みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シャンプーと石鹸の違い

髪の毛を洗ったシャンプーで、そのまま顔を洗っていますが、害があるでしょうか?

そもそもシャンプーと石鹸の違いはどこなのでしょうか?
(洗浄力の強さの比較など)

シャンプーは、使った後にすっきりと洗い落せず、何か残っているような感じで、気持ちが悪いので、石鹸で顔と髪の毛の両方を一度に洗おうか?と思うのですが、どうでしょうか?

投稿日時 - 2013-11-18 09:45:25

QNo.8351926

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

覚えていらっしゃるでしょうか?
昔々のシャンプーは粉でした、銭湯の番台で買うような。
その後、化粧品会社も力を入れて、いろいろ開発しました。

でも、しばらくの間は、男性は特に’おじさん’は全身をセッケンで間に合わせてました。
シャンプーは’女’のつかう化粧品でしたから。

で、その粉ですが、ラウリル硫酸ナトリムという、いわば中性の界面活性剤ですが、
ご本家のセッケンは脂肪酸ナトリウムというアルカリ性の界面活性剤です。

大きな違いはシャンプーは中性の界面活性剤。
セッケンはアルカリ性の界面活性剤。
セッケンはすべてアルカリ性ですので、酸性のセッケンがあるような宣伝文句は’ウソ’です。
化学的には、そういうことです。

それから、界面活性剤を目の敵にするような傾向がありますが、
性質の異なるもの(水と油といいますが、まさにソレです)の間に挟まって、
混ぜ合わせるようなことが性質のものを
’界面活性剤’というので、セッケンもまた界面活性剤そのものなのです。

いまどきのシャンプーは難しく言うと、中性の界面活性剤でもいろいろあって、
洗浄力(=脱脂力?)をあまり強くしないようにアレコレ工夫して、
まさに泡がもこもこするだけのもの、クリーミーなペタァっとしたもので、マイルドなもの、いろいろ
と混ぜ合わせての’泡デザイン’をしますので、泡立ちと洗浄力とはほとんど無関係です。

それから、とくに、洗いアガリの髪の毛のすべりをよくするために、シリコン系のオイルを
入れますので、コレがあなたが言われるような’何か残る’というものです。
髪の毛に付着するということはすなわち頭皮にも満遍なくひっつつのですから、当然なことです。

大きな違いは、アルカリ性だと、たんぱく質(髪の毛)は水を含んで膨潤します。
いわば’ふやける’わけですから、ごしごしすると、傷がつく。
シャンプーは中性なのでそうはならないで、皮脂だけを落とす。

アナタが男性で短髪なら、セッケンで十分です。
たとえ、洗い残しても、いずれアルカリは汗で中和されるし、髪の毛同士がこすれあって傷むということの
デメリットがほとんど影響がないから。

ただし、セッケンで体を洗った後のタオルをすすぐと、’垢’だと思うようなムラムラが出ますが、
あれは垢も混じってますが、体からの分泌物などのミネラルと結びついた
不溶性になったセッケンそのものです。
コレが頭皮にも、髪の毛にも付着しますので、よくすすいでください。
セッケンで体を洗うとさっぱり感がありますが、ソレの正体です。

ボディソープで洗うと、コレ(=スカム)が残らないので、つるつるしますけど実際に
表面張力をおとして水と界面か製剤がペターっと残るからの感触です。

投稿日時 - 2013-11-18 12:14:17

補足

石鹸で頭を洗うと、そのあとフケが、出るように思うのですが、そのような現象は、あり得るのでしょうか?

投稿日時 - 2013-11-21 06:49:29

お礼

大変詳しいことを解りやすく教えていただいて、感謝します。

ベストアンサーをどれにしようか?迷ってしまいます。

投稿日時 - 2013-11-21 06:38:37

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

#5です。

【石鹸で頭を洗うと、そのあとフケが、出るように思うのですが、そのような現象は、あり得るのでしょうか?】

これは人によってはシャンプーでもあるし、石鹸でもありです。

原因は両方に共通するのが、’洗い残り’がどうしても地肌に残ること。
みなさん、泡が消えると、それで’流れた’と判断しますが、それからが勝負です。
髪の毛ではなく、地肌を指をたてて、シャワーを当ててよく流す。
女性に多いのがこのタイプです。 シリコン・香料・○○エキスなどが残り、
まさに肌に合わないと、’皮ごと’はがして落とそうとする自己防衛です。

石鹸に多いのは、アルカリをきちんと流し・ゆすぎが足りないと、皮膚・頭皮がいわば膨潤して
ささくれ立ったまま、乾燥すると、ささくれ立って、立ってますから、皮がはがれやすい。
それがために、酢などを用いて、アルカリを中和しますが、
これをすると、髪の毛に付着している、むらむら=スカム(実は金属石鹸といわれる、脂肪酸+ミネラルですが)
が分解して、脂肪酸=脂だけになりますので、石鹸の脂肪酸と、自分の分泌した脂肪酸が
髪の毛に残って、今度はいささかべたつくように感じられることになる。

いずれにしても、’髪の毛’ではなく、地肌をよーっく漱ぐことです。
女性は髪が長く、どうしてもスカムが髪の毛に付着するので、石鹸シャンプーは地肌を流しても、
髪の毛は酢でリンスしてもべたつくようになりますが、男性は短髪なので、
地肌をよーっく流せばさほど問題はないでしょう。

投稿日時 - 2013-11-21 12:27:52

お礼

詳しい説明を大変有り難うございました。

疑問がすっきり無くなりました。

投稿日時 - 2013-11-21 13:05:16

ANo.6

シャンプーにはシリコン等、髪の毛に付着して髪をきれいにする効果のある物が含まれています。
シリコンが地肌を塞いでしまうので良くない、という認識から、最近ではノンシリコンタイプのシャンプーが流行っています。
シリコンだけではなく、香料とか、髪に「残る」ことが前提の成分がたくさん含まれています。
つまり、シャンプーを顔に使うと、デリケートなお顔の皮膚や毛穴や産毛にそうした成分が残り続けることになり、あまりよろしくないのではと思います。

石鹸でシャンプーと洗顔を兼ねるぶんには問題ないことが多いですが、髪が軋んだりツヤが無くなったり、油分の奪いすぎでフケが出ることもあるので私はやはりシャンプーと洗顔は使い分けています。そもそも洗顔も洗顔用を使わないと突っ張ったりカサカサゴワゴワになったりするので…。

面倒で、両方同じもので済ませたいというのであれば、ドクターブロナーの石鹸が良いかも知れません。液体も固形もあり、何にでも使える石鹸です。自分は長距離運転手の仕事で、コインシャワー等で手早く済ませたい時に使っていました。香りの種類により使用感や合う合わないが違ってくるのでご参考までですが…。

投稿日時 - 2013-11-18 12:21:41

お礼

大変解りやすく教えていただき感謝します。
ドクターブロナを探してみます。

投稿日時 - 2013-11-21 06:31:13

すみません。説明不足でした。
石鹸のほうが、強いです。なので、髪に使うと、必要な油分も落とします。

投稿日時 - 2013-11-18 10:35:39

お礼

補足回答を有り難うございました。

投稿日時 - 2013-11-21 06:39:25

昔(ん十年前)は固形石鹸(洗濯石鹸と区別して浴用石鹸とか化粧石鹸と呼んでいました)1つで顔も身体も頭も全部洗っていましたよ。更にひげ剃りにも。

何にも問題なかったのに生活が豊かになって髪に潤いを持たせるような成分を付加してシャンプーが出てきたようです。もちろん身体の汚れと頭髪頭皮の汚れは同じではないでしょうから洗浄成分にも改善を加えたでしょうね。

使用後に違和感が無ければ全て石鹸でもよいと思います。

投稿日時 - 2013-11-18 10:28:11

お礼

有り難うございました。

安心しました。

投稿日時 - 2013-11-21 06:40:40

ANo.2

良くないと思います。
目にでも入ったら、大変な事になります。

シャンプーの成分表見れば分かりますが、様々な化学物質が入っています。
頭皮や髪の毛には影響がなくとも(それでも良くすすがないとNG)顔に使うようには出来ていません。

逆に、石鹸で顔や髪の毛を洗うのは、問題無いです。
実際にそうしている方もたくさんいますから。
まあ、ちょっと髪の毛がパサパサするとかありますが・・・・

投稿日時 - 2013-11-18 10:20:45

お礼

有り難うございました。

お勧めに従いたいと思います。

投稿日時 - 2013-11-21 06:41:51

害は無いですが、言われるように洗浄力というか、油を落とす力が違います。

髪を石鹸で洗うと、髪の油分?が落ちてパサパサになりますよ。
抜け毛の原因にもなるかも?。

とはいえ、気にしないなら、その方がサッパリしますが。

投稿日時 - 2013-11-18 10:02:13

補足

>油を落とす力が違います。

すみませんが、石鹸の方が洗浄力が強い、ということなのですか?

投稿日時 - 2013-11-18 10:18:08

お礼

有り難うございました。

良くわかりました。

投稿日時 - 2013-11-21 06:44:26

あなたにオススメの質問