みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネット上の思考盗聴の情報は本当なのでしょうか?

思考盗聴の情報自体、思考盗聴機はあると思わせる為の捏造ではないかと思っています。

思考盗聴についての説は、ネット上にかなり拡散されています。
言ってみれば、ネット上に情報を拡散させることは一人でも出来る訳ですから、一人の偏見から派生して生まれた妄想の産物だとすれば、エゴ的であり偏見のある情報(思考盗聴という)であることが、納得に容易い気がします。


少人数にしても、多人数がやっているにしても、その情報が被害者にもたらす精神的な害悪は、
合理的な観点から推し量っても、決して良い影響を与えるものではありません。

例えば、ネット上の思考盗聴情報の一つに、「音声送信」というものがあります。
その内容は、
被害者の脳内で加害者の声が聞こえたり、また、「被害者の声を使って加害者が脳内に語りかけてくる」といった内容のものがです。
あれは、加害者の何がしかの都合上、被害者に考えさせるのをやめさせるために作ったデマではないかと経験上思いました。

それは、「被害者が脳内で声で思考するのと同時に発生を伴う被害妄想」だからであり、被害者に自由な考えを持たせない為に陥れる妄想の檻のようなものです。
被害者が自由に考えることを妨げ、被害者を精神的に陥れて、
被害者という、加害者の反逆者になる存在を生ませたくないという加害者の心理的なエゴからきているものと思います。


思考盗聴というものを私が意識し初めたのは、
ネット掲示板上でクラッカーに携帯をクラッキングされて、思考盗聴の存在をそのクラッカーに諭されたからです。

だから思考盗聴という洗脳情報は、クラッカーが、被害者を陥れるために
「クラッキング技術で被害者の行動を把握することと追にして思考盗聴の情報操作を行い、被害者の私生活を手玉にとった上だから、信憑性を持って思考を読んでいるかのように見せかけることが被害者に展開出来る」のだと私は思います。


質問になってなくてすみません。
私は思考盗聴をしているというようなことをクラッカーに諭されたにも関わらず、
ネット上にあるような思考盗聴の被害(身体的なものや脳内音声等)が自分にはなかったので、思考盗聴は実在しないと思ったことから書かせていただきました。

一時期、周りで咳払いや、物音が頻繁に鳴ったことがあったのですが、それは思考盗聴ではないので、クラッカー集団による私への精神的ダメージを与えるための行為だったんだと今は思います。

投稿日時 - 2013-10-29 17:21:54

QNo.8325835

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「思考盗聴」は、ありません。
私見では、某巨大宗教団体などが、その嫌がらせのターゲットに対しての陽動作戦として利用している・・・。
そう、思っています。
また、被害者に成りすまし、被害者の話の信憑性を低下させる、加害者側の工作の一つだ、と考えています。

投稿日時 - 2013-10-29 20:10:05

お礼

>ターゲットに対する陽動作戦
>被害者になりすまし、被害者の話の信憑性を低下させる、加害者側の工作の一つ

私も同意です。
この様な意見を持たれる方がいてくれて、心強く思います。

投稿日時 - 2013-10-29 23:10:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.4の続きです。

●これを被害者に思い込ませる為に、集団ストーカーがいるのかもしれません。
○集団が統一行動しようとしたら何らかの目的が必要です。ネット上に散見される集団ストーカーの場合それがみあたりません。
 無目的に集団ストーカーを組織的に行っていればやがて疑問が芽生えどこかで発覚するはずですがそうはなっていません。
 某宗教集団を首謀者とする説も見受けられますが、それならば勧誘するか、勧誘に乗らないことで不幸になることを示せばよいのであって集団ストーキングする意味がありません。

●「自分達はどこにでもいつでもいる」、と思い込ませるのだと思います。
○思い込ませてどうするのですか?
 そう思い込ませて「自分達不利益なことをさせない」というならまだ可能性はありますが、ただそう思わせるためだけに多くの人員と経費をかける意味がありません。

●「そこまでする必然性を持つ」のかもしれません。
○クラッキングをするのはクラッキングして何かの情報を得ようとする、あるいはクラッキングの技術を誇る、ことが目的となります。
 一般人のパソコンにそんなことをするとしたら個人情報取得かクレジットカード情報の取得かと思われますが、それならば本人に気づかれては意味がありません。

●被害者に行っているのではないかと思います。
○そういう被害妄想に陥っているだけです。

投稿日時 - 2013-10-31 00:51:17

補足

●集団が統一行動しようとしたら何らかの目的が必要です。ネット上に散見される集団ストーカーの場合それがみあたりません。
○集団が統一行動して被害者を陥れようとする目的は、一つかはわかりません。そのうちの一つの例になりますが、私がクラッカーひいては集団ストーカーなるものに陥れられた理由は、
私がネット上で些細なことから関わった女性が、実は男性で、私はその男性を女性だと思って、数ヶ月程、掲示板で会話を交わしていました。
そして、その方が本性を現したのは、その数ヶ月の会話で私から「私情報を聞き取れるだけ聞いてから」でした。
私は普通に信用していた方だったので、相手が男性であり詐欺ともなり得る存在であったという、訳の分からない不条理な事態に苛まれていました。その時その方(クラッカー)が言った言葉は、
「女性のフリをすれば、簡単に情報を引き出せる」と書いてきました。

何故それを私に教えたのかははっきりわからないのですが、おそらく、身元が特定されない自信があったのだと思います。
そして私を被害妄想に陥れて、自滅させる自信があったからだと思います。
その方は「~~すれば、人を簡単に廃人化させることができる」と、人をネット上で廃人にする術を述べていたので。

人を教育させようとしていたとも思いましたが、クラッキングして、相手の情報を見て私に勝手な見解を持ちながら、
「この人が成長するにはこれが必要だろう」と、不条理な意識、筋の通っていない意識をクラッキングというもので持ちながら、人の意思とまともに向かい合うことから目をそらし、一方的に「こちらの意識する信頼意識と同調しない形で教育を施してきていた」ので、私はそれを強く感じていました。
だから私はその相手から何かを学ぼうとする気持ちが最初から起きていなかったのだと思っています。


話は戻りますが、それらを踏まえて、集団が統一行動の目的として私を陥れようとした理由は、「その教育に私が同調しなかったから」ということと
クラッキングに気付いた私の存在を隠滅する為でしょう。
そしてその集団というのは、その教育や手法に賛同し同調した人の集まりみたいなもののように思えます。
まあ、クラッカーの集団といえば話は早いですね。
クラッカー同志だったら、少なくともクラッキングすることに既に意気投合しており、そこに問題意識があればそもそもクラッキングしないので、その問題意識が欠如しているといえます。

投稿日時 - 2013-10-31 08:20:39

お礼

長文になります。

○「自分達はどこにでもいつでもいる」、と思い込ませてどうするのですか?

●被害妄想を植え付けるネット上での言動や行為から、被害者を廃人にして、ネットや実生活での行動を抑圧しようとしていると思います。
何故それを大きな手間をかけて実行するかというと、推測ですが、一つは「掲示板上で私から私情報を全て聞き出したから用済みになったと判断し、その掲示板上ではいらない存在になって邪魔になったから」ということの信憑性が高いです。
あとは、先ほど書いたように男性と見破った私の存在隠滅のためです。
見破った私の存在は、その方にとって不利益となるものだったのだと思います。


○クラッキングの技術が個人情報取得や、カード情報取得のためなら、本人に気づかれては意味がありません。

●そう思います。しかし最後のほうで相手は、クラッキングしていることを私に諭す様にしてきていました。
それは、「クラッキングしているからお前の事は把握済み、もうお前は勝手な行動は出来ないよ」という威圧を植え付ける為に、クラッキング行為をこちらに教えてきたのだと思います。そうすることの最大の動機は、私もはっきりとはわかりません。

ただ、その「被害妄想を植え付ける行為」には長けていると思いました。
手慣れたクラッキング捌きから、被害者は一人や二人ではないと思いました。


○そういう被害妄想に陥っているだけです。

●当人がクラッキングという嫌がらせを執拗に受け、被害妄想に陥ったのなら、それが全てです。


余談になりますが、米国の特許に、人の言動に合わせて動く人工知能プログラムシステムがあるということをネット上で見かけました。それは人の知識や教養の向上の為に組み込まれているプログラムだそうです。
しかしそれは、「思考を先読みしただけのプログラムで、人にとっての成長に必要なものはここに組み込まれている」と思って開発をした人たちの偏見から派生した「現状から先見を持って生きる現実観を欠いた知能システム」だと思います。
そこにリアリティはないような気がしますし、そんな機械はおそろしいものだと思います。

ネットに飲まれた人が脳を優先させていれば、心としてのバランスを失っていくでしょう。そうさせる可能性を持つシステムだと思いました。

投稿日時 - 2013-10-31 15:18:52

ANo.5

思考盗聴は実在しません。

よく、アメリカの~~で特許がある!という人はいますが、
アメリカの特許ってかなりザルなので、
明確に効果がないものや変なものであっても、手続きさえちゃんとしてれば通ってしまいます。
有名なのは、かのIBMが出願した、トイレの使用を予約するシステム及び方法というものでしょう。
しかも、その特許というのは脳についてよく分かっていない1970年台のものですが、
いまだに明確に使用されたという形跡はないものです。
ですが、主張する人は特許があるから、を振りかざします。

ある種の電磁波が音のように聞こえる、というのは確かにあるとされて、
可聴性電波という名前で研究されています。
ただし、あくまで「音」であり「声」ではないということ、
そもそも「状況によって聞こえたり聞こえなかったり」などと言われるような、
思い込みや、頭の中でこういう音がしていると思い込んでいるようなもの、
いまだ間違いなくあると断ずるには信憑性の低い、
あるいは明確な法則性のまったく明らかになっていないものです。

また、それではない頭に影響を直接伝えるというようなものは、
脳波は非常に周波数の低く波長の長い、拡散しやすく物を通り抜けにくい性質のものです。
電磁波はものではないので何か別の電磁波を当てて反射で情報を得るということが出来ませんし、
ちょっと離れれば読み取れなくなるものです。
実際に大学のゼミで計測する装置を頭に取り付けてみたことがありますが、
髪の毛が邪魔になり、うまく測定できない人というのもいました。

同様に遠隔で操作するなら脳波と同じ周波数でないとだめですし、
脳波と一言にいっても、脳の各部で機能は違うので関連するところに同時に、
まったく異なる電磁波を、しかも遠隔で頭皮を貫く強さで与える必要があるのです。

実際にアメリカなどの一部では「ヘルメット型」の装置で実験はされています。
しかし、それも脳波を読み取るようなものでも、操作するようなものでもなく、
一部の脳の機能を制御しようというようなものであり、
心の操作などは「それまで個々が積み上げてきたものでまったく異なるものになる」
などの理由で明確に否定されています。

基本的には「電磁波は良く分かりにくいけどどこにでもある不思議なもの」見たいな感覚から生まれた、一種のいいわけだとおもいます。
電磁波は良くこの手の不可思議な物のネタにされますから。
電子レンジですら、未だに食べ物を温めたら発ガン物質が生まれる、
水を温めたらその水で植物が育たない、
酷いものでは電子レンジは放射線を放出しているから危険、
なんていうことをいう人がネット上にはいますから。

投稿日時 - 2013-10-30 01:09:08

お礼

米国の特許の話しはおもしろいと思いました。

ネット上に、特許での設備の一つに幻聴を発生させるものがある、という情報が沢山ありました。
しかしその情報が、思考盗聴の被害妄想に陥っている人や、また、「私は統合失調症と診断されました」または「これは幻聴でしょうか?」と相談をされる方に対しての回答として、いくつも提示されていました。
それではその相談をした方の被害妄想が悪化してしまうでしょう。
工作員によるもの?とも思いました。


電磁波はたしかにネタにされそうですね。
ネット上の情報の半分は嘘、と言うお医者さんもいました。

投稿日時 - 2013-10-30 22:42:20

ANo.4

現在の技術では頭に直接電極をつけてようやくその微弱な脳波を感知することしかできないわけですから「ネトや電磁波を利用して思考を盗聴する」なんてことは技術的に不可能です。

また「クラッカーが、被害者を陥れるため」というのも「被害妄想」にほかなりません。
被害妄想にとらわれてしまうと周囲に存在する「普通のこと」が「自分にたいする攻撃だ」と思い込んでしまい、客観的事実を提示されてもそれを認めることが出来ないのです。

いずれにせよ一般人に対してそこまでする必然性はありません。

投稿日時 - 2013-10-29 23:28:52

補足

>客観的事実を提示されてもそれを認めることが出来ない

そうですね。しかも、被害妄想を引き起こしている対象の事柄に関しては認めてしまいがちになっている、という悪循環が当人の中に生じていると思います。

それもそのはずで、この場合の被害妄想というのは、「命が狙われているかのような危機感」があります。
要するに、この場合の「防衛本能として、主観での情報のみを頼りにしている」、
それは、「客観の情報を、工作員によるものだと思って信じられなくなっているから」であり、「周りの人々を集団ストーカーだと思い込んでしまうから、客観の意見が捏造に思えてきて、周囲とまともに向き合えなくなる」のだと思います。


そこに思考盗聴の被害妄想が加わると、思考の中にも逃げ場がなくなる感じです。
加害者はこういったことを一連として、被害者に行っているのではないかと思います。

投稿日時 - 2013-10-30 23:57:08

お礼

回答ありがとうございます。

>周囲の「普通のこと」が、「自分に対する攻撃だと思い込んでしまう」

これを被害者に思い込ませる為に、集団ストーカーがいるのかもしれません。

クラッキングして被害者の行き先を知り、その行き先でストーカーの人が、被害者にわかるような発言などを振りまけば、被害者の方は何か変だと思ってくるでしょう。
それを繰り返して、「自分達はどこにでもいつでもいる」、と思い込ませるのだと思います。
それはある程度、「一人でいる方に対してのみ有効な心理作戦」かと思います。

そしてクラッカーが思考盗聴の情報を拡散させたりするのも、基本的に、「個人を陥れるために作っておく捏造情報」なのではないかと思います。
その作っておいた捏造情報に、被害者を「それとなく」誘導する(自分達が情報を諭したと思われないように、それは、被害者に自主的に情報を得たと思わせるために)のではないかと思います。自分もそうされたようなものだったので。


>一般人に対してそこまでする必然性はありません。

これは私もわかり兼ねるのですが、
クラッカーは、クラッキングを行い一方的見解によって被害者を知っていく「側面の観点」を持っています。
それは、ネットが普及した社会の中で、一般人が一般人ではなくなり得るネット社会において、
「そこまでする必然性を持つ」のかもしれません。

投稿日時 - 2013-10-30 20:13:51

しばらくネットをしなければ
良いのではないでしょうか?

気のせいですよ!

投稿日時 - 2013-10-29 20:24:42

お礼

ストレートな回答、ありがとうございます。

対策が後手後手のネット社会はこわいものでもあるので、お互い気をつけて利用していきましょう!

投稿日時 - 2013-10-29 23:28:01

>ネット上の思考盗聴の情報は本当なのでしょうか?
という質問に対して、ご自分で

>思考盗聴は実在しない
と回答されているので、もう大丈夫かと思いきや

>クラッカー集団による私への精神的ダメージを与えるための行為だったんだと
と違う妄想が出てきたようなので、もう少しお薬は続けてみましょうかね。
忘れずお飲みください。

投稿日時 - 2013-10-29 17:46:58

補足

>クラッカー集団による迷惑行為

これは被害妄想に陥らなければわからないかもしれないのですが
そのような物音の迷惑行為(被害妄想かもしれませんが)と、ネット上での思考盗聴の情報により、
被害者は思考盗聴はあると思い込んでしまいます。

というのも、ネット上の情報に、
「自分が思考盗聴について考えると周囲で物音を立たされる。だから考えを読まれて物音を周りで立てているんだ」
というような体験談もあるからです。

投稿日時 - 2013-10-29 19:59:41

お礼

クラッキング集団の行為が気になっていたのは一時期、ということなので、今は大丈夫です。ありがとうございます。

ちなみに、薬無しで思考盗聴の被害妄想から抜け出すことができました。
しかし、クラッキングというもの自体は存在するので、、クラッカーにまだ監視されているかもしれないという妄想はついて回りますね。

投稿日時 - 2013-10-29 21:15:07

あなたにオススメの質問