みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コーヒーとココアの違い

コーヒーを飲むと、いつまでも胃に残り消化されず、ムカムカとします。
しかし、ココアは平気なのです。
純ココアをお湯で溶いて飲んでいます。
ココアにもコーヒー同様にカフェインが含まれているそうですが
なぜ、ココアは平気なのにコーヒーだと胃が受け付けないのでしょうか。
何が違うのでしょうか。

投稿日時 - 2013-10-21 11:10:24

QNo.8314448

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ココアとコーヒーの一番の違いは、それぞれの含まれるポリフェノールの種類とその量ですね。ココアに含まれるカカオポリフェノールは胃炎、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を除去する作用があるといわれ、平均的に100ccに1g含まれています。対してコーヒーに含まれるポリフェノールはクロロゲン酸というもので、抗酸化作用があり、活性酸素による酸化を防いでくれますが、ピロリ菌を除去する作用はありません。平均的に100ccに200ミリg含まれています。

つまり胃との兼ね合いで考えるとココアに含まれるポリフェノールの方がより胃にやさしいということになるのでしょう。

投稿日時 - 2013-10-21 12:44:43

お礼

わかりやすく、詳しい説明で、大変納得できました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-10-22 07:01:28

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問