腹が立ちました。

貴方様のおっしゃる通り、たしかにツアープランナーが立派なサービス業の一つなのは理解しますし、サービスを学ぶことはとても大切だと思います。
しかし私が現在学んでいるのはビジネスサービスではなく、本当のサービス(上手く説明ができず申し訳ありません)なんです。ホテルでの接客方法や結婚式場でのプランの立て方など将来そのような専門的な職業に就きたいと思っているなら分かるのですが、それでは私の夢と少し異なってしまうんです。

サービスを学んで損はないというのも十分分かっているのですが、まずはサービスではなくビジネスを学んで知識を付けた上で次の段階としてサービスも学びたいというのが正直な気持ちなんです。
その点、TMはtourism industryへの就職を希望している学生のための学科だったこともあり、三年間の大学生活の中でビジネスはもちろんサービスも学ぶことができるという私にはベストな学科でした。

しかしTMが学べないと分かった今、私はビジネスを取るかサービスを取るかの二択になってしまったんです。

もう一度冷静になり考え直してみます

どうもありがとうございました

投稿日時 - 2013-11-29 19:25:11

ANo.1

   僕は帰国がいいと思います。留学経験者で、長過ぎて日本に就職しなかった者です。

   将来の就職ご予定が日本であれば、日本から離れているだけ損です。しかもご希望のTMは勉強出来なくて希望者の多いEMがほとんどということなら、なおさら、という感じです。

   一般に留学が過大評価される傾向(特に行く前は)ありますが、留学が万能薬ではありませんし、ご自分の事情に一番合っているのは、留学先の大学ではなくて、独自の経験を積み上げることです。

   ご両親を始めサポートの皆さん方は、ご本人の留学経験が無い分を質問者さんに上乗せして「あと○年だから頑張れ」式の精神論が出るかも知れませんが、その説得も「留学」のうちでしょう。

投稿日時 - 2013-11-29 03:50:39

お礼

ご回答ありがとうございます

留学経験者様からの貴重なアドバイス、とても参考になります。
貴方様は長すぎたとおっしゃっていますが具体的にどれくらいの期間海外で過ごされ就職を逃してしまったのかよろしければ教えてください

就職に関してですが、私は留学を決める前も決めた後も変わらず日本での就職希望です。出張などで海外に行くのは構わないのですが働く拠点は日本が良いと考えております。

たしかに将来を見据えた時に大切なのは自身の経験だと思います。
しかし”経験”だけを考えた時に、たとえ学びたかったTMが学べていない今の現状でも留学自体が自分にとってプラスの経験なのかと考えるとキリがなくなってしまいます..

周りに日本人だけではなくアジア人がほぼいないこの大学ではイギリス人から軽い苛めを受けることもありますし毎日ネイティブとディスカッションやプレゼンテーションをしないといけないというのは精神的にも正直かなり参ります。
異国の地、頼れる人がいない、一人で解決しなければいけない、こういうこと全てが重荷になってしまっているのが現状です。
しかし、これも一つの”経験”だと考えればいくら精神的に参ろうと学びたいことが学べてなかろうとこのまま三年間通い続けるのが筋なのかなとも思います。

なにを”経験”と捉え、なにを優先するか、もう一度考えてみたいと思います

どうもありがとうございました

投稿日時 - 2013-11-29 19:11:22

あなたにオススメの質問