みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

地方公共団体の組合の長や議会の選挙について

憲法93-2と地方自治法1の3の規定から、地方公共団体の組合の長と議会は住民の直接選挙で選ぶ、と解釈しました。

しかしながら、間接選挙されている事例があることを知り、分からなくなっています。
http://www.minami119.hiroo.hokkaido.jp/sab_12/sab_12_a.html

これは、地方公共団体の組合における住民の定義を誤解してるのか、と考えて調べてみましたが、答えを見つけることができませんでした。

わたしの解釈のどこに誤りがあるのか、ご教授お願いいたします。

投稿日時 - 2013-11-08 10:09:45

QNo.8338844

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

一部事務組合は地方自治法第1条の3第3項の「特別区、地方公共団体の組合及び財産区」ではありません。
地方自治法第264条から第280条が削除されていることから解るように「地方公共団体の組合」は存在しません。

一部事務組合については地方自治法第286条以下を参照されたい。

投稿日時 - 2013-11-08 10:40:15

お礼

素早いご回答、ありがとうございます!


地方自治法284-1で、『一部事務組合』は『地方公共団体の組合』の一種であると規定されてますが、これはどのように解釈するのでしょうか?
地方自治法284-1でいう『地方公共団体の組合』と、地方自治法1の3-3でいう『地方公共団体の組合』とは別物なのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、ご教授いただければ幸いです。

投稿日時 - 2013-11-08 22:49:54

あなたにオススメの質問