みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語の和訳です。お願いします!!

There is another difference that visitors often notice in American schools. There is less importance given to the learning of facts than is usual in the school systems of many other countries. Instead, Americans try to teach their children to think for themselves,to ask questions, to explore, and to develop their own intellectual and creative abilities. Students spend much time learning how to use resource materials, libraries, statistics, and computers. Computers are used in many classrooms, frequently stating in kindergarten.

The American system of education is based on the idea that if children are taught to reason well and to research well, they will be able to find whatever facts they need throughout the rest of their lives. This is America's answer to the question that thoughtful parents around the world are asking the world are asking themselves in this fast-paced time: "How can one prepare today's child for a tomorrow that one can neither predict nor understand?"

投稿日時 - 2013-10-30 18:01:08

QNo.8327222

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

他にもアメリカの学校を訪れた訪問者たちが、良く見つける(他国の学校と比較した)相違点がある。
アメリカでは、他の多くの国の場合の学校教育システムと比較して、正解を学ぶことを余り重要視しない。
そのかわりにアメリカでは生徒に自分たちで考えて、質問し、探求し、自分たちの知的興味や創造的能力を発展させることを教えようと試みる。
生徒たちは 知的資源の有効活用の方により多くの時間を使っている。 つまり図書館や、辞典類やコンピューターなどを有効活用している。そして (とくに)コンピューターは多くの教室で使用されている。幼稚園にも設置されている。

アメリカの教育システムは以下の考えを基本としている。 つまり 「生徒は理由を良く考え、良く研究すること(方法)を教えられるべきである。そうすれば正解が何であれ、残りの人生という時間の中で生徒たちは答えを見つけられるだろう」というものである。 

此れが 世界中の思慮深い親たちが見つけた回答である。つまり 目まぐるしく変化する世界の中で、いかに今日現在の生徒に予測も想像もできないような明日に備えさせるか?という課題に対する回答である。


 -  - 

* 今現在の正解など明日の世界では役に立たないから、今生徒に教えられるのは 考える方法や研究のやり方だけである。 あとは 生徒が勝手に残りの自分の人生を賭けて正解を導けばよい という教育についての考え方

投稿日時 - 2013-10-30 19:20:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

訪問客がアメリカン・スクールでしばしば気がつくもう一つの違いが、あります。 多くの他の国の学校組織で普通であるより少ない事実の学習に与えられる重要性が、あります。 その代わりに、アメリカ人は、themselves,toのために考える彼らの子供たちが質問をすることを教えて、探検して、彼ら自身の知的で創造的な能力を高めようとします。 学生は、資源材、図書館、統計とコンピュータを使う方法を学ぶことに多くの時間を費やします。 コンピュータが、多くの教室(幼稚園でしばしば述べること)で使われます。
教育のアメリカのシステムは、子供たちがよくよい理由に、そして、研究に教えられるならば、彼らが残りの彼らの命を通して必要とするどんな事実でも見つけることができるという考えに基づきます。 これは、世界中の思慮深い両親が世界がこのテンポの速い時に自分自身に尋ねているよう求めているという疑問に対するアメリカの答えです: 「どのように、人は今日の子供に人が予測することもできなく、それを理解することもできない明日の準備をさせることができますか?」

投稿日時 - 2013-10-30 19:07:10