みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国が日本にしてる事をもしアメリカにやったら・・・

領土の主張やその上空を飛行機で飛ぶ、みたいなマネをもし中国がアメリカにやったらどうなると思いますか?

即バトルですか?

投稿日時 - 2013-11-25 12:02:07

QNo.8361158

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

もちろんアメリカは威嚇攻撃し、非難の色を世界に示すでしょう。極端に言えば先に敵を撃ってから空に向けて銃を撃って正当防衛を証明しようとする民族ですから。
しかし中国人は相手を見て態度を決めるので仕掛けないと思います。長い間の生きるための知恵なのか、権力を持っている国やそういう民族には態度がころっと変わる人が多いです。三国志にあるように権力者が立ち寄れば平気で妻を料理して差し出す民族ですから相手の旗色を読むのは当然でしょう。
ですからアメリカに表立って挑戦的態度をとるとは全く思えません。世俗的な例ですが私のいる海外でも小中華料理屋の女オーナーで白人にはサーをつけて呼んでも、同じアジア日本人の私たちには注文もとらず敵意むき出しがいて笑えます。何で同じアジアなのにあなた方に給仕する必要があるのかと思うようです。しかしローワークラス出身はいつもそうです。という事は基本的な家庭教育がそうだと物語っています。下がそれなら上もカバーアップだけで内心はそうでしょう。ただ上はアドバンス、共存共栄で使えるかを考えているので使えると思ううちは笑顔を見せます。信用しないに限ります。若い世代には少し違う考えの人もいるようですが、今の中年世代は確実に旗色を見て決めるので弱いと思うと挑発するのは納得できます。今しばらくは白人には仕掛けないと思います。白人に対するへりくだり方は見ていてサーバントになるために生まれてきたのかと思うほどです。日本人とは似ているようで全く似ていないのだと思ったほうが正解です。

投稿日時 - 2013-11-26 07:09:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

一回目は威嚇射撃はあるでしょうけど、
二回目は、速攻、撃墜 瞬殺です。
ついでに母艦まで瞬殺・・・
ロシアから買ったとされる空母使えんのかね~!?

投稿日時 - 2013-11-25 22:19:11

ANo.4

ピストルをチラつかせた時点で中国は土下座して謝ります。女性を差し出すでしょうが、アメリカがそれを受けるかどうかは…?

と、いうよりアメリカ相手に挑発行為はしないはずです。交戦権を持たない日本や、軍事的に弱小の隣国に対して威勢を張っているだけです。

投稿日時 - 2013-11-25 18:40:50

ANo.3

やらないでしょう。

中国は相手をみます。
相手が日本だから舐めた行動をとる訳です。

その証拠に、沖縄が米国に帰属していた間は
中国は、陰でこちょこちょこ言っていただけで
尖閣についてはほとんど沈黙していました。

また、南沙諸島は相手がベトナムでしたので
その一部を武力で強奪しています。
その武力行使のため、ベトナム兵が数十名
殺されています。

現在、日本と中国の軍事費の差は二倍にも
達しています。
このまま彼我の差が広がったら、中国は
日本に武力攻撃を仕掛けてくる公算が大だと
思われます。

投稿日時 - 2013-11-25 18:10:40

ANo.2

 国連の常任理事国は直接衝突するような愚かな真似はしません。過去に中ソ対立があったぐらいです。

 米中対立が起こるような国境線が両者に無い以上は、そういう事件は起こり得ません。米ロ間でも起こらない事件が米中間で起こるはずもありません。

 それに対して、日中間では過去の歴史を含めて領土紛争は歴史的に繰り返されています。頻繁に起こらなかっただけで、数としては少なくありませんし、軍事衝突も何度も繰り返されています。

 現在の中国は国力が増進し、石油やレアメタルなどの地下資源を独占して軍事大国への道を走っている状況で、過去の日本が歩んだ道に似ています。国境線の強引な変更や一方的な侵攻も起こり得る情勢で、危険でもあります。

 しかし、勝てない相手と戦う事ほど愚かな行為はありません。中国は核保有国であるのを忘れてはなりません。核兵器で脅されたら、何も出来ない日本ですから、外交チャンネルを開いて、国連などの力を利用して正論で争うべきで、都合が悪い事実を隠蔽して、中国批判を続けるだけでは外交交渉での敗北を繰り返す結果になりかねず、最後は国まで奪われる事態になりかねないですね。

投稿日時 - 2013-11-25 13:28:29

ANo.1

始めのうちは厳重抗議でしょうが、それでも無視して来る様なら強制着陸させて機体没収及びパイロットは
逮捕され裁判でしょう。
それでも止めなければ威嚇射撃から最終的には撃墜するでしょうね。
外交面では経済制裁を行い、それによって中国国内が混乱し民族対立が激化すれば、反中国共産党勢力に
裏から支援するでしょう。
それに対して報復してくる様なら全面対決となり、アメリカの国力が回復していれば中国を国連から追放し、
初の国連軍での中国共産党解体と共産党軍(人民解放軍)の武装解除まで行くかも知れません。
中国が北太平洋の覇権を握る為に本格的に出て来れば、中国共産党の中央は自分らの軍をコントロール出来なくなり、
軍が暴走してグアムやハワイに対してやりかねないでしょうね。
って既に軍を完全コントロールは出来なくなってきても居る様ですし。

投稿日時 - 2013-11-25 12:43:16

あなたにオススメの質問